生活110番辞典 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

【写真で特徴を確認】シロアリと羽アリの見分け方と対処方法!おすすめ業者もご紹介

2019-04-26

【写真で特徴を確認】シロアリと羽アリの見分け方と対処方法!おすすめ業者もご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「ご自宅内やその周りで、小さな虫がたくさん飛んでいる……」「よく見てみると羽アリっぽい!」そんなとき、多くの方が焦ってしまうでしょう。ただでさえシロアリを家の周りで見つけるとぞっとしてしまうのに、それに羽がついていたらびっくりしてしまうかもしれません。

しかし、その虫は本当にシロアリの羽アリでしょうか?シロアリと同じような大きさで、羽のある虫は、実際たくさんいます。さらに、シロアリではなく、クロアリの羽アリである可能性もあるのです。

もし家の周りに飛んでいるその虫が、シロアリの羽アリであったら、早急に対処しなければなりません。そのためには、シロアリの羽アリを見分ける方法を知っておく必要があります。

そこで、今回はシロアリの羽アリなのか見極める方法をお伝えします。もし、間違いなくシロアリの羽アリであれば、すぐに対処するように心がけましょう。

【写真で確認】シロアリの羽アリの見分け方

木材を食べることで、大きな被害をもたらすのがシロアリです。シロアリ=白色と考えている方もいるかと思いますが、なかには黒色の種類もいます。羽アリのなかにも、シロアリとクロアリがいるなど、シロアリをパッと見分けるのは難しいものです。

そこで当記事では、シロアリの見分け方を詳しく解説しています。写真をもとにシロアリの特徴を解説していますので、一目で簡単に見分けられる内容です。シロアリの見分け方から、対処法までを解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

シロアリの羽アリを見分けるうえで、もっとも有効な手段が写真での比較です。視覚的に特徴をつかむことで、家にいるアリがシロアリの羽アリか否かを簡単に判別できます。写真をもとに、シロアリの羽アリを確認していきましょう。

【写真で特徴を確認】シロアリと羽アリの見分け方と対処方法!おすすめ業者もご紹介

シロアリの羽アリを見分ける際、注目すべきポイントは「羽」「胴体」「触覚」の3つです。「羽」「胴体」「触覚」の形は、シロアリの羽アリとクロアリの羽アリで大きく異なります。シロアリの羽アリは、「羽」の大きさが同じです。身体に対して羽が大きいこともシロアリの羽アリの特徴でしょう。

クロアリの羽アリは、後羽より前羽が大きくなっています。羽の大きさが4枚とも同じ場合、シロアリの羽アリの可能性が高いでしょう。シロアリの羽アリの「胴体」は、ずんどうでくびれがないのが特徴です。クロアリの羽アリは、胴体に強いくびれが確認できます。胴体がずんどうで棒状かどうかも、必ず確認したい項目です。

「触覚」が数珠状になっていることも、シロアリの羽アリならではです。クロアリの羽アリは、触覚が一本の線に見え、少し「く」の字型に曲がっています。触覚が数珠状になっているか否かも、ぜひチェックしてみてください。

関連記事『シロアリの種類と見分け方!同じシロアリでも役割にはこんな違いが!

シロアリの羽アリなのか見分ける方法その①:見た目

シロアリの羽アリを見分ける方法はいくつかありますが、そのひとつが「見た目」です。シロアリの羽アリの見た目では「羽の形」「触覚」「くびれ」「色」「サイズ」の5つに着目すると見分けることができます。それぞれ確認していきましょう。

見分け方の特徴:羽の形、触覚、くびれ

羽の形、触覚、くびれはシロアリの羽アリなのか、それともクロアリの羽アリなのかを見分けるための有効な判断材料になります。「アリのような虫が飛んでいる」からといって、必ずしもそれがシロアリであるとは限りません。

以下は羽の形、触覚、くびれで見分けるためのポイントです。

・羽……シロアリの羽アリは4枚の羽がすべてほぼ同じ大きさだが、クロアリの羽アリは前の羽が大きく、後ろの羽は小さい

・羽脈……シロアリの羽アリは細かく薄い羽脈だが、クロアリの羽アリは太い羽脈で少ない

・胴体……シロアリの羽アリはくびれがないが、クロアリの羽アリは普段公園などでよく見るアリのようにくびれがある

・触覚……シロアリの羽アリはよく見ると数珠状になっている、クロアリの羽アリは曲がっている

このように、よく見ると大きく違い、見分けることができます。クロアリの羽アリは、その名のとおり胴体が黒いため、見極めやすいともいえます。

名前は似ていても、シロアリとクロアリの生態はまったく異なります。シロアリにとってクロアリは天敵であり、シロアリはクロアリに捕食されてしまうのです。まったく無害なクロアリと、自宅老朽化の被害も避けられないシロアリは、見分けられるようにしたいですよね。

見分け方の特徴:色

シロアリの羽アリは、背中の一部と足先が黄色になっています。クロアリの羽アリは、体から足先まで全体的に黒く、褐色が基本です。ただし、シロアリの羽アリのなかには、体全体が黄色みをおびた褐色の種もいます。そのため、色は参考程度に留めておきましょう。

見分け方の特徴:サイズ

シロアリの羽アリの大きさが約4.5〜9mmなのに対し、クロアリの羽アリの大きさは約7〜12mmです。大きさに関しては、シロアリとクロアリに大きな違いはありません。サイズではなく「羽」「触覚」「くびれ」の特徴でシロアリの羽アリを見分けるのが賢明です。

シロアリの羽アリなのか見分ける方法その②:発生した時期

シロアリの羽アリなのか見分ける方法として、発生した時期が挙げられます。日本で発生するシロアリの羽アリの多くは、ヤマトシロアリという種類であるといわれています。ヤマトシロアリは、一般的に4月から5月、ゴールデンウィーク前後にかけて群飛します。

一方、そのほかのアリの羽アリは、春先から秋が終わるころまで群飛することもあります。種類によってさまざまですが、群飛を見たのが4月から5月でなければ、シロアリの羽アリである可能性は低いといえるでしょう。

羽アリを見た時期がゴールデンウィーク周辺である場合は、シロアリの羽アリを疑う必要があります。シロアリの羽アリが活動する時期を知っているだけで、虫をよく観察しなくともおおよその判断になります。

シロアリの羽アリなのか見分ける方法その③:家の中の状況

シロアリの羽アリなのか見分ける方法として、家の中の状況で考えるのもひとつの手です。人目につきにくい場所を好むシロアリは、羽アリであっても同様で似たような場所に生息しています。

そのため、家の中でシロアリの羽アリを頻繁に見るようになったら、それはかなりの数のシロアリが住み着