生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリ被害の確率と築年数の関係│被害にあいやすい要因・対策とは

投稿日:2019-12-04 更新日:2019-12-25

シロアリ被害の確率と築年数の関係│被害にあいやすい要因・対策とは

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

シロアリ被害にあう確率が高い家の特徴として、一般的に、築年数の古さや木造などのポイントがあげられます。しかし、シロアリ被害にあいにくいと考えられている、新築や鉄骨の家でも被害にあうことはあるため、どんな家でもシロアリ対策は必要です。

この記事は、シロアリ対策の重要性と、対策方法について解説していきます。また、シロアリ対策を業者に依頼する際に知っておくと役立つ情報もお伝えします。大切な家をシロアリから守るために、ぜひ参考にしてみてください。

シロアリ被害の確立は築年数が古いと高い!しかしほかの要因も

一般的に、シロアリ被害にあう確率は築年数が古いほど高いです。築年数10年未満の家がシロアリ被害にあうことはまれですが、10年以降ではシロアリ被害の確率は上昇します。このように、築年数とシロアリ被害の確率が関係することは事実です。しかし、じつは、築年数だけがシロアリ被害にあう要因ではありません。

築年数以外にも被害にあいやすい要因が

築年数以外にもシロアリ被害にあいやすいおもな要因として、家の材質や建築工法があげられます。

家の材質については、木造住宅はシロアリ被害にあいやすく、鉄骨や鉄筋コンクリート住宅は被害にあいにくいといわれています。シロアリはあらゆるものを食料としますが、そのなかでも、やわらかい木材は侵食しやすいため、木造住宅はシロアリ被害にあいやすいのです。

建築工法については、室内の温度を保つ効果が高い「基礎断熱工法」の住宅も、シロアリ被害にいやすいです。なぜなら、基礎断熱工法は基礎部分に断熱材をしいているため、床下の温度が暖かく保たれており、シロアリが活動しやすい環境となっているからです。

シロアリ被害の確率と築年数の関係│被害にあいやすい要因・対策とは

シロアリに強い家と思っていても……

新築や鉄骨・鉄筋コンクリート住宅はシロアリ被害にあいにくいといわれていますが、確率はゼロではありません。

新築であってもシロアリが発生しやすい環境であれば被害にあう確率は高くなりますし、シロアリは木材だけでなく鉄材やコンクリート材をも侵食できます。そのため、どんな家でもシロアリに対して油断は禁物で、対策は必要なのです。

シロアリ被害の怖さ

シロアリ被害は、見えないところで進行します。被害に気づかないまま放置してしまうと、壁・床・柱などがボロボロになってしまい、大がかりな修繕が必要となることもあります。また、シロアリ被害によって家の重要な部分がボロボロになると、大地震が起こった際に、家が倒壊してしまうおそれもあるのです。このように、シロアリ被害は気づかないうちに拡大し、やがて家全体に被害がおよぶという怖さがあるのです。

シロアリ被害にあわないためには

見えないところで進行するシロアリの被害にあわないためには、早期の発見・駆除が重要です。そして、被害が確認されない場合にも、その後、被害にあわないための予防も欠かせません。シロアリ対策について、次の項目で詳しく見ていきましょう。

シロアリ対策の最初のステップは調査から!

シロアリ対策は、まず調査から始めます。調査をし、被害が確認されたら駆除と予防を、被害が確認されなければ予防をおこないます。

シロアリの調査・駆除・予防は、屋根裏や床下のように自分で作業するのが難しい場所でおこないます。そのため、シロアリ対策はプロである業者に任せることをおすすめします。

シロアリの生態

シロアリ対策についてご紹介していく前に、まずはシロアリの生態について知っておきましょう。シロアリは温暖で湿度が高い環境を好むため、日本はシロアリが繁殖しやすい地域です。

食べ物については、とくに木材を好むので、木造住宅がシロアリ被害にあう確率が高いです。しかし、シロアリは木材以外にも、断熱材や鉄材・コンクリート材など、あらゆるものを食べるため、木造住宅でなくてもシロアリ被害にあう可能性があります。

シロアリ被害にあうと、床がきしんだり、ドアの動きが悪くなったりします。また、羽がついたシロアリ(羽アリ)を発見することもあるでしょう。しかし、プロである業者は、このように表面化した症状だけでなく、目に見えないかくれた被害も調査できます。

シロアリ調査の方法

業者のシロアリ調査は、自分では確認しにくい床下や屋根裏まで確認します。シロアリが見えない箇所でも内部にシロアリが潜んでいないか、シロアリのこん跡がないかなどを調査し、被害状況を確認します。

シロアリ被害の確率と築年数の関係│被害にあいやすい要因・対策とは

シロアリ駆除の方法

シロアリ駆除はおもに、「薬剤散布法」と「ベイト工法」という2つの方法があります。薬剤散布法には木材に薬剤を散布する木部処理と、土壌に薬剤を散布する土壌処理に分けられます。

