生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリ対策にホウ酸は有効?効果やメリット・デメリットを解説

更新日:2021-04-30

シロアリ駆除はホウ酸が効果的?ホウ酸の効果とその真偽とは

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

シロアリは木材を食べる危険な害虫です。もしご家庭でシロアリ被害を発見したら、すぐに駆除をしなければいけません。駆除には毒餌や薬剤といったものを使用するのが主ですが、今回注目したいのが「ホウ酸」を用いたシロアリ駆除です。

ホウ酸といえば、ゴキブリ駆除の際によく使われているイメージがあるのではないでしょうか。たしかにホウ酸塩だんごはゴキブリ駆除に効果的ですが、ホウ酸はシロアリに対しても効果を発揮してくれます。事実、米国ではシロアリ駆除にホウ酸を使用することが多いようです。

今回のコラムでは、シロアリにホウ酸がどう効果的なのかについて解説していきます。アメリカなどでは主流となっている対策ではありますが、日本のシロアリにも効果はあるのでしょうか。

シロアリ駆除・予防のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除・予防についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

ホウ酸の基本知識

冒頭でお伝えした通り、シロアリにはホウ酸が効きます。まずは、そもそもホウ酸とはなにかをはじめ、「効く」といい切れる根拠の部分を詳しく確認していきましょう。使用するうえで気になる安全性についても触れていきます。

ホウ酸とは?

ホウ酸とは、ホウ素が酸素と結びつくことでできた無機物のことで、自然界のさまざまな場所に存在しています。また、ホウ素は骨の形成や維持に必要な栄養素でもあります。運動後の回復力を高める効果もあるとされており、多くのアスリートがホウ素のサプリを愛用しているそうです。

コンタクトの保存液や目薬などにも使用されていたりするホウ素を含んでいるホウ酸ですが、なにより有名なのが「ホウ酸だんご」ではないでしょうか。ホウ酸を練り込んだだんごによるゴキブリ駆除は、非常に効果的な駆除手段のひとつとして認知されています。

そして、このホウ酸をシロアリ駆除に転用することが可能なのです。殺虫成分はあるうえに哺乳類には安全ということから、シロアリ駆除にホウ酸が使用されることも多くなりました。

シロアリ対策におけるホウ酸の効果

ホウ酸は人にとっては害の少ない物質ですが、シロアリにとっては毒性の強いものとなります。そのため、シロアリにホウ酸を食べさせることによって個体の駆除、並びに巣の中の個体の駆除効果を得ることができるのです。

本来ホウ酸は、体内に取り入れても腎臓が分解してくれるため、人体に悪影響が及ぶことはほとんどありません。しかし、シロアリにはこの腎臓が存在しないため、ホウ酸を取り入れると分解できず、やがては死に至るのです。この体の仕組みの違いを利用することで、駆除が可能となります。

ここでもうひとつ知っておきたいのが、シロアリがホウ酸を摂取してから死に至るまでには少し時間かかるということです。ホウ酸を摂取したシロアリはそのまま巣に帰り、巣の中で死にます。その死骸を巣の中のほかの個体が食べることで、同様の作用が働き、巣全体の駆除につながるという仕組みです。

シロアリは、目の前の個体だけでなく、巣自体も駆除しなければ意味がないとされています。その点、個体・巣の両方を駆除できるホウ酸を使った対策は、非常に効率的な方法といえるでしょう。

ホウ酸の人への影響・安全性について

先ほど少し触れましたが、腎臓をもつ人類は、ホウ酸による影響を受けることはほとんどありません。これは、人だけでなく、腎臓をもつ哺乳類全般にいえることです。

そのため、ホウ酸によるシロアリ対策は、小さなお子様がいるご家庭や、犬・猫などのペットを飼われているご家庭でも安心しておこなえます。ただし、ホウ酸の大量摂取による健康被害の可能性は0とはいえないので、いくら安全といっても最低限の注意は怠らないようにしましょう。

シロアリ対策におけるホウ酸のメリット・デメリット

ここまでホウ酸の特徴を確認し、シロアリに対する有効性や人に対する安全性はお分かりいただけたかと思います。しかし、「ホウ酸はどんな駆除剤にも負けない便利アイテム」とはいいがたいものです。ホウ酸にはメリット・デメリットの両方が存在するので、それぞれをよく確認してから使用することをおすすめします。

下記にホウ酸のメリット・デメリットをまとめていくので、使用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

メリット

ホウ酸を使用することのメリットは、大きく2つです。

 

