生活110番辞典 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

羽蟻とシロアリは違うのか?羽蟻が被害を出すのはどのようなとき?

2019-02-12

羽蟻とシロアリは違うのか?羽蟻が被害を出すのはどのようなとき?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

春から秋にかけて、羽のついたアリが室内に入り込んでくることがあります。「羽を生やした種類のアリがいるのか」と勘違いしそうになりますが、実際にはそういった種類のクロアリは存在しません。日本のクロアリの多くは、新たな巣を作るために羽の生えた個体を産むことが可能なのです。

そして、木材を食害する害虫として有名なシロアリも羽蟻を飛ばすことができます。じつはクロアリとは祖先からして異なっているシロアリですが、2種類の羽蟻にはどういった違いがあるのでしょうか。

今回のコラムでは、そんな羽蟻についてご紹介していきます。もし家に羽蟻を発見した場合、放置しておくと大変なことになりかねません。見かけた羽蟻がシロアリかクロアリのどちらかを判断し、適切な対処を取るようにしましょう。

シロアリ駆除のおすすめサービス

羽蟻って?そういった名前の種類がいるわけじゃありません

クロアリやシロアリは、組織で暮らしている「社会性昆虫」の一種です。働きアリや兵隊アリのように、個々の役割がしっかり決まっています。今回解説する羽蟻も、こうした蟻の役割のひとつなのです。

羽蟻は新しい女王

アリの巣が大きくなってくると、新たな巣を作るために羽蟻が一斉に巣立っていきます。羽蟻はクロアリだけでなくシロアリにも存在しており、どちらも繁殖が目的となっています。ただ、繁殖方法などは少々違いが見られるようです。

クロアリの場合、新しい巣になる場所を探している途中で、雌の羽蟻が雄の羽蟻と交尾を繰り返します。そして、地上に降り立った雌の羽蟻は自分で羽を落とし、巣穴を作った後で女王アリとして産卵に励むのです。なお、雄のクロアリは交尾すると死んでしまいます。

シロアリの場合、雌の羽蟻と雄の羽蟻のつがいが生き延びて巣を作ることで、はじめて産卵に移ることができます。シロアリの女王アリは定期的に交尾をしないと産卵を続けられないので、シロアリの雄はそのまま生き残って王アリとして女王アリの産卵を助けるのです。

ほかのアリにも特徴がある?

クロアリやシロアリは、巣の中で社会を構築する「社会性昆虫」の一種です。そのため、それぞれの個体に役割が割り振られており、それによって姿も変わってきます。

女王アリ

巣のリーダーとなる存在です。産卵をおこなう役割があるため、外に出ることは基本的にありません。クロアリの女王アリは全体的なサイズが働きアリの約2倍はある一方、シロアリの女王アリは腹部だけが異常に肥大化しているのが特徴です。

働きアリ(職蟻)

アリのほとんどがこの役割に分類されます。食料の調達や卵の世話などを担当しています。職蟻はその多くが雌で構成されていますが、産卵することは出来ません。羽が生える前のシロアリの羽蟻は「ニンフ」と呼ばれているのですが、ニンフは最初職蟻として活動します。

兵隊アリ(兵蟻)

外敵から巣を守るための存在です。中でもシロアリの兵蟻は頭が肥大化しているので、一目で判断がつくでしょう。また、シロアリの兵蟻は平時だと何もしておらず、食料不足による共食いが起きた場合はまっさきに犠牲になってしまうようです。

雄アリ

クロアリの雄は、交尾をおこなって女王アリの子どもを作るのが使命です。繁殖期のみ産まれるほか、交尾をすれば死んでしまいます。その一方で、シロアリの雄は巣の外にこそ出ませんが、巣の中で職蟻として活動していたりします。

      羽蟻って?羽蟻という種類がいるわけじゃありません

羽蟻かどうかよりも…シロアリとクロアリの違いの見分け方

羽蟻と普通のアリの違いよりも、シロアリかクロアリかといった区別の方が重要です。クロアリの羽蟻は、万が一家屋に侵入しても人に被害を与えることがほとんどありません。ですが、木材を食害するシロアリは家屋に大きな被害をもたらします。

クロアリとシロアリの特徴

じつはシロアリはゴキブリの仲間で、クロアリはハチの仲間です。そのため、よく見てみると見た目に違いがあることがわかります。シロアリとクロアリの特徴は以下のようになっているので、もし羽蟻が家に侵入してきた場合は、発生した時期や見た目で区別するようにしましょう。

クロアリの特徴

・羽蟻の前羽は後羽より大きくなっている
・羽が取れにくい
・腹部にくびれがある
・羽蟻は6月~11月にかけて発生する
・触角は「く」の字型に曲がっている
・完全変態である
・木材は食べない

シロアリの特徴

・羽蟻の羽は、すべての羽が同じ形で大きさも同じ
・羽が取れやすい(羽だけ落ちている場合はシロアリが侵入した可能性が)
・腹部にくびれがない
・羽蟻が4月~7月にかけて発生する
・触角はまっすぐ伸びている
・不完全変態である
・木材を食べる

羽アリでも種類が違う!クロアリとは違うアリ

羽蟻を家に入れないためには?

