生活110番ニュース 窓・ドアの修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

防犯ガラスで空き巣対策!日常生活でも役立つ防犯ガラスの性能を知る

投稿日:2017-11-27 更新日:2018-12-14

防犯ガラスで空き巣対策!日常生活でも役立つ防犯ガラスの性能を知る

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

住民の不在を狙って忍び寄る犯罪被害。そのなかでも件数が多いのが空き巣です。ガラスを容易に破り、周囲に気付かれない手口を持っている空き巣犯も存在します。

被害を回避するためには、防犯ガラスを活用するのが効果的です。防犯ガラスは、住宅を犯罪被害から守るために様々な効果が期待できます。
今回は、防犯ガラスがどのように有効なのかを詳しく説明し、その利便性をご説明していきます。

1.防犯ガラスとは

空き巣犯は、ガラスを破壊、または鍵をこじ開けるなどの手口で侵入してくることが多いです。常習犯であれば巧みに専用の道具を駆使し、痕跡が残らないように犯行に及ぶこともあります。

防犯ガラスは、そのような犯罪被害を回避するために効果を発揮するガラスです。通常のガラスとは違い、特殊な素材をガラスに挟みこんでいます。そのため頑丈にできており、バールやドライバーなどの道具で打ち破りにくくなり、割るのに時間がかかります。

空き巣犯は「犯行は短時間で終わらせたい」という思考で動いています。そのため、破るのに時間がかかる防犯ガラスは天敵となります。種類によっては割れたときに大きな音を立てるものもあり、近隣住民が気付きやすく、犯行がやりにくくなるように妨害するのです。

防犯ガラスは、犯罪被害だけではなく、災害や紫外線からも守ってくれる効果が期待できます。
台風時の突風により飛来物がガラスに飛んできても割れにくく、割れてしまったときも周りに飛散しにくいようになっています。そのため、ケガや大きなトラブルを回避できる可能性があるのです。

さらに、紫外線を遮断することにより、家具の色褪せや肌の日焼けなどを防ぐことも可能です。防犯ガラスは多方面で効果を発揮し、住宅や住民を様々なことから守るために重要な役割を果たします。
      1.防犯ガラスとは

2.網入りガラスは防犯用ではありません!

通常のガラスのなかにワイヤーを編み込んだものを『網入りガラス』と呼びます。比較的安価に購入でき、強力なワイヤーが入っているため、防犯効果を期待できるのではとお考えの方も多いかもしれません。

厚みもあるため誤って認識されることも多いですが、網入りガラスに防犯効果はあまり期待できないと言われています。通常のガラスに比べると割れにくい傾向がありますが、防犯ガラスに比べると耐久性が劣りがちです。中のワイヤーもガラスカッターなどを使用すれば切断可能であり、犯罪被害を防ぐものとしては適していません。

本来網入りガラスは、火災時に効果を発揮する目的で作られたものです。ワイヤーを封入することでガラスが飛散するのを防ぎ、熱に弱いガラスの欠点を補っています。

主にガソリンスタンドやレストラン、消防局などで活用され、火災時のリスクを減らすために大いに効果を発揮しています。見た目もおしゃれなものが多く、店舗やデザインガラスとして利用されていることもあります。

もしご自宅で網入りガラスを活用しようとお考えであるなら、防犯目的ではなく火災時の備え、外観を変えるために利用するのがおすすめです。防犯目的で使用すると、簡単に割られてしまうこともあるため注意が必要です。

防犯ガラスは、特殊な加工が施されているため、比較的高価になりがちです。費用はなるべく安く抑えたいとお考えの方もいると思います。しかし、住宅を犯罪被害から守るためには性能のよい防犯ガラスを設置することが重要です。
            2.網入りガラスは防犯用ではありません!

3.最も多い侵入手口!!【ガラス破り】の手口とは

窓ガラスなどを割って住宅に侵入されるケースは多いです。基本的には力づくでこじ開けるのが主流ですが、あらゆる手段で巧みに侵入することもあります。強固なガラスであっても防ぎにくいものありますので、手口を詳しく知って事前に対策を練ることが大切です。

主な手口として挙げられるものをまとめましたので、特徴を確認していきます。

3-1.こじ破り

窓の錠前部分のガラスを狙い、最小限の範囲を割る手段になります。ガラス全体を割るわけではないので、あまり破片が飛散せず音も鳴りにくいとされています。そのため短時間で侵入を許してしまうこともあり十分な警戒が必要です。

痕跡があまり残らないため、被害に遭ってから気付くケースも多いです。ドライバーなど比較的小さな道具だけで犯行に及ぶことも可能であり、防犯ガラスでなければ防ぐことが困難な手口と言えます。

