生活110番辞典 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

【安さ?安全?】知っておきたいシロアリ駆除の費用と費用が変わる理由

2019-04-26

【安さ?安全?】知っておきたいシロアリ駆除の費用と費用が変わる理由

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

シロアリは木材を加害する害虫で、放置しておけば、家のありとあらゆる木材の中身がすかすかになってしまいます。すかすかになってしまうと、中身が空洞の状態になってしまうため、家全体の耐久性が下がってしまうことでしょう。

シロアリは一度家に住みついてしまうと見つけることが困難であり、駆除もプロでないと難しいところもあります。一般的なシロアリ駆除はプロに依頼するのですが、そのときに気になるのがシロアリ駆除の費用について。
このコラムではそんなシロアリ駆除にかかる費用について解説しますので、ぜひご覧ください。

シロアリ駆除の費用は?相場はいくらか

シロアリが発生した場合、早めに駆除をおこなわないと被害がどんどん進行してしまい、最終的には家が倒壊してしまうおそれもあります。そんなシロアリ駆除は素人ではなかなか難しいため、駆除の殆どは業者に依頼することとなるでしょう。

そんなときに気になることといえばシロアリ駆除に関する費用のこと。相場はどれくらいなのかなどについてご紹介していきます。

シロアリ駆除の相場

シロアリ駆除の相場は「坪」表記と「㎡(平米)」表記の2種類あり、その種類によって相場に違いが出てきます。また、業者によって費用変動に違いがあるので、一概に金額を断定はできませんが、おおよその費用相場としては……。

・1平米:1,200円
・1坪:6,000円

最安の目安としてはこれくらいになってくるでしょう。

ちなみに坪と平米の違いは……

坪や平米はその土地や家の大きさを表します。例えば、シロアリ駆除で1坪の施工量が円だったとすると、1坪分の駆除費用がだいたいこの程度の費用がかかってくるという意味です。
ちなみに1坪の大きさはだいたい3.31㎡(平米)、約2畳分です。対して1平米の大きさはおおよそ0.3坪。約0.6畳分の大きさとなるのです。
このことから、㎡より坪の方が面積が大きいのが伺えるでしょう。

シロアリ駆除の費用は施工方法によって違いがある

シロアリ駆除は害虫駆除のなかでもなかなか難しい作業になります。多くの場合は、加害が多い床下などに潜って駆除作業をしたりしますので、労力と手間がかかるのです。
そのため、予防工事をするのか。駆除工事をするのか。駆除工事でも薬剤を散布するのか、薬剤の使い方によっても費用が変わってしまうのです。シロアリ駆除費用について気になる人はこちらも頭の片隅に置いておくといいでしょう。
作業別のシロアリ駆除の費用目安は以下の通りです。

ベイト工法/坪:7,000円~
バリア工法/坪:10,000円~

※シロアリの種類や被害状況によって変動します

シロアリ駆除費用の相場情報一覧

シロアリ駆除を業者に依頼する際、もっとも気になるのが料金です。シロアリ駆除にかかる費用は、業者や地域によって異なっています。以下は、シロアリ駆除費用の相場情報一覧表です。シロアリ駆除を依頼する際の目安として、目を通してみてください。

区分 カテゴリ 費用感
平均相場 5,000円〜10,000円/坪
業者ごとの相場 大手シロアリ駆除業者 8,000円〜12,000円/坪
中小規模シロアリ駆除業者 6,000円〜9,000円/坪
安さに特化している業者 4,000円〜7,000円/坪
地域による相場 ※駆除するシロアリの種類や住宅の構造によって、地域によってもシロアリ駆除費用の相場は異なります。

シロアリ駆除の費用は施工方法によって違いがある

シロアリ駆除には複数の施工方法があります。同じ面積でも施工法によって費用が異なるのがシロアリ駆除の特徴です。シロアリ駆除の施工方法は、薬剤を使用する方法と使用しない方法の2つがあります。薬剤を使用する「バリア工法(薬剤工法)」は、シロアリ予防から駆除まで、幅広いシーンで施されるもっともメジャーな工法です。

