生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

大型の羽アリはシロアリ?見分け方や大量発生する羽アリの特徴を紹介

投稿日:2020-03-12 更新日:2020-03-16

大型の羽アリはシロアリ?見分け方や大量発生する羽アリの特徴を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

大型の羽アリが発生したときには、羽アリの種類を確認しましょう。シロアリの羽アリだった場合は住宅の木材を食害してしまうおそれがあるので、すぐに駆除しなければなりません。また、シロアリ以外にも、羽アリには大型の種類が存在します。その中には、住宅に被害をもたらす種類もいるので、駆除が必要です。

この記事では、羽アリがシロアリかどうかを調べる方法や、家に被害をもたらす大型の羽アリについてご紹介します。ほかにも、羽アリが出たときの対処方法や予防方法についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

大型の羽アリはどんなアリ?

大型の羽アリというと、木材を食い荒らす“シロアリ”を思い浮かべる方が多いかもしれません。もちろんシロアリの可能性もありますが、そのほかのアリだったり、女王アリだったりする可能性も否定できません。

シロアリ以外の羽アリだった場合も、住宅に被害をもたらす種類もいるので、注意しなければなりません。そこで、以下からは住宅に発生した羽アリを特定する方法を見ていきましょう。

5月に大量発生する羽アリはシロアリ?

羽アリは4月~11月に発生しますが、その中でも5月に発生した羽アリはシロアリである可能性が高いでしょう。ここでは、5月に発生するシロアリの羽アリの種類についてご紹介します。羽アリが5月に発生した方は、ぜひ参考にしてみてください。

シロアリの可能性が高い

5月に大量発生する羽アリはシロアリ?
5月に発生するシロアリは、”ヤマトシロアリ”という種類である可能性が高いでしょう。ヤマトシロアリとは、北海道の北部を除いた日本全国に生息している種類で、黒っぽい見た目をしています。湿気の高い場所を好むので、床下や水回りに被害をもたらします。

ただし、5月にはヤマトシロアリ以外にも“アメリカカンザイシロアリ”という種類の羽アリが発生する可能性もあります。アメリカカンザイシロアリは、体全体が赤褐色をしているシロアリです。ヤマトシロアリとは異なり、乾燥した場所でも生息できるため、建物全体が被害にあうおそれがあります。

ほかのアリの可能性もある

5月には、ヤマトシロアリやアメリカカンザイシロアリのほかにも、“アメイロアリ”や“ムネアカオオアリ”といったシロアリ以外の羽アリが発生することがあります。

アメイロアリとは、頭部・腹部が黒褐色で胸部は黄褐色のアリです。基本的には森林の近くに生息していますが、自然が多い地域では住宅にも生息することがあるようです。住宅に発生しても大きな害をもたらすことはないといわれていますが、不快に感じる方はすぐに駆除したほうがよいでしょう。

ムネアカオオアリとは、体長が1cmを超える大きなアリで、胸部が赤褐色をしています。ほとんどは山付近に生息していますが、住宅に発生したという報告もあり、被害をもたらすおそれがあります。ムネアカオオアリの被害については、後ほどご説明します。

羽のあるシロアリとそうでない羽アリの見分け方

羽のあるシロアリとそうでない羽アリの見分け方
羽のあるシロアリと、シロアリ以外の羽アリでは、身体的な特徴を比較することで見分けることが可能です。そこで、ここからは、羽のあるシロアリとシロアリ以外の羽アリの見分け方について詳しくご紹介します。以下の内容を、住宅に発生した羽アリの種類の特定にお役立てください。

羽のあるシロアリの特徴

シロアリの羽アリは、以下のような身体的特徴があります。

触覚:まっすぐで数珠状
羽の大きさ:4枚の羽根の大きさがほとんど等しい
羽の模様:網目模様が薄い
体:くびれがなく寸胴

また、ほかの羽アリとは異なり、シロアリの羽アリについている羽は取れやすい特徴があります。もし床に羽がたくさん落ちているときには、シロアリの羽アリである可能性が高いでしょう。

ちなみに、雑食性のアリとは異なり、シロアリは木材をエサとしています。もし木材が被害を受けている場合には、住宅に発生している羽アリはシロアリである可能性が高いでしょう。

そのほかの羽アリの特徴

シロアリ以外の羽アリの身体的な特徴を、以下にまとめました。

触覚:折れ曲がっている
羽の大きさ:前羽に比べて後羽が小さい
羽の模様:網目模様が濃くはっきりしている
体:くびれがある

ここでご紹介した特徴を参考にして、ご家庭に発生した羽アリがシロアリかどうかを判断してみてください。シロアリ以外のアリだった場合、ほとんどの種類は住宅に大きな被害をもたらすことはないでしょう。