3-2.打ち破り

強力な道具を使用してガラスを直接叩き割る手口となります。破壊音が鳴ることを気にせず行い、通報される前に素早く犯行に及ぶときの強硬手段であると言われています。
ハンマーや金槌などを使われると、通常のガラスは容易に打ち破られてしまうおそれがあります。また、庭の植木鉢など住宅のものを利用して犯行に及ぶこともあります。

防犯ガラスのように耐久性に優れたものであれば、割るためにかかる時間が長くなり犯人もあきらめやすくなります。

3-3.焼き破り

ガラスは、急激な温度変化に弱いとされています。火であぶる、水で急激に冷やすといった行為を繰り返していると、次第に穴が開いてくることがあります。焼き破りは、ガラスの弱点を突いた犯行手口と言えます。

ガラスを破るときの音を最小限に抑えることができ、犯行手段として活用するケースも増加傾向にあります。ただし時間がかかるため、ガラスの性質を熟知している人間が使う場合が多いです。

4.侵入に5分以上かかる窓が防犯に有利な理由

警視庁の統計的な観点からみると、空き巣の約7割以上が侵入に5分以上かかると諦める傾向があります。

防犯ガラスも絶対に割れないとは言い切れませんが、大幅に時間を稼ぐことが可能です。
破るのに時間がかかることで、周囲が異変に気づき通報される確率が上がると考えられます。そのため空き巣は、なるべく短時間で犯行を済ませたいという思考で動いていると言われているのです。

一枚ガラス(フロートガラス)が破られる秒数

一般家庭で多く見られる一枚ガラスは、バールなどの強固な道具を用いて壊すと3秒ほどで壊すことも可能です。数回ガラスを叩くだけで容易に割れてしまい、補助鍵があっても効果はあまり変わらないとされています。

網入りガラスが破られる秒数

網入りガラスの場合は、通常のガラスよりは時間がかかるものの6秒程度で割ることが可能な場合が多いです。加えて、破片が落下しにくく周囲に音も鳴りにくいという検証結果があり、空き巣犯にとって好都合なガラスとなってしまうこともあります。

静かに犯行に及ぶことで、短時間のうちに住宅の金品が奪われてしまうおそれがあります。そのため網入りガラスは、防犯のために使用するのはおすすめできません。
            4.侵入に5分以上かかる窓が防犯に有利な理由

5.防犯ガラスの構造について。選ぶべき防犯ガラスとは

防犯ガラスの種類は様々で、あらゆる手口に対して効果を発揮します。それは、防犯ガラスの構造が衝撃や熱に対して強いことが理由です。
通常のガラスとの構造の違いを理解し、防犯ガラスがいかに優れているかという認識を深めることが大切です。防犯ガラスの種類ごとの特性を把握すれば、最適なものを選ぶ際に役立つはずです。

5-1.CPマーク表示のある防犯ガラスを選ぼう

防犯を意味する「Crime Prevention」の略であり、高品質な防犯ガラスのみに貼付できるものです。

官民共同会議が防犯性能の高い建物部品の普及を促進するために制定しました。性能試験にクリアしたものは消費者からの信頼が厚く、安全性が高い印となります。そのため防犯ガラスを選ぶ際はCPマークの付いたものを選択し、効果的に犯罪被害を防ぐことが重要になります。

5-2.CPマークの商品はどんなテストを受けている?

性能試験では様々な耐久テストが行われます。打ち破りに対して8回以上耐久し、こじ破り、焼き討ちともに5分以上抵抗することが可能であることが一つの条件とされています。また、一定のガラスと同等またはそれ以上の厚さがあり、高い防犯性能があるかどうかを判断します。

財団法人全国防犯協会連合会により定められた商品と同等の素材を使用したもの。他の複層ガラスや真空ガラスであるなら、少なくとも片側に同商品を使って作られたガラスに対してCPマークが付与されると言われています。
      5.防犯ガラスの構造について。選ぶべき防犯ガラスとは

5-3.性能ランクの見方【P1A~P5A・P1K~P3K】って?

