生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

新築のシロアリ保証、対策について|知っておかないと損をする!

投稿日:2019-11-07 更新日:2019-11-07

新築のシロアリ保証、対策について|知っておかないと損をする!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC

新築で家を建てるとき、考えることはたくさんあります。防犯性や耐震性を高めて、なるべく安全な家を建てたいですよね。では、シロアリ対策についてはお考えでしょうか?対策方法や保証の内容について把握していますか?実は、シロアリ対策で肝となるのは、家を建てるときなのです。

この記事では、これから家を建てるみなさんに覚えておいてほしい、新築時のシロアリ保証、対策の内容についてわかりやすく説明します。また、保証期間が切れたときに再予防をするべき理由も解説します。

シロアリ対策について迷われている方はこの記事を読み、一度業者に連絡してみることをオススメします!

シロアリ対策は最初が肝心!どんな家にも必要です

「鉄骨住宅はシロアリの被害に遭わない、それ本当?」

答えはノーです。シロアリ被害がある家=古い木造住宅というイメージがある方も多いことでしょう。確かに、シロアリは古い木材を好むため、木造住宅がとくに狙われやすい傾向にあります。

しかし、鉄骨住宅にも木材は多く使われています。シロアリは乾燥や光を嫌うため、土の中から蟻道(ぎどう)という土の通り道を伸ばしてその中を移動します。基礎の構造が鉄骨であっても、シロアリは蟻道を伸ばし、木材部分まで到達してしまうかもしれないのです。

つまり、家のどこかに木材が使われている以上、シロアリ被害が絶対にないとは言い切れないのです。

シロアリはベタ基礎でも侵入します

ベタ基礎とは、床下全体をコンクリートで覆ってしまう住宅基礎のことです。逆T字型の布基礎にくらべてコンクリートの面積が大きいため、シロアリに強いとされています。

しかし、油断はできません。ベタ基礎はまず、床下をコンクリートで覆い、そのあとに立ち上がりのコンクリートを打つという構造になっています。そこにわずかな隙間が生じるのですが、シロアリはそこから侵入することができるのです。

新築のシロアリ保証、対策について|知っておかないと損をする!

新築時のシロアリ対策、どんな方法がある?

どんな住宅であっても、シロアリ対策は必要だとおわかりいただけたでしょうか。ただ、具体的にどのような対策をすればいいのか、知らない方も多いでしょう。新築時におこなうシロアリ対策には、主に以下の2種類があります。

・土壌処理……シロアリが通過する可能性の高い、建物の基礎の周りなどに薬剤を散布しておく方法です。
・木部処理……木材の表面に薬剤を吹き付ける、もしくは穴をあけて注入する方法です。一般的に、地面から1メートルまでの木材におこないます。

自分の家にどのようなシロアリ対策が施されるのか、ご不安な方はハウスメーカーに確認してみましょう。また、家の構造自体にも、シロアリ対策の秘訣がありますので紹介します。

・シロアリが巣をつくりやすい床下を点検しやすいつくりにする。
・基礎断熱工法はなるべく使用しない。(断熱材を侵入経路にされてしまうため。)
・シロアリが好まない材木選び(チーク、ヒノキ、ヒバなど)

ここで紹介した方法は、新築のときにしかできません。家を長持ちさせるためにも、しっかりと備えましょう!

シロアリ予防の相場

気になるのは、やはりシロアリの予防にかかる料金ですよね。

一般的に、シロアリの予防にかかる費用の相場は1坪3,000円~8,000円程度とされています。もちろん料金に含まれる内容などに差はありますので、詳しく知りたい方は業者に見積りをとってもらいましょう。

5年経ったら、再予防が必要です!

シロアリ予防は、5年ごとにする必要があると聞いたことはありませんか?

新築時にシロアリ予防をすることが重要だとお話ししましたが、実はその予防の効き目は5年程度とされています。健康面や環境面に配慮し、自然に分解されていく薬剤を使っているからです。そのため、シロアリ予防の保証期間は5年としているところが多いのです。

保証の内容

多くの業者が、シロアリ予防の保証期間を5年としていると紹介しました。その保証は、5年以内にシロアリが発生した場合、駆除や被害場所の修繕を無償、もしくは割安でおこなってくれるという内容のものが多いです。補償金額など細かい部分は業者によっても変わりますので、しっかりと確認する必要があります。

また、自己判断でシロアリ対策の薬剤を使用したり家の増改築をおこなったりすると、保証の適用外になってしまう場合があります。その点も事前に確認しておきましょう。

新築のシロアリ保証、対策について|知っておかないと損をする!

保証期間を過ぎたときは

5年の保証期間を過ぎたときには、再度予防をしましょう。5年しか経っていないからまだ大丈夫と思われがちなのですが、予防をしたほうがいい理由があるのです。

シロアリは、予防のほうが割安で済みます。もしシロアリに家を侵されてしまった場合、駆除の費用とあわせて、家の修繕費用も発生するからです。

早いうちに駆除できれば家の修繕も小規模で済みますが、シロアリによる被害はなかなか気づきにくいものです。普段は見えないところで生息するため、異変に気づいたときにはもう手遅れ……ということもあり得ます。

予防をしておくことで、長期的に見て出費を抑えられるかもしれません。一度検討してみてはいかがでしょう。

今日からできる!自分でおこなうシロアリ対策

新築時におこなうべきシロアリ対策や予防について解説してきましたが、やはり日頃からシロアリを寄せ付けない環境をつくっておくことも重要です。ここから、自分でできる簡単なシロアリ対策について紹介します。

木材を放置しない

シロアリがエサとする木材を、自宅周囲に置かないでください。とくに腐っていたり、水分を含んでいたりすると危険です。木材だけではなく、段ボールなどの紙類も放置しないほうがいいでしょう。

新築のシロアリ保証、対策について|知っておかないと損をする!

湿度が高い場所は換気し、清潔に

湿度の高い床下、水回りなどはこまめに換気するなど、湿気をため込まないようにしましょう。自宅の敷地内で日当たりが悪い場所は、とくに注意です。常に清潔にしておいてください。

まとめ

この記事では、新築時のシロアリ保証や対策内容について解説しました。新築時にはしっかりとシロアリ対策をし、保証期間の5年を過ぎたら再度予防をすることが重要です。

この記事を読み、「我が家のシロアリ対策は大丈夫だろうか?」と不安になった方は、ぜひシロアリ業者に連絡してみてください。
生活110番では、予防も駆除も無料見積り対応しています。お気軽にお電話ください!

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 80,000円(税抜)~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-07 16:13:16
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/175093/
害虫駆除
新築で家を建てるとき、考えることはたくさんあります。防犯性や耐震性を高めて、なるべく安全な家を建てたいですよね。では、シロアリ対策についてはお考えでしょうか?対策方法や保証の内容について把握していますか?実は、シロアリ対策で肝となるのは、家を建てるときなのです。この記事では、これから家を建てるみなさんに覚えておいてほしい、新築時のシロアリ保証、対策の内容についてわかりやすく説明します。また、保証期...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!