生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリの発生を予防は必要?大切な家を守るために知って得する情報

投稿日:2020-02-11 更新日:2020-02-24

シロアリの発生を予防は必要?大切な家を守るために知って得する情報

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

大切な家を脅かす存在、それはシロアリではないでしょうか。シロアリは家中をものすごい勢いで食い散らかします。

シロアリはいちど発生すると駆除するのはとても大変です。費用や時間がかかりますし、発見が遅れると駆除しても家がボロボロになってしまっていて手遅れ……なんてこともあるかもしれません。

シロアリ予防はとても大切なことです。このコラムでは、シロアリの予防方法について詳しくお伝えするほか、シロアリ駆除業者の選び方についても解説しています。

シロアリを予防しないと失うもの

シロアリの予防をしないと、発生の確率は上がります。シロアリ被害はあっという間に広がってしまうので、いちどシロアリが寄り付いた家は駆除するのが大変です。また、被害に気付かずに過ごしていると、大切なものを失ってしまうことも……。

この章では、シロアリ予防をしないと失うものについてお伝えしていきます。

住居

シロアリの被害はとにかく進行が速いです。たった1年間で家を崩壊させてしまうこともあるくらい、シロアリの食害はおそろしいものなのです。シロアリ被害が広がると、近隣の住宅にも被害が及んで迷惑をかけてしまうおそれもあります。

大切な家がシロアリ被害によってボロボロになってしまったら、悲しいですよね。大切な家を守るためにもシロアリの予防は必要なことです。

お金

シロアリの発生を予防は必要?大切な家を守るために知って得する情報

シロアリの予防をしないと、知らないうちにシロアリの被害が進んでしまうかもしれません。被害が大きくなってしまった場合のシロアリ駆除や家の修復にはとてもお金がかかります。

早いうちにシロアリの予防をしていれば数万円ですんだ費用が、被害が進んでしまったあとですと、数十万円~数百万円と、どんどん金額が膨れ上がっていってしまうおそれがあります。

そうならないためにも、シロアリの点検を定期的におこない、予防をすることをおすすめします。

時間

シロアリが発生してしまったら、駆除をおこなってもらうことになります。シロアリ駆除には時間がかかります。シロアリ駆除の作業時間は長いときはまる一日みておかないといけません。

また、シロアリ被害によって家が食い散らかされてしまった場合はリフォームが必要になってきます。リフォームにもお金だけでなく時間がかかります。

シロアリの予防はひとごとではありません。悲しい思いをしないためにも、シロアリの予防について具体的にお伝えしていきます。

シロアリの予防法

シロアリは土のある場所ならどこでも生息しているおそれがあります。シロアリは木をエサとしているので、木材で作られた家はいわずもがな狙われてしまうのです。

この章では自分でもできるシロアリの予防法を具体的にご紹介していきます。シロアリ被害に遭う前に、未然に防ぎましょう!

ベイト工法

ベイト工法は薬剤を使ってシロアリを予防する方法です。家のまわりにベイト剤を置くと、シロアリはそれをエサだと認識して巣まで持って帰ります。巣にいるシロアリたちがベイト剤を食べることによって、巣ごと駆除できるという方法です。

ベイト工法は薬剤を直接散布することなくシロアリ予防ができるので、薬剤のニオイがない上に、人やペットに害がほとんどなく安全です。また、ベイト剤を設置している限り効果が続くのもよいところでしょう。

ベイト工法の難点は、効果が直接的ではなく時間がかかるという点です。また、ベイト剤が足りているかを確認する定期的な管理が必要となってくるので、手間もかかります。

バリア工法

バリア工法も薬剤を使用したシロアリの予防方法です。床下などのシロアリが発生しそうな木や土の部分に穴を開けて薬剤を注入したり、木の表面や土壌に薬剤を散布したりしてシロアリを近づけさせない方法です。

