生活110番ニュース 窓・ドアの修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

複層ガラスとはどんなガラス?結露対策や断熱効果などの性能をご紹介

投稿日:2020-01-17 更新日:2020-01-20

複層ガラスとはどんなガラス?結露対策や断熱効果などの性能をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


機能性の高いガラスに交換したいと考えているのなら、複層ガラスへの交換をおすすめします。複層ガラスとは、断熱効果が高く外気の影響を受けにくいため、空調がききやすくなります。そのため電気代も安くすみ、結露もできにくくなることからカビの発生を防ぐ効果もあるのです。

このコラムでは、複層ガラスの性能を紹介しています。交換する際の費用や複層ガラスの構造なども詳しく説明していますので、ガラスの交換をお考えでしたらぜひ参考にしてください。

複層ガラスとは断熱性に優れている

複層ガラスとは、断熱性に優れたガラスのことです。家の壁によい断熱材を使っていたとしても、夏には外気によってガラスが温まり、窓からおよそ70パーセントもの熱が入り込むといわれています。反対に冬は、暖房で温めた部屋の温度がおよそ50パーセント窓から外に流出してしまうという結果も出ているのです。

熱は、高い温度のところから低い温度のところに移動する性質をもっているため、ガラスから熱を通してしまうのです。このような結果から、家の断熱性を保ちたければ、断熱性の高いガラスに交換することが大切です。窓ガラスを複層ガラスに交換すると、熱の流出を20~30パーセント程度に抑えることが可能といわれています。

断熱効果で電気代の節約

断熱効果で電気代の節約

高い断熱効果から、窓ガラスを複層ガラスに交換することで空調管理がしやすくなります。温度が逃げることがないことから使用する電力を減らすことができるため、電気代の節約につながるのです。

冷暖房費は平均として年間20,000~30,000円ほど節約できるといわれています。とくに寒暖の差のある地域では差が大きく出て、年間60,000円ほどの節約となったという結果もでているのです。

結露を防ぐ

外気の影響を受けにくいということは、結露の防止につながります。結露は、外気との温度差によって発生します。空気は温度が高ければ多くの水蒸気を含み、低ければ空気が含むことのできる水蒸気の量は減ってしまうのです。空気の温度が急激に低くなると水蒸気が飽和状態となり、空気中に水滴となってあらわれます。これが結露です。

冬は窓ガラスが外気に触れて冷たくなっている一方で、部屋のなかは温められています。そのため、窓の近くの空気が冷やされ、水滴となって窓に結露が発生するのです。しかし、複層ガラスなら、ガラスは外気の影響を受けにくいため空気が冷えにくく、結露ができにくいのです。

防音・防犯・防火に特化したものもある

複層ガラスには、より断熱性を高めるために通常は2枚のガラスからなるところを3枚にしているものもあります。そのほかにも、防音機能を高めるために防音フィルムを間に挟んでガラスが音に反響しないように施した複層ガラスもあります。

また、複層ガラスに防犯機能を備えるためにガラスの間に防犯膜を挟み込み、ガラスが飛び散らないようになっているものもあります。防犯だけでなく、割れにくいため震災のときにも安心です。

ほかにも防火性を高くするために、通常の金網ガラスのように網の入ったガラスが使用されている複層ガラスや、網なしで景観を損なわない防火ガラスも最近では出ています。

設置する場所や生活スタイルにあわせて自分にあう複層ガラスを取り入れることで、より快適に過ごすことができるようになるのです。

複層ガラスに交換する費用

複層ガラスに交換する際にかかる費用は、ガラスの種類によって異なります。一般的に、ガラスの厚みが大きいほど費用は高くなる傾向があります。

通常の複層ガラスの価格は、3ミリメートルのガラス2枚と中間層とよばれる隙間が12ミリメートルで合計18ミリメートルという厚みのものが多いです。この場合には、費用相場として90センチメートル×90センチメートルの大きさで約25,000円前後が相場となります。

より断熱の機能性を高くするためにアルゴンガスや真空状態のものにすると費用はより高くなり、同じサイズでも約100,000円を超える場合もあります。交換をする場合には、作業費や搬送費がかかるためガラス本体のほかに費用が30,000~50,000円ほどかかることが考えられます。

そのほかにも、窓によく使われるガラスは厚さが3~5ミリメートルほどであるため、18ミリメートルの複層ガラスを設置したい場合には、サッシの交換が必要です。通常のサッシでも使用できる6.2ミリメートルの厚さの複層ガラスもありますが、しかし、アルミのサッシは熱伝導率が高く断熱性は見込めません。サッシも断熱性の高いものに交換をおすすめします。