安全性が高い

もしホウ酸を摂取したとしても、腎臓さえあれば排出が可能です。そのため、人間を含めた腎臓をもつ生物にとって、ホウ酸は無害な物質となっています。たとえ小さなお子さんやペットが誤って摂取したとしても、過剰な量でない限り健康に害はないでしょう。

 

殺虫効果が長続きする

ホウ酸は揮発したり分解されたりしないので、効果が長時間継続します。そのため、定期的な点検が必要ありません。またホウ酸には防腐作用があるとされているため、害虫対策だけでなく腐食に対しても耐性を発揮してくれるでしょう。

デメリット

メリットに対するデメリットは、大きく3つあります。使用シーンによってホウ酸は適さない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

外では使用できない

ホウ酸塩は水溶性で、浸透しやすい性質をもっています。そのため屋外で使用したり、ホウ酸を使用した木材が湿った地面についていたりすると、成分が木材から流れてしまうのです。そのため、屋外にある木材に対しては、別のシロアリ対策が必要になってきます。

 

即効性が低い

ホウ酸は遅効性の物質なので、処置を施してからすぐにシロアリ駆除の効果を発揮するわけではありません。駆除できるまでにはある程度時間がかかってしまうので、「今すぐシロアリを駆除してほしい」という場合には、別の駆除方法を選ぶのがよいでしょう。

 

水に溶けやすい

ガーデニングや菜園などが趣味の方は、ホウ酸による植物への悪影響にも注意しなければなりません。花壇やプランターなど、育てている植物の近くにホウ酸を設置しておくと、水で溶けて植物が吸収し、やがては枯れてしまうおそれがあります。ホウ酸は水に溶けやすいことを念頭に置き、植物の近くでは使用しないようにするのがおすすめです。

ホウ酸を使う利点と欠点

ホウ酸でシロアリ対策をDIY!その方法は?

ホウ酸の実用性の高さから、ご自身でシロアリ対策をおこなうことをお考えの方も多いのではないでしょうか。そこでここでは、ホウ酸を利用したシロアリ対策の具体的な方法を詳しくご紹介していきます。ホウ酸団子を自作する手順やご自身での準備ができない場合の対処法などに触れていくので、DIYに興味がある方は必見です。

自分で加工して施工する方法

シロアリをホウ酸で駆除する場合、一般的には「ホウ酸団だんご」を設置する手法が用いられています。ホウ酸団子とは、ホウ酸とシロアリが好みそうなものを混ぜ合わせたもので、簡単に自作できる罠です。ホウ酸だんごの作り方・設置方法に関しては、以下にまとめていきます。

 

ホウ酸団子を作る際に必要なもの

まずは、下記の材料を準備しましょう。

・ホウ酸(薬局などで購入可)
・セルロース(玉ねぎやおがくずでも代用可)
・小麦粉
・砂糖
・水
・その他シロアリが好みそうなもの(牛乳や蜂蜜など)

 

ホウ酸団子を作る手順

材料の準備ができたら、下記の手順でホウ酸団子を作っていきます。

手順.1:同量のホウ酸とセルロースをボールに移す
手順.2:小麦粉、砂糖、水、その他シロアリが好みそうなものを入れて混ぜる
手順.3:適度な粘度になったところで紙などに塗り付ける

 

ホウ酸団子を設置する場所

ホウ酸だんごは、床下の被害を受けている箇所や、湿気が多くシロアリが好みそうな場所に設置しておきましょう。この時、できるだけ多くのホウ酸だんごを設置しておくことをおすすめします。また、前述した通りホウ酸は水に溶けやすいため、雨水などが直接かからない場所に設置しておくのがポイントです。

自分で加工するのが不安ならホウ酸入りの薬剤を

ホウ酸団子を自作する自信がない、または手間をかけたくないという方は、ホウ酸が含まれている市販の駆除剤を利用してみてはいかがでしょうか。ホウ酸入りの駆除剤はホームセンターなどで一般販売されているので、手軽に入手できます。ただし、ホウ酸だんごを自作する場合と比べて、費用がかかってしまうことは知っておきましょう。

実はホウ酸は海外では一般的?