防犯ガラスには性能の差を見極めるためにランク付けがされています。細かい段階に分かれるため、しっかりと確認することが大切です。

「P1A~P5A」は、耐久テストで鉄球の落下試験を行い、それぞれ落下の高さをランク別に示しています。

P1Aは1,500mmの高さ、P5Aでは9,000mmの高さに耐久した証となります。鉄球は直径100mmで、重さは約4kgとされています。落下方法は、中心付近に一辺130mmの正三角形を描き、各頂点の順番で落とされます。各1回、計3回実施され、貫通しなければ合格です。最高ランクのP5Aは、落下試験を3セット行っても耐久することができたものとされています。

また、落下耐久とは別にこじ開けに対する強さは、「P1K~P3K」のようなランクに分けられます。
P1Kは、通常のガラスや網入りガラスよりは耐久性能が高いものの、比較的防犯効果が低いものと判断されます。P2Kは、ある程度の効果は期待できるものの、補助鍵と併用しなければやや不安が残るものとなります。最高ランクのP3Kは、ガラスを設置するだけでドライバーなどのこじ開けにも耐久可能だと認められ、十分な防犯効果が期待できるものとされます。

6.防犯ガラスにはどんなメーカーがある?

防犯ガラスは板ガラス協会を組織する各メーカーから販売されており、様々な製品が存在します。ここではガラスメーカーごとの特徴を見ていきます。

日本板硝子

防犯ガラスのなかでも比較的安価な商品を製造し、多くの方が利用しやすいものを販売しています。最高品質のものであれば、ガラスの間にポリカーボネート板が入っているため有効なこじ開け対策となるはずです。

旭硝子

旭硝子の提供する商品の特徴としては、飛散しにくく防災効果を発揮し、防犯防災に優れている点が挙げられます。また、万が一防犯ガラスが破られてしまった場合は、上限の範囲内でお見舞金を受け取ることが可能な場合があります。

防犯ガラスは、2枚のガラスの間に特殊フィルムを挟み込み、貫通防止に特化した性能となっています。

セントラル硝子

セントラル硝子が販売する商品の特徴としては、当主な樹脂膜が挟まれているという点です。防犯性能に加え遮音性、紫外線防止機能も兼ね備えているものが多いです。そのため、防犯だけでなく総合的な効果が期待できます。
      6.防犯ガラスにはどんなメーカーがある?

7.防犯ガラスの相場【価格】について

防犯ガラスは、通常のガラスと比較すると価格も高くなります。料金を決める要素としては、ガラスの大きさに加え、枚数や工事費などが加算されます。

比較的安価な防犯ガラスへ交換する場合は、30,000~50,000円程度であることが多いです。複数枚交換する場合は、倍以上の費用がかかるとみておくのがいいでしょう。より強固なガラスに交換する場合は、費用も跳ね上がることが予想できます。

設置場所によっては高所作業になるときもあります。そのときは、しっかり足場を組んで作業を行うため、追加で料金がかかることも考えられます。さらに、窓に面格子が付いている場合も、いったん取り外してから施工する必要があるため費用が変動することがあります。アタッチメントフレームを付けて厚みを足すケースもあります。遠方にお住まいであるなら出張費もかさみます。

防犯ガラスの価格は、様々な要素で算出されるため事前相談をすることが大切です。複数の業者を比較し、最も適した業者を選びましょう。作業のなかで生まれる疑問点などは質問して、不備のない作業をしてもらう必要があります。
防犯ガラスに交換するのを業者に依頼するのであれば、事前に見積もりを取ってもらってからにしましょう。

そのうえで最適なものを選び、効果的な犯罪対策をすることをおすすめします。防犯ガラスは、基本的には性能がよいものを選ぶのが適切です。しかしながら、強度が強いほど緊急時の脱出は困難になることもあります。

ただ高性能なものを取り付けるのではなく、補助鍵も付けるなどの備えも必要です。そのため、ご自分の予算を考慮して最適な選択をすることが大切となります。
      7.防犯ガラスの相場【価格】について

8.防犯ガラスはメリットたくさん。防犯以外でのメリット

先述のように、防犯ガラスには犯罪を防ぐ以外の様々な効果について触れていきました。ここでは防犯ガラスがもたらすメリットに焦点を当ててご説明していきます。

8-1.災害時にも飛散しづらい

ガラスは基本的に熱に弱いものであり、高熱の影響で割れてしまうことがあります。その際の衝撃で破片が飛散し、危険が及ぶおそれもあるのです。

防犯ガラスは中間膜と加熱圧着されているものが多く、ガラスが飛散するのを防ぐ効果が期待できます。打ち破り時の対策として効果を発揮するだけではなく、災害時にも重要な役わりを果たすものと言えます。
      8.防犯ガラスはメリットたくさん。防犯以外でのメリット

8-2.防音性の高さ

防犯ガラスの多くは、2枚重ねになっています。通常のガラスに比べて厚さがあり、音の振動を吸収する効果が期待できるのです。通常のガラスは3mm程度のものが多いですが、重ねることで厚さが倍になります。

