生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリ駆除は必要ないと感じている方へ!駆除する必要性と設置した先に起きる未来について

投稿日:2020-02-05 更新日:2020-03-16

シロアリ駆除は必要ないと感じている方へ!駆除する必要性と設置した先に起きる未来について

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

「シロアリ駆除は必要ない」そう思われている方は要注意です。シロアリといえば木造建築だけ被害を受けるイメージをもっている方は多いかと思いますが、そうではありません。木造以外の建築物であっても、基礎などには木材が使われているからです。

何も対策をしないでいると、じつはシロアリ被害にあっているのに見逃し続けることになってしまいます。気がついたときには大きな被害がでているということもあるのです。

この記事では、シロアリ駆除の必要性をご紹介いたします。ご自宅など大切な建築物を守るためにお役立てください。

シロアリ駆除・予防のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除・予防についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

シロアリ駆除が必要ないという油断が命取り!

シロアリ駆除は必要ないという家は存在しません。シロアリは木材を主食とするため、木造建築がもっとも被害を受けやすいことは確かです。しかし、鉄筋やコンクリート造りの建築物であっても、どこかに木材が使用されていれば狙われる危険性はあります。

「木造建築に住んでいるわけじゃないから」そう思って油断していると、シロアリ被害にあっていたとしても、ずっと見逃してしまうことになるのです。どのような建築物を所持している方であっても、シロアリ駆除は必要だと思ってください。

シロアリ駆除が必要ないと感じている方に知って欲しい!シロアリ被害

すでにシロアリ被害にあっているにも関わらず「シロアリ駆除なんて必要ないだろう」と思って何も対処しないでいると、大きな損失を受けるおそれがあります。大切な資産や居住空間を失ってしまう危険性から、近所トラブルに発展するケースまで、ここでは代表的なシロアリ被害をご紹介いたします。

資産の喪失

シロアリ駆除は必要ないと感じている方へ!駆除する必要性と設置した先に起きる未来について

建材に使用している木材をシロアリに食べられてしまった建築物は、評価額が大きく下がってしまいます。建築物を売りたいと思ったとしても、シロアリ被害にあっている物件を欲しがる人はいません。シロアリ被害がない場合の価値よりも、大幅に値下げしないと売れないおそれがあるのです。最悪の場合は、どんどん値段を下げたにも関わらず、売り手がつかなくて手放すことができなくなってしまいます。

地震の被害増大

シロアリ被害にあっている建築物は、地震で倒壊する危険性が高い状態にあるといえます。基礎に使われている木材や木製の柱などを食べられてしまうことで、建築物の耐久性が下がっているからです。耐久性が低下しているせいで、シロアリ被害がなければ耐えられた地震であっても、倒れてしまうおそれもあります。地震大国ともいえる日本において、建築物のシロアリ調査・駆除は必須といってよいことなのです。

近所トラブル

所有している建築物に潜んでいるシロアリが成長すると、自宅周囲の建築物にまで被害がおよぶ危険性があります。成長したシロアリは羽アリとなり、空を飛べるようになるからです。歩いて移動するだけだったときと比べ、一気に行動範囲が拡大します。そのため、近隣にある建築物までシロアリ被害に巻き込んでしまうケースもあるのです。

近所トラブルに発展してしまうと、これまでどおりには生活していけません。肩身の狭い思いをしなければなりませんし、最悪の場合はシロアリ被害に関する損害賠償請求をされることも考えられます。

生活スペースの喪失

シロアリ被害が深刻化すると、これまでどおりの生活が送れなくなる場合があります。床にひどく損傷した箇所ができてしまえば、歩くだけでも気を張らなければなりません。建材を食い破ったシロアリが、床下や壁の内側からでてくることもあります。

自宅にも関わらず歩行に注意したり、シロアリが視界に入ったりすることは、生活していくうえで大きなストレスになることは間違いありません。深刻なシロアリ被害は、これまであった生活環境を失うことになるのです。

リフォーム代がかかること

シロアリの被害が深刻化してしまったとき、建築物の耐久性を元通りにするためには修繕するしかありません。床板や壁板まで食われている場合は、耐久性という意味だけでなく快適な生活を取り戻すためにも、大がかりな工事が必要になってしまいます。

