生活110番ニュース 窓・ドアの修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

デッドボルトとは?鍵が閉まるしくみと調整・修理方法をご紹介します

投稿日:2017-11-13 更新日:2018-10-01

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

デッドボルトとは、鍵の施錠部分の一つで、鍵を挿して回すとドアの側面から飛び出てくる四角形の部品のことを指します。施錠のもっとも重要な部品のため、本締り錠とも呼ばれています。さらに防犯性向上のために先端部分が鎌状になっている鎌付きデッドボルトというものもあります。

ここではデッドボルトのくわしい働きや、ドアの鍵が回しづらいときのデッドボルトとストライクの調整、交換方法についてご紹介していきます。

デッドボルトとは鍵の閉まり機構のひとつ

デッドボルトとは、鍵を閉める際に働く部品のひとつです。デッドボルトがどの部分かというと、鍵をかけたときにドアから飛び出してくる金属の部分の四角い方です。三角形のものは「ラッチボルト」といいます。

デッドボルトはサムターン(つまんで鍵をかけるもの)のシリンダー(鍵を差し込んで鍵をかけるもの)の動きに連動して動きます。デッドボルトが突出し、ストライクボックスという柱側に取り付けられているくぼみの中に入ります。ラッチボルトも同じ動きをしていて、そのふたつの動きによって鍵がかかります。鍵を開けるとデッドボルトは引っ込むのでドアを開けることができます。

デッドボルトは鍵をかける機構の中でも重要な部品のひとつです。消耗してくると、鍵がうまくかからなかったり、開かなくなったりします。

      デッドボルトとは鍵の閉まり機構のひとつ

ドアの鍵を回しづらい時にはデッドボルトとストライク調整が必要

玄関などのドアの鍵が回りづらくなることがあると思います。その原因になっている部品は、デッドボルトとストライクということが多いです。

鍵がかかっているかどうか心配で、ドアを鍵がしまった状態でガチャガチャと揺らして、鍵がかかっているか確認することがあると思います。しかし、鍵がかかった状態でドアを揺らすと、ストライクとデッドボルトの位置がずれてしまいます。そのずれが原因になってドアの鍵が回りづらくなるのです。

そうなってしまうとデッドボルトとストライクの調整が必要になってきます。その調整方法は以下のようになっています。

1.ストライクのねじを緩める 
2.ストライクを上下左右に動かしてみる 
3.ストライクのねじを締める 
4.扉を閉め、鍵が回りづらいかどうか確認する 

この手順で調整をしていきます。調整してもうまく改善しない場合は、再度最初から調整し直しましょう。改善するまで少しずつストライクを動かして根気よく取り組んでください。

      ドアの鍵を回しづらい時にはデッドボルトとストライク調整が必要

デッドボルトが戻らないときには交換が必要

デッドボルトは何度も開け閉めしていると消耗してきます。また、玄関のドアなどは雨などによっていつの間にか腐食していることもあります。こうなると、デッドボルトが戻らなくなってしまうことがあります。

このような症状が出た場合は、デッドボルトの交換が必要になってきます。

デッドボルトの交換は個人でも行うことができます。まずは鍵のメーカーと型番を控え、メーカーから取り寄せましょう。
届いたらいよいよ取り付けです。手順を簡単にご紹介していきます。

1.ドアノブやレバーを取り外す
2.古いデッドボルトを取り外す
3.新しいデッドボルトを取り付ける
4.室外側のドアノブやレバーを取り付ける
5.室内側のドアノブとレバーを取り付ける

取り付けが終わったら鍵が回るか確認し、鍵が回しづらいのであればストライクの調整をしましょう。

自分での施工が心配ならばプロへ依頼しましょう

デッドボルトの交換方法を簡単に説明しましたが、交換はなかなか難しいです。うまく取り付けないと鍵がかからなくなったりすることもあります。

普段からDIYをしている方には、それほど難しく感じないかもしれません。しかし、そうでない方はうまくできないことも多いです。

もし、難しそうだと思うのであれば、無理をして自分で取り付けないようにしましょう。とくに玄関の鍵は家のセキュリティ上重要です。きちんと取り付けてその機能を最大限発揮できるようにしないといけません。

心配なら、業者にデッドボルト交換の依頼をしましょう。業者にまかせれば、デッドボルトの交換をきちんと行ってくれるでしょう。費用はDIY以上にかかることも多いですが、心配な場合は業者へ依頼することをおすすめします。

      自分での施工が心配ならばプロへ依頼しましょう

まとめ

デッドボルトはドアの鍵の閉まり機構のなかで重要なものです。その反面一番消耗が激しい部分でもあります。鍵が回りにくくなった場合は、デッドボルトとストライクの調整で解決できると思います。この調整はさほど難しくないので、症状があれば自分で調整しましょう。

もしデッドボルトが戻らなくなった場合は、交換が必要です。交換は普段からDIYなどをしている人であればできると思いますが、心配であるようなら無理して行わず、業者へデッドボルト交換の依頼をすることをおすすめします。

ドアノブ修理を依頼できる業者や料金

  
依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ドアノブ修理」をご覧ください。

ドア以外の建具も対応!
プロが迅速に対応します!
※対応エリアや加盟店によって変わります
サッシや引き戸、開き戸などのドアや建具のあらゆる交換・修理はお任せください!お客様の目的やご要望に合わせて「依頼してよかった」と思える最適な施工を行います。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
引き戸やフラッシュドア、木製ドア、サッシなどに対応しています
ドアノブ修理 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
4投票,  平均評価値:4.8

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-01 12:58:39
https://www.seikatsu110.jp/window/wd_doorknob/17941/
窓・ドアの修理・防犯
デッドボルトとは、鍵の施錠部分の一つで、鍵を挿して回すとドアの側面から飛び出てくる四角形の部品のことを指します。施錠のもっとも重要な部品のため、本締り錠とも呼ばれています。さらに防犯性向上のために先端部分が鎌状になっている鎌付きデッドボルトというものもあります。 ここではデッドボルトのくわしい働きや、ドアの鍵が回しづらいときのデッドボルトとストライクの調整、交換方法についてご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

窓・ドアの修理・防犯 ドアノブ修理

ドアノブ修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

ドアノブ修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!