生活110番辞典 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリで家が倒壊するかもしれない。シロアリについてとその予防法

2018-07-02

シロアリで家が倒壊するかもしれない。シロアリについてとその予防法

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

シロアリ駆除の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラ

日本全国から被害が報告されているのがシロアリです。シロアリ被害は年間約200万件といわれています。そのためシロアリ被害は、どんな住宅に住んでいても考えなくてはならない問題です。そのままにしていると、最悪の場合シロアリ被害で家が倒壊してしまうかもしれません。

しかし、何をすればよいのでしょうか?そもそもシロアリは、なぜ人家の周りに生息し、家を食べるのでしょうか?理由と予防法を今回このコラムでご紹介していきます。

シロアリ駆除のおすすめサービス

シロアリの種類について

シロアリには様々な種類がいますが、種類によって被害が違います。では、どんな種類のシロアリがいて、どんな被害があるのでしょうか?シロアリ被害で家が倒壊するおそれもあるのでしっかりとシロアリの種類を知っておくことも大切です。

ヤマトシロアリ

日本全国に分布しているシロアリで寒さに強いため、北海道でも確認されています。土の中や湿った木材の中など、湿気が多い場所に巣を作り、床下や風呂場、キッチンなどの水回りの被害が比較的多くなっています。
また、巣の中には2~3万匹ほどの個体数がいるといわれており、シロアリ被害で一番多いシロアリの種類です。

イエシロアリ

西日本を中心に生息し、南は九州地方、北は茨城県でも確認されています。寒さに弱いため、温暖な太平洋側に生息しています。

大きな巣を中心にほかにも巣を分散しながら作るので、100万匹も巣の中にいるといわれています。

また、シロアリの中でも水を運ぶことが出来る種類になります。そのため、木や廃材を湿らせながら被害が拡大し、その被害は建物全体に影響していきます。

アメリカカンザイシロアリ

アメリカ原産の種類で、東京、大阪、鹿児島など日本各地の広い範囲で見つかっていますが、今後も発見される地域の拡大が予想されているので注意が必要です。
巣の中の個体数は2~3千匹ほどで、シロアリの中でも比較的少ないのが特徴です。しかし、アメリカカンザイシロアリは土の中には巣を作らず、木材に巣を作るため建物全体だけでなく、畳や家具なども被害にあうこともあります。

シロアリの種類について

シロアリで家がボロボロに…シロアリ被害

木造家屋に住んでいる方が特に心配なシロアリですが、どのような被害があるのでしょうか?木製の柱を穴だらけにしてしまうイメージが強いのですが、そもそもシロアリはなぜ柱を食べるのでしょうか?

シロアリは、木材に含まれるセルロースと呼ばれる繊維を食べて栄養にします。そのため、木製の柱や床束(床を支える柱)が被害にあいやすいといわれています。
食べられた木材は穴だらけになり強度が落ち、湿りやすく、腐りやすくなるため、住宅が倒壊する危険性があります。

「うちは鉄筋コンクリートだから大丈夫」と思っていてもシロアリはエサを探してコンクリートのわずかな隙間から侵入してきます。シロアリは侵入すると室内の畳や家具などに被害が及ぶこともあります。

厄介なことに、シロアリはトンネルを掘ってエサにたどり着くまで、障害物は噛み破って進んでいきます。コンクリートや地下ケーブルを食い破り進んでいくこともあり、コンクリートに穴があけられる心配もあります。

また、シロアリは湿ったところが好きなので、水回りの被害も多いようです。トイレや台所の床下や柱、土台などが被害にあいやすく、湿気を好むシロアリは雨漏りなどによって水が入ってくる場所から被害を広げるケースもあります。

放置しておくと家全体がもろくなり、シロアリで家が倒壊する危険性もあるので「おかしな?」と感じた場合は速やかにシロアリのプロに連絡することをおすすすめします。

地震の際に倒壊するおそれがある場合も

シロアリに1階の柱や土台を食べられると、しっかりとした家の土台でも簡単に崩れてしまいます。そうなると本来の耐震性が発揮することができなくなり、地震によって倒壊するおそれがあります。

国土交通省などの調査にも地震によるシロアリの被害が報告されています。例えば、阪神・淡路大震災では約25万棟の住宅が被害にあいました。その内、シロアリの被害が確認され、腐朽もみられるとされた家屋の9割が全壊していました。
阪神・淡路大震災の死者は6,434名で、そのうち8割の方が倒壊した住宅の下敷きになって亡くなったといわれています。

こういったことからも、シロアリ被害はしっかりと対策を行うことが重要です。地震が起きてから後悔しないように、日ごろからシロアリが家を倒壊させるかもしれないということを意識するようにしましょう。

地震の際に倒壊するおそれがある場合も

シロアリから家の倒壊を防ぐためには

シロアリは家を倒壊させるおそれがあるため、しっかりと予防をしなければなりません。ではどのよう予防したらよいのでしょうか。

・湿気をためない
シロアリは湿気の多い場所に住みつきます。そのため、家の中に湿気をためないことが重要です。
掃除をするときはすべての窓を開けて風通しを良くするなど小まめな換気を行ったり、窓の結露をこまめに拭くようにしましょう。

また、湿った環境が好きなシロアリは屋根の雨漏りから家に巣を作ることがあります。シロアリの発生原因の約80%以上が雨漏りともいわれているので、雨漏りは早めに直しておきましょう。

・不要な木材を片付ける
家の周りに不要な木材を放置しないことも大切です。木材が雨で湿って、シロアリの温床になるおそれがあります。庭や駐車場、物置などに不要な木材がある場合は撤去しましょう。

・薬剤を散布
駆除や予防するうえで一番効果的なのが、薬剤といわれています。方法や薬剤にも種類があるので、自分の家の状況から選ぶことが大切です。

よくわからない場合やシロアリ被害が大きい場合は業者に頼ることも重要です。しっかりとした対策を行わないと、シロアリが家を倒壊させてしまうかもしれません。

シロアリ駆除のおすすめサービス

まとめ

シロアリは日本全国どこにでもいます。湿った環境を好み、木材を好むために家の床下だけではなく、雨漏りをしている屋根裏など家中にいる可能性があります。

また、鉄筋コンクリートだから大丈夫と思っているかたも多く、対策をしっかりと行わないと知らない間にシロアリ被害が拡大していることもあります。気が付かないうちにシロアリ被害は家中に広がってしまいます。

ほかにもいくら耐震性が強い家でも、シロアリ被害が拡大していると、地震が発生したときはシロアリで家が倒壊してしまうこともあります。
自分の安全だけでなく、快適に暮らすためにも、しっかりとご自宅のシロアリ対策を考えることが重要です。

シロアリでお困りの方は業者に相談することをオススメします

シロアリでお困りの方は業者に 相談することをオススメします

シロアリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「シロアリ駆除」をご覧ください。

弊社調べの最安値 1,200円~/㎡

弊社調べの最安値 1,200円~/㎡

シロアリ駆除のおすすめ業者を見る

シロアリ駆除の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-07-02 13:18:19
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/67610/
害虫駆除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

おすすめ記事

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

シロアリ駆除オリジナルサービス

0120-949-986