生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

蟻道はシロアリがいるサイン?見つけたらシロアリがいるか確認しよう

投稿日:2017-10-30 更新日:2019-03-26

蟻道はシロアリがいるサイン?見つけたらシロアリがいるか確認しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

暗く湿った場所を好み、主に床下を棲み処とするシロアリ。私たちの見えない場所から侵入して木材を食害するため、「いつの間にか木材がシロアリに食われていた」なんて事態が起こるのも珍しくはありません。

そんなシロアリを発見するには、「蟻道」の存在を確認するのが手っ取り早いとされています。床下や家の周囲を観察してみて、もし家のどこかに謎の線が伸びている場合は、シロアリがあなたの家に被害を与えている可能性が高いでしょう。

今回のコラムでは、シロアリの通り道となる蟻道について解説していきます。シロアリに大事な家屋の柱を食べられてしまう前に、その特徴を知っておきましょう。

シロアリ駆除・予防のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除・予防についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

シロアリとクロアリの蟻道の違い

蟻道(ぎどう)」とは、読んで字のごとく蟻の道のことを指しています。シロアリは光や風を苦手としているため、外気に触れるのを嫌っています。彼らは光や風を浴びずに地表を移動するために、トンネル状の蟻道を作ってその中を移動しているのです。

蟻道の違い

蟻道はシロアリだけが作るものではなく、よく似た外見のクロアリも蟻道を形成することがあります。しかしながら、両者の蟻道には耐久性などに違いが見られます。具体的にどういった違いがあるのかを見ていきましょう。
 

シロアリの蟻道

シロアリの蟻道は、木材のカスや土にシロアリの排泄物などを練り込んだ「蟻土」というものによって作られます。しっかりした造りをしているため、クロアリの蟻道に比べて硬めです。指で軽く触ってみるだけでも、その違いがわかるでしょう。

また、イエシロアリは水をため込む器官をもっており、蟻道を湿らせることができます。そのため、水分がない乾燥した場所であっても移動が可能になっているのです。「床下が乾燥していればシロアリは来なくなる」という噂がありますが、実際は乾燥具合に関係なくシロアリは行動できます。
 

クロアリの蟻道

クロアリの蟻道は、主に木くずなどによって作られます。触るとすぐに崩れてしまうほど柔らかいのが特徴です。野外に形成されることが多く、建物の周囲や庭において、砂糖やお菓子、虫の死骸などの糖質に群がる形で列が作られていきます。途切れのないシロアリの蟻道と比べると、ボロボロになっているものがほとんどです。

クロアリで蟻道を作るのは、主に「トビイロケアリ」という種類です。このクロアリは光や風に弱いといったシロアリと似たような性質をもっており、シロアリと勘違いされることもあるそうです。

シロアリとクロアリの蟻道の違い

クロアリとシロアリが異なるのは見た目だけ?

シロアリとクロアリは、共に「働きアリ」「兵隊アリ」などの階層を作っている社会性昆虫といわれます。しかし、シロアリはゴキブリの仲間で、クロアリはハチの仲間に分類されており、見た目が似ているだけで生物学的なつながりはないのです。

さらに、シロアリにとってクロアリは仲間どころか天敵です。シロアリはセルロースという木材に豊富に含まれている成分を主食としている一方、クロアリはほかの虫を食べる肉食となっています。彼らにとってシロアリは、弱くて数も多いうえに栄養価まで高いという絶好の食糧なのです。

蟻道とは?

シロアリとクロアリの蟻道の違い

シロアリは家屋に侵入する際に、必ず蟻道を作ります。そのため、蟻道の存在がシロアリを探すうえで非常に重要な要素となるのです。床下や家の周囲に蟻道を見つけたら、シロアリ被害を疑うべきでしょう。

コンクリートをかじることも……

シロアリはなんでも食べるというわけではありませんが、なんでもかじってしまう習性があります。ですので、コンクリートを少しずつかじっていって穴を開けるのも理論上は可能でしょう。しかし、シロアリがそこまでコンクリートの破壊に執着する確率は非常に低いです。

シロアリがコンクリートを食べないと知り、「コンクリートの床下なら被害に遭わない」と安心している方もいらっしゃるかもしれません。ですが油断しないでください。シロアリはコンクリートにできたわずかな隙間から床下に忍び込み、蟻道を作って木部に侵入することがあるのです。

たとえば、コンクリート土間を採用している家屋の場合、時間経過によってコンクリートが収縮し、基礎部分の間にわずかな隙間が発生します。シロアリはそのわずかな隙間から蟻道を作っていき、木部への侵入を試みるのです。

