生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

白蟻の予防や駆除はどんな家でも必要!セルフと業者どちらを選ぶべき?

投稿日:2020-03-23 更新日:2020-03-23

白蟻の予防や駆除はどんな家でも必要!セルフと業者どちらを選ぶべき?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

白蟻といえば木材を食べる害虫というイメージを持っている方が多いでしょう。そのため、木造住宅だけが被害を受けると考えがちですが、実はそうではありません。白蟻は鉄骨やコンクリートの家にも発生し被害を及ぼすのです。つまり、どんな家でも白蟻の駆除や予防が必要になってきます。

この記事では、白蟻の駆除や予防について見ていきましょう。優良な業者選びのポイントについても紹介するので参考にしてみてください。

白蟻の予防と駆除が必要な理由

白蟻の被害は、日本のどの地域に住んでいても起こる問題です。そのため、どんなつくりの家に住んでいようが考えていかなくてはならないことだといえるでしょう。そこで、この章ではなぜ白蟻の駆除や予防が必要なのか具体的に解説していきます。白蟻の駆除や予防の必要性を知って、自宅でも対策をおこなってください。

どんな家でも白蟻は侵入してくる

白蟻の予防や駆除はどんな家でも必要!セルフと業者どちらを選ぶべき?

白蟻は木材を食害する虫というイメージが強く、鉄筋コンクリートの家や築年数が浅い新築住宅は被害に遭わないと思いがちですが、そうではありません。白蟻は家のつくりや築年数とは関係なく、どんな家にも侵入してくるのです。

たとえば、鉄筋コンクリートの住宅も築年数を重ね、ひび割れなどの劣化が見られるようになると、ひび割れの隙間から白蟻に入り込まれてしまうでしょう。家の床下に侵入してしまえば白蟻が好む暖かく湿気がある環境が整っているため、数もどんどん増えてしまいます。それと同時に家を食害するスピードも早まり、被害も拡大してしまうのです。

新築の家でも白蟻にとって住みやすい環境が整っていれば、食害される危険性はあります。白蟻から家を守るためには、駆除と予防が非常に大切になってくるのです。

白蟻予防は5年ごとにおこなうべき

白蟻の予防は、5年ごとにおこなうことをおすすめします。なぜなら、白蟻駆除や予防に使われる薬剤の有効期限は、5年であることが多いからです。昔は10年効果が持続するものもありました。しかし、近年使用する作業員や住民、周辺環境にとってより安全性が高いものが使われるようになり有効期限が短くなったことが理由のひとつとされています。

薬剤は散布してから徐々に効果が薄まっていき、5年の時間を経て消失していくのです。そのため、5年後には白蟻の防除効果がなくなっているので再び予防をおこなう必要があるでしょう。

被害は早めに食い止めないと危険

白蟻の発生や家への被害に気づいたら、すぐに駆除しなくてはなりません。白蟻は食害スピードが早く、放っておくとどんどん家に被害が広まってしまいます。さらに家を支える柱や壁が大きく被害を受けると、家自体の強度も低くなってしまうでしょう。

そんな状態で大きな地震が起きれば、家は揺れに耐えることができず、全壊や倒壊の危険性も考えられるのです。また、早めの駆除は費用を抑えることにもつながるでしょう。被害が広がればその分駆除に使用する薬剤の量も増え、費用が高くついてしまいます。

大きく被害を受ければ、リフォームを余儀なくされ、高額なリフォーム費用がかかってしまうでしょう。白蟻被害によって、大切な家やお金などの財産、ご自身や家族の安全などを失ってしまうおそれがあるため、早めに駆除するようにしてください。

白蟻を自分で予防するための方法と駆除薬

最近では白蟻予防に関する商品が薬局やホームセンターなどで多数販売されているため、自分で予防をおこなうことも可能です。しかし、その種類は豊富であり、適した場所で正しく使用しなければ十分な効果が得られない場合もあるでしょう。

そこで、この章では自分で白蟻予防をおこなう際に使用する薬剤について紹介します。正しい方法で使用して、家に白蟻を寄せ付けないようにしましょう。

スプレー式と塗るタイプの2種類ある防止剤

白蟻の予防や駆除はどんな家でも必要!セルフと業者どちらを選ぶべき?

市販で販売されている白蟻防止剤には、スプレータイプと塗るタイプの2種類があります。スプレータイプには白蟻が嫌がるにおい成分が入っており、白蟻を遠ざける効果があり使用方法も簡単です。

しかし、大量に散布しすぎると白蟻があちこちに逃げてしまい被害を広めてしまうおそれがあるので注意しましょう。塗るタイプは、柱などに直接薬剤を塗り付けその部分の木材を食べた白蟻に対して効果を発揮するものです。

さらに防止剤を塗ることで、木材の腐食も防いでくれます。しかし、市販の防止剤はさほど効果が高くないため、短期間に何度も塗り直さなくてはなりません。狭い床下に入って薬剤を塗布するのは非常に手間のかかる作業となるでしょう。

