生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

シロアリ対策には羽アリ駆除が大切!似た種類のクロアリとの見分け方

投稿日:2019-02-26 更新日:2019-11-14

部屋に羽アリが!シロアリの発生時間帯はいつか確認して見分けよう

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

窓をしっかり閉めているのに、家の中で小さな虫がたくさん飛んでいると不安になりますよね。無害なものだとしても気持ちの良いものではありません。

虫の中でも家の中に住みつき、木材を食い荒らすシロアリは有名な害虫です。シロアリは床下などに潜んでいるイメージが強いですが、繁殖期には羽アリになって飛来するようになります。そのため家の中で飛んでいる虫を放置していたら、実はシロアリだったということもあるそうです。

シロアリが出る時間帯や羽アリとなって飛び回る季節には特徴があるようです。シロアリの羽アリが発生しやすい条件を知って、家の中にいる虫がシロアリかどうか判断したい方はぜひ参考にしてみてください。

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
お問い合わせ

利用規約プライバシーポリシーに同意の上送信する。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

シロアリが発生しやすい時間帯とは?

シロアリは木材などに巣を作り、家を食い荒らす害虫として知られています。日本だけでも、10種類以上のシロアリが存在するそうです。今回はその中でも代表的なヤマトシロアリとイエシロアリについて見ていきましょう。

シロアリは繁殖期になると羽化して、新しい巣を増やすために飛びはじめます。とくに春から梅雨ごろにかけて飛来するので、この時期の虫の大量発生はシロアリのおそれがあることを覚えておくとよいでしょう。

ヤマトシロアリが出る時間帯は、4月中旬ごろから5月ごろの午前中が多く、午後からはあまり飛ばないともいわれています。そのため、春先の晴れた日の午前中に小さな虫をたくさん見かけたら、ヤマトシロアリの巣が近くにあることを疑った方がよいかもしれません。

またイエシロアリは、6月から7月ごろの日没頃から夜間にかけて飛ぶことが多いです。ヤマトシロアリが明るい時間帯に群飛するのに対して、イエシロアリは辺りが暗くなってから羽アリが飛び回るのがポイントです。梅雨時の午後7時前後に大量発生している虫がいたら、イエシロアリの羽アリかもしれません。

羽アリが発生!シロアリの場合時間帯はどれくらいなのか

羽アリが発生しやすい条件とは?

先にも紹介したように、シロアリは4月から梅雨どきの繁殖する時期になると、羽アリとなって新たな巣の場所を探すために飛び始めます。その中でも、とくに発生しやすい条件を見ていきましょう。

条件1:天気

ヤマトシロアリの羽アリは、4月から5月の晴れた日や風が弱く、暖かく過ごしやすい日の午前中に発生しやすいそうです。また雨の翌日にからりと晴れた場合も、ヤマトシロアリの羽アリが出現する危険性が高まります。

反対に、イエシロアリはじめじめした気候を好みます。梅雨どきの晴れ間に気温と湿度が上昇したときは、イエシロアリの羽アリが出やすくなります。

ヤマトシロアリは乾燥している晴れた日に飛ぶことがほとんどですが、イエシロアリは多少雨が降っていても蒸し暑くなると飛ぶことがあるようです。いずれにしても、シロアリの羽アリが家の中に発生した場合は、家屋にシロアリの巣がある危険性が高いです。

条件2:蛍光灯などの光

羽アリは、光の方に向かって飛ぶ習性があります。イエシロアリが飛ぶ時間帯は夕方から夜になるため、部屋の電気が外に漏れていると羽アリが集まってきやすくなります。

羽アリは小さいため、窓をしっかり閉めていてもどこからか部屋の中へ入り込んでしまうこともあります。羽アリが集まってくるのを防ぐためには、遮光性のカーテンなどをしっかり閉めて、光が漏れるのを防ぐことも有効です。

もしものための羽アリ対策について

羽アリは大量に飛来するケースもあるので、突然現れると驚くのではないでしょうか。もし羽アリを見かけても、落ち着いて対処できるよう応急処置方法を紹介します。

目の前の羽アリ駆除は掃除機が有効

大量の羽アリが発生したら、まずは目の前の羽アリを殺虫スプレーで退治したくなりますよね。しかし、殺虫スプレーを使うのはおすすめできる方法ではありません。

なぜなら、殺虫スプレーから逃げ延びた羽アリが別の場所に移動して新たな巣を作るおそれがあるからです。さらに羽アリが出現したということは、近くにシロアリの巣がある危険性もあります。目の前の羽アリだけを退治しても、シロアリの被害を止めることはできません。

目の前の羽アリは、掃除機で吸い取ればすぐに死んでしまいます。羽アリは短期間に大量に発生するので、とにかく目に見える羽アリをどうにかしたいという場合には試してみてはいかがでしょうか。

部屋に羽アリが!シロアリの発生時間帯はいつか確認して見分けよう

羽アリの発生源を家の中に突き止めた場合は、羽アリが出てくる隙間にビニール袋をかけておく方法もあります。羽アリがあちこちに飛び回るのを防ぐには有効ですが、近くにシロアリの巣が成熟しているおそれがあるので、根本的な解決にはなりません。