複層ガラスにするならサッシも交換しよう

複層ガラスにするならサッシも交換しよう

前述のように、複層ガラスは通常の窓ガラスに使用されるガラスより厚みがあるため、複層ガラスに交換したいときにはサッシの交換が必要です。通常のサッシはアルミ製であることが多いため、複層ガラス用の熱伝導率の低い樹脂製のサッシに交換することで、断熱性をより高めることが可能です。

樹脂製サッシは樹脂窓ともよばれ、塩化ビニール樹脂から作られる窓のフレームです。アルミと比較すると樹脂は熱伝導率が1000分の1といわれており、外気からの影響を受けにくくなっています。樹脂は加工がしやすく、デザインやカラーなども多数あり自分の好みのものを選ぶことができるのも魅力のひとつです。

樹脂製サッシに交換する場合の費用は、200,000~500,000円ほどです。これは、窓のデザインや大きさによって費用が異なります。基本的に、窓が大きくなるほど高くなる傾向があります。

複層ガラスとあわせて交換すれば、搬送費や作業費などが割引になることがありますので、交換をしたいときには業者に相談してみましょう。

複層ガラスは2枚のガラスの間に気体が入っている

複層ガラスとは、その名前のとおりガラスに層ができたものです。多くは2枚のガラスからなっており、ガラスの間にある中間層とよばれる層には気体が入っています。なかには、より断熱性を高めるためにガラス3枚からなる複層ガラスもあります。

中間層の気体には、乾燥した空気がよく使用されています。さらに熱を通さないように断熱性を高くしたいときには、アルゴンガスが入っていたり、真空状態のものがあります。

複層ガラスとペアガラスの違い

複層ガラスのほかにも断熱性の高いガラスとして「ペアガラス」という名前を見かけることがあるでしょう。ふたつの特徴としては、複数枚のガラスに中間層がもうけられたものということには、大きな違いはありません。

ペアガラスは旭硝子の商標であり、複層ガラスのひとつにペアガラスがあるいうことになります。

複層ガラスに交換したい場合には弊社におまかせください

複層ガラスに交換したい場合には弊社におまかせください

複層ガラスの交換をお考えで、どこの業者に依頼すればよいのかお困りでしたら、弊社にご相談ください。弊社には、全国に多数の加盟店がありますので、お客様のご要望にあった業者をご紹介いたします。

また、ガラスのことで何かあったときにいつでも頼れるように近くの業者を探すことも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

電話窓口は24時間年中無休で受け付けています。複層ガラスのことで気になることがありましたらいつでもご相談いただけます。

まとめ

複層ガラスとは、複数のガラスと中間層からなる窓ガラスのことをさします。複層ガラスを窓ガラスに使用すれば、断熱効果のほかに省エネにより電気代の節約、結露の予防、ほかにもほしい機能があれば防音や防犯、防火など多機能な複層ガラスを設置することが可能です。

複層ガラスは通常の窓ガラスより厚みがあることから、交換をお考えの場合にはサッシの交換もするようにしましょう。その際には、従来のアルミ製のサッシよりも樹脂製のサッシに交換すると熱が通りにくく、より断熱効果を高めることができます。

複層ガラスと一口にいっても、厚みや中間層の気体、機能性などさまざまな種類があります。窓ガラスの交換をお考えのときには希望を業者に伝え、見積りをとってもらいましょう。業者をお探しでしたら、弊社がお客様にあう業者をご紹介いたしますので、お気軽にご相談ください。

迅速なガラス交換・修理!
最短10分で到着 作業は約15
※対応エリアや加盟店によって変わります
ガラスが割れてしまったなどのトラブルを、即日解決!防火ガラスや防犯ガラスどんなガラスにも対応しておりますのでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
強化ガラスやデザインガラス・お車のフロントガラスなどもお任せください。
ガラス修理・交換 12,000円(税抜)~

この記事を書いた人
編集者:ふみ
昔から住宅展示会が大好き、理想の内装を追い求めるのが趣味。読者の目線に立ったコラムを作っている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-20 11:50:44
https://www.seikatsu110.jp/window/wd_glass/183982/
窓・ドアの修理・防犯
機能性の高いガラスに交換したいと考えているのなら、複層ガラスへの交換をおすすめします。複層ガラスとは、断熱効果が高く外気の影響を受けにくいため、空調がききやすくなります。そのため電気代も安くすみ、結露もできにくくなることからカビの発生を防ぐ効果もあるのです。このコラムでは、複層ガラスの性能を紹介しています。交換する際の費用や複層ガラスの構造なども詳しく説明していますので、ガラスの交換をお考えでした...
シェアリングテクノロジー株式会社

ガラス修理・交換のお問い合わせ・ご相談はこちら

ガラス修理・交換についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!