シロアリ被害が小さいうちに適切な対処をすれば、シロアリ駆除にかかる費用だけで済みます。シロアリ駆除なんて必要ないと思うのではなく、どのような建築物であっても定期的におこなうことによって、不要なリフォームをおこなうといった事態を避けられるのです。

シロアリ駆除で業者の力が必要ない場合

シロアリ駆除は自力でおこなうことができます。けれど、適切な駆除は、誰にでもできることではありません。適切な駆除をおこなうためには、事前に知っておくべきこと、準備すべきものがあります。ここでは、適切な駆除を自力でおこなう場合に必要となる最低限の条件について、3つご紹介いたします。

シロアリ駆除に関する十分な知識があること

シロアリ駆除の知識が十分でないと、すべてのシロアリを駆除することは困難です。シロアリ駆除は、毒エサを配置したり、建材に薬剤を注入したりするのですが、『どこに置けばよいのか』『どれだけ注入すればよいのか』といった判断が必要になります。

毒エサも薬剤も市販されており、誰でも購入することは可能です。しかし、買ったとしても配置場所や注入量に関する知識がなければ、十分な効果を発揮させることはできません。シロアリ駆除に関する知識に自信がない場合は、自力での駆除はやめておきましょう。

道具がひととおり揃っていること

シロアリ駆除は必要ないと感じている方へ!駆除する必要性と設置した先に起きる未来について

シロアリ駆除に必要な道具は多いです。毒エサや薬剤だけでなく、袖も丈も長い厚地の作業着やゴーグル、高性能マスクや軍手がいります。

床下はとても狭いです。潜り込んだ際に建材で肌を擦りむいてしまうおそれがあります。また、ホコリも多くカビなどの菌類が発生しているかもしれません。毒性のある害虫や攻撃的な害獣が潜んでいる可能性もあるでしょう。

作業着やゴーグル、高性能マスクなどは、身を守るために必要です。しかし、駆除のために一式揃えるより、業者に依頼したほうがオトクになるケースは多いと考えられます。

日頃から対策をしっかりおこなっている場合

シロアリ対策を日常的におこなっていれば、大切な建築物の周りで見かけるシロアリの数も少ない場合が多いです。数が少なければ、駆除することも比較的簡単といえます。駆除に関する知識や経験が豊富でなくても、すべてのシロアリを駆除できるかもしれません。

しかし、シロアリが大量に繁殖している場合は、自力ですべてを駆除することはまず不可能と考えましょう。床下だけでなく、屋根裏や壁の内側など、あちこちにシロアリが移動している場合があるからです。

自力でシロアリ駆除ができない場合は業者の力が必要

「シロアリ駆除に関する知識に自信がない……」「必要な道具がひとつもない……」そういった方で、大切な建築物をシロアリから守りたいのであれば、駆除業者に依頼しましょう。駆除業者であれば、シロアリに関する豊富な知識と経験をもって、すべてのシロアリを駆除できます。また、駆除後数年以内であれば、シロアリ被害が再発した際に無料で対応してもらえる場合も多いため、安心して生活を送ることが可能になるのです。

シロアリ駆除ができない方に知って欲しい!業者選びの必要最低限のポイント

シロアリ駆除を必要ないと思っていた方は、駆除業者に依頼したほうがよいといわれてもどのようなところを選べばよいのかわからないかと思います。そこで、ここでは業者を選ぶ際に最低限満たしておいたほうがよいポイントをご紹介いたします。駆除が必要なことはわかっていたけれど自分でできなくて困っているという方も、ぜひ参考にしてください。

無料見積りがあるか

シロアリ駆除は必要ないと感じている方へ!駆除する必要性と設置した先に起きる未来について

業者を選ぶ際には、無料で見積りをおこなっているところを選びましょう。

シロアリ駆除において、見積りをとることは欠かせません。業者によって駆除する範囲や使用する薬剤が異なるケースも多いからです。見積りは、納得できる作業内容と料金なのかを確かめるためにも、大切なことです。

しかし見積りで費用がかかってしまうと、駆除完了までの総額が大きくなってしまいます。無料だからといって、適当な現地調査をして見積りを出すところは少ないため、費用を抑えるためにも無料見積りをおこなう業者を選びましょう。

説明が丁寧かどうか

シロアリ駆除作業は、大切な建築物の将来に関わるともいえることです。そのため、どういったところにシロアリが繁殖しているのか、どういう薬剤を使ってどのような作業をおこなうのか、丁寧に説明してくれる業者を選びましょう。