バリア工法はシロアリ予防だけでなく、すでに発生してしまったシロアリを駆除することにも有効です。

ベイト工法より速効性がありますが、薬剤を散布するので人やペットに害を及ぼすおそれがあることがデメリットとしてあります。専門知識がない人がおこなうには難しい作業かもしれませんので、プロに依頼することをおすすめします。

家の換気

シロアリの発生を予防は必要?大切な家を守るために知って得する情報

シロアリは湿度を含んだ木材をエサとして好むので、湿気が多い場所を好みます。家の風通しをよくして湿気を減らすことでシロアリの予防となります。

たとえば、通気口の近くにはものを置かないようにすると効果的です。、また、こまめに窓を開けるなどして風通しをよくすることをおすすめします。

ほかにも、シロアリは暗い場所も好むので、カーテンを開ける癖をつけるなど、日当たりをよくすることも心がけるようにしましょう。こうしたちょっとした工夫でもシロアリが発生する確率を減らすことができます。

木材を置かないこと

シロアリは木材をエサとします。木材を家のまわりなどに置いているとシロアリの餌食となってしまうので、避けましょう。

また、段ボールも木材を材料としているのでシロアリのエサになります。段ボールを家の外に放置しておくのも避けたほうがよいです。

ご紹介してきたシロアリの予防を自分でおこなっていても、しぶといシロアリは侵入してくるおそれはあります。シロアリの予防を自分で完璧におこなうことは難しいかもしれません。そんなときはシロアリ予防の業者に依頼するのがよいでしょう。

相談、見積もり無料!!
お客さまのエリアに合わせた業者をご提案します。実績のあるその道のプロが、お客さまのお困りごとを解決します!
相談、見積もり無料!!
お客さまのエリアに合わせた業者をご提案します。実績のあるその道のプロが、お客さまのお困りごとを解決します!

シロアリの予防は自分でしない方がよい理由

シロアリの予防は自分でおこなえば費用をおさえることができるかもしれませんが、おすすめしません。シロアリ対策はプロにまかせるほうがよいです。

この章では、なぜシロアリの予防を自分でしないほうがよいのかを順にご紹介していきます。

シロアリを見落とす可能性があるため

シロアリの発生を予防は必要?大切な家を守るために知って得する情報

シロアリの発見は難しいです。シロアリは地面からだけでなく、飛んでくることもあります。目に見えるシロアリはほんの一部で、ほとんどは目に見えないため、シロアリを見落としてしまうおそれがあります。

シロアリを見落としてしまうと、自分でおこなっている予防の効果を測れないですよね。シロアリが発生しているかの点検をプロにおこなってもらうことが確実な予防に近づくでしょう。

ケガや健康被害のリスクがあるため

シロアリ駆除や予防の薬剤は、有害です。とくに、小さな赤ちゃん、妊婦さん、ペットにとって健康被害が大きいといわれています。

普通のおとなでも、風通しの悪いところで薬剤を使うと、吸い込んでしまい身体によくありません。作業に慣れていない人が薬剤を扱うのは健康被害の面からみると危険です。

また、作業の際に木材で手を切ってしまったり、狭いところでの作業のせいでけがをしてしまったりするリスクも考えられます。

準備が必要

自分でシロアリ予防をおこなうには道具をそろえる必要があります。薬剤のほかにも、作業着やゴーグル、マスクなどを準備し、適切な方法で使用しなければなりません。

シロアリ予防の作業は、正しい方法でおこなわないと意味がありません。どんな道具をそろえたらよいのかわからない、作業に不安があるという方は業者に依頼することをおすすめします。

シロアリの予防をおこなう業者の選び方

シロアリの予防を業者に頼むならば、信頼できる業者に依頼したいですよね。信頼できる業者とは、具体的にはどんな条件を満たしている業者なのでしょうか。

それは実績があって、親身になってくれる、そして価格が適正な業者です。また、ご自身の住んでいるエリアに対応していないと意味がないのでまずは対応しているエリアの業者から探すのがよいでしょう。

