生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリ駆除の仕方を知って損はないが完璧には駆除しきれない?

投稿日:2019-11-11 更新日:2020-02-18

シロアリ駆除の仕方を知って損はないが完璧には駆除しきれない?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

シロアリ被害にあった、もしくは被害にあっているか確かめて駆除したいと思っている方は、シロアリ駆除の仕方を知って、はやめに対処したいですよね。

しかし、対処方法についてしっかりと理解していても、完璧に駆除するのは難しいです。シロアリを退治できたと思っていても、シロアリが少しでも残っていればまたすぐに巣をつくり、被害を広げていく危険性があるからです。

それでも自分で一度対処しておきたいという方は、応急処置としてできることはあります。当記事を参考にして早めの対処を心がけましょう。

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

自分で駆除すると拡大してしまう恐れがある

シロアリは簡単に駆除できる害虫ではありません。間違った方法で作業してしまうと、集団で生活していたシロアリが分散してしまい、被害箇所が拡大してしまう恐れがあります。

それでもまずは自分自分で退治したいという方は、メリットデメリットについて考えてみましょう。

自分でするメリットとは

自分でやるうえでのメリットは、3つあります。

1.料金が安い

業者に頼むよりも料金を安く抑えられます。市販でシロアリの駆除に使用できる薬剤は業者に依頼する費用と比べると安くなります。

2.自分の都合に合わせておこなえる

自分でシロアリ駆除をするため、業者と日時を合わせて休みをとったり、時間を作ったりする必要はありません。個人で時間の調節が可能です。

シロアリ駆除の仕方を知って損はないが完璧には駆除しきれない?

3.自分で確かめられる

どういった状態で、薬剤がどのくらい必要なのかを自分の目で確かめられます。シロアリ業者の中には高額な料金を請求する業者もいるようです。状況もわからないまま料金を支払う心配はありません。

退治するうえでのデメリットとは

自分でやるうえでデメリットは4つあります。

1.シロアリ駆除をしているつもりが、被害を広げている可能性がある

一番は専門知識を持っているわけではないため、シロアリ駆除をしているつもりでもただいなくなっただけで、また違う場所に巣をつくり、被害を広げている危険性が考えられます。専門の業者でも被害が大きいと一度だけでは駆除しきれないケースもあるようです。

2.巣の場所を特定できない

知識や経験が浅いため、巣を自力で見つけられないことがあります。決まった場所に巣をつくらず生息しているシロアリもいるため、作業によって被害を拡大させる危険性があります。

3.労力の消費が大きい

シロアリの駆除作業は閉鎖的な床下などの湿気が多い場所で作業をすることになります。慣れていない素人の方が作業しようとすると、かなりの労力を使用することになるでしょう。

4.自分で判断して作業する難しさ

シロアリは、ただいるところにスプレーをかければ退治できるというわけではありません。
土の中に薬剤を入れるものや、柱に塗り込むもの、侵入経路にまくものなど種類があります。なにを使って作業をするべきなのか自分で判断することが難しいことがあげられます。

シロアリ駆除の仕方

自分でシロアリ駆除をしたいと思っても何からおこなえばいいのか手順がわからないと思います。手順がわからないと、せっかく準備しても後回しになってしまい、被害がどんどん進行してしまうことも考えられます。どこに着目し、対処していくべきかを紹介していきましょう。

自分で退治するためにまずどこから点検するべき?

まずは、簡単にシロアリがいるかもしれない箇所を探すことが大事です。まずは木くずが窓枠やふすまのすみに落ちていないか確認しましょう。木くずが落ちているということはシロアリは木材を食べている、通った形跡があると考えられます。

次に、床がぶかぶかしていたり、壁や柱を叩いて空洞音が聞こえるかチェックしましょう。基礎や柱の部分をシロアリがいて、食べられている可能性が高いです。

また、雨漏りしている箇所がないかを調べましょう。湿気が多いところにシロアリは寄ってきます。すぐに雨漏りを修理して侵入を防ぎましょう。

最後に、床下を点検するときは、キッチンや浴室、トイレなどの水回りを確かめると生息している可能性が高いです。湿気が溜まらないように換気をしていても、水回りはどうしても湿気が溜まってしまいます。注意してみる必要があるでしょう。

退治するにあたって完璧な装備をする

自分でおこなう場合、退治をするために準備しておくべき道具があります。どのような格好服装といっても全身でしっかりと防備することが大切です。

作業するときの服
害虫を駆除するということは周りに虫や動物の死体、糞などが溜まっていることもあるため覚えておきましょう。汚れていい服装で破れたり、服がずれてしまうようなものではなく、全身のつながっている作業着のものが一番効果的だと思われます。体の動かしやすい服装を心がけましょう。

