生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマトシロアリの羽アリに注意!放っておくと家が大変なことに!?

投稿日:2018-03-20 更新日:2019-01-16

ヤマトシロアリの羽アリに注意!放っておくと家が大変なことに!?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家の柱の中に侵入して、家をボロボロにしてしまうシロアリ。そんなシロアリの中でもっとも被害が多いといわれているのが「ヤマトシロアリ」と呼ばれる種類のシロアリです。

ヤマトシロアリは主に床下に巣を作るため発見が困難で、家の中に侵入してきたときにはすでに家の土台部分がボロボロになっていたというケースもよくあるといわれています。

そんなヤマトシロアリは羽アリとなって新しい巣をつくる場所を探しに行くことがあるのです。羽アリが家の近くで見かけたら、もしかすると家に被害が出てしまうおそれがあります。

今回は、「ヤマトシロアリの羽アリの特徴」と「大量発生したときの応急処置」についてご紹介します。

シロアリ駆除・予防のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除・予防についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

羽アリにはシロアリとクロアリがいる

まず、羽アリには「クロアリの羽アリ」と「シロアリの羽アリ」がいます。どちらの種類も場合によっては家の庭や周辺に発生することがありますが、クロアリは家の建築材をエサにするようなことはありません。

しかし、家に侵入して人間の食べ残しなどのエサを探すことがあり、衛生的によくない状態となってしまう可能性があります。

シロアリの場合、家の床下や壁の隙間から侵入して土台や柱をボロボロにしてしまうだけでなく、住みついてからもシロアリの羽アリが周囲に飛んで範囲を広げていくので、被害が拡大していく危険があります。

このような被害を防ぐためにも羽アリを見つけたら家に侵入させないように注意が必要です。ここからはシロアリの中でもっとも被害の多いヤマトシロアリの羽アリについて見ていきましょう
         羽アリにはシロアリとクロアリがいる

ヤマトシロアリの羽アリの見分け方

シロアリもクロアリも、羽アリの体色が似ているため、ぱっと見ただけで判断することが困難です。見分けるためには、それぞれの違いを知っておくことが重要となります。ヤマトシロアリの羽アリを見分けるときは以下のような点が参考になります。

・発生時期
ヤマトシロアリの発生時期は4月~5月頃です。クロアリは5月~11月なので、微妙に時期がずれています。4~5月に家の周辺にいる羽アリはヤマトシロアリの可能性が高いといえます。

・胴体
シロアリの胴体はくびれがなく全身がまっすぐな形をしていますが、クロアリの胴体はくびれがあり、「頭部・胸部・腹部」がはっきりとわかりやすい形をしています。

・羽
シロアリもクロアリも羽の数は同じ4枚です。シロアリの羽は4枚とも同じ形をしていて、簡単に取れてしまいます。一方でクロアリの羽は2枚ずつで長さが異なり、引っ張らないと取れないほど頑丈になっています。

発生する時期は種類や環境によって差があるため、はっきりと見分けたいときには形の違いを意識して見てみるといいでしょう。

ヤマトシロアリが家屋へ及ぼす被害

シロアリというと家の柱や屋根に使う木材をボロボロにしてしまうイメージがありますよね。

しかしヤマトシロアリは、2階部分などの上階や屋根裏のような高い場所まで侵入することはあまりないといわれています。その理由はヤマトシロアリが湿気を好むシロアリということが関係しています。

ヤマトシロアリは2階部分のように地面から離れた湿気の少ない場所から乾いた木材に水分を含ませて巣まで持ち運ぶことが苦手だとされているため、湿気の少ない高い場所へ侵入することは少ないと考えられているのです。

一方でトイレや洗面所といった水周りや床下の土台部分に巣を作って住みつくため、放置しておくと家の土台からボロボロになってしまう危険があります。

「2階や天井までは来ないだろう」と思っていても、雨漏りしていたり壁の中の断熱材が結露したりしているときには、その水分を求めてヤマトシロアリがのぼってくることがあるので注意しましょう。