駆除で使う薬剤

市販品として白蟻を駆除できる商品も多数販売されています。その種類は、直接木材に塗るタイプ、被害箇所の穴を開けて薬剤を注入するタイプ、直接白蟻にふきかけるタイプ、土に撒くタイプなど多種多様です。白蟻の発生状況に合わせて的確なものを選びましょう。

また、白蟻を駆除したい一心で薬剤を大量に使用しすぎると、家の中まで薬剤のにおいが充満して取れなくなってしまうことがあります。さらに、薬剤の大量使用は住人に健康被害をもたらすこともあるため、使用量には注意してください。

巣に持ち帰らせて駆除する「ベイト剤」

白蟻の駆除には、ベイト剤も効果を発揮してくれます。ベイト剤とは毒餌を設置して駆除する方法です。被害を受けている場所の周辺に設置して、白蟻に毒餌を巣に持ち帰らせることによって巣全体の白蟻を駆除してくれます。

どこに設置するかしっかり考えてから設置する必要がありますが、正しく設置すれば十分な効果が期待できます。また、薬剤のにおいや成分も強くないので、小さいお子様やペットがいる家庭でも安心して使用することができるでしょう。効果が見られるまでに時間はかかりますが、巣ごと駆除したいという方はぜひ利用してみてください。

白蟻の駆除と予防は自分で十分?業者に依頼すべき?

先ほどもお話しましたが、最近では白蟻の駆除や予防ができる商品が多数販売されています。そのため、自分で駆除しようか業者に依頼しようか迷われる方もいるでしょう。また、費用の面も考えると、自分で駆除したいという方も多いかもしれません。

白蟻は駆除か予防かどちらの目的でおこなうかによって、自分でもできる場合と業者に依頼したほうがよい場合にわかれます。それぞれについて見ていきましょう。

駆除は業者に依頼すべき

白蟻の予防や駆除はどんな家でも必要!セルフと業者どちらを選ぶべき?

白蟻の駆除は、業者に依頼するのがおすすめです。白蟻は木材の内部に潜んでいることが多く、素人では駆除しきれません。白蟻が残ったままだと何度も被害を繰り返し、そのたびに駆除しなくてはならなくなります。

そうなれば、駆除剤を何度も購入することになりコストがかさんでしまうかもしれません。業者に依頼すれば駆除作業にも慣れているため、失敗のリスクも少なく駆除をおこなうことができるでしょう。

予防はセルフでも問題ない

白蟻の予防対策は、自分でもおこなうことができます。たとえば、庭にいる不要な木材を処分したり、白蟻が発生しそうな場所に防止剤をふきかけたりするのも予防につながるでしょう。

しかし、市販の防止剤は効果期間が短く、こまめに対策をしなければならないため手間がかかることは否めません。また、白蟻が発生しやすい場所を見極める必要があるため、白蟻に関する知識も必要となってきます。

自分で予防する自信がない方は業者に依頼して予防対策をおこなってもらいましょう。業者に依頼した場合は、5年ごとの予防がおすすめです。

業者がおこなう白蟻の予防と駆除の作業の違い

業者がおこなってくれる白蟻駆除と予防には、それぞれ作業の違いがあります。しかし、素人にとっては、どのような違いがあるのかわからない方も多いでしょう。そこでこの章では、業者がおこなう白蟻の予防と駆除の違いについて紹介していきます。

白蟻が発生する前におこなう「予防」

白蟻の予防とは、まだ白蟻が発生していない場所や駆除を終えた場所に対して薬剤を散布して、白蟻を寄せ付けないようにする方法です。業者は白蟻に関して豊富な知識を持っているため、白蟻が発生しそうな場所を的確に見つけ出し、予防してくれるでしょう。

その際は、家の木材やコンクリート部分に薬剤を塗布または注入したり、土の上に薬剤をまいたりします。また、ベイト剤を設置して予防するといった方法もおこなうようです。

白蟻が発生したらおこなう「駆除」

白蟻の駆除とは、白蟻が家にいる、被害を受けているといった状態で薬剤を散布することです。まずは白蟻が発生している部分を特定し、被害箇所に薬剤を散布します。さらにその周辺にも白蟻が潜んでいるおそれがあるため、周りもくまなく薬剤をまいてくれるでしょう。

ほかにも、ベイト工法を利用して巣ごと駆除するといった方法を取ることもあります。白蟻の駆除が終わったら、被害状況を確認して必要であれば修繕もおこなっていくことになるでしょう。駆除費用に加え、修繕費が余分にかかってくることから予防より駆除のほうが費用が高くなる傾向にあります。

優良業者を選ぶポイント

自分で白蟻の駆除や予防をおこなう自信がない方は、業者に依頼して駆除してもらうのがおすすめです。しかし、より効果的に駆除や予防をしてもらうには、優良な業者に依頼することも重要なポイントとなってくるでしょう。ここでは、優良な業者に依頼するために3つのポイントを紹介します。業者選びの際にお役立てください。

見積りは事前調査をしてから出してくれる

白蟻の予防や駆除はどんな家でも必要!セルフと業者どちらを選ぶべき?

