生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリ予防はDIYでできる!注意点と薬剤の選び方もご紹介

更新日:2021-02-09

シロアリ予防はDIYでできる!注意点と薬剤の選び方もご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

シロアリ予防をDIYでおこないたいという方もいらっしゃるかもしれません。シロアリ予防のための薬剤やグッズは市販で購入でき、DIYでおこなうことは可能です。しかしDIYでおこなう際には注意点があります。

今回はシロアリ予防をDIYでおこなうメリットやデメリット、また効果的な方法についてご紹介します。

シロアリ駆除・予防のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除・予防についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

シロアリ予防をDIYで行なうメリット・デメリット

シロアリの予防をDIYしたいという場合、まずはメリットとデメリットについて考えてみましょう。

メリット

メリット

シロアリ予防をDIYでおこなうという場合、1番に挙げられるのは費用の安さです。業者に頼む場合は、施工費として1坪あたり8,000円程度必要になります。しかしご自身で予防する場合は、薬で施工する場合その薬剤の費用(数千円)だけとなっており、とても安く済ませることができます。

また、近年は予防方法が気軽に検索できるというのもあり、ご自身でシロアリ予防をする方も増えているようです。

デメリット

専門業者に頼まない分、完全にシロアリ予防できる可能性が低くなります。業者はシロアリ予防や駆除について知識が豊富で、予防方法や薬の種類などにも詳しいです。そのぶん、あらゆる状況に対応でき最適な予防方法でシロアリ対策をしてくれます。また、業者は専門の機材も持っており、手の届きにくいところも処置することが可能です。

シロアリには種類があり、その種類によっても対策方法が異なります。自分でシロアリ予防をするのは好きなタイミングや好きな時間におこなうことができるということも魅力のひとつですが、費用はかかるものの業者に頼むのが安心かもしれません。

シロアリ予防でよくある失敗とは?

シロアリ予防をDIYでおこなうというとき、また業者に頼むというときには注意をするべき点があります。

外基礎断熱工法はシロアリが発生しやすい

外基礎断熱工法はシロアリが発生しやすい

外基礎断熱工法は省エネを推進している現代において、空調費が抑えられるということで人気があります。しかし、構造上シロアリが発生しやすくなっており、再発率も高いということがあります。そのような構造の場合は業者に頼むのが安心です。

薬剤の臭い

シロアリ予防の薬剤には臭いがきついものがあり、施工後に臭いが気になるということもあります。天然素材のものを使用しているものでも、臭いが強いものもあります。業者に頼むときは、そのようなことも質問しておくといいでしょう。

薬剤のアレルギー成分

薬剤には用途によって含まれている成分も異なります。ご家族に小さなお子様、妊婦、ペットがいる家庭では成分も確認したほうがいいかもしれません。

シロアリの予防をDIYするうえで効果的な方法

シロアリ予防をDIYする場合、「バリア工法」「ベイト工法」と呼ばれる2種類の方法があります。それぞれの方法で特徴が異なるため、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。この項目では、バリア工法とベイト工法についてご紹介します。

バリア工法

バリア工法

バリア工法とは、シロアリの発生場所や巣に対して直接薬剤を散布する駆除・予防する方法です。バリア工法は直接薬剤を散布することから、即効性に優れているというメリットがあります。また、「木部処理」「土壌処理」と呼ばれる2種類の処理方法が存在しており、それぞれで特徴が異なります。
 

木部処理

木部処理とは、建物の木材に対して薬剤を散布・塗布してシロアリを予防するという方法です。木部処理は2段階に分かれており、第1段階では木材の接続部付近にドリルで穴を開けて、中に薬剤を注入していきます。

第2段階では、木材の表面全体に薬剤を散布していきます。これらの処理を木材におこなうことで、シロアリによる木材の食害を防ぐことができるようになるのです。
 

土壌処理

土壌処理とは、建物の土台や石材・べた基礎などに薬剤を散布していくという方法です。また、床下部分が塞がれていることの多い玄関や勝手口などのタイルに穴を開けて、薬剤を注入していく作業も含まれます。