もし羽アリを発見してしまったら、業者に依頼してシロアリがいないか確かめてもらうのもおすすめです。

羽アリの種類を見分ける

羽アリといえばすべてシロアリというわけではありません。シロアリ以外のアリも羽アリになるので、見分け方を覚えておくことをおすすめします。
詳しい情報はこちらの記事でもご確認いただけます。

羽アリがシロアリじゃないこともあるの?羽アリとシロアリの見分け方
「白アリ」をご存じない方はあまりいらっしゃらないかと思います。木を主食とする昆虫で、家屋の木材を食べてしまう害虫です。テレビのCMで見聞きす ... 続きを読む

見分け方1.羽アリが発生する時期

羽アリというとシロアリをイメージする人は多いかもしれません。ですが、よく地面を歩いているクロアリも羽アリになる時期があります。

アリが羽アリとなって飛んでいくのは、繫殖のタイミングです。シロアリとクロアリでは羽アリが発生する時期が違うので、どの羽アリか見分けるポイントとして覚えておくとよいでしょう。

先にも紹介したように、ヤマトシロアリは4~5月頃に羽アリが発生します。ヤマトシロアリは朝の時間帯に出る場合が多いようです。続いて、梅雨どきにはイエシロアリが羽アリになって飛び始めます。イエシロアリは夕方から夜に群飛します。

それに対して、クロアリの羽アリは6月頃から11月ごろに発生します。春から初夏にかけての羽アリには要注意ですが、夏以降に飛んでいる羽アリはクロアリの可能性が高いと考えられますね。

見分け方2.見た目の違い

シロアリとクロアリは見た目にも大きな違いがあります。見分けるポイントは「触覚」「胴体」「羽の大きさ」の3つです。シロアリはその名前から白い見た目をしていると思いがちですが、羽アリになると茶褐色や黒っぽい色になるので注意してください。

まず、シロアリの触覚は短めで、小さな粒が連なっているようにも見えます。しかし、クロアリの触覚はシロアリよりも長めで「く」の字に折れ曲がっています。

一番違いがわかりやすいのが胴体です。シロアリの胴体はくびれがない寸胴ですが、クロアリは体が3つの団子状に体がくびれています。また、名前の通りクロアリは真っ黒に近い色をしているものが多いですが、シロアリの場合は茶色っぽい場合もあるので、よく観察してみるとよいかと思います。

そして、羽の大きさですが、シロアリの場合は4枚の羽の大きさがほぼ均等です。羽が取れやすいという特徴もあるため、羽のないシロアリを見逃さないように気をつけましょう。室内に半透明の羽がたくさん落ちていた場合はシロアリが近くにいるおそれがあります。クロアリの場合は、前の羽が大きく、後ろの羽が小さいという特徴があります。

羽アリでも種類が違う!クロアリとは違うアリ

シロアリ対策には羽アリ駆除が大切

シロアリの出る時間帯や、見た目などから羽アリが害のあるものかどうかわかったら、適切な駆除をしていきましょう。

通常、羽アリは短期間に大量に発生するといわれ、2~3日中に発生がおさまることもあります。しかし、目の前の羽アリが見えなくなったからといって油断はできません。

羽アリの飛来距離はさほど遠くないため、自宅や近所にシロアリの巣が存在しているおそれがあるからです。もしも家の中にシロアリの巣がある場合、羽アリの発生が落ち着いた後も食害の被害は広がっていきます。

シロアリの羽アリを見つけたら、業者に依頼して早めに調査してもらうようにしましょう。繁殖期の羽アリが出てくるようなシロアリの巣は、かなり大きくなっている場合も少なくありません。大切な家が手遅れになってしまう前に、業者に駆除してもらうことが解決への近道ではないでしょうか。

まとめ

羽アリが部屋に出るとても驚くと思いますが、シロアリが出る時間帯や季節を知っておけば自分で見分けることもできます。

また、シロアリは普段は床下などの目につきにくい巣の中にいて、なかなか発見しにくい存在です。シロアリの羽アリが飛ぶタイミングは、シロアリを見つけるチャンスでもあります。

羽アリがシロアリだった場合は、早急に業者に調査を依頼して駆除してもらいましょう。害のある虫かどうかわからない場合も、万が一シロアリを見逃してしまっては被害が大きくなるばかりです。ぜひ、早目に業者に点検してもらうことをおすすめします。

(この記事は2019年11月14日に加筆・修正しています)

無料調査でシロアリ発見!
シロアリ駆除・予防 最短即日対応
※対応エリアや加盟店によって変わります
シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。
シロアリ駆除 平米 1,200円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-14 11:16:37
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/133545/
害虫駆除
窓をしっかり閉めているのに、家の中で小さな虫がたくさん飛んでいると不安になりますよね。無害なものだとしても気持ちの良いものではありません。虫の中でも家の中に住みつき、木材を食い荒らすシロアリは有名な害虫です。シロアリは床下などに潜んでいるイメージが強いですが、繁殖期には羽アリになって飛来するようになります。そのため家の中で飛んでいる虫を放置していたら、実はシロアリだったということもあるそうです。シ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!