しかし、”ムネアカオオアリ”という種類は、住宅に被害をもたらすといわれています。以下からは、ムネアカオオアリの特徴や被害について見ていきましょう。

シロアリじゃない大型の羽アリ「ムネアカオオアリ」に注意

羽アリの中で大型な”ムネアカオオアリ”は、基本的には山の近くに生息しています。しかし、住宅にも被害をもたらすことがあるため注意が必要です。そこでここからは、ムネアカオオアリの特徴や被害について、詳しく見ていきましょう。

胸が赤い大型のムネアカオオアリの特徴

シロアリじゃない大型の羽アリ「ムネアカオオアリ」に注意
ムネアカオオアリは、先述のように大型のアリです。その大きさは、働きアリで7~12mm程度、女王アリで18mm程度にもなるといわれています。

大きさが似ているアリにクロオオアリがいますが、色で見分けることが可能です。クロオオアリは真っ黒な見た目をしていますが、ムネアカオオアリは胸が赤褐色をしているのです。

また、ムネアカオオアリは、5月~6月に雄アリと女王アリが羽アリとなって巣を飛び立ち、交尾をします。つまり、ムネアカオオアリの羽アリを見つけたときは女王アリである可能性もあります。女王アリの羽アリが住宅に発生すると、新しい巣を作り、被害が大きくなっていくので、早めに駆除する必要があるのです。

ムネアカオオアリも被害をもたらす

ムネアカオオアリは、腐った木や湿った木などに穴を開け、巣にすることがあります。放置しておくと、どんどん木材の穴が大きくなってしまうおそれがあるので、ムネアカオオアリが家に発生したときにはできるだけ早く駆除する必要があります。

また、ムネアカオオアリは人を噛むことはほとんどありませんが、触ったり潰そうとしたりしたときには噛みついてくることがあります。そのため、駆除するときには直接触らないようにするなど、細心の注意を払う必要があるでしょう。羽アリが家に出たときの正しい対処法については、後ほどご説明します。

どうして羽アリは大量発生するの?

羽アリが大量発生する理由は、引越しをするためです。アリの巣の規模が大きくなると、一部のアリが羽をつけて飛び立ち、新しい巣を作るのです。

つまり、今まで見なかったのに羽アリを見るようになったときには、すでに家の中に巣があり、被害を受けているおそれがあります。住宅が被害を受けているときには、壁や柱を叩くと空洞音がする・床を歩くとプカプカする・扉の建てつけが悪いなどの症状が現れるため、ご自宅の状態を確認してみてください。

羽アリが発生しやすい場所

羽アリが発生する場所には、いくつか特徴があります。そこでここからは、羽アリが発生しやすい場所を2つご紹介します。以下の内容を参考に、ご家庭が羽アリの発生しやすい場所になっていないかどうかを確認してみてください。

高温多湿な場所

羽アリは、外気よりも暖かく、湿度が40パーセント以上のところを好みます。あまり換気していない場所や日当たりの悪い場所などでは湿度が上がりやすいため、羽アリに注意しなければなりません。

住宅の中だと、お風呂やキッチン、トイレなどの水回り付近や畳、床下などに発生しやすいため、対策が必要でしょう。これらの場所の対策については、後ほどご説明します。

光にも寄ってくる

ヤマトシロアリやイエシロアリなどの羽アリは、光に集まる習性があります。とくにイエシロアリは、夕方から夜に飛行するため、家の照明に集まってくる可能性もあります。

羽アリを寄せつけないためにも、家の照明をつけるときにはカーテンをしっかり閉めておくとよいでしょう。また、光を漏らしにくい”遮光カーテン”を使えば、羽アリを寄せつけない効果をより期待できるでしょう。

もし羽アリが家に出たらどうする?

家に羽アリが大量発生したとき、どう対処したらよいかわからない方も多いでしょう。そこでここからは、羽アリが発生したときの対処法をお伝えします。誤った対処をおこなうと被害が拡大してしまうおそれがあるので、以下の内容を読んで正しい対処法をご理解ください。

殺虫剤は使わない

羽アリが発生したとき、殺虫剤を使って退治しようとする方もいらっしゃるかもしれません。しかし、羽アリを退治するときには殺虫剤は使わないほうがよいでしょう。

殺虫剤が命中した羽アリは駆除することができますが、生き残った羽アリは危険を察知して家中で逃げ回ってしまい、出てこなくなるおそれがあります。その結果、シロアリの活動範囲が広がり、被害箇所を増やしてしまうおそれがあるのです。

掃除機で吸い取るのがおすすめ

もし羽アリが家に出たらどうする?
羽アリを駆除するには、掃除機で吸い取るのがおすすめです。掃除機を使えば、ほとんどの羽アリは吸い取る際の圧力によって死んでしまうため、簡単に駆除することができます。