土壌処理をおこなうことによって、シロアリが土壌から侵入してくるのを防ぐことができます。バリア工法では、これらの木部処理と土壌処理をおこなうことで、木材の食害とシロアリの侵入を予防する効果が期待できるでしょう。

ベイト工法

『ベイト剤』は毒餌のようなもので、駆除剤を混ぜた餌をシロアリに食べさせて巣ごと駆除するというものです。ベイト剤を用いたベイト工法は、毒餌を地中に埋めるだけでシロアリを駆除することができるため、バリア工法よりもDIYに向いているといえるでしょう。また、ホームセンターなどで簡単に購入することができます。

ベイト剤は食べてすぐに効果がでるというわけではなく、効果がでるまでに時間がかかります。ベイト剤を食べたシロアリが巣に戻り、ほかのシロアリにも感染することで効果が広がるという仕組みです。影響を受けたシロアリは脱皮ができなくなり、死んでしまいます。

シロアリ駆除を行なううえでの薬剤の選び方

シロアリの駆除のための薬剤は何百種類もあるといわれています。そのなかから適切なものを選ぶのはなかなか難しいかもしれません。

信頼できる薬の見分け方として「公益財団法人 日本しろあり対策協会」の認可があるものを選ぶという方法もありますが、より適切なものを選ぶにはどのようにしたらよいのでしょうか。

シロアリ駆除を行なううえでの薬剤の選び方

忌避効果の有無によって選ぶ

忌避効果とはシロアリが近づいてこないようにするものです。シロアリを近づかないようにしたい場所に設置・散布します。現代では安全性への配慮から、その効果は最長でも5年程度となっています。

速効性と遅効性を選ぶ

こちらは用途にあわせて選びましょう。速効性は瞬時にシロアリを駆除したいときに使用します。しかし、その薬に触れたシロアリしか効果はありません。遅効性は巣に影響をあたえるものもあり、女王アリもまるごと退治したいときに有効です。

接触して効果があるものか食べて効果があるものか

シロアリ予防において、触れるだけで効果があるものや食べることによって効果があるものがあります。食べることによって効果がでるものは、触れるだけのものより確実に退治することができます。

予防は5年おきにしましょう

シロアリ駆除のDIYで用いる薬剤は、環境汚染を防止するために自然分解されやすい成分が使われているものがほとんどです。その成分が5年を経過すると、効果がほとんどなくなるようになっています。

そのため、シロアリの被害にあっていない家でも5年後には、シロアリに侵食されているケースもあるようです。シロアリの予防効果を保つためには、5年に1回は新たに予防をおこなう必要があります。

シロアリの予防をしっかりとおこなうのであれば、業者に依頼するのがおすすめです。業者であれば、バリア工法・ベイト工法を問わず安全に配慮しながら、より効果的な予防をおこなってもらうことができます。

弊社にご連絡いただければ、バリア工法・ベイト工法に対応したシロアリ駆除業者をご紹介いたします。「できるだけ害のない薬剤を使ってほしい」「土日に対応してほしい」などのご要望にも、全国の加盟店の中から最適な業者を選んでお応えすることが可能です。

お電話によるお問い合わせは、24時間365日となっておりますので、ご都合のよろしいときにお気軽にご連絡ください。

予防は5年おきにしましょう

まとめ

家の中でシロアリが出たときは、自分でできることをしてみるのもいいでしょう。シロアリ予防のDIYをすることで、シロアリの被害を食い止めることができるかもしれません。

しかし、狭くて暗い場所や細かな場所など自分では気づきにくいところもたくさんあります。そのため、しっかりと駆除をしないとまたすぐにシロアリの被害にあうおそれがあります。

そうならないためにも、シロアリの駆除は業者に依頼することをおすすめします。業者に依頼することで、シロアリの被害は最小限におさえられるかもしれません。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。
無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,320円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!