ベイト工法とは、毒餌(ベイト剤)を置き、シロアリが食料として巣に持ち込み食べることで、巣に住んでいるシロアリまで駆除する方法です。薬剤散布法は地表にあらわれたシロアリを直接退治する方法であるのに対し、ベイト工法は巣に潜んでいるシロアリを間接的に退治する方法です。

シロアリ予防の方法

シロアリの予防の方法は駆除と同じで、薬剤散布法とベイト工法の2種類です。薬剤の効果は一般的に5年程度であるため、予防は5年ごとの実施が目安です。

また、業者による定期的な予防以外にも、シロアリ予防のために普段から注意できることがあります。それは、シロアリが好む環境をつくらないことです。シロアリは温暖で多湿な環境を好むため、床下や屋根裏の風通しをよくしておきましょう。また、シロアリがエサとして好む木材やダンボールを、家の周辺に置かないようにしましょう。

シロアリ対策を業者に依頼する際に知っておきたいこと

ここまでは、どんな家でもシロアリ被害にあう確率はあり、被害にあわないためには、早期の対策と定期的な予防が重要であることをご紹介してきました。ここからは、シロアリ対策を業者に依頼する際に知っておきたいポイントをお伝えしていきます。

かかる費用の相場

シロアリ対策にかかる費用の相場は、30坪くらいの住宅の場合、18万円から30万円程度といわれています。一般的に、調査費用は無料としている業者が多いです。

しかし、対策方法、家の材質、建築工法、築年数などによって料金は変動します。そのため、現地調査をし、見積りをとってもらうことで、正確な費用が把握できます。

業者に依頼するメリット

業者のシロアリ駆除・予防の料金は高額であるため、市販の薬剤を購入し自分で対策しようと考える方も、なかにはいらっしゃいます。しかし、プロである業者には、専門的な知識と技術があります。被害が表面化していない部分にも対策が必要かを見分けられたり、住宅の状態に最適な処置を判断できたりします。

また、駆除や予防に保証期間を設けている業者では、定められた期間内にシロアリ被害が確認された場合に、無料で対応してもらえます。業者に依頼する費用は大きいですが、このように、業者だからこその安心感も大きなメリットといえます。

業者の選びかた

シロアリ駆除・予防の業者を選ぶ際に注目していただきたいポイントはいくつかありますが、とくに重要なポイントを3つご紹介します。1つ目のポイントは、見積りの内容が明確であるかです。内訳の説明や、作業後の追加費用が発生しないかなどを、しっかり確認するようにしましょう。

2つ目のポイントは、保証サービスがあるかどうかです。高額の費用を使って駆除・予防をしても、次の実施年までにシロアリが発生して再度対策が必要な場合、長期で見てシロアリ対策に費用が高くつきます。そのため、保証期間内の再発を、無料で対応してくれる業者に依頼することをおすすめします。

3つ目のポイントは、業者の技術の高さです。技術の高さを確認するポイントとして、シロアリ駆除の資格の1つである「しろあり防除施工士」を保有していることがあげられます。また、インターネットで業者の口コミや評価などを調べてみるのもよいでしょう。

シロアリ被害の確率と築年数の関係│被害にあいやすい要因・対策とは

シロアリ対策は弊社にご相談ください

弊社は、シロアリ調査・駆除・予防の業者をご紹介いたします。無料で調査をして見積りをご提示し、ご納得していただいてから作業を実施します。そのため、ほかの業者と相見積りをとって検討したり、作業後に追加費用が発生したりする心配がありません。

弊社は、24時間ご相談を受け付けております。シロアリ対策をお考えの方は、ぜひ弊社にご相談ください。

まとめ

一般的に、築年数が高い家や木造の家はシロアリ被害にあう確率は高いです。しかし、新築や鉄骨・鉄筋コンクリートの家でも、シロアリ対策は必要です。なぜなら、新築であってもシロアリが寄りつきやすい環境であれば被害にあいやすくなりますし、シロアリは木材だけでなく鉄材やコンクリート材も侵食するからです。

家をシロアリ被害から守るためには、早期の対策と定期的な予防が大切です。業者による調査を受け、被害が確認されたら駆除と予防を、被害が確認されなくても予防をおこないましょう。業者を選ぶ際には、料金の内訳が明確か、追加費用や保証サービスの有無などを確認するようにしてください。

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~

この記事を書いた人
編集者:いさむ
家のことはなるべく自分でなんとかしたい、という思いからさまざまなDIY方法について学んできた。最近は壁紙張り替えなど、家のリフォームにも興味が出てきている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-12-25 16:58:05
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/178826/
害虫駆除
シロアリ被害にあう確率が高い家の特徴として、一般的に、築年数の古さや木造などのポイントがあげられます。しかし、シロアリ被害にあいにくいと考えられている、新築や鉄骨の家でも被害にあうことはあるため、どんな家でもシロアリ対策は必要です。この記事は、シロアリ対策の重要性と、対策方法について解説していきます。また、シロアリ対策を業者に依頼する際に知っておくと役立つ情報もお伝えします。大切な家をシロアリから...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!