また、掃除機を使うことで、羽アリだけではなく落ちた羽も一緒に吸い取ることができるので、処理の手間を減らすことができるでしょう。羽アリを吸引した後の掃除機の紙パックは衛生的な問題もあるので、できるだけ早く処分しましょう。

そのほかの対処法

「近くにコンセントがなくて掃除機を使えない」というときには、ガムテープやコロコロを使って羽アリを駆除する方法もあります。ガムテープやコロコロに羽アリをくっつければ、羽アリを駆除することができます。

ほかにも、熱湯をかけてシロアリを駆除する方法もあります。ただし、熱湯がかからなかったシロアリが逃げてしまうおそれがあるので、確実に熱湯がかかるほどシロアリが少ないときに試してみるとよいでしょう。

湿気対策も忘れずに

先ほどご説明したように、羽アリは湿気がこもりやすい水回りや畳、床下などに発生しやすいといわれています。

羽アリを寄せつけないためにも、水回りは換気扇をこまめに回す、畳は定期的に天日干しするなど、湿気をためない工夫をしましょう。また、床下の対策方法は次の章でご紹介するので、そちらを参考にしてみてください。

羽アリを近づけないための予防法

羽アリを駆除しても、予防をおこなわなければ再び羽アリがやってきてしまうかもしれません。そこで、ここでは羽アリを近づけないための予防法をご紹介します。以下の内容を参考にして、羽アリ予防をしてみてください。

床下対策は通気口を大きくする

羽アリを近づけないための予防法
床下の通気口付近に物を置くと、風通しが悪くなってしまいます。その結果、床下に湿気がこもって羽アリが発生しやすくなるのです。床下に湿気をためないためにも、通気口付近には物を置かず、空気の通り道を大きくしておきましょう。

また、ほかにも床下に専用の換気扇を取り付けたり、湿気を吸い取ってくれる”調湿シート”を設置したりすることで湿気を減らすことができるので、羽アリ対策となるでしょう。

不要な木材などは撤去する

シロアリは木材に含まれる”セルロース”という成分をエサにしています。そのため、木材があるとシロアリが集まってきてしまうかもしれません。家の庭に木材や木くずなどが置きっぱなしになっているときには、できるだけ早く片付けてください。

また、庭にある切り株をそのままにしておくと、シロアリが寄ってくるおそれがあります。木を伐採したら、切り株はできるだけ早く処分するようにしましょう。

薬剤を使って予防する

羽アリ予防のためには、専用の殺虫剤をまいたり、乾燥材を置いて乾燥させたりするとよいでしょう。しかし、薬剤は正しく施さないと十分な効果を得られないかもしれません。

自分での施工に自信がない方、羽アリ駆除についてあまり詳しくない方は、業者に依頼することをおすすめします。業者に依頼すれば、羽アリの駆除や予防について詳しいスタッフが施工してくれるので、自分でおこなうよりも高い効果を期待できるでしょう。

これってシロアリ?不安になったら業者に相談

「羽アリを見つけた」「羽が落ちている」というときは、シロアリの羽アリの可能性もあります。もしシロアリだった場合、放置すると家がボロボロになってしまうかもしれないので、できるだけ早いうちに対処しておく必要があります。

「シロアリの羽アリかも」というときは、シロアリ駆除業者に相談してみてください。自分では被害状況や、予防をしたほうがよいのかを判断しづらいからです。

業者によっては、無料相談や調査などをしてくれるところもあります。そのような業者に依頼すれば、被害状況などを知ることができるでしょう。

まとめ

家に羽アリが出たときは、シロアリとそのほかのアリの可能性があります。シロアリの場合は住宅に被害をもたらすため、すぐに退治しなければなりません。

また、シロアリ以外の羽アリだった場合も、ムネアカオオアリと呼ばれる羽アリの中で大型な種類のアリは、住宅の木材に穴を開けるおそれがあるので駆除が必要です。

もし「家の羽アリがシロアリかも」というときは、業者に依頼して適切に対処してもらいましょう。生活110番では、シロアリ駆除業者をご紹介しております。シロアリの羽アリにお困りの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 16:33:08
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/191472/
害虫駆除
大型の羽アリが発生したときには、羽アリの種類を確認しましょう。シロアリの羽アリだった場合は住宅の木材を食害してしまうおそれがあるので、すぐに駆除しなければなりません。また、シロアリ以外にも、羽アリには大型の種類が存在します。その中には、住宅に被害をもたらす種類もいるので、駆除が必要です。この記事では、羽アリがシロアリかどうかを調べる方法や、家に被害をもたらす大型の羽アリについてご紹介します。ほかに...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!