シロアリによる建物の侵食被害は、日本に限った話しではありません。世界各地に生息しているシロアリは、どこの国でも問題視されている存在なのです。

そんなシロアリを効率的に駆除できるホウ酸は、じつは海外では一般的に活用されています。実際にシロアリ対策としてホウ酸処理を主としている国もあることから、シロアリに対する駆除効果は裏付けられているともいえるでしょう。

ここでは、海外でおこなわれているシロアリ駆除についてご紹介していきます。興味のある方は、ぜひご一読ください。

米国ではホウ酸処理がポピュラー

米国のシロアリ駆除ではホウ酸が重宝されており、とくにハワイでよく使用されています。ハワイではシロアリ被害が相次いでおり、家を建てる際は防蟻処理をすることが義務づけられています。しかし、木材に農薬系の防蟻剤を使用することは禁止されているのです。そのため、ほとんどの場合ホウ酸が使用されています。

また、米国以外では、オーストラリアやニュージーランドでもシロアリ駆除にホウ酸が使用されています。オーストラリアでは1930年代に、ニュージーランドでは1950年代からこの対処法が活用されているそうです。

よく使われている燻蒸処理とは?

米国で主流となっているシロアリ駆除の方法は、ホウ酸を用いたもの以外に「燻蒸処理」というものもあります。ビニールで建物を覆ってその内部に「フッ化スルフリル」という毒ガスを注入することで、建物のシロアリを一気に駆除するのです。

燻蒸処理に使用される毒ガスは、安全のためにすぐ効果が消えるようになっています。そのため、燻蒸処理によってシロアリを駆除したとしても、新たに侵入してきた別のシロアリによって被害が再発してしまうおそれもあります。

日本においては、燻蒸処理は費用がかかるなどの事情もあって主流ではありません。ですが、文化財に侵入したシロアリを駆除する目的で使用されることがあるそうです。薬剤を使用すると文化財に悪影響が及ぶ危険性があるので、建物を傷つけない燻蒸処理が打ってつけなのです。

米国ではホウ酸処理がポピュラー

ホウ酸に懐疑的な専門家も

殺虫成分があるうえに安全性が高いため、ホウ酸は有効なシロアリ対策のように思えます。ですが、その効果に懐疑的な意見もあります。その意見として、代表的なものでは以下のようなものがあります。

表面にホウ酸を散布しても意味がない
ただ木材の表面部にホウ酸を散布するだけでは、シロアリへの有効打にならないという意見があります。シロアリは木材の内部から食害していくため、たとえ表面にホウ酸の成分が含まれていてもシロアリは無視してしまうかもしれません。

人でも過剰摂取で中毒症状を起こすことがある
いくら腎臓があるといっても、人が許容できるホウ酸の量には限度があります。たとえば幼児の場合は、5~6g程度のホウ酸で致死量になるとされています。また、腎臓機能に問題があるとホウ酸が体外に排出されないため、中毒の危険性が高まってしまいます。

シロアリがホウ酸塩に触っただけでは効果がない
シロアリはなんでもかじってしまう習性があるので、木材を食べずにかじるだけの場合もあります。ホウ酸には忌避効果はないので、シロアリが木材を食べずにかじるのを防ぐことができない、という意見が出ています。

「米国では主流」が必ずしも優れているとはいえない
たしかにアメリカは世界最大の先進国ではありますが、だからといって必ずしもアメリカのやり方が世界最先端とは限りません。今でこそ世界中に広まったイエシロアリですが中国から日本にかけてが原産といわれており、もともとはアメリカ大陸にいなかったのです。

他の国では適切だったシロアリへの対処法が日本では不向きである可能性も、十分に考えられるでしょう。

ご家庭によってはホウ酸塩によるシロアリ駆除が効果的なこともありますし、その逆の例も想定できるでしょう。ですので、素人の目だけで判断せず、信頼できるシロアリ駆除の業者に依頼して適切な駆除方法を調べてもらうのをおすすめします。

まとめ

アメリカではシロアリ駆除にホウ酸がよく使用されています。安全性が高く効果も長続きするホウ酸は、日本でもシロアリ駆除に採用されていることがあるそうです。しかし、ホウ酸は水に溶けやすいため、屋外では使用できないという欠点もあります。

しかし、ホウ酸には懐疑的な意見も見られます。シロアリ駆除自体に効果がないという意見もあり、確実にシロアリに対して効果を発揮するわけではないと判断することができます。少なくとも、木材の表面にだけホウ酸を散布しても意味はないかもしれません。

どういったシロアリ駆除を選ぶべきか、ご家庭の構造や被害状況でも変わってくるものです。困ったらシロアリ駆除業者に依頼し、どうすれば確実にシロアリを駆除できるかを考えてもらうようにしましょう。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。
無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,320円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
20投票,  平均評価値:3.1

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!