この方法は、薬剤によりシロアリを防除し、地下からシロアリが侵入するのを防ぎます。バリア工法(薬剤工法)は特定の場所を狙って駆除できるので、シロアリ被害の範囲が限定されている人にもおすすめです。また、非常に即効性が高い施工法でもあるので、今すぐにシロアリを駆除してほしい人もバリア工法(薬剤工法)を選択するのが一般的といえます。

また、薬剤を散布しない「ベイト工法」といい駆除方法もあります。「ベイト工法」はシロアリのエサに薬を入れることで、シロアリの巣ごと全滅させる方法です。直接薬剤を散布しないため、人体への安全性が高く、環境にも優しいのが特徴です。小さいお子さんがいる家庭や、ペットを飼っていて薬剤の影響が不安という方は、「ベイト工法」を選択すると安全性に関して心配する必要はありません。

バリア工法(薬剤工法)の相場は、「5,000円〜10,000円/坪」となっています。なかには化学薬剤と天然系薬剤を選択できる業者もあり、天然系薬剤のほうが1,000円/坪ほど高くなるのが特徴です。ベイト工法は、「7,000円〜/m」が相場となっています。

もしコスパ重視で、低価格でのシロアリ駆除を考えているという方には、バリア工法(薬剤工法)がおすすめです。1つ目の理由は、バリア工法(薬剤工法)はベイト工法に比べ相場が安いということです。業者の規模や地域に関わらず、薬剤工法はベイト工法より割安で依頼できます。

2つ目の理由は、バリア工法(薬剤工法)はピンポイントでシロアリを駆除できることです。シロアリ駆除の費用は「施工面積」に大きく依存します。多くの業者は坪単位で駆除費用を決定するのが基本です。そのため、施工面積の削減はそのまま費用の削減につながります。これら2つの点から、バリア工法(薬剤工法)の方がベイト工法より低価格でのシロアリ駆除が可能です。

業者によるシロアリ駆除費用の違い

シロアリ駆除費用の違いは、施工法によるものだけではありません。シロアリ駆除の費用は業者によっても異なります。一見すると、シロアリ駆除業者はその規模から特徴にいたるまでさまざまです。しかし、シロアリ駆除業者は大きく3つのタイプに分類できます。シロアリ駆除業者3つのタイプとは「大手の業者」「中小規模の業者」「安さを売りにしている業者」です。

この3つでは、費用が大きく異なります。「大手の業者」「中小規模の業者」「安さに特化している業者」それぞれの費用を確認していきましょう。

大手シロアリ駆除業者

大手シロアリ駆除業者の費用相場は「10,000円前後/坪」です。ここでいう大手シロアリ業者とは、全国で事業を展開している業者をイメージしてください。大手の業者は、広範囲で事業を展開しているため、経営コストや人件費が高くつく傾向にあります。その結果、一般的な相場よりやや高い費用となっています。

また、農協(JA)系列の業者も大手と同じく「10,000円/坪」が相場です。農協(JA)系列の業者は、紹介手数料を農協(JA)に支払わなければなりません。当然、紹介手数料が入るぶん、料金は割り増しとなります。これらの理由により農協系列を含む、大手シロアリ駆除業者は全体的に価格が高くなっているのが特徴です。

中小規模シロアリ駆除業者

中小規模シロアリ駆除業者とは、各地域に密着した事業をおこなっている業者です。中小規模の業者は「6,000円〜9,000円/坪」が目安の相場となっています。大手に比べ経営コストや広告費にお金をかけず運営している業者も多く、大手より全体的に価格が安いのが特徴です。

また大手のように一律料金ではなく、依頼者の状況に応じ柔軟に価格を変更できるのも、中小規模業ならではといえるでしょう。ただし価格という側面からみると、さらにお得な業者もあります。