蟻道は空中に向かって作られることも

通常、シロアリの蟻道は壁や柱に這うように作られます。ですが時折、なんの支えもなしに天井へ向けてまっすぐ伸びていく「空中蟻道」というものを床下で作ることがあるのです。下から蟻道を積み上げていくため、1本の柱ができているように見えます。

先ほども触れたように、シロアリは目が見えません。ですので、もし移動の途中で背の低い廃材などにぶつかると、そこを壁だと勘違いしてしまいます。何も知らないシロアリはそこに蟻道を作ろうとするため、その結果空中蟻道の作成が始まるのです。

しかし、空中蟻道は壁や柱などの支えが存在しないので、重さに耐えかねて途中でつぶれてしまうといったケースも少なくありません。しかし、極まれに目的の場所まで蟻道が届き、一本の柱のようになっていることもあるそうです。

シロアリとクロアリの蟻道の違い
commons.wikimedia.org

蟻道を見つけたらシロアリがいるか確認しよう

蟻道を見つけたら、そこにシロアリが生息しているかどうかを確認しなければなりません。蟻道をマイナスドライバーのような細長い棒状のもので少しだけ破壊してみましょう。シロアリが生息している場合は、そこから兵蟻が顔を出すはずです。見つかるとすぐに逃げてしまうため、できるだけ衝撃を与えないようにしましょう。

蟻道は崩さないように!

蟻道を発見すると、思わず壊してしまいたくなる気持ちはわかります。内部に何匹ものシロアリがいるかもしれないと考えると、ぞっとするもの無理はありません。ですが、だからといって蟻道をすべて壊さないようにしましょう。

もし蟻道がすべてなくなってしまうと、業者がシロアリの生息や被害範囲を判断できなくなってしまいます。そもそも、蟻道を壊した程度ではシロアリの活動を止めることは不可能です。なので、確認として蟻道を壊すときは一部分だけに留めておくようにしてください。

蟻道に似ている巣を作る虫も

では、細長い土の塊がすべて蟻道かといわれると、決してそうではありません。中には、アリとは別の虫が蟻道に似たものを作ることがあるのです。その虫というのが、シロアリ同様地中で生活する「ジグモ」と呼ばれるクモになります。

ジグモは一般的なクモとは異なり、地中から細長い袋状の巣を伸ばします。ジグモは自分の巣に近づいた虫を捕らえて捕食するのですが、その巣を蟻道と勘違いするケースもあるのです。

ジグモの巣は柔らかいうえ、よく見るとクモの糸のような白っぽい部分があるのを確認できます。巣の上部をつついてみるとジグモが出てくるので、もし判断に迷ったらジグモが現れるかどうか試してみるのがよいでしょう。ジグモは人間には無害なので、巣から出しても被害はありません。

蟻道を見かけたら業者に駆除を依頼しよう

木部までつながった蟻道ができている場合、すでに家屋の柱の奥や軒下を棲み処にしていることも多いです。そのため、蟻道を見つけた際には決して放置せず、一刻も早く業者に依頼して駆除してもらいましょう。

自分で何とかしたいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、おすすめはできません。もしシロアリの巣を駆除しようと巣に殺虫剤を撒けば、シロアリは家の各地へ逃げ出してしまいかねません。そうなってしまうと、シロアリ駆除はより困難になってしまうのです。

まとめ

蟻道はシロアリのいる証拠です。「まさか家にシロアリが住みつくなんて……」と思われるかもしれませんが、アリは小さな隙間も見逃しません。特に、浴室や配管からの水漏れによって木材が湿っている状態だと被害を受けやすくなるそうです。

たとえ床下をコンクリートにしたとしても、シロアリはわずかな隙間から侵入し、家屋に被害を出すでしょう。どんな家でもシロアリ被害に遭う可能性は十分にあるので、業者によるシロアリ予防は決して怠らないようにしてください。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

シロアリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「シロアリ駆除」をご覧ください。
(この記事は2019年2月7日に加筆・修正しています)

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-03-26 11:26:47
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/15249/
害虫駆除
暗く湿った場所を好み、主に床下を棲み処とするシロアリ。私たちの見えない場所から侵入して木材を食害するため、「いつの間にか木材がシロアリに食われていた」なんて事態が起こるのも珍しくはありません。そんなシロアリを発見するには、「蟻道」の存在を確認するのが手っ取り早いとされています。床下や家の周囲を観察してみて、もし家のどこかに謎の線が伸びている場合は、シロアリがあなたの家に被害を与えている可能性が高い...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!