生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリ駆除が必要ない家は予防している!大切な家を守るための対策

投稿日:2019-11-11 更新日:2019-11-26

シロアリ駆除が必要ない家は予防している!大切な家を守るための対策

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

新築やシロアリに強い家はシロアリ駆除をする必要はないと感じている方もいるでしょう。しかし、シロアリの被害に遭わないとは言い切れません。家に長く安心して住むには、シロアリ対策が不可欠なのです。そのためには、定期的な予防をするとよいでしょう。また、シロアリの被害に遭ってしまったときは、早めの対処は必要です。

この記事では、シロアリの駆除や予防法についてご紹介します。自分で駆除・予防することもできますが、シロアリに関して知識や技術を持った業者に依頼したほうが安心です。業者依頼したときにかかる費用や業者の選び方についても一緒に紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

シロアリ駆除は必要ないと考えていても対策は必要!

購入したばかりの新築や「シロアリに強い家」といわれていれば、シロアリの被害に遭わないと感じてしまう方もいるでしょう。確かにシロアリの被害にあっていなければ、シロアリ駆除は必要ないかもしれません。しかし、安心してまったく対策をしないと将来シロアリ被害に悩まされてしまうおそれがあるのです。

駆除は必要ないと考えてしまう理由

「シロアリは木を食べる」というイメージから、鉄骨の家はシロアリを駆除する必要がないと考えてしまうかもしれません。また、「新築だからシロアリ被害はないだろう」と高を括っている方もいるでしょう。

しかし、いくら鉄骨や新築であってもシロアリの被害を受けることはあるのです。シロアリから家を守るためには、家のつくりや築年数に関係なく対策をしておくことが大切です。新築のうちからしっかり予防しておくことで、シロアリを防除する力が高まるでしょう。

シロアリ駆除が必要ない家は予防している!大切な家を守るための対策

シロアリ被害にあうとどうなる?

シロアリは家の柱などの建材を食害するため、シロアリの被害を受けると家の強度は低くなってしまいます。被害が大きくなると、大きな地震が来たときに損壊、最悪の場合倒壊してしまう危険性もあるのです。そのため、シロアリは早めに駆除し、再発しないように予防しておく必要があるといえるでしょう。

シロアリの生態・種類

シロアリはおもに湿った場所を好み、湿気を帯びた庭の腐った木材や床下などのジメジメした建材などに生息しています。木を食べる害虫として知られており、家を食害して家や家具をボロボロにしてしまうことでおそれられています。

シロアリにもさまざまな種類が存在していて、代表的なものとしてヤマトシロアリとイエシロアリが挙げられます。ヤマトシロアリは日本でもっとも被害が多いシロアリです。えさ場とともに住まいも移動させていきます。

巣には20,000~30,000匹ほどのシロアリが生息しています。食害スピードはそれほど早くありませんが、湿った場所を好んで食害するのでお風呂場などの被害が多いです。

イエシロアリは暖かい場所に生息していて、床下などに巣をつくりえさを調達しています。巣の中には約100万匹という大量の個体が存在するため、あっという間に食害されていきます。

また、ヤマトシロアリと異なり、乾燥した木材に水分を含ませ食害していくため家全体に大きな被害をもたらすのです。

どちらの種類も巣の中の個体数が多くなり狭くなってくると、羽アリとなり巣を飛び立ちます。羽アリが大量に発生している場合は、家にも多大な被害が及んでいるかもしれません。

まずは被害の確認から!シロアリの駆除方法

独断でシロアリの駆除は必要ないと決めつける前に、本当にシロアリの被害にあっていないか確認してみることが大切です。ポイントさえわかれば、自分でシロアリ被害の確認をすることも可能です。ここでは、シロアリ被害の確認の仕方と被害にあった場合の対処法について紹介していきます。

被害の確認方法

シロアリの被害にあっているかどうか以下の7つのポイントをチェックしてみましょう。もし当てはまる項目があれば、シロアリの被害を受けているかもしれません。

【シロアリの被害を受けているかも!?7つのチェックポイント】

・庭や家の周りで羽アリを見かけたことがある。
・お風呂場や洗面台の床などに同じ形の羽や糞がいくつも落ちている。
・柱や壁に小さな穴があき、たたくと空洞のように響く音がする。
・過去に雨漏りや水漏れ被害を受けたことがある。
・庭に腐ったガーデニング用の木材などが放置されている。
・家の基礎部分などに土が盛り上がったような道ができている。
・家を買ってから、もしくは建ててから5年以上シロアリ対策をおこなっていない。