顔回りの防備
目には大きめのゴーグルをしましょう。急に羽アリが飛び立ったり、薬剤を使用するときに守ってくれます。目を広範囲に守ってくれるものだと、動いたときにずれる心配がないです。できるだけ密着の高いものにしましょう。

口は紙マスクではなく、密着度の高いプラスチック型のマスクをしましょう。作業をする場所はコンクリートの場合もあるかもしれませんが、大抵は土の上での作業になると思われます。砂ぼこりを吸い込まないように気をつけましょう。また、薬剤を吸い込んでしまい、気絶してしまう恐れもあります。必ず着用するようにしてください。

手の保護
手袋か軍手などをして直接触ることはやめましょう。素手で作業をすると、金具や木材で怪我をしてしまうことがあります。また、シロアリ以外にもノミダニが寄生したり、ムカデやゴキブリ、ヤスデに噛まれたり、刺されて被害にあう可能性も考えられます。手首の方まである手袋や、サイズの合った軍手をして被害にあわないようにしましょう。

シロアリ駆除の仕方を知って損はないが完璧には駆除しきれない?

ベイト工法と薬剤散布法の違いとは?

シロアリの駆除をする際に、ベイト工法と薬剤散布法2種類の方法が存在します。2つのやり方は特徴や効果も違います。まずはどのような方法があるのか知っておきましょう。また、それぞれのやり方でどのような効果があるのかも一緒にみていきたいと思います。

薬剤散布交について

一般的な方法として薬剤散布法があります。名前の通り、薬剤をまいてシロアリを退治する方法です。床下に入って基礎の部分に薬剤を専用の機材を使ってかけていきます。散布方法は「木部処理」・「土壌処理」・「上回り処理」と三つあります。

「木部処理」とは、家の基礎にある木材に薬剤をまくことです。木の外からかけるだけでなく、ドリルで穴をあけて木の中でも薬剤が浸透するようにします。

「土壌処理」とは、土から家に侵入することを防ぐための方法です。シロアリは土の中を移動して、家の中に入ってきます。その土自体に薬剤まいて出られなくすることで、被害を防ぎます。

「上回り処理」とは、床の上から薬剤を二重でまいておくことです。家の水回りは湿気がどうしても溜まってしまう場所です。床下から防ぐだけでは効果が薄いため、床の上からもまくことで侵入をとどめ、駆除できます。

「上回り処理」とは、木部処理で床下を施工するだけでは対策しきれない場所に床上から薬剤を散布して防ぐ方法です。例えば、玄関や浴室のように床下に入れず塞がれた建て方の場合、床に穴を空けて上から薬剤を入れて予防します。確認ししきれなかった場所を床上から施工することで、侵入を防ぐことが目的です。

シロアリ駆除の仕方を知って損はないが完璧には駆除しきれない?

ベイト工法について

ベイト工法は土の中で生息しているシロアリに対して、ステーションと呼ばれる機材を埋め込み土に薬剤を埋め込んで駆除する方法です。薬剤を直接散布することができない場所ではベイト工法のほう を使用することがあります。

しかし、すぐに影響がでるやり方ではなく、効果が完全に終わるまで一年くらいかかるものになります。シロアリの被害にあ う前の対策として おこなうことが多いでしょう。

まとめ

シロアリ駆除の仕方を知っていても、自分で完全に退治することはできません。シロアリの種類や生態の知識があっても、状況や場所に応じて対応が異なります。被害の大きさによっては専門の業者でも完全に退治することは難しいケースもあるようです。

また、業者に相談する前に自分の目で見ておきたい、見つけたら被害が大きくならないように作業をしたいと思いますよね。作業をする際は準備するものがあり、方法に種類があることを把握しておきましょう。

そして、専門の業者と違って知識や経験が浅いため、わかっていたとしても間違った判断をして作業してしまう可能性は十分にあります。一度専門の業者へ調査してもらうことをおすすめいたします。

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-18 14:55:10
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/175594/
害虫駆除
シロアリ被害にあった、もしくは被害にあっているか確かめて駆除したいと思っている方は、シロアリ駆除の仕方を知って、はやめに対処したいですよね。しかし、対処方法についてしっかりと理解していても、完璧に駆除するのは難しいです。シロアリを退治できたと思っていても、シロアリが少しでも残っていればまたすぐに巣をつくり、被害を広げていく危険性があるからです。それでも自分で一度対処しておきたいという方は、応急処置...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!