価格メリットが大きい業者

シロアリ駆除業者の中には、「4,000円〜/坪」と価格メリットが大きい業者もあります。格安で業務を受けている業者のため、なかには技術や保証、資格が十分でない業者もいましたが、近年ではシロアリ駆除の技術が保証されている業者でありながら格安の業者もいます。地域によっても差があるので、業者に確認を取るのが確実です。

地域によるシロアリ駆除費用の違い

先ほども少し触れましたが、住んでいる地域によっても、シロアリ駆除の費用は異なる場合があります。地域によって費用に差が出る理由は「シロアリの種類」と「住宅規模」の2つです。

シロアリには、「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」の2種類がいます。日本国内全域に生息しているヤマトシロアリに対し、九州や四国を中心に生息しているのがイエシロアリです。イエシロアリの駆除費用はヤマトシロアリの1.2倍〜1.5倍に及びます。そのため、イエシロアリが生息している九州や四国の一部地域では費用は高くなるでしょう。

ちなみに、イエシロアリの被害はヤマトシロアリより大きいことで知られています。イエシロアリはヤマトシロアリに比べて集団の個体数が多いため、侵食スピードが早いのも特徴です。もし、イエシロアリを見つけた場合は、すぐにシロアリ駆除を依頼するようにしましょう。

シロアリ駆除の費用を左右するものに「建物の構造」があります。東京や大阪をはじめとする都市部では、住宅の規模が小さいことも珍しくありません。どんなに住宅の規模が小さくても、シロアリ駆除には一定の費用と時間を要します。広さだけで料金を設定していると、施工単価が低くなり、経営が成り立ちません。そのため、都市部では坪あたりの金額が割高となる傾向にあります。

シロアリ駆除費用の内訳

シロアリ駆除の費用といわれると、駆除費用しか含まれていないのかと思われがちですが、この駆除費用は駆除以外にも多くの費用が含まれています。
この項目ではシロアリ駆除に含まれる内訳についてご紹介します。

駆除費用の内訳

シロアリの駆除費用は駆除を含めたこの要素が費用に関係してきます。

〇出張費
シロアリ駆除業者の営業所から依頼された家までの出張費です。

〇薬剤費
シロアリ駆除のほとんどは薬剤を用いておこなわれますので、薬剤の費用もかかってくるでしょう。

〇駐車料金
自宅や所有している駐車場に止めるのであれば含まれない場合がありますが、有料駐車場などに車を止めなければいけない場合は依頼主が負担することが多いです。

〇人件費
シロアリ駆除は人力でおこなわれます。そうなると当然人件費は駆除費用に含まれるでしょう。

〇作業費
手間と労力を消費する木部処理や土壌処理などをする場合も費用がかかります。

〇建物養生費
必要な場合に限りますが、建物養生費もシロアリ駆除費用のなかに含まれることがあります。

業者によりますが、シロアリ駆除費用の内訳は大体このとおりとなります。気になる人は見積もりを頼めば、おおまかな内訳を書いた見積もり書をもらうことができますよ。

駆除の前にかかる費用

駆除の前にも希望するのであれば、別でかかってくる費用があります。それが事前調査費というものです。事前調査費とは実際にシロアリ駆除に入るまえに業者を家に派遣し、シロアリの被害にあっているかどうかみてみる。あっている場合はその駆除に最適な工法を事前に業者が知り、より効果的な駆除ができるようにするための作業です。

この事前調査費の中には、事前の現地調査とは別に見積もり費用や相談費用も一緒に内訳られている場合があります。
また、その業者に元々依頼する予定である場合などは、駆除費用のなかにこれらの費用が含まれることもあるのです。