駆除方法の種類・時期

シロアリの駆除方法として、おもにバリア工法とベイト工法の2つがおこなわれています。バリア工法とは、家の建材や土の部分に薬剤をまいて駆除する方法です。シロアリの被害を受けている部分やその周辺に薬剤を直接まくので、時期を問わずおこなうことができ、早い効果が期待できます。

ベイト工法とは、ベイト剤と呼ばれる毒えさを地中に設置してシロアリを駆除する方法です。シロアリが毒えさを巣に持ち帰って食べることで、そのシロアリや仲間も一緒に死滅させることができます。

薬剤を大量に散布することもないため、小さなお子様やペットがいる家庭でも安心しておこなえる工法です。ベイト工法は、シロアリがもっとも活動する4~7月にかけて設置すると効果的です。

業者に駆除を依頼する際の費用

シロアリの駆除を業者依頼した場合、工法によって費用は異なります。バリア工法の場合は1坪あたり6,000~10,000円ほど、ベイト工法の場合は1mにつき4,000~8,000円程になるようです。しかし、業者によるシロアリの駆除費用は、シロアリの種類や家の構造、被害状況などによっても大きく異なります。

正確な費用を知るには、業者に現地調査をおこなってもらい見積りを出してもらうとよいでしょう。生活110番では、無料で現地調査、見積りをおこなっています。見積り後のキャンセルも可能なので、気軽にご相談ください。

火災保険・税金についての豆知識

少しでも費用を安く抑えたいという方は、火災保険などの適用についても考えるかもしれません。しかし、残念ながらシロアリの駆除は火災保険の補償対象外となっているのです。火災保険によって保障されるのは、台風や洪水などの自然災害によるものに限られています。このシロアリによる被害は、自然災害という認識ではないのです。

シロアリ駆除は火災保険では保証されませんが、確定申告をおこなえば所得控除を受けることができます。所得税法では、害獣・害虫などによって損害を受けた場合、駆除費用の一部が控除されると定められているのです。

ただし、DIYでの駆除やシロアリ予防の費用は対象外になるので注意しましょう。確定申告の際には、領収書が必要になるので大切に保管しておいてください。

シロアリ駆除が必要ない家は予防している!大切な家を守るための対策

自分で駆除する場合の注意点

市販の商品をホームセンターなどで購入すれば、自分で駆除することができます。しかし、どんな薬剤でも効果があるとは限りません。シロアリの種類などに合わせた薬剤を使わなければ、十分な効果が得られないおそれがあるのです。

また、大量の薬剤を散布することで人体やペットに悪影響を及ぼすこともあります。さらにシロアリ駆除は床下などでおこなうことが多く、カビやゴキブリなどが蔓延した環境で作業をしなくてはなりません。自分でシロアリの駆除をする前は、このようなリスクを考えたうえで検討するようにしましょう。

5年ごとが目安!シロアリの予防方法

シロアリの予防は、5年ごとが目安とされています。なぜなら、シロアリの防除用薬剤の効果が約5年で切れてしまうといわれているからです。業者が使用するシロアリ防除の薬剤は人体や生態環境に影響を与えないように、光や水分などの影響を受けて年月ともになくなっていくようにつくられています。

そのため、シロアリ防除してから5年以上経ってしまっている家はシロアリ被害に遭ってしまうおそれがあるのです。そういった家は、5年ごとにしっかり予防対策をおこないましょう。

薬剤を使用する予防法

シロアリ予防をするには、家の周りや床下の建材、土などにまんべんなく予防用の薬剤を散布します。シロアリの予防の際に使う薬剤は、有機リン系のものを選んで使用します。反対に、駆除の際に使用する薬剤は、シロアリの駆除をしながら木材の強度を高めるネオニチノイドが配合されているものを使うことが多いようです。

日常でできる予防法

薬剤を散布するほかにも自分で日常的にできる予防法もあります。まずは、シロアリが住みやすい環境をつくらないことです。シロアリは湿気がある場所を好むので、家の段ボールや木材を放置しておくと寄ってきてしまいます。また、家の中の湿度が高いとシロアリの好む環境を作りだしてしまいます。

ダンボールや木材はきちんと片付け、室内は除湿するなど日常的に予防するように心がけましょう。もともと湿気のある床下も通気口周りを塞いでしまうことで、シロアリの温床になってしまいます。通気口付近には物を置かないようにしてください。