質問したことに対して、穏やかな口調でしっかりと答えてくれるかどうかも、大切なポイントです。受け答えが面倒くさそうな感じだったり、なんとなく話を濁そうとしていたりする雰囲気を感じられた場合は、依頼しないようにしましょう。

専門的な知識が豊富かどうか

シロアリ駆除には資格は必要ありません。どのような人であっても業者として駆除をおこなうことが可能です。しかし、シロアリに関する高い知識をもつことの証明になる資格はあります。世の中には『しろあり防除施工士』という資格があるのです。

この資格は『日本しろあり対策協会』がおこなっているしろあり防除講習会を受講し、検定試験に合格することで得られるものです。シロアリに関する豊富な知識があるという証明になります。依頼しようと思っている業者にちゃんと知識があるか不安という場合は、この資格の有無を尋ねてみるとよいでしょう。

保証がしっかりしているかどうか

数年以内にシロアリ被害が再発した場合は無料で駆除作業をおこなうなどの、万全のアフターフォローが整っている業者を選ぶことも大切です。

業者に依頼すれば、極めて高い確率でシロアリ被害に悩まされることはなくなります。しかし人も完全ではありませんし、生き物相手のことです。作業に漏れがあるなどして、またすぐにシロアリ被害が再発するおそれがあります。

アフターフォローのない業者を選んでしまっていたら、再発したときにまた駆除費用がかかってしまいます。余計な費用を払わないためにも、アフターフォローは重要なのです。

多くのリピーターを獲得しているかどうか

どういったジャンルの業者にも共通していえることですが、多くのリピーターがいる業者は信頼度が高いといえます。作業内容やスタッフの人柄がよくなければ、リピーターは生まれないからです。リピーター率は、業者の公式ホームページに記載されています。興味のある業者を見つけたら、ホームページを見比べてみるとよいでしょう。

もしリピーター率という数字が見当たらなかったときは、実績を確認しましょう。実績が豊富であることも、高いリピーター率があることと同じく、大勢から信頼されている根拠になるからです。

シロアリ駆除の必要ない可能性を上げるための対策

シロアリ駆除が必要ない状況を作るためには、シロアリが苦手とする環境を作ることが大切です。ここでは、『エサとなる木材をなるべく減らす』『湿度をできるだけ低くする』といった、シロアリ駆除が必要なくなる可能性を上げるための方法をご紹介いたします。誰にでもすぐにおこなえることなので、ぜひ実践してみてください。

木材の数を減らすこと

シロアリ駆除は必要ないと感じている方へ!駆除する必要性と設置した先に起きる未来について

木材が少なければ、シロアリは寄りつきにくくなります。シロアリにとって木材が主食だからです。食料が少ないところからは離れ、豊富なところに向かっていくことは、生物の本能といえます。シロアリも例外ではありません。

建築物の周りに枯れ木や腐敗した材木などがある場合は、処分しましょう。もしいずれ何かに使う予定であれば、できるだけ屋内に片付けるとよいです。

換気

シロアリは湿気が多いジメジメとした環境を好みます。床下が狙われるのは、基礎に使われている材木がむき出しだからではなく、湿気が溜まりやすいからともいえるのです。

床下に通風孔がある場合は、その前にものを置かないように注意して、常に空気の入れ替えがおこなわれるようにしましょう。また、建築物全体をシロアリから守るためには、水回りでは換気扇を使ったり、窓を開けて部屋に風をとおしたりと、湿度が下がるようなことをおこなうことが大切です。

湿度が高くなりそうな場所には炭を設置することも、シロアリ対策には効果があります。炭は湿気を吸い取る働きがあるからです。床下一面に散布したり、キッチンや洗面所などの水を使う空間に置いたりすると、建築物全体の湿度を低下させることになってよいでしょう。

しかし、炭は一定期間が経つと、湿気吸収効果がなくなってしまいます。定期的に交換するようにしてください。

シロアリの巣穴を定期的にチェックすること

シロアリの巣は、湿気が溜まりやすい場所、建築物そばの地中に作られることが多いです。また、巣の近くには『蟻道(ぎどう)』という土で作ったトンネル型の道があります。建築物の周りを歩いて、外壁に不自然な土の筋が張っているのを見つけたときは、近くに巣穴があると考えましょう。

