生活110番ニュース 窓・ドアの修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

防音には窓のシートを!今すぐはじめる防音シートとそのほかの対策

更新日:2021-04-30

防音には窓のシートを!今すぐはじめる防音シートとそのほかの対策

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

このコラムを読んでいる方は、ご自宅の周りでの騒音に悩まされている方、もしくはご自宅の中で音が出るものをよく使用し、外への音漏れを気にしていらっしゃる方がいるのではないでしょうか?

「何か対策をしたいな」
「騒音トラブルから解放されたい!」
このようなときは、防音になる窓用のシートがおすすめです。

ここでは、効果的な防音グッズである防音の窓用シートの紹介と、その他防音に活用できるさまざまなツール、知恵をご紹介します。

騒音や音漏れを防いでくれる防音シートの効果とは

防音シートは、ホームセンター等でごく一般的に販売されています。おもに利用されているのは、窓用の防音シートです。

壁に埋め込んだり壁に取り付けて使用するタイプの防音シートや防音マットなどは、もともと部屋に備え付けられているケースも多いといわれています。しかし、窓用の防音シートがもともと備え付けられているケースはあまりないようです。周辺からの騒音が気になるご家庭、家の中で騒音を鳴らすことの多いご家庭にはぜひ用意したいですよね。

防音できる窓用シートの特徴は安価さとデザイン性の高さです。安いものでは千円以下から販売されています。また、さまざまなデザインやカラーリングのものが販売されていて、窓に貼っても違和感の少ないものもありますし、壁紙に溶け込ませることもできます。インテリアとしても使えるのが嬉しいですよね。

では、防音できる窓用シートには具体的にどのような効果があるのでしょうか?
結論からいうと、防音シートだけだと大きな効果は得られないこともあります。なぜなら、軽量化のため薄く販売されているからです。窓に貼り付けることがメインのため仕方がありませんが、あまり分厚くしすぎるわけにもいかないため、その点に不安を覚える方は多いでしょう。

この場合は、ほかの道具を併用して使うことで効果を上げることができます。代表されるものが、吸音材、防振シートです。吸音材は楽器などに使われていて高い防音効果が期待できます。防振シートに関しては、騒音の正体である“振動”を防いでくれます。振動が減ると音も小さくなる原理を利用しているため効果的です。どちらも防音シートと同じくホームセンターで手に入りますし、価格もお手頃なので活用してみてもいいですね。

騒音や音漏れを防いでくれる防音シートの効果とは

防音シートと遮音シートの違いは?

意味がごちゃ混ぜになってしまいがちな防音シートと遮音シートの違い。まずは、“防音”と“遮音”の言葉の違いを理解することが大切です。

防音は、防音そのものを指し、さまざまな方法で音を遮断した結果、音を防ぐことができた状態のことをいいます。対して遮音は防音の方法の一つであり、音を遮断し、音が外部に通過しないようにすることを指します。防音という状態にするために遮音する、という認識になりますね。

この考え方と同じで、“防音シート”と“遮音シート”にも大きな違いはなく、防音シートの種類の一つに遮音シートがあるだけなのです。ほとんど効果が同じものでも、とくに防音できる窓用シートに関してはメーカーが名前を付けるときに防音シート、としたり、はたまた遮音シート、としたりするだけのときもあります。そのため、名前の違いはあまり気にせず、説明書きなどを参考にして自分の求めるものに近い製品を選ぶことが大切になってきます。

簡単に防音できる!おすすめの防音グッズ

防音に便利なグッズをご紹介していきます。防音できる窓用シートのほかにもさまざまな防音グッズがあるので、厳選の商品をリサーチしました!ぜひ参考にしてみてください。

・CALM

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

いわゆる防音カーテンです。防音効果があるだけではなく遮光効果や耐熱効果もあります。太陽の熱を室内にとりこみにくいため、冷房効率も上がりとても便利な商品です。カラーリングも合わせやすい控えめな色が3色ラインナップされており、レースもついているので選ぶのもたのしいですよね。

・TideMC スキ用テープ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

窓の隙間に貼ることのできるテープです。窓の騒音の大部分が隙間から漏れる音によるものなので、窓の隙間に貼ることで防音することができます。粘着力が強く、値段も安めなのでコストパフォーマンスがとてもいいです。

さまざまな防音対策方法

防音対策には、防音の窓用シートやその他のグッズを利用することが大切です。しかし、これ以外にも対策方法があります。対策を組み合わせることでより防音効果が期待できるので、ぜひ参考にしてみてください。

家具の配置を変える

家具の配置は、防音においてとても重要です。防音の装備がされていない家具でも、設置場所によっては音を吸収してくれます。一番効果的なのは、壁際です。音は壁に伝わり、振動で漏れてしまいます。家具が壁際にあれば音を吸収してくれることも多いです。とくにマンションにお住まいの方は、隣の家との境の壁に家具を置くと効果的でしょう。

防音カーテン、防音用の窓

防音カーテンは防音シートと同じぐらい、お手頃に用意できる防音グッズの一つです。値段もさることながら遮音性に長けています。しかしながら、当然室内に取り付けるため、外から聞こえてくる騒音に関しては効果が期待できない場合が多いようです。外部の音を遮音したい場合は防音シートと併用することをおすすめします。

また、防音用の窓に付け替えることも一つの方法です。付け替えのコストはかかりますが、音の出入りの多い窓そのものをかえてしまうことは、効果的な方法といえるでしょう。こちらに関してはご自身でやることが難しい場合が多いですが、専門の業者に依頼することができるため、ぜひ活用してみましょう。

まとめ

今回は、防音シートと遮音シートの違い、防音できる窓用シートの存在について紹介しました。防音対策としては、簡単に取り入れることができるグッズを活用する、家具の位置に気をつけるなどの方法があるので、ぜひ参考にしてみてください。

騒音は人びとの暮らしを阻害するおそれのある問題です。また、それを自らの家庭がひきおこしてしまうこともあるのです。防音は住環境を快適にするために重要といえます。このコラムを参考にしてよりよい生活をぜひ目指してみてくださいね。

ガラス修理・交換を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ガラス修理・交換」をご覧ください。

迅速なガラス交換・修理!
最短10分で到着 作業は約15
※対応エリアや加盟店によって変わります
ガラスが割れてしまったなどのトラブルを、即日解決!防火ガラスや防犯ガラスどんなガラスにも対応しておりますのでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
強化ガラスやデザインガラス・お車のフロントガラスなどもお任せください。
ガラス修理・交換 13,200円~

 

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
12投票,  平均評価値:3.8

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!