生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリ(白蟻)駆除剤の効果がある期間は?予防方法と注意点も解説

投稿日:2020-03-23 更新日:2020-06-11

シロアリ(白蟻)駆除剤の効果がある期間は?予防方法と注意点も解説

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

薬剤を使ったシロアリ(白蟻)駆除の効果期間は『およそ5年間』といわれています。1回、駆除業者に施工してもらったからといって、いつまでも効果が持続するわけではないのです。しかし、定期的に駆除・予防の薬剤を散布しなければならないことを知っている方は、それほど多くないかと思います。

シロアリ(白蟻)から建築物を守るためには、駆除・予防について、効果の持続期間などの情報を正確に理解しなければなりません。この記事では、駆除・予防の基本知識から依頼する際の注意点などをご紹介いたします。ぜひお役立てください。

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

シロアリ(白蟻)駆除の基本知識

シロアリ(白蟻)を駆除する期間は、いつでもよいわけではありません。適切な時期というものがあるのです。また、バリア工法やベイト工法といった駆除・予防の方法によって、効果が現れるまでに必要な時間も違ってきます。ここでは、駆除に適している時期や、効果が発生するまでにかかる時間など、駆除・予防の基本知識ともいえることをご紹介いたします。

時期はシロアリが活発になるタイミングを狙う

シロアリ(白蟻)駆除剤の効果がある期間は?予防方法と注意点も解説

駆除に適している時期は、シロアリ(白蟻)が活発になるタイミングです。被害の多い『イエシロアリ』『ヤマトシロアリ』『アメリカカンザイシロアリ』の活性化する時期は、以下のとおりになります。

・イエシロアリ:6月~7月
・ヤマトシロアリ:4月~5月
・アメリカカンザイシロアリ:6月~9月

シロアリ(白蟻)は、気温が20度~30度くらいの環境になると、活発に動くようになります。そのため、春ごろから夏の終わりごろにかけて駆除をおこなうと効果的です。

シロアリ駆除効果がでるまでに必要な期間は工法によって違う

シロアリ(白蟻)の駆除・予防の方法は『バリア工法』と『ベイト工法』と呼ばれます。それぞれの特徴と、効果が現れるまでの期間は、以下のとおりです。

・バリア工法

床下の地面や建材に薬剤を散布したり、建材である木材に穴を開けて薬剤を注入したりすることで、シロアリ(白蟻)の侵入を防止する方法です。使われる薬剤は速効性のため、予防効果が現れるまで時間はかかりません。

・ベイト工法

毒エサをベイトステーション(地面に挿し込む筒型の道具)に入れて駆除する方法です。エサを巣穴に運ぶ性質があるため、多くを駆除できます。毒エサを置いてからシロアリ(白蟻)駆除までの期間は、1か月~3か月間かかることがあります。

シロアリ(白蟻)駆除剤の効果が続く期間と予防工事

薬剤を使ったシロアリ(白蟻)駆除の期間は、いつまでも続くわけではありません。そのため、効果がなくなってしまうタイミングで、再び薬剤を散布したり注入したりする必要があります。ここでは、薬剤の効果が持続する期間と、予防を再度おこなうのに適しているスパンについて、ご紹介いたします。

シロアリ駆除剤の持続効果はどれくらい?

シロアリ(白蟻)駆除剤の効果がある期間は?予防方法と注意点も解説

駆除・予防の方法である『バリア工法』と『ベイト工法』は、それぞれ効果が続く期間が異なります。

床下や建材に薬剤を散布したり注入したりすることで、シロアリ(白蟻)の侵入を予防するバリア工法の場合は、およそ5年です。

一方、毒エサを使って駆除するベイト工法の場合は、およそ2年といわれています。しかし毒エサは食べられれば減っていき、定期的に足してあげなければ効果がなくなってしまうため、半年に1回はエサの量などの確認が必要です。

シロアリ予防は5年ごとにおこなうのがベスト

シロアリ(白蟻)の予防法である『バリア工法』に使う薬剤は、およそ5年が経過してしまうと効果がなくなってしまうおそれがあります。

仮に5年を過ぎてしまったとしても、すぐさま完全に効果が切れてしまうわけではないため、シロアリ(白蟻)に侵入されても大繁殖されるといった状況になる危険性は低いです。しかし、効果が薄れたまま放置していれば、やがては大きな被害が発生してしまいます。

