生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

羽アリ(シロアリ)駆除の費用は100万円で足りる?相場や価格を比較

投稿日:2020-03-12 更新日:2020-03-31

羽アリ(シロアリ)駆除の費用は100万円で足りる?相場や価格を比較

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

羽アリ(シロアリ)の駆除は早く業者に依頼したほうがよいとはわかっていても、どうしても費用のことが気になってしますよね。

シロアリの羽アリ駆除の費用を抑えるには、料金相場を知って自分に合った業者を見つけることが大切です。安すぎる業者はアフターフォローがしっかりしていないなどの落とし穴があり、あとから逆に多くの費用がかかってしまうおそれがあります。

この記事では、シロアリ駆除の費用相場や、業者選びのコツをご紹介していきます。この記事を読めばシロアリの羽アリ駆除の費用を抑えることができるかもしれません。

シロアリ駆除・予防のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除・予防についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

羽アリ(シロアリ)駆除の費用相場

シロアリの羽アリの駆除費用は「1坪あたり」または「1平米あたり」の単位で記載されることが一般的です。1坪は3.3平米ですので、1坪あたりの料金は1平米あたりの料金の3.3倍になります。

1平米あたりの料金表示になっているといっけん安価に見えてしまいますので、羽アリ駆除の費用を比較するときは、単位を確認してきちんと計算をしましょう。

実際のシロアリ駆除業者3社の費用をご紹介していきます。業者に依頼する前にシロアリの羽アリ駆除の費用相場を知っておきましょう。

・A社:1平米あたり1,200円~
・B社:1平米あたり2,000円~3,000円
・C社:1平米あたり1,500円~2,000円

羽アリ(シロアリ)駆除費用の比較|価格は5つの基準によって決まる

シロアリの羽アリの駆除費用は、さまざまな要因によって変化します。できるだけ安く駆除工事をおこなうためにも、費用が決まる基準を知っておくとよいでしょう。

シロアリの羽アリの駆除費用は、「業者の業態」「被害の大きさ」「駆除の工法」「建物構造」「施工面積」の5つの基準によって決まります。

業態による羽アリ駆除費用のちがい

羽アリ駆除をおこなっているのは、大きく分類すると「大手企業や農協」「地域密着型の中規模業者」「ホームセンターやフランチャイズ」「個人経営」にわかれます。それぞれのメリットとデメリットを「価格」「工事品質」「アフターサービス」の視点から見ていきましょう。

価格 工事品質 アフターサービス
大手企業や農協
地域密着型の中規模業者
ホームセンターやフランチャイズ
個人経営

上記の表の、下にいけばいくほど、価格は安くなっていきます。大手企業や農協は信頼感が1番の魅力です。しかし大きな会社を経営していくにはコストがかかるため、価格が上がってしまいます。

一方で、個人経営の業者は安価な価格で羽アリ駆除をおこなってくれますが、アフターフォローの内容がしっかりしていないおそれがあります。安価な業者に頼むときは、工事品質の口コミやアフターフォローの内容について、より注意深く調べる必要があるでしょう。

被害の具合による羽アリ駆除費用のちがい

シロアリの羽アリの駆除費用は、被害の程度によって変わってきます。なぜなら、被害が大きくなればなるほど駆除工事は大規模になりますし、高度な技術が必要になってくるからです。安い金額を提示している業者でも被害が大きい場合は、その金額から追加料金を請求されることもあります。

シロアリの羽アリ駆除の費用を抑えるためにも、被害が大きくなる前に早めに駆除業者に依頼するのがよいです。家の中で羽アリを見つけたら、シロアリ被害にあっているか確信がなくてもシロアリ駆除のプロに点検を依頼することをおすすめします。

工法による羽アリ駆除費用のちがい

プロがおこなうシロアリ駆除の工法は、床下や建物の周辺に薬剤を散布する直接的な駆除の「バリア工法」と毒エサをシロアリに食べさせたり巣に持ち帰らせたりする間接的な駆除の「ベイト工法」の2種類があります。

バリア工法は建物全体にほどこすことが多いですが、ベイト工法は毒エサを数か所に置きます。

作業をほどこす範囲が異なるため、このふたつの工法のどちらが安いかは場合によって変わってきますが、バリア工法のほうが安価にすむ場合が多いようです。工法を選ぶ基準は、費用の面からではなく、被害状態や住宅の状態から判断して効果の面で選ぶほうがよいでしょう。

建物構造による羽アリ駆除費用のちがい

シロアリの羽アリ駆除費用は、建物の構造によっても変わってくることがあります。シロアリ駆除の被害はさまざまな場所にわたるので、建物の構造か複雑だと施工が難しくなり費用が高くなりやすいです。

