生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

羽アリは夏に大量発生する?!羽アリを侵入させない対策方法

投稿日:2020-03-12 更新日:2020-03-16

羽アリは夏に大量発生する?!羽アリを侵入させない対策方法

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

羽アリは夏だけに発生するわけではありませんが、多くの種類は夏に発生します。そのため、夏になるとご自宅でも羽アリを見かけることがあるでしょう。ご自宅で羽アリを見つけたときは、種類を特定して正しく対処する必要があります。

この記事では、羽アリ発生時期・発生原因・種類と見分け方・対処方法や予防方法ついて詳しく解説します。ご自宅に羽アリが出てお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

羽アリが発生するのは夏?発生の原因は?

羽アリにはさまざまな種類がいて、発生時期が異なります。しかし、多くの羽アリは夏に発生することが多いようです。まずは、羽アリの発生時期や発生原因について見ていきましょう。以下の内容を読んで、羽アリについての知識を深めてください。

羽アリが発生する時期

羽アリには、“シロアリの羽アリ”と”クロアリの羽アリ”が存在します。夏の蒸し暑い時期に発生する羽アリは、クロアリの羽アリである可能性が高いでしょう。クロアリの羽アリが6月~11月に発生するのに対し、シロアリの羽アリのほとんどが4月~7月の間に発生するからです。

ただし、シロアリの一種である“アメリカカンザイシロアリ”は夏にも発生するおそれがあります。また、4月~7月に羽アリが発生する種類でも、夏に発生する可能性がゼロとは限らないということも覚えておきましょう。

羽アリが発生する原因

羽アリは夏に大量発生する?!羽アリを侵入させない対策方法

夏に発生する羽アリは、外から侵入してくることが多いでしょう。羽アリは、家の照明など、光に集まる習性があります。夏には窓を開ける機会が多いため、照明につられてやってきた羽アリが家の中に入ってきてしまうのです。

また、羽アリは、巣の規模が一定数になると、新しい巣を作るために羽をつけて飛び立ちます。つまり、家の中にすでに巣があってそこから飛び立った可能性もあるのです。大量の羽アリを見たときには、家の中に巣があるおそれがあるので、一度業者に相談するとよいでしょう。

夏に発生する羽アリの種類と見分け方

羽アリが夏に発生したら、羽アリの種類を特定しましょう。羽アリの種類がクロアリなら大きな被害をもたらすことはありませんが、シロアリだったときは家の木材を食害するおそれがあるのです。ここでは、夏に発生する羽アリの種類と見分け方をご紹介します。

夏に発生する羽アリの主な種類

夏に発生する羽アリの種類と特徴を、以下にまとめました。

羽アリの時期 大きさ 色/習性
ヒメアリ 6月~8月 0.3~0.4cm程度 体全体は黄色~黄褐色、腹部は褐色~黒/暖かい場所を好む
トビイロシワアリ 6月~8月 0.5~0.7cm程度 黒褐色
トビイロケアリ 7月~8月 0.4~0.8cm程度 黒~黒褐色/灯火に集まりやすい
キイロシリアゲアリ 8月下旬~9月 0.2~0.7cm程度 体全体は黄色~オレンジ、腹部は褐色/灯火に集まりやすい
アメリカカンザイシロアリ 6月~9月(1年中) 0.7cm程度 体全体は赤褐色、腹部は褐色/光に集まらない

上記でご紹介した羽アリのうち、ヒメアリ・トビイロシワアリ・トビイロケアリ・キイロシリアゲアリはクロアリで、住宅に大きな被害をもたらすことはありません。しかし、アメリカカンザイシロアリは、先ほどご紹介したとおりシロアリの一種です。シロアリは、家の木材に被害をもたらすおそれがあるので、すぐに駆除しましょう。

シロアリとクロアリの見分け方

シロアリとクロアリは、羽アリの身体の特徴を見れば見分けることが可能です。以下に、シロアリとクロアリの身体的な特徴の違いをまとめました。できれば羽アリを捕まえておき、以下の特徴と比較しながら、ご家庭に発生した羽アリがシロアリかクロアリかを見極めてみてください。

シロアリの羽アリ クロアリの羽アリ
触覚 まっすぐ くの字に曲がっている
羽の大きさ すべての羽の大きさが同じ 前の羽が後ろの羽に比べて大きい
羽の色 半透明 透明
胴体の形 寸胴 くびれがある
発生時期 4月~7月
(アメリカカンザイシロアリはおもに6月~9月)
6月~11月
特徴 羽が取れやすい 羽が取れにくい

夏に羽アリが室内に入ってきたときの対処法

ここからは、羽アリが夏に室内に入ってきたときの対処法を見ていきましょう。家の中にあるもので対処することができるので、だれでも簡単におこなうことができるはずです。以下の内容を参考にして、実践してみてください。

ティッシュで包んで外に逃がす

羽アリは夏に大量発生する?!羽アリを侵入させない対策方法

基本的に、羽アリは人には大きな害をもたらすことはありません。また、木材を食害するのはシロアリなので、クロアリの羽アリが室内に入ってきた場合は、住居への影響も少ないといえます。

そのため、羽アリが室内に侵入してきたら、外に逃がせば問題ありません。ただし、アリの種類によっては噛んだり刺したりしてくることもあるので、素手で触らず、ティッシュに包んで逃がしましょう。

