生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

これってシロアリ!? 羽が落ちていたときのクロアリとの見分け方

投稿日:2019-02-26 更新日:2019-03-01

これってシロアリ!?-羽が落ちていたら家に住み着いているサイン

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

大切な住まいに危機をもたらす怖い存在、「シロアリ」。そのシロアリの存在を気付かせてくれるのがシロアリの羽の発見です。家の中で透明な虫の羽を発見したら、それはシロアリの羽が落ちているのかもしれません。

シロアリの危険から住まいを守るために、シロアリの存在の確認法やその対処など確認していきましょう。

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

羽が落ちている…それはシロアリかも!

「もしかしてこれはシロアリの羽が落ちている・・・?」「シロアリとクロアリ、どちらかが家にいるのかな」という場合には、それはシロアリの羽であると思ってもいいくらいだといわれています。

羽アリの姿を見ればシロアリとクロアリには明確な違いがあります。クロアリの羽アリはいわゆる「アリ」そのままの黒くくびれた体に、比較的大きな前羽とその半分くらいの後羽がついています。クロアリの触覚は折れ曲がった状態になっています。

羽が落ちている…それはシロアリかも!

シロアリは、乳白色の体に4枚の体よりも大きい羽がついています。胴体はいわゆる「ズン胴」でくびれがなく、つるっとした感じです。触覚はまっすぐでツブツブな感じです。

羽だけが落ちている場合には姿が見えないですし、どっちであるか迷うかもしれません。しかし、シロアリにはすみかを移動するために飛んだとき、基部近くの切離線から先の羽を落とすという性質があります。一方でクロアリは切離線がなく羽を落とすということがないので、羽が落ちている場合には、それはシロアリだといえるのです。

シロアリとクロアリは同じ「アリ」という名前がついていますが、実は全く違う虫で、シロアリはなんとゴキブリの仲間でゴキブリ目シロアリ科に属する昆虫です。アリという名前がついているのですがなんとゴキブリの仲間だったのですね。

ゴキブリの仲間と聞くと余計に「いまいましい」存在に感じてしまいますし、その繁殖力の強さを感じてしまいます。ますます恐ろしい虫に思えてきますね。

シロアリが家にいるかもしれないとなれば、早めに業者に連絡して、対処をすることが大切です。特に、次にご紹介するような症状があれば、すでにシロアリの被害が家に起きていることも考えられます。

業者に連絡したほうがよい!見極めチェックリスト

シロアリの羽が落ちているときは、シロアリが家に住み着き、住宅に被害が起きているかもしれません。こんな症状があれば、早めに業者に連絡したほうがよいでしょう。

・床がふわふわする
歩いているとフローリングの床板がふわりと沈み込むことがあります。これは床を支えている木材が食い荒らされているおそれがあります。
業者に連絡したほうがよい!見極めチェックリスト

・柱などを叩く音がおかしい
柱に使う木材は密度が高くしっかりとした木です、その柱を叩いてみて軽い音が聞こえてきたらそれはシロアリが潜んでいるサインかもしれません。コンコンと空洞のあるような音がしてきたらシロアリに食い荒らされていると疑ってもいいでしょう。

・建てつけが悪くなる
扉や窓、和室の襖(ふすま)や障子などがスムーズに動かなくなってきたら、それは木材の食い荒らしによる影響があるかもしれません。床の沈下などが起きているおそれもあります。

これらの状態が発生していたらシロアリの存在を疑うべきでしょう。特に柱などの異常を感じてしまうのはけっこう深刻な状態になっているかもしれません。

・蟻道がある
クロアリと違いシロアリは、「蟻道(ぎどう)」という通り道を自分の排泄物や土を使って作ります。土の中から建物の中へ、その蟻道を伝ってシロアリは移動しているのです。

蟻道は家の外回りの土台部分や、床下などに作られます。もし見つけたら壊さず、そのままにして業者へ連絡したほうがよいでしょう。

シロアリ調査は無料でできる場合が多い

シロアリの羽が落ちている、床がふわふわする、柱を叩くとすかすかな音がする、扉や引き戸の開閉が悪くなるなど、ご紹介したようなシロアリのサインと思われることが多くあれば、早めに業者へ依頼しましょう。

ほとんどのシロアリ駆除業者は無料でシロアリ調査をしてくれます。調査をすることで、シロアリが住んでいるのか、家がどの程度被害にあっているのかが分かりますし、状況に合わせた駆除方法も提案してくれるでしょう。

床下に入り自分で調査をすることもできますが、プロなら培ってきたノウハウや道具を駆使して、家の中や床下だけでなく、家のまわりにシロアリが住んでいるかどうかまでしっかりと調査してくれます。

シロアリは家の木材を食い荒らし、家の耐震性にも影響を及ぼします。何大切な家を守るためにも、シロアリが家にいるかもしれないと思ったら、何かが起きてしまうまえに早めにシロアリ調査を依頼して、駆除をしたほうがよいでしょう。

まとめ

シロアリの羽らしきものが落ちているようなことがあったら、シロアリの存在を疑ってもいいでしょう。クロアリの羽アリは、羽を落とすことはなく、羽を落とすのはシロアリです。「羽アリの羽が落ちている」ときは、「シロアリの羽が落ちている」ときです。

ご自身でチェックされるのも大事なことですが、見落としもあるかもしれませんし、床下の確認は難しいでしょう。もしも見落としてしまえば大切な家にダメージを与えてしまいます。

「あれ、シロアリが住みついているかも…。」と思ったら、早めに対処することが大切です。
まずは業者の無料シロアリ調査を依頼して、しっかり家のシロアリを駆除していきましょう。

シロアリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「シロアリ駆除」をご覧ください。

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:さくら
危険な目に合ったことがきっかけで、防犯について知識を深めることに。家庭菜園も趣味としており、害虫や害獣に対する知識も豊富。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-03-01 09:56:28
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/133564/
害虫駆除
大切な住まいに危機をもたらす怖い存在、「シロアリ」。そのシロアリの存在を気付かせてくれるのがシロアリの羽の発見です。家の中で透明な虫の羽を発見したら、それはシロアリの羽が落ちているのかもしれません。シロアリの危険から住まいを守るために、シロアリの存在の確認法やその対処など確認していきましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!