クロアリにせよシロアリであろうと、羽蟻が家の中に侵入してくるのはなるべく避けたいところです。とくにシロアリの羽蟻が家の中に侵入すると、家の柱などを食べながら繁殖していくことでしょう。ですので、春から秋にかけて羽蟻が侵入してこないよう以下のような点に注意しておくのをおすすめします。

網戸を開けない

非常に小さい羽蟻は、網戸の隙間からでも平気で侵入してきます。ですので、より編み目が細かい網戸に取り換えたり、窓を中途半端に開けたりしないなどの対策が必要となってくるでしょう。とくに、窓の開け方が半端だと網戸との間に隙間が生まれるので、別の虫まで侵入するおそれがあります。

光を遮断する

シロアリの代表格であるヤマトシロアリとイエシロアリの羽蟻は、光に向かって飛んでいく習性があります。ですので、夜になると屋内の明かりに向かって飛んでくる可能性も十分にあるでしょう。夜になったら遮光カーテンをしっかり閉め、外部に光が漏れないようにしましょう。

ただの黒い羽蟻は放っておいても大丈夫?

先ほども触れましたが、クロアリの羽蟻が家に侵入したとしても、多くの場合は人に被害を出すことはありません。もしクロアリの羽蟻が侵入してきたら、外に逃してあげるのがよいでしょう。

ただし、クロアリが家の付近に大量発生している場合は注意が必要です。というのも、クロアリが営巣するような環境はシロアリも好んでいるため、シロアリの巣が付近に存在している可能性を考えることができるのです。

また、シロアリにとってクロアリは天敵です。シロアリは非常に弱い上にクロアリにとっては栄養価が高いので、シロアリの巣を目当てにやってくることもあります。ですので、クロアリが大量発生している場合は、一度シロアリ駆除の業者に依頼して点検をしてもらうのをおすすめします。

      羽蟻かどうかよりも…シロアリとクロアリの違いの見分け方

日本に生息しているシロアリについて

シロアリにはいろいろな種類が存在します。日本に住んでいるシロアリでも、すべてのシロアリの種類が人に被害を出しているわけではありません。日本のシロアリで人に被害を出しているのは、以下の3種類が代表的です。

・ヤマトシロアリ
・イエロシロアリ
・アメリカカンザイシロアリ

これらのうち、ヤマトシロアリとイエロシロアリは普段土の中に巣を作っています。そのことから、どちらも「土壌性シロアリ」に分類されます。家屋の木材を食害する際は、床下から侵入することが多いです。

また、「乾材シロアリ」の一種として知られるアメリカカンザイシロアリは、乾いた木材の中に巣を作るのが特徴です。そのため、輸入された木造家具に潜むことで屋内に侵入したりするのです。粒状の糞が木材の付近に落ちていたときは、このシロアリの被害を疑いましょう。

シロアリを見つけたらどうする?

もしシロアリの羽蟻が屋内で大量発生した際は、掃除機で羽蟻だけを吸い込むようにしましょう。シロアリは非常に弱い虫なので、掃除機に吸い込んだだけで大半は死亡します。もし掃除機の中で生き延びた個体がいたとしても、水分不足で数時間ほどで死に絶えるでしょう。

ただし、ここでやってはいけないのが「殺虫剤を巣穴に向けて散布する」ことです。羽蟻が出てくる巣穴に殺虫剤を撒けば大量のシロアリを駆除できるかもしれませんが、生き残ったシロアリが別の場所に飛び散ってしまいかねません。そうなると新たな巣穴が複数作られてしまい、駆除がより困難になってしまうでしょう。

もし羽蟻の大量発生を確認したら、すぐにでも駆除業者に相談するようにしましょう。羽蟻が巣立つ環境にあるということは、すでにシロアリの巣がそれだけ大きくなっているということです。こうなると、業者に駆除を依頼するのがもっとも適切だといえるでしょう。

      ただの黒い羽蟻は放っておいても大丈夫?

シロアリ駆除のおすすめサービス

まとめ

羽蟻とクロアリやシロアリの違いは、蟻の種類の上ではありません。羽蟻はクロアリやシロアリが構成する組織の中で、新しい女王とともに新しい巣を見つけ、女王アリと交尾するといった特別な役割を果たすために羽が生えたものなのです。

家に羽蟻が侵入した場合、クロアリであれば多くの場合人に被害はありません。しかし、侵入した羽蟻がシロアリだった場合は、家屋に大きな被害をもたらす可能性が高いです。そのため、すぐに駆除しておかなければいけません。

そして、屋内からシロアリの羽蟻が大量発生した際は、すでにシロアリ被害が発生していると考えるべきでしょう。シロアリは個人では駆除が難しい害虫です。なので、自分でどうにかしようと考えず、素直に業者へ駆除の依頼をするのをおすすめします。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

シロアリでお困りの方は業者に相談することをオススメします

シロアリでお困りの方は業者に 相談することをオススメします

シロアリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「シロアリ駆除」をご覧ください。
(この記事は2019年2月12日に加筆・修正しています)

弊社調べの最安値 1,200円~/㎡

弊社調べの最安値 1,200円~/㎡

シロアリ駆除のおすすめ業者を見る
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-02-12 17:31:12
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/22220/
害虫駆除
[cv_banner ua="pc"] [cv_banner ua="sp"] 春から秋にかけて、羽のついたアリが室内に入り込んでくることがあります。「羽を生やした種類のアリがいるのか」と勘違いしそうになりますが、実際にはそういった種類のクロアリは存在しません。日本のクロアリの多くは、新たな巣を作るために羽の生えた個体を産むことが可能なのです。 そして、木材を食害する害虫として有名なシロアリも羽蟻を飛ばすことができます。じつはクロアリとは祖先からして異なっているシロアリですが、2種類の羽蟻にはどういった違いがあるのでしょうか。 今回のコラムでは、そんな羽蟻についてご紹介していきます。もし家に羽蟻を発見した場合、放置しておくと大変なことになりかねません。見かけた羽蟻がシロアリかクロアリのどちらかを判断し、適切な対処を取るようにしましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986