殺虫スプレーを使う

家庭用の殺虫スプレーを使えば、羽アリを駆除することができます。ただし、羽アリが大量にいるときには殺虫スプレーは使わないほうがよいでしょう。

生き残った羽アリが家中に逃げてしまい、警戒して出てこなくなってしまうことがあります。羽アリがシロアリだったときは、食害が進行してしまうかもしれません。そのような事態を避けるためにも、殺虫スプレーは、すべての羽アリに命中させられるときに使うことをおすすめします。

掃除機で吸い込む

羽アリを掃除機で吸い込めば、風圧によってほとんどの羽アリを駆除することができるでしょう。また、掃除機を使えば床に落ちた羽もまとめて処理することができるので、一石二鳥です。

このとき、万が一生き残った羽アリが外に出て来ないようにするためにも、掃除機の中の紙パックに入った羽アリは、できるだけ早くゴミ箱に入れて処分するようにしましょう。

お湯や水をかける

殺虫スプレーがないときや、近くにコンセントがなくて掃除機が使えないときは、お湯や水をかけて羽アリを駆除する方法も手段のひとつです。

ただし、殺虫スプレーと同様に、お湯や水をかけると生き残った羽アリが家中に散らばって被害が拡大してしまうおそれがあります。羽アリが大量にいる場合には避けたほうがよいでしょう。

夏に羽アリの侵入を防ぐ対策方法

夏は暑いため、どうしても窓を開けて換気しておきたいという方も多いでしょう。しかし、それでは羽アリの侵入を許してしまいます。そこで、どうすれば羽アリの侵入を防ぐことができるのか、その対策方法をお伝えしていきます。夏の羽アリ対策を万全にしておきましょう。

窓を開けておかない

羽アリは夏に大量発生する?!羽アリを侵入させない対策方法

窓を開けておくと、照明の光につられて羽アリが家の中に入ってきてしまうかもしれません。日頃からできるだけ窓を閉めておき、羽アリの侵入を防いでください。

どうしても換気したいというときには、網戸を使うとよいでしょう。ただし、網戸と窓枠の間に隙間があるときには、そこから羽アリが侵入してくるおそれがあるので、市販のテープなどで隙間を埋めておくことをおすすめします。

網戸の目を細かい網に交換する

体長が小さい羽アリは、網戸の目が大きいと侵入してくることがあります。確実に羽アリの侵入を防ぐためには、網戸の目の細かいものに取り替えるとよいでしょう。

網戸は、一般的に1.15mmの”18メッシュ”のものが取り付けられていることが多いのですが、網目が0.64mmの”40メッシュ”のものも販売されています。網戸を取り換える際は、そちらを購入するとよいでしょう。

外に光を漏らさないようにする

羽アリは光に集まってくるという性質があるため、光を漏らさないことが重要です。そのため、照明をつけるときには、できるだけカーテンを閉めておきましょう。

しかし、カーテンの生地によっては、光が漏れてしまうものもあります。もしカーテンをしていても羽アリが寄ってきてしまうときには、”遮光カーテン”に取り換えれば、羽アリを寄せ付けにくくすることができるでしょう。

部屋の空気を乾燥させる

シロアリは、湿気のある場所を好むため、家の中に湿気をためないことが大切です。とくに、お風呂やキッチン、トイレなどの水回り、床下などは湿気がたまりやすいので注意しなければなりません。

水回りは、頻繁に換気扇を回して湿気を逃がしましょう。また、床下は専用の換気扇をつけたり、湿気を吸い取ってくれる”調湿シート”を敷いたりして対策をするとよいでしょう。

羽アリが気になる場合はプロの業者に依頼を!

羽アリは夏に大量発生する?!羽アリを侵入させない対策方法

家の中で羽アリが発生しているとき、自分ではシロアリかどうか判断するのが難しいかもしれません。そのような場合は、自分で判断せず、業者に確認してもらうことをおすすめします。

自分で無理に見極めようとすると、間違えてしまうかもしれません。とくに、シロアリをクロアリと思い込んでしまい対処せずにいると、家の中に潜むシロアリの食害が進み、家がボロボロになってしまうおそれがあります。その点、業者に依頼すれば適切に判断してもらうことが可能なのです。

生活110番のよいところ

「羽アリがシロアリかも」というときには、弊社(生活110番)をご利用ください。弊社では、多数のシロアリ駆除業者と提携しています。弊社のホームページから提携先の業者の情報を確認することができるので、一度に多くの業者を比較・検討でき、自分に合った業者を見つけることができるでしょう。

また、弊社では電話でのご相談は24時間年中無休で対応しているため、いつでもご連絡ください。

まとめ

羽アリが夏に発生した場合、シロアリではない可能性が高いでしょう。しかし、シロアリの中でも”アメリカカンザイシロアリ”は6月~9月に発生するので、シロアリである可能性も否定できません。

シロアリかどうかを判断するには、見た目の特徴を確認するのがよいでしょう。ただし、自分では判断が難しいことも多いかもしれません。そのような場合は、業者に確認してもらうことをおすすめします。

生活110番では、シロアリ駆除業者をご紹介しています。シロアリ駆除業者選びにお悩みの方は、弊社までご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 16:32:31
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/191480/
害虫駆除
羽アリは夏だけに発生するわけではありませんが、多くの種類は夏に発生します。そのため、夏になるとご自宅でも羽アリを見かけることがあるでしょう。ご自宅で羽アリを見つけたときは、種類を特定して正しく対処する必要があります。この記事では、羽アリ発生時期・発生原因・種類と見分け方・対処方法や予防方法ついて詳しく解説します。ご自宅に羽アリが出てお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!