シロアリが発生しやすい床下に、人が入れるスペースや点検口があるかどうかは大切なポイントです。人がはいって工事ができれば問題ありませんが、普通に入れないとなると駆除工事をおこなうための工事が必要になってくる場合もありますので手間や時間がかかり、結果的に費用が多くかかってしまうことがあります。

また、建物の材質によっても、費用が異なることがあります。建物の材質が異なると羽アリ駆除に使用する薬剤が変わるためです。

施工面積による羽アリ駆除費用のちがい

シロアリの羽アリの駆除費用は基本的に「広さ×各業者が提示している基本料金」の計算で決まるので、お住まいの家の広さやシロアリの駆除が必要な範囲によって変わってきます。

シロアリ被害が少なく家の1部分だけの工事でしたら費用は安くすみますが、家全体に被害が広がっていたら費用はその家の広さ分だけかかってしまいます。シロアリ駆除は、被害を受けている箇所はすべて徹底的におこなわないと意味がありませんので、基本的に被害箇所はすべて工事が必要です。

被害の範囲を広げないために、早めの駆除をおこなうこと、またはシロアリ予防工事をおすすめします。多額の駆除費用がかかってしまう前にシロアリ対策をおこなうことが理想です。

羽アリ(シロアリ)駆除工事で発生しやすい追加費用

シロアリの羽アリの駆除工事で発生しやすい追加費用とは、どういったものなのかお伝えしていきます。この章でご紹介する内容は、業者によって基本料金に含まれている場合と追加料金として請求される場合にわかれます。

基本料金が安すぎる業者を依頼すると、追加料金を請求されて結果的にほかの業者より高額な費用がかかってしまう、なんてこともあるかもしれません。

ハツリ工事をおこなう場合

シロアリが好む場所である床下は、人が入れるくらいのスペースがあったり、点検口があったりします。しかし、それらがないとシロアリ駆除工事をおこなうために、「ハツリ工事」という作業をするために建物の基礎に穴をあける工事をおこなわなければいけません。

ハツリ工事が必要になってくると、追加料金がかかる場合がほとんどです。シロアリの羽アリの駆除工事費用が気になる方は、床下に侵入できるスペースや点検口があるかどうかを確認しておきましょう。

防災工事が必要な場合

羽アリ(シロアリ)駆除の費用は100万円で足りる?相場や価格を比較

床下は、風通しが悪く湿気がたまりやすいのでシロアリ発生の確率が高い場所となっています。こういった床下にふたたびシロアリ被害がおよばないために、駆除工事をおこなったのちに、床下換気扇工事をおこなうことがあります。

床下換気扇工事はオプション工事なので、基本料金には含まれていないことがほとんどです。追加料金がかかってしまいますが、床下換気扇工事をおこなうとシロアリ予防になります。「もう床下にシロアリをよせつけたくない」という方は、駆除工事とあわせて依頼するとよいでしょう。

廃材処理が必要な場合

シロアリの羽アリの駆除工事過程で、廃材がでることがあります。シロアリに食われてしまった柱などの木材の廃材処理が必要な場合は、追加で費用がかかることが多いです。

シロアリは木材をエサとして好むので、木材を放置しておくとシロアリ被害は再発してしまうおそれがあります。シロアリ駆除工事ででた廃材は業者の方にきちんと処理してもらうのがおすすめです。

羽アリ(シロアリ)駆除の費用を抑える方法

費用が気になってしまって、なかなかシロアリの羽アリの駆除工事に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。実は羽アリの駆除費用を抑える方法はいくつもあるのです。

ここでは、シロアリの羽アリ駆除費用を抑えるためにおこなうべきことをご紹介していきます。「羽アリを駆除したいけれど、多額の費用がかかりそう……」と思っている方にこそご覧いただきたい情報です。

一括見積りで最安値の業者を探す

シロアリの羽アリ駆除を業者に頼みたいと思っている方は、複数の業者から見積りをとることをおすすめします。中でも一括見積りをおこなうと、各シロアリ駆除業者が価格競争をおこなうことになるので、「A社が〇〇円ならば、弊社はそれより安く工事をおこないます」といった感じで価格が下がることがあります。

複数の業者から見積りをとることで具体的な費用相場もわかりますので、シロアリ駆除の費用を安く抑えたい方には、ぜひおこなってもらいたい方法です。

被害が拡大する前に業者に相談する

羽アリ(シロアリ)駆除の費用は100万円で足りる?相場や価格を比較

被害が大きくなればなるほど、シロアリの羽アリ駆除の費用は多くかかってきます。範囲が広がれば基本料金が上がりますし、被害がひどくなれば追加料金が必要になることもありあります。

多額の費用をかけないと駆除できなくなってしまう前に、早めのシロアリ駆除をおすすめします。シロアリの発見が遅れてしまわないように、「もしかして」と思ったらシロアリの点検を依頼したり、予兆がなくてもシロアリ予防工事をおこなったりしていれば多額の費用をかけずにすむでしょう。