シロアリ駆除の相場ってどれくらい?費用が変わる要因と業者の選び方

シロアリ費用が変動する要素とは

さきほど、シロアリ駆除費用の内訳についてご紹介しましたが、この内訳次第ではもともと業者のHPなどで記載していたしていた費用から変動してしまうことがあるのはご存じでしょうか。
「ぼったくりする気じゃないの」と思われがちですが、それは間違いです。シロアリ駆除が変動してしまうにはきちんとしたわけがあるのです。
その変動する要素を把握して、適切なシロアリ駆除費用を知っておくことで、自分にあった業者に巡り合うチャンスが広がることでしょう。

【要素①】駆除範囲

シロアリ駆除費用でおおきく変動しやすい要素のひとつが駆除範囲です。
多くの業者は1坪〇〇円。1平米〇〇円といった価格で表示されています。

例えば、シロアリ駆除費用が1坪(約3畳分)5,000円だった場合、1坪分の施工の場合、単純計算で5,000円で済むことがあります。しかし、この駆除範囲が約9畳分ある場合、3坪(約9畳分)、15,000円の作業費がかかってしまうのです。
こういった、シロアリの駆除範囲を正確に把握するのも、適切なシロアリ駆除費用を見極めるための重要な要素なのです。

【要素②】施工方法

シロアリはさまざまな工法を使って駆除をおこないます。たとえばシロアリが外部から侵入しないように土壌処理をおこなったり、木材を加害している場合は、木部処理などをおこないます。
また、シロアリは加害場所からそう遠くない場所にコロニー(巣)を作ることがあるので、毒餌(ベイト工法)を設置したりします。
土壌処理や木部処理は床下などに潜って薬剤を散布したりする必要があるため、どうしても作業費が高くついてしまう傾向があります。逆にベイト工法は専用の毒餌を置き、定期的なモニタリングだけで済むので総合的に見れば安く済む傾向があるのです。

【要素③】出張費

シロアリ駆除業者の営業所から依頼した家までの間に距離がある場合、当然ながら交通費がかかってきます。営業所から家まで、遠ければ遠いほど、交通費は高くついてしまうことでしょう。

【要素④】薬剤費

薬剤の種類によって費用が変わってくることがあります。例えば化学薬剤はある程度の量産性があるため少し安くなる傾向がありますが、天然素材で作られた薬剤は高くなる傾向があるのです。

【要素⑤】建物の構造

建物の構造によってもシロアリ駆除の難易度は変わってきます。
例えば、床下で作業する場合、床下が低いか高いかで、作業員が入れるスペースや態勢に違いがでてきます。木造や鉄骨造などの建物の基本的な構造でも施工方法や薬剤処理の範囲にも違いがでてくるのです。

【要素⑥】被害状況

シロアリの被害状況によっては、その状況に応じた対応が必要になってきます。加害場所の木材がボロボロで今にも柱が折れそうな状態の場合はその場所の木材を補強、補修する必要もでてくるのです。

業者を選ぶ際に気をつけるべきポイント

安さを取るか。安全を選ぶか。業者選びのポイント

シロアリ駆除業者を選ぶ際に多くの人が基準にしているもののひとつが「費用が安く済むかどうか」ではないでしょうか。たしかに、シロアリ駆除は生活をするうえでも「予想外」の出費になるため、なるべく安く済ませたいものですよね。

しかし、安さばかり重視してしまうと今度はシロアリ駆除の安全性に不安がでてくることでしょう。この項目ではそんなシロアリ駆除業者を選ぶポイントについてみていきます。

【ポイント①】見積もりを請求する

シロアリ駆除の費用は、作業費のほかにも、出張費などの費用もかかってきます。多くの業者の場合は、この作業費のみの費用表記が多いため、いざ、施工を依頼すると、思ったよりも費用が高くついてしまうなんてことも。
また、施工後に最初提示した金額の他にもかかってしまった費用を請求され、金銭トラブルに発展してしまうケースもあるようなのです。こういったトラブルを避けるためにも、駆除をお願いする前に見積もりを依頼しましょう。