効果が薄れる目安である5年のタイミングで、予防を繰り返していくことがよいでしょう。

【必須】シロアリ(白蟻)被害危険度チェック

シロアリ(白蟻)駆除の持続期間は、建築物の構造にも影響されます。構造によって被害の発生率や被害規模が異なるからです。

被害が発生しやすかったり、被害が大きくなりやすかったりすれば、2回目の予防や駆除を本来効果が持続する期間より早くおこなう必要がでてきます。

ここでは、構造別にシロアリ(白蟻)被害の危険度をご紹介いたします。危険な環境にあると思われた方は、駆除・予防の効果期間も短くなると考えましょう。

木造建築の家に住んでいる

シロアリ(白蟻)駆除剤の効果がある期間は?予防方法と注意点も解説

木造の建築物は、シロアリ(白蟻)の被害がもっとも発生しやすい構造になります。木材はシロアリ(白蟻)にとって大好物だからです。床下だけでなく、柱や屋根裏など家全体が被害にあうおそれがあります。被害の発生率が高く、被害規模も大きくなりやすいという点から、木造の建築物では2回目の駆除・予防が必要になる時間が短いと考えてよいでしょう。

布基礎構造の家に住んでいる

布基礎構造とは、簡単にいってしまえば、鉄筋の入ったコンクリート製の支柱を床下に立てることで、建築物を支えている構造のことです。そんな布基礎構造の建築物は、シロアリ(白蟻)被害にあいやすいので注意が必要です。布基礎構造はベタ基礎構造と比べて、地面を覆っているコンクリート部分が薄いため、床下の湿気が上昇しやすいとされています。

湿気がたまりやすい環境を作っている

シロアリ(白蟻)は湿気を好む生き物です。そのため、建築物内部に湿気がたまりやすい環境を作ってしまっていると、被害を受けやすいと考えられます。以下のような生活を送っていると湿気がたまりやすいため、注意しましょう。

・定期的に窓を開けて換気をおこなわない
・キッチンやお風呂場など、水回りの水気をしっかりと掃除していない
・雨漏りが起きているのに修繕していない

また、湿気とは関係のないことですが、建築物の内外に不要な木材は置いておかないようにしましょう。木材はシロアリ(白蟻)の大好物だからです。

シロアリ(白蟻)の正しい予防方法は?

シロアリ(白蟻)の駆除・予防方法は、『自分でおこなう』か『専門業者に任せる』かのどちらかになります。「業者はお金がかかりそうだから……」と思い、自力でやってみようとする方も多いことでしょう。そこで、ここでは自分で予防をおこなう場合の正しい手順をご紹介いたしますので、ぜひご参考にしてください。

また、「自分で駆除するなんて難しそう……」という方のために、専門業者に依頼するメリットについても触れます。

自分でおこなう予防方法

シロアリ(白蟻)駆除剤の効果がある期間は?予防方法と注意点も解説

シロアリ(白蟻)を自力で予防する場合は、まず市販されている駆除用キットや予防用キットを購入しましょう。ほかにも、床下で長時間作業をすることになるため、目を守るためのゴーグルや防塵マスクなども、なければ購入すると安全かつ快適に作業できます。肌に擦り傷を作らないために、厚手で袖と丈の長い衣類の着用も大切です。

薬剤と身を守るための準備が整ったら、床下点検口から床下に入りましょう。そして薬剤を散布します。散布方法はキットに記載されている場合が多いです。

安心安全なのは『専門業者』

シロアリ(白蟻)の駆除・予防を適切におこないたいのであれば、専門業者に依頼することをおすすめします。自力で作業をすれば確かに費用は安く抑えられますが、駆除・予防に精通していない人だと、薬剤の散布などが不十分になることがあるからです。

一般的に薬剤を使ったシロアリ(白蟻)駆除・予防期間は5年ですが、作業に欠陥があれば効果の持続期間は短くなってしまいます。「専門業者に依頼するとお金がかかる……」と考えることも間違いではないですが、短いスパンで何度も薬剤を散布する手間を思えば、業者依頼もそう高額ではないでしょう。

保証もあって安心のシロアリ(白蟻)駆除・予防におすすめの業者

シロアリ(白蟻)の駆除・予防をおこなっている業者は、全国にたくさんあります。そのため、現地調査や見積りが無料、保証制度があるといった優良業者を自力で見つけることは、決して簡単なことではありません。

そこで、ここでは弊社『生活110番』に加盟している優良業者のうち、厳選した3社についてご紹介いたします。ぜひ業者選びのご参考にしてください。

一級建築士事務所 ロイ株式会社

関東全域をメインに、関西地方や東海地方でも営業をおこなっている駆除業者になります。シロアリ(白蟻)の駆除・予防だけでなく、アンテナ修理や畳・障子の張り替えなど、業務内容は幅広いです。

1㎡あたりの駆除費用の目安は『およそ1,000円~2,000円』になります。現地調査や見積りは無料で受けることが可能です。見積り書に記載されている料金以上を追加で請求することもしません。また、5年間の保証制度もついています。

『※その他のエリアのご相談に関しましては、ぜひ一度お問い合わせください。』

高間しろあり工務店

広島と山口で精力的に営業をしている駆除業者になります。『日本しろあり対策協会』の講習を受ける必要のある『しろあり防除施工士』という資格をもつスタッフが対応するため、高レベルの駆除・予防を受けることが可能です。