巣穴を見つけることができたら、写真に撮っておきましょう。近くに虫がいれば、それらも撮影しておくことをオススメします。ネットでシロアリ本体や巣の画像を調べ、撮影したものと見比べれば、本当にシロアリなのか確かめられるからです。

シロアリ駆除の必要ない家に近づけるために必要な努力

努力次第では、シロアリ駆除が必要ない建築物に近づけることができます。ここではシロアリ被害に遭わないために、日頃から努力しておいたほうがよいことをご紹介いたしますので、ぜひ心がけてみてください。駆除が必要になったときに慌てないで済むように、できるだけ早いうちからやっておくべきことも解説いたします。

羽アリやシロアリの発生に関する情報収集

羽アリやシロアリ被害が近隣で発生している場合、自分のところにも飛び火する可能性は高いです。常日頃から近隣住民と会話したり、近くの公道に羽アリやシロアリらしき虫がいないか観察したりしましょう。

もし近くでシロアリ被害が発生していたり、羽アリの目撃情報があったりしたら、駆除業者の無料調査を受けることをオススメします。自宅の状態を知ることができますし、被害にあわないためにできることはないかといった相談もできるからです。

シロアリ駆除のための資金確保

シロアリ駆除は決して安くはありません。被害の規模によっては、数十万円かかる場合もあります。そのためにも、まとまったお金をできるだけ早くから準備しておきましょう。

シロアリ駆除費用という名目ではなく、『建築物の修繕費』として少しずつ貯金していくことをオススメします。建築物を所有していれば、シロアリ駆除だけでなく、さまざまなリフォームがいずれは必要になるからです。

保険に関する勉強

シロアリ駆除は必要ないと感じている方へ!駆除する必要性と設置した先に起きる未来について

シロアリ被害専用の保険というものは、今のところほとんどありません。しかし、保険会社によっては、シロアリによる損害に保険金を払うという特約のある制度を作っているところもあります。

しかし、シロアリ被害によって雨漏りや水漏れが発生したりしたときは、保険会社に連絡しましょう。雨漏りや水漏れ被害に対して、火災保険が適用される可能性があるからです。

日頃から加入している保険や、世の中にどういう保険があるのか、勉強しておきましょう。シロアリ被害に活用できそうなものがあれば、保険会社に話を聞いてみるのもよいです。

シロアリに関するセミナーなどに参加すること

シロアリの生態や駆除に関するセミナーは、ネットで検索するとでてきます。興味を惹かれるものがあれば、積極的に参加してみるとよいでしょう。セミナーで話してくれる人は、シロアリの専門家です。自分で本やネットを使って情報収集をすることはとても労力がいりますが、話を聞きながら配布される資料に目をとおすことであればできるという方も多いかと思います。セミナーはシロアリに関する知識を深めることに有効です。

シロアリ駆除に関する相談は生活110番がおすすめ

シロアリ駆除が本当に必要なのかどうかわからないという方は、ぜひ生活110番にご相談ください。無料で現地調査と見積りをおこなっている業者をご紹介いたします。現地調査と見積りを終えた段階であれば、キャンセルすることも可能です。「とりあえず駆除が必要かどうか調べたい」という方には、大変便利かと思います。ご相談には24時間、年中無休で対応可能です。お電話お待ちしております。

まとめ

「シロアリ駆除なんて必要ない」そう思っている方は注意しましょう。シロアリ被害はどのような建築様式であっても起こる可能性があるからです。必要ないと思っていると、じつは被害にあっているのに放置してしまって、建築物が損傷してしまうおそれがあります。

シロアリは自力でも駆除できます。ただし徹底的に駆除するには、シロアリに関する正しい知識が必要です。作業のために作業着や高性能マスクもいります。知識や道具がない方は、無料見積りをおこなっている業者に依頼して、しっかりと駆除してもらうとよいでしょう。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 16:07:03
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/186951/
害虫駆除
「シロアリ駆除は必要ない」そう思われている方は要注意です。シロアリといえば木造建築だけ被害を受けるイメージをもっている方は多いかと思いますが、そうではありません。木造以外の建築物であっても、基礎などには木材が使われているからです。何も対策をしないでいると、じつはシロアリ被害にあっているのに見逃し続けることになってしまいます。気がついたときには大きな被害がでているということもあるのです。この記事では...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!