費用を雑損控除に含めて確定申告する

確定申告でシロアリ駆除の費用を「雑損控除」として申告でき、駆除工事にかかった費用や所得金額によっていくらか返ってくる可能性があります。

雑損控除とは、災害または盗難などによって資産について損害を受けた場合に受け取れる控除です。シロアリ被害は損害の中の原因「害虫などの生物による異常な災害」に含まれます。控除を受け取るには領収書が必要ですので、必ず保管しておきましょう。また、シロアリの予防は雑損控除の対象になりませんので注意してください。

詳しくは【国税庁のホームページ】をご覧ください。

自治体の補償がないか確認する

シロアリ駆除の費用として、各地域の自治体で補助金が交付される場合があります。「シロアリ駆除」という名目の補助金はありませんが「害虫駆除」の補助金を出している自治体は存在し、自治体が定めている条件を満たしていたら補助を受けることができるのです。

こういった場合、自治体が指定する業者に依頼しなければいけないことが多く、結果として必ず安くなるというわけではありません。しかし、お住まいの地域に自治体の補償がある方は、いちど内容をチェックしてみる価値はあるでしょう。

専門業者の選び方は費用以外にも見るべきポイントが!

シロアリの羽アリ駆除を依頼するときは、「安く工事をおこなってくれる業者に依頼したい」と考えると思いますが、安すぎる業者には落とし穴があるかもしれません。シロアリの羽アリ駆除の工事は適切な方法でおこなってもらわないと、再発してしまうおそれがあります。

また、万が一再発してしまったときのアフターフォローサービスが充実しているかどうかも業者選びの重要なポイントです。

シロアリ防除施工士の資格をもっているか?

「日本しろあり対策協会」という国内唯一のシロアリ駆除団体があり、協会の会員になるには規定以上のシロアリ駆除の実務経験と試験に合格しなければなりません。

また、「日本しろあり対策協会」が定めている資格の「シロアリ防除施工士」に合格するためにはシロアリ駆除の専門的な知識と技術を要し、この資格を所持するためには3年ごとの更新も必要です。

「日本しろあり対策協会」の会員というだけで、信頼感がありますが、「シロアリ防除施工士」の資格をもっている技術者はより高い技術が保証されるので、より安心して工事を依頼できます。

十分な実績があり信頼できるか?

羽アリ(シロアリ)駆除の費用は100万円で足りる?相場や価格を比較

依頼するシロアリ駆除業者のこれまでの工事実績はチェックしておきたい重要なポイントです。工事件数や業務歴の長さは信頼に比例します。

工事件数が多いということは、その分たくさんの人が依頼したということになります。あまりにも工事件数が少なかったり、開業して間もない業者だったりする場合や、それらの情報がわからない業者は選ばないほうが無難でしょう。

信頼されている業者を見つけるには「工事実績」と「業務歴の長さ」に着目してみるとよいです。

アフターサービスが用意されているか?

シロアリ駆除を業者に依頼しても、被害が再発してしまうことがあります。万が一の場合にそなえて、工事後のアフターサービスが充実している業者に依頼することが大切です。

シロアリ駆除工事後の保証内容は業者によって大きく異なります。例えば、「シロアリが再発したときに駆除だけを無料でおこなってくれるのか」それとも「駆除によって被害を受けた建物の修繕まで保証してくれるのか」といった細かいことまで確認しておくことをおすすめします。

シロアリの再発工事や建物の修繕にかかる費用はけっして安いものではありません。せっかく業者に依頼するのですから、充実のアフターサービスがついている業者を選んで安心を手に入れましょう。

まとめ

シロアリの羽アリ駆除の費用は、さまざまな要因によって決まります。安すぎる業者は工事品質にばらつきがあったり、アフターサービスが充実していなかったりして、シロアリが再発したときに逆に費用がかさんでしまうおそれがあります。優良業者を見つけて、早めに依頼をすることがシロアリの羽アリ駆除の費用を抑えるコツです。

生活110番では、羽アリ駆除でお困りの方にぴったりのシロアリ駆除業者を多数の業者の中からご紹介させていただきます。羽アリ駆除をどんな業者に頼んでよいかわからないという方は弊社におまかせください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-31 17:15:46
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/191538/
害虫駆除
羽アリ(シロアリ)の駆除は早く業者に依頼したほうがよいとはわかっていても、どうしても費用のことが気になってしますよね。シロアリの羽アリ駆除の費用を抑えるには、料金相場を知って自分に合った業者を見つけることが大切です。安すぎる業者はアフターフォローがしっかりしていないなどの落とし穴があり、あとから逆に多くの費用がかかってしまうおそれがあります。この記事では、シロアリ駆除の費用相場や、業者選びのコツをご...

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!