シロアリ駆除が必要ない家は予防している!大切な家を守るための対策

自分で対策する場合の注意点

自分で対策をする際は、いつ予防策をおこなったのか、薬剤の持続期間はどれくらいなのかをきちんと把握しておく必要があります。シロアリの被害にあわないためには、定期的に予防策をおこなっていかなくてはなりません。

「いつも間にか次の予防策の日にちが切れてしまっていた」「薬剤の効果が切れてしまっていた」となれば、せっかく予防しても意味がなくなってしまいます。予防した日付や使った薬剤、効果の有効期間などは忘れないように紙に記入してきましょう。日頃目につくカレンダーやスケジュール帳などに、次の予防をおこなう日を書いておくとより安心です。

業者に予防を依頼する際の費用

シロアリの業者に予防策を依頼した場合、薬剤をまくバリア工法はおよそ1坪あたり6,000円、毒えさを利用したベイト工法は1坪あたり10,000~16,000円が費用相場となっています。

この費用はあくまで目安であり、使用する薬剤や土地の広さ、ベイト剤をいくつ使用するかによって費用は大きく異なります。正確な予防費用は、駆除の際と同様に見積りを取ることをおすすめします。

シロアリ駆除・予防を依頼する業者の選びかた

シロアリ駆除や予防をおこなってくれる業者は、インターネットなどで探すにしてもたくさんの業者が出てくるでしょう。ひとつずつ見ていってもいまいちどこがよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そんなときは、シロアリ駆除・予防業者の選び方のポイントを知っておくだけで、ずいぶん探しやすくなるはずです。優良なシロアリ駆除の業者を選ぶポイントを紹介していきますね。

ポイント1:料金や作業内容がわかりやすい

業者選びのポイントとして、駆除や予防にかかる料金やどんな作業をおこなうのかが明確になっていることが重要です。料金が不明確であると、いくらかかるのか支払いまで不安な気持ちを抱えたままになってしまいますよね。

また、業者による作業は素人にとってはわかりづらいものもあるかもしれません。大切な家に関わる作業であるため、しっかり内容を確認してから駆除や予防をおこないたいものです。

優良なシロアリ駆除業者は、依頼者にわかりやすく作業内容を説明し、料金もしっかり提示してくれるはずです。わからない点があれば、きちんと確認するようにしましょう。

シロアリ駆除が必要ない家は予防している!大切な家を守るための対策

ポイント2:アフターフォローがしっかりしている

もうひとつの業者選びのポイントは、アフターフォローがしっかりしているということです。シロアリを業者に駆除してもらっても、残念ながら再発してしまうということもあります。アフターフォローがないと、再度費用をかけて駆除しなければなりません。そのようなことがないように、優良な業者はアフターフォローを徹底しています。

ポイント3:日本しろあり対策協会に加入している

最後の業者選びのポイントは、日本しろあり対策協会に加入していることです。日本しろあり対策協会とは、安全な方法で適正にシロアリ駆除をおこなっている業者だけが加入できる協会です。そのため、日本しろあり対策協会に加入しているということは、優良な業者であるという証拠でもあるのです。

また、日本しろあり対策協会は安全性の高い薬剤の使用を推奨しているため、小さなお子様やペットがいる家庭でも安心ですよね。

まとめ

新築や鉄骨構造、シロアリに強い家であればシロアリ駆除は必要ないと考える方が多いかもしれません。しかし、どんな家でもシロアリの被害にあわないという確証はないのです。まずはシロアリの被害を受けないように、5年を目安として定期的に予防をおこないましょう。

もし、シロアリ被害にあってしまったら、早めの駆除が大切です。自分での駆除は薬剤などが人体に影響を与えるおそれがあるため、業者に依頼して駆除してもらいましょう。

業者に依頼すれば、安全性の高い薬剤を使って徹底的にシロアリを駆除してくれるでしょう。業者による駆除にかかった費用は、確定申告をおこなえば所得控除を受けることができるので検討してみてくださいね。

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-26 14:39:36
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/175500/
害虫駆除
新築やシロアリに強い家はシロアリ駆除をする必要はないと感じている方もいるでしょう。しかし、シロアリの被害に遭わないとは言い切れません。家に長く安心して住むには、シロアリ対策が不可欠なのです。そのためには、定期的な予防をするとよいでしょう。また、シロアリの被害に遭ってしまったときは、早めの対処は必要です。この記事では、シロアリの駆除や予防法についてご紹介します。自分で駆除・予防することもできますが、...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!