この章では、シロアリ予防の業者選びについて詳しく解説していきます。

シロアリ予防・駆除に関する実績の有無

シロアリの被害を避けるための予防の作業は、徹底的におこなってもらう必要があります。せっかく費用をかけて依頼をしているのに、シロアリが発生したなんてことがないようにしたいですよね。

確実な作業をおこなって欲しいのであれば、依頼したい業者の実績を調べるとよいでしょう。これまでの施工歴などをみて、経験豊富で実績を積んでいる業者を選ぶことをおすすめします。

対応エリア

シロアリの発生を予防は必要?大切な家を守るために知って得する情報

シロアリ予防を依頼するのならば、出張で家まで来てもらうことになりますので、お住まいのエリアに対応している業者を選ぶことは必須です。全国展開している業者もありますので、それらをインターネット検索で探すことができます。
そこからまずお近くのエリアの業者を探し、その中から自分に合ったところを見つけていく方法がよいでしょう。

業者とのコミュニケーション

シロアリ問題は深刻ですよね。シロアリの予防についてわからないこともあると思います。
そんなときに、質問にしっかり答えてもらえたり、料金の詳細を説明してくれたりする業者ですと安心です。

見積りの段階からきちんとコミュニケーションを取り合って信頼できる関係づくりをできる業者を選んでください。電話での対応やインターネット上の口コミなどから判断できるでしょう。

費用

シロアリ予防を業者に依頼する際に、1番気になるのは費用の面ではないでしょうか。一概にシロアリ業者といっても料金体系はさまざまです。

シロアリ予防の費用は事例によって、どの業者が安くなるかも異なります。ずば抜けて安い料金を提示している業者はそこから追加料金がかかったり、アフターフォローがしっかりしていなかったりするかもしれません。

おすすめの方法は、複数業者から見積りをとってみることです。見積りだけなら無料でおこなっている業者はたくさんありますので、実際に見積りをとった金額で比較するのがよいでしょう。

シロアリの予防をおこなう上で必要なチェック項目

シロアリ予防をおこなおうと考えている人は以下の3つのことをチェックしてみてください。

この章ではシロアリ予防を業者に依頼するときにも知っておいたほうがよい知識や、依頼する際に業者に伝えた方がよいことなどをご紹介していきます。

以前シロアリの被害に遭った場所

以前、シロアリの被害に遭ったことがあるのであれば、その場所は要注意です。シロアリは同じような場所を好みます。被害に遭った場所は徹底的に予防をおこなうことをおすすめします。被害に遭った記録を写真などで残しておくと、業者に依頼する際にスムーズに伝えることができるでしょう。

また、被害に遭った場所と似たような場所もシロアリが好む場所ですので、しっかり予防をおこなったほうがよいでしょう。

予防に使う道具のレビュー

シロアリ予防に使う道具をいくつかご紹介します。

作業着、ゴーグルやマスク

シロアリの発生を予防は必要?大切な家を守るために知って得する情報

シロアリ予防の作業をするときは、薬剤が身体や顔にかからないように十分に気をつけなければいけません。とくに顔まわりの保護はしっかりとおこないましょう。

シロアリ駆除剤(エサ状)

市販のものは、ゴキブリの駆除剤と形態が似ています。シロアリが現れそうな場所に置いて使用します。

シロアリ駆除剤(スプレー状)

スプレー状のシロアリ駆除剤は、シロアリ発生のおそれがあるところにまいて使用します。一般的な殺虫スプレーのような形態で使いやすいです。

シロアリの被害が近所で報告されているかどうか

シロアリ被害はひどい場合は隣の家まで広がっていきます。近所でシロアリ被害が報告されていたり、シロアリを目撃されていたりしたら、シロアリ発生の可能性がぐっと上がります。