見積りを依頼した際、事前調査をきちんとおこなってから見積りを出してくれる業者は優良業者といえるでしょう。事前調査では業者が自宅に訪問して、白蟻の被害状況や床下の様子、白蟻の確認などをおこなってくれます。事前調査をおこなうことでどんな駆除方法が効果的で、どれくらいの費用がかかるか正確に算出することができるのです。

しかし、事前調査をしないで見積りを出す業者は被害状況も把握していないため、的確な駆除や予防がおこなえるとはいえません。また、あとから追加料金が発生するおそれがあるので注意しましょう。

費用は妥当な金額か

白蟻の駆除や予防を依頼する際は、費用が妥当かどうか見極めるのも大切なポイントです。先ほどもお話しましたが、白蟻の駆除をする場合は被害箇所の修繕も必要となるため、予防よりも費用が高くなる傾向にあります。

もし、予防を依頼したのに駆除の費用と変わらない、もしくは高くなっている場合は料金が適正ではないおそれがあるので、業者の再検討が必要かもしれません。しかし、はじめて依頼する方は適正料金の見極めがなかなか難しいでしょう。

料金が適正かどうか見極めるには複数の業者に依頼して、相見積りを取るのがおすすめです。業者同士の見積りを見比べれば、料金が妥当かどうか見極めることができるでしょう。

アフターケアがあるか

優良業者であれば、駆除後のアフターケアもしっかりしています。多くの優良業者は白蟻の駆除に使う薬剤の有効期限は約5年としていることが多いので、その期間を保証期間とし毎年点検などをおこなってくれるでしょう。

アフターケアがしっかりしていれば、白蟻の再発も防ぐことができます。これがアフターケアのない業者であれば、白蟻の再発時に再びお金をかけて駆除することになってしまうのです。業者依頼する際は、アフターケアの有無や内容をしっかり確認しておくとよいでしょう。

白蟻駆除・予防のオススメな業者

業者選びをしていく中で、なかなか自分では決めきれないという方もいるでしょう。そこで、白蟻の駆除や予防をしっかりしてくれるおすすめの業者を2社紹介します。まずはどんな会社なのかそれぞれ見ていきましょう。

シロアリ110番

シロアリ110番は、日本全国どこでも駆けつけ駆除や予防をしてくれる業者で、お客様のお住まいの地域から近い業者を紹介するシステムを採用しています。白蟻駆除にかかる費用は1平方メートルあたりおよそ1,200円(税抜)と低価格であるため、費用面でも安心です。

シロアリ110番に加盟している業者はすべて、日本シロアリ対策協会指定の工法で作業してくれるため、安全性や駆除効果が高いといえるでしょう。

また、駆除後は5年間の保証期間を設けているため、再発などにも無料で対応してくれます。24時間365日電話対応しているので、まずは現地調査と見積りを依頼してみてはいかがでしょうか。見積り後の追加料金もありませんので、ご安心ください。

ロイ株式会社

ロイ株式会社は、栃木県、埼玉県、千葉県、茨城県などの関東エリア、愛知県などの東海エリア、大阪府、兵庫県などの近畿エリアなど幅広く対応してくれる業者です。ほかにも近隣のエリアであれば、対応してくれる可能性があるので、一度問い合わせてみてもよいかもしれません。

ロイ株式会社はお客様第一を考え、丁寧かつスピーディーに解決してくれるので安心してまかせることができるでしょう。また、白蟻駆除や予防の実績も豊富であるため、高い技術を持っています。白蟻駆除にかかる費用は、1平方メートルあたりおよそ1,000~1,200円(税抜)となっています。お近くにお住まいの方は、ぜひご相談ください。

まとめ

白蟻の駆除や予防は、どんな家でも必要となってきます。なぜなら白蟻は木材以外に、コンクリートなども食害するからです。また、白蟻駆除や予防の薬剤の効果は約5年といわれています。そのため、5年ごとに薬剤を散布して対策するようにしてください。

最近では白蟻予防の商品も販売されているため、予防なら自分でおこなうことも可能です。しかし、白蟻駆除は被害を拡大するおそれもあるため、プロにまかせるのがよいでしょう。生活110番では白蟻の駆除や予防をしてくれる業者を紹介します。白蟻被害にお困りの方は、ぜひご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:しずえ
ガーデニングが趣味。以前プランターに付く害虫に悩まされたことがあり、駆除に効く薬の知識が豊富。分かりやすい言葉で解説できるよう心掛けている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-23 11:59:02
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/192982/
害虫駆除
白蟻といえば木材を食べる害虫というイメージを持っている方が多いでしょう。そのため、木造住宅だけが被害を受けると考えがちですが、実はそうではありません。白蟻は鉄骨やコンクリートの家にも発生し被害を及ぼすのです。つまり、どんな家でも白蟻の駆除や予防が必要になってきます。この記事では、白蟻の駆除や予防について見ていきましょう。優良な業者選びのポイントについても紹介するので参考にしてみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!