一部のサービスでは、請求した見積もりから費用が変動しないサービスや、見積もり無料をおこなっている業者もあるので、こういったサービスをうまく利用してみてください。

【ポイント②】保証内容を確認する

シロアリ駆除は一度駆除しても、再発する恐れがあるため、多くの業者では保証期間というものがついています。例えば、再発を防ぐために、定期的な検診やアフターフォロー、再発した場合は再処理をおこなってくれるといった保証です。
この保証基準や、保証の条件は業者によって違いがでてくるので、保証内容や条件の確認や、保証の責任範囲などの問い合わせや、確認はしておくといいですね。

【ポイント③】対応が丁寧かどうか

シロアリ駆除を頼むということは、大切な家の命運を預ける行為に等しいです。依頼しようとしている業者の対応が丁寧か。こと細かく説明してくれるかどうかも判断基準として加えてもいいでしょう。
どうせ頼むなら、好ましいと思える業者に家を託したいものです。

【ポイント④】わからないことは遠慮せずに聞く

日本人は謙虚な人が多く、疑問を抱いたとしても「こういった質問をしたら失礼ではないか」と思ってしまう人もいます。
しかし、わからないことは遠慮せずに聞かないと後で、対人トラブルや、金銭トラブルに発展してしまうこともあります。また、自分が正確にサービス内容を把握するという意味でもわからないことがあれば、失礼だと思っても聞いてみるのがベストでしょう。

高くても放置はNG!より費用が高くなる可能性が

シロアリ駆除の費用は高くついてしまうものです。節約家な人は、「シロアリがいるけど放置しておこう」と思われる人もいるかもしれません。
しかし、お待ちください。もし、シロアリが家の木材を食べている場合、最悪、家が倒壊してしまうおそれがあるのです。
そうなってしまえば、シロアリ駆除の費用のほかに、建物の修繕費用もかかってしまうこと。数万で済んだ駆除費用が、数百万、数千万といった莫大な費用をシロアリ駆除と建物の修繕費用で費やさなければいけないこともあるでしょう。

シロアリ駆除で一番してはいけないことは「放置」することです。もし、シロアリ被害にあっていたら業者に相談するようにしましょう。

まとめ

シロアリ駆除の費用は1部屋いくらという計算ではなく、1平米○○円~と表記されていることが多いです。というのも、シロアリの被害状況によって作業難易度に影響がでてくるため、費用が変動しやすいから。
また、シロアリ駆除には変動する要素がたくさんあるため、安さを重視して選んだとしても、結局オプション費用などがかさんでしまい、想像以上に高くついてしまうこともあります。

シロアリ駆除の費用を正確に把握したいときは頼みたい業者に見積もりを出してもらいましょう。また、業者選びのポイントを押さえながら業者を選ぶことで、自分が納得できるシロアリ駆除業者に巡り合える確率もあがることでしょう。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

シロアリでお困りの方は業者に相談することをオススメします

シロアリでお困りの方は業者に 相談することをオススメします

シロアリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「シロアリ駆除」をご覧ください。

(この記事は2019年2月1日に加筆・修正しています)

弊社調べの最安値 1,200円~/㎡

弊社調べの最安値 1,200円~/㎡

シロアリ駆除はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
シロアリ駆除 1,200円/平米
シロアリ駆除のおすすめ業者を見る >
シロアリ駆除はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-04-26 17:17:52
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/52630/
害虫駆除
[cv_banner ua="pc"] [cv_banner ua="sp"] シロアリは木材を加害する害虫で、放置しておけば、家のありとあらゆる木材の中身がすかすかになってしまいます。すかすかになってしまうと、中身が空洞の状態になってしまうため、家全体の耐久性が下がってしまうことでしょう。 シロアリは一度家に住みついてしまうと見つけることが困難であり、駆除もプロでないと難しいところもあります。一般的なシロアリ駆除はプロに依頼するのですが、そのときに気になるのがシロアリ駆除の費用について。 このコラムではそんなシロアリ駆除にかかる費用について解説しますので、ぜひご覧ください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!