生活110番ニュース 窓・ドアの修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドアノブ交換でトイレの扉修理!初めてでもできる手順を公開

投稿日:2018-02-15 更新日:2018-10-01

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

日頃から生活に欠かせないトイレですがドアノブを意識したことはありますか。トイレを使用したいときにドアノブが故障していると、非常に不便です。トイレは毎日使用する場所ですから、ドアノブも経年劣化をしてきます。

トイレのドアノブの故障原因にはどのようなことが関係しているのでしょうか。
そこで、今回はトイレのドアノブの種類だけでなく、ドアノブが壊れてしまう原因についてもまとめました。さらにDIYで修理する方法をご紹介しますので、ご覧ください。

トイレのドアノブの種類

ドアノブはトイレのドアにもついています。トイレに使用されるドアノブは大きく分けて2つの形状があります。レバーハンドと握り玉型です。

大まかには、レバーハンドか握り玉かという種類の違いですが、鍵の有無や両側から鍵が使えるか、使えないかなど。好みで選ぶことができます

      トイレのドアノブの種類

トイレのドアノブが壊れる原因は?

ドアノブの故障は内部の部品が原因であることが多いため、おおきな不具合が発生するまで故障に気が付きにくいです。ドアノブが故障する一番大きな原因は経年劣化であるといえます。だからこそ、ドアノブはトイレなど毎日必ず使用するドアについているものほど早く壊れやすいと考えられます。

ドアノブが故障している時の症状3つとは

ドアノブに不具合が起こり始めた時の初期症状3つをご紹介します。
ドアノブが回らない、ドアノブがガタガタしているなど不安定な状態が見られる、鍵がかかりにくかったり、かからないといったことが挙げられます。

これらが起こる原因としては、主に3つのことが考えられます。

【原因1】

経年劣化によるものが考えられます。主に、ドアノブの内部に不具合が生じているということが考えられます。例えば、内部にある部品の消耗や錆びているなどから動作不良が起きていると考えられます。

【原因2】

部品の緩みが考えられます。ねじなどのドアノブに付随している部品が緩んでいることがあります。そういった際に、ドアが動かなくなってしまうこともあります。

【原因3】

普段の使用の仕方が考えられます。日頃から、乱暴に扱うなど、ドアやドアノブにダメージを与えていた場合に考えられます。ダメージの蓄積も故障の原因になる恐れがあります。

ドアノブが使用できる期間は、10~15年程度だと言われています。その中でも、湿度の高い浴室や、開け閉めの多い部屋、よく遊ぶ子どもがいる部屋などは故障に気を付けたい環境です。

耐久年数や環境に応じて、定期的なメンテナスをしたほうが良いと考えられます。

      トイレのドアノブが壊れる原因は?

トイレのドアノブ修理-DIYでする場合の用意するもの

ドアノブのトイレ修理に使用する道具は、交換用のドアノブとドライバー(プラスとマイナス)などを使用します。交換用のドアノブは、ドアのサイズにあっているかしっかり確認してください。

トイレのドアノブ修理-DIYでする場合の手順

手順は大きく分けて2つです。

まずはドアノブをトイレのドアから外すことです。室内側のドアノブの側面にあるねじを外します。次に丸座に付属しているねじを外します。今度は、外側も同様に外していきましょう。そして、ドアの側面にあるラッチに付属しているねじを外し、金具ごとラッチを外します。

いよいよドアノブの付け替えです。付け替える際に、同メーカーの同タイプの商品を選ぶと付けやすいです。ドアノブを付けていく際は、外した際と逆の手順で行います。まず、ラッチに付属する金具をねじ止めします。ここでは、少し緩めにつけておくことで作業を行いやすくなります。そして、丸座とドアノブを入れ、ドアノブを回転させてみます。そこで問題がなければ、金具をしっかり止めることが大切です。

ここまでの作業で、ドアノブの交換に完了になります。

      トイレのドアノブ修理-DIYでする場合の手順

トイレのドアノブ修理-注意点

ドアノブを交換する前に事前に確認しておくと良いことが4つあります。ドアの厚さ、ドア端から中心までの距離、ラッチに取り付ける金属の板の長さなどの形状、右勝手か左勝手のドアノブのトイレかを確認をしておく必要があります。

この4点に問題なければ、取り付けることができます。交換用のドアノブを同メーカーの同タイプにすると作業がしやすいと考えられます。

トイレのドアノブ修理を業者に依頼する場合の費用相場

故障した原因を見つけることは、自分では難しいと思います。そういった際にドア、ドアノブ、トイレの修理のプロに頼むことが堅実だと考えられます。

ドアノブの交換をせず、修理する場合は7,000円程度、ラッチの交換であれば、10,000円程度、ドアノブごとも修理であれば10,000~20,000円程度だと思われます。

まとめ

毎日使うトイレのドアやドアノブはダメージが蓄積しがちです。そのため、ドアノブやトイレの状態に気付かず、突発的に故障することがあります。生活に必要なトイレが使えない状況になると、生活がしづらくなってしまいます。そのため、ドアノブの耐久年数や部屋の環境から考えて、メンテナンスをするなど日頃から注意が必要です。

故障した場合も、自分で点検することによって修理することもできます。その際には、道具の準備、交換用のドアノブの確認をする必要があります。

ただ、普段からDIYなどをしている人であれば、修理もできると思いますが、不安に感じる場合は、業者へ修理を依頼することをおすすめします。

ドアノブ修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ドアノブ修理」をご覧ください。

ドア以外の建具も対応!
プロが迅速に対応します!
※対応エリアや加盟店によって変わります
サッシや引き戸、開き戸などのドアや建具のあらゆる交換・修理はお任せください!お客様の目的やご要望に合わせて「依頼してよかった」と思える最適な施工を行います。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
引き戸やフラッシュドア、木製ドア、サッシなどに対応しています
ドアノブ修理 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-01 12:53:51
https://www.seikatsu110.jp/window/wd_doorknob/38926/
窓・ドアの修理・防犯
日頃から生活に欠かせないトイレですがドアノブを意識したことはありますか。トイレを使用したいときにドアノブが故障していると、非常に不便です。トイレは毎日使用する場所ですから、ドアノブも経年劣化をしてきます。トイレのドアノブの故障原因にはどのようなことが関係しているのでしょうか。そこで、今回はトイレのドアノブの種類だけでなく、ドアノブが壊れてしまう原因についてもまとめました。さらにDIYで修理する方法を...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

窓・ドアの修理・防犯 ドアノブ修理

ドアノブ修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

ドアノブ修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!