また、間に専用の吸収素材が挟まれているものであれば、防音性能に特化することも可能です。

8-3.UVカット性 

通常のガラスが厚さ3mmだった場合、約7割の紫外線(UV-A)を通してしまうと言われています。仮に倍以上の10mmであっても、5割程度の紫外線が通過してしまうおそれがあります。

防犯ガラスの間の特殊な素材が紫外線を限りなく遮断し、家具の色焼けや日焼けなどを防ぎ、生活環境を守るためにも役立つとされています。
      8.防犯ガラスはメリットたくさん。防犯以外でのメリット

8-4.断熱(複層)ガラスタイプの防犯ガラスもある

基本的に防犯ガラスの間には、特殊な中間膜が挟み込まれています。そのため防犯対策に大いに効果を発揮します。

そのなかで、中空層を持たせる『複層ガラス』タイプのガラスも存在します。防犯性能に加えて、住宅で快適にすごすための効果が期待できます。間に空気の層を入れることで熱の移動を防ぎ、断熱効果を発揮します。夏には涼しさを保ち、冬は外に熱を逃がさないといった効果が期待できるため、住宅環境を改善することも可能です。

9.狙われやすい家の特徴とは。家のウィークポイントを補う方法

空き巣などの犯罪被害に遭わないためには、防犯ガラスを活用することが効果的と言えます。しかしながら、ご自宅の住宅環境が悪ければ狙われやすくなってしまうおそれがあるのです。

どんな家が狙われやすいのか、そして欠点を補うにはどんな対策をすればいいのかについてご紹介します。

人が集まる場所が近い

公園や商店街などは、比較的人が集まりやすい場所です。一見犯人にとって都合が悪い場所にようにも見えます。

しかしながら、人ごみに紛れて逃走する、自然を装って住宅の下見をしやすいということも考えられるのです。同じ人物を急に何度も見かけるようになったら、警戒したほうがいいかもしれません。
      9.狙われやすい家の特徴とは。家のウィークポイントを補う方法

線路沿いの家

線路沿いは定期的に電車が走り、周りの音をかき消します。その時間を利用して、ガラス破損時の音をごまかしやすくなるのです。そのため近隣住民にも気付かれにくくなり、知らぬ間に被害に遭っているという事態も想定できます。

路地の真ん中にある

逃走経路が確保しやすく、逃げやすい環境を与えてしまうおそれがあります。道路が無理でも、屋根を伝って侵入・逃亡する可能性もあるため油断はできません。あまりにも住宅同士が近接していると、空き巣にとって不都合な場合もありますが、時間帯によっては被害に遭いやすくなります。

これらの弱点を補うためには、なるべく留守だと悟られない工夫が必要です。住宅に常に人がいる状態なら、あまり狙われない傾向があります。また、周囲の住民と連携を取って周囲換気することも大切です。

しかしながら、防犯ガラスや監視カメラなど、物理的な対策をすることは欠かせません。具体的な対策を施すことにより、効果的に犯罪被害を防ぐことができるはずです。
      路地の真ん中にある

まとめ

防犯ガラスは、住宅を犯罪被害から守るために重要な役割を果たします。空き巣もガラスを割るのに時間がかかるとあきらめやすくなり、大いに効果を発揮するはずです。また、災害や紫外線などからも守る効果が期待でき、実用性も兼ねているものと言えます。

どのようなものを選べばいいのかは、業者に相談するのが得策です。施工はもちろん、より防犯機能を高めるためにはどうすればいいのかについても質問できる場合があります。

ガラス修理・交換を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ガラス修理・交換」をご覧ください。

迅速なガラス交換・修理!
最短10分で到着 作業は約15
※対応エリアや加盟店によって変わります
ガラスが割れてしまったなどのトラブルを、即日解決!防火ガラスや防犯ガラスどんなガラスにも対応しておりますのでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
強化ガラスやデザインガラス・お車のフロントガラスなどもお任せください。
ガラス修理・交換 12,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:さくら
危険な目に合ったことがきっかけで、防犯について知識を深めることに。家庭菜園も趣味としており、害虫や害獣に対する知識も豊富。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-12-14 16:26:45
https://www.seikatsu110.jp/window/wd_glass/22522/
窓・ドアの修理・防犯
住民の不在を狙って忍び寄る犯罪被害。そのなかでも件数が多いのが空き巣です。ガラスを容易に破り、周囲に気付かれない手口を持っている空き巣犯も存在します。被害を回避するためには、防犯ガラスを活用するのが効果的です。防犯ガラスは、住宅を犯罪被害から守るために様々な効果が期待できます。今回は、防犯ガラスがどのように有効なのかを詳しく説明し、その利便性をご説明していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

ガラス修理・交換のお問い合わせ・ご相談はこちら

ガラス修理・交換についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!