また、ヤマトシロアリは床下にいくつものコロニーを作って大量繁殖する可能性があるため、ヤマトシロアリの羽アリを見つけたら、家の水周りや床下を確認してヤマトシロアリが住みついていないか確認することが大切です。
      ヤマトシロアリが家屋へ及ぼす被害

羽アリが大量発生した場合の応急処置

羽アリが大量発生したときは「羽アリに殺虫剤を吹きかければいい」と思うかもしれませんが、シロアリの場合、殺虫剤はシロアリの被害を広げてしまう可能性があります。

殺虫剤に含まれる成分を嫌って巣の中に逃げ込んだシロアリが家中に分散して、別の場所からまた羽アリが発生してしまうことがあり、完全に駆除することが困難になってしまうのです。

そのため、ヤマトシロアリの羽アリが発生したときには以下のような道具で応急処置をしましょう。

・掃除機
発生した羽アリを直接掃除機で吸い込みます。掃除機が吸い込むときの圧力によってシロアリはとても弱りますが、吸い込んだ後の掃除機をそのままにしておくと隙間から抜け出したりしてしまう可能性があるため、掃除機をきれいにすることも忘れずに行いましょう。

・ポリ袋
羽アリが発生している穴を見つけた場合は、その周辺を覆うようにポリ袋をかぶせます。そうすることで穴から飛び出した羽アリがポリ袋の中にたまっていくのです。ある程度たまったら袋を交換して、羽アリの数が減るまで行うといいでしょう。

ただし、これらの処置は一時的なものなので、シロアリの数がある程度少なくなったらシロアリ駆除業者に依頼して、巣の中に残ったシロアリまで完全に駆除するようにしましょう。

羽アリ発生する理由と駆除の必要性

ヤマトシロアリの羽アリが発生するときは、巣の中のシロアリの数が増えすぎてしまったときだとされています。

巣の中の数が増えすぎたヤマトシロアリの一部が羽アリとなって遠くまで移動し、そこでまた新しい巣を作ることで範囲を広げていくのです。

そのため、ヤマトシロアリの羽アリを家の周囲で発見した場合、家の床下や近所に大規模なヤマトシロアリの巣がある可能性があります。

また、シロアリは羽アリが飛び去ったあとも巣に残ったシロアリはそのまま住みついてさらに繁殖していきます。

駆除の仕方がわからないなどの理由で放置していると、シロアリによる被害がおさまらないだけでなく、周囲の家にも侵入して被害を拡大してしまう危険があるため、羽アリを見つけたときはすぐ対策をとることが大切なのです。
        羽アリ発生する理由と駆除の必要性

まとめ

ヤマトシロアリの羽アリについて紹介ましたがいかがだったでしょうか。ヤマトシロアリの特徴や、シロアリが大量発生したときの対処方法など、覚えておけば緊急の際に役立つかもしれません。

ヤマトシロアリの羽アリを発見したときは、殺虫剤を吹きかけるなどかえって被害を広げるような行動は避け、まずはどこから発生しているのかを確認します。確認した後はなるべく応急処置をして被害を広げないようにすることが大切です。

それでも羽アリが大量発生して困ってしまったときは、個人ですべて駆除するのはとても困難なので、シロアリ駆除業者に依頼して駆除とシロアリ対策をしてもらうようにしましょう。

シロアリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「シロアリ駆除」をご覧ください。

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-01-16 12:37:21
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/52943/
害虫駆除
家の柱の中に侵入して、家をボロボロにしてしまうシロアリ。そんなシロアリの中でもっとも被害が多いといわれているのが「ヤマトシロアリ」と呼ばれる種類のシロアリです。ヤマトシロアリは主に床下に巣を作るため発見が困難で、家の中に侵入してきたときにはすでに家の土台部分がボロボロになっていたというケースもよくあるといわれています。そんなヤマトシロアリは羽アリとなって新しい巣をつくる場所を探しに行くことがあるの...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!