シロアリは羽アリとなった姿で飛んでくることによって家に侵入してきます。ですので、もしも近所でシロアリ被害に遭っている人がいたら、シロアリの予防工事をおこなうことを強くおすすめします。

シロアリを予防する上で知っておきたい!シロアリの発生しやすい場所

シロアリが発生しやすい場所の特徴を知っておくことで、シロアリの早期発見をすることができたり、的確な場所を予防できたりします。シロアリが好むような場所の知識をお伝えしていきます。

湿気のある場所

シロアリの発生を予防は必要?大切な家を守るために知って得する情報

シロアリは、じめじめとしている場所を好みます。床下は風通しが悪い上に温度を閉じ込めるように密閉された構造になっているため、シロアリにとっては絶好の場所です。室内は極力換気をおこない、風通しをよくしておきましょう。

また、室外も注意が必要でしょう。ベランダ、ウッドデッキ、庭、庭木などにもシロアリはあらわれます。

シロアリの早期発見の手がかりとして、これらの場所にシロアリが発生しやすいということを覚えておきましょう。

光の入らない暗い場所

シロアリは湿気のある場所と同様に暗い場所を好みます。光を苦手とするシロアリは屋根裏や天井裏、床下などに潜んでいることが多いです。これらの場所は光や風、天敵であるクロアリが避けられるため、彼らの温床となるおそれがあります。

シロアリは日の入らない暗い場所を好みますが、日当たりがよいからといってシロアリがまったく発生しないとは限りません。油断は禁物です。

暖かい場所

シロアリは寒さに弱く、暖かい場所を好みます。家の中でも暖かい空気を閉じ込めやすいところに発生する確率が高いでしょう。

日本で発生の確率が高い2種類のシロアリの活動適温をご紹介します。

・ヤマトシロアリ12~30℃
・イエシロアリ30~35℃

シロアリは一般的に6度以下では活動しないといわれています。しかし、寒い地方でも発生した事例はありますので例外はあるということでしょう。

シロアリの予防は生活110番に相談するのがおすすめ

シロアリの予防は、ぜひ弊社にご相談ください。シロアリの被害に不安がある方のお話をしっかり聞かせていただきまして、経験豊富な業者をご紹介させていただき、適切なシロアリ予防をおこなわせていただきます。

シロアリの予防の見積りは無料でおこなっていますので、他社と比較して料金にご納得されてからご依頼いただくことも可能です。

シロアリ被害に遭ってしまうのではないかと不安に思われている方は、ぜひいちど弊社にご相談ください。

まとめ

シロアリがいちど発生してしまうと、駆除が大変ですし、発見が遅れてしまうと住宅が倒壊するほどの被害につながるおそれもあります。

手遅れになってしまわないためにもシロアリの予防は必要なことです。しかし、シロアリの予防を自分でおこなうことはおすすめしません。薬剤は身体被害の危険もありますし、専門知識がない人が確実にシロアリの予防をおこなうことは困難だからです。

シロアリの予防は専門知識をもった業者に依頼するのがよいでしょう。弊社ではシロアリの予防のプロである安心できる業者を紹介させていただいております。シロアリの予防をご検討されている方はぜひご連絡ください。

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:ふじこ
手先が器用で、DIYが得意分野。その特技を生かし家具・雑貨修理の記事を担当している。家の掃除は苦手なので、効率的にできる方法を探し求めている最中。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-24 11:00:16
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/187833/
害虫駆除
大切な家を脅かす存在、それはシロアリではないでしょうか。シロアリは家中をものすごい勢いで食い散らかします。シロアリはいちど発生すると駆除するのはとても大変です。費用や時間がかかりますし、発見が遅れると駆除しても家がボロボロになってしまっていて手遅れ……なんてこともあるかもしれません。シロアリ予防はとても大切なことです。このコラムでは、シロアリの予防方法について詳しくお伝えするほか、シロアリ駆除業者の...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!