1㎡あたりの駆除費用の目安は『およそ3,000円~』です。床下や外回りの調査や見積りは無料でおこなっています。5年間の保証を受けられる保証書を、施工後に依頼主に渡しています。定期的な点検も保証の一環として受けることが可能です。

『※その他のエリアのご相談に関しましては、ぜひ一度お問い合わせください。』

環境プロデュウス幸商株式会社

山形県や福島県・新潟県をメインの営業エリアとして、シロアリ(白蟻)駆除をおこなっている業者です。『日本しろあり対策協会』が駆除効果や人体への影響の低さを認めている薬剤のみを使用し、確実な施工をおこなっています。『しろあり防除施工士』の資格をもつスタッフの指示で作業をおこなう、高レベルな業者です。

1㎡あたりの駆除費用の目安は『およそ1,200円~3,000円』になります。現地調査・見積りは無料です。被害再発への備えも、5年間の保証制度があるため、問題ありません。

シロアリ(白蟻)駆除の契約に関する注意点

シロアリ(白蟻)駆除・予防を業者に依頼する際は、契約内容をしっかりと確認する必要があります。シロアリ(白蟻)駆除・予防期間は、5年間と決して長くはありません。これから先、その建築物を所持している限り、何度でも業者と付き合っていくことになります。

だからこそ、業者選びで後悔しないように、契約内容の確認が不可欠なのです。ここでは、契約の際に確認すべきことをご紹介いたしますので、ご参考にしてください。

契約前に駆除後の保証期間と保証内容をチェック

シロアリ(白蟻)駆除剤の効果がある期間は?予防方法と注意点も解説

シロアリは被害の再発率が高い厄介な相手です。そのため、必ず保証関連については契約のときにチェックしましょう。とくに『保証期間』と『保証内容』については、納得がいくまで業者に尋ねることをおすすめします。

一般的に保証期間は5年のところが多いですが、1年や10年という設定のところもあります。また、再発時の施工を無料でおこなうところもあれば、割引価格にしかならないところもあります。被害の再発によって建築物の修繕が必要になったとき、修繕費を補償してくれるところもあれば、補償しないところもあるのです。

契約内容をきちんと確認してから契約

保証のない業者に対して、保証を付けてほしいと無理にお願いすることはやめておきましょう。業者だって人です。できないものをやれとしつこくいわれてしまえば、いくら仕事とはいえ、お客さん相手とはいえ、不満がたまってしまいます。保証ができないぶん1回の施工で必要以上に薬剤を使用したため、費用が高額になってしまったといったトラブルが起きることもあるのです。

契約内容をきちんと確かめ、保証を受けたいのであれば最初から保証制度を設けている業者に依頼しましょう。

保証期間内でも例外になる場合がある

状況によっては、保証期間内でもアフターサービスを受けられないことがあります。保証の対象外となるケースの、代表的なものは以下のとおりです。

・被害の原因がアメリカカンザイシロアリの場合
・業者に連絡しないで改築や増築をおこなった場合
・雨漏りの放置などシロアリを誘引する欠陥を放置している場合

アメリカカンザイシロアリは、国内でおこなわれている駆除・予防では効果が薄いとされているため、保証の対象外となるケースがあります。また、改築と増築をおこなったり、雨漏りを放置していたり、業者の1回目の作業に不手際があったからではなく、建築物に問題があると考えられる場合も、保証が受けられないことがあります。

まとめ

シロアリ(白蟻)の駆除・予防期間は『5年間』とされています。1回目の施工から5年が経過してしまうと、薬剤の効果は極めて薄くなってしまうのです。そのため、保証制度が充実している業者に依頼して、被害の再発に備えたり、5年後に再施工をしてもらったりすることが、大切な建築物を守ることにつながります。

しかし、全国にはシロアリ駆除業者が多数あるため、保証制度の充実した優良業者を自力で見つけ出すことは難しいです。もし優良業者を手早く探したいのであれば、ぜひ生活110番をご利用ください。お電話お待ちしております。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~
防災グッズプレゼントキャンペーン!
この記事を書いた人
編集者:さくら
危険な目に合ったことがきっかけで、防犯について知識を深めることに。家庭菜園も趣味としており、害虫や害獣に対する知識も豊富。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-11 16:43:35
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/192974/
害虫駆除
薬剤を使ったシロアリ(白蟻)駆除の効果期間は『およそ5年間』といわれています。1回、駆除業者に施工してもらったからといって、いつまでも効果が持続するわけではないのです。しかし、定期的に駆除・予防の薬剤を散布しなければならないことを知っている方は、それほど多くないかと思います。シロアリ(白蟻)から建築物を守るためには、駆除・予防について、効果の持続期間などの情報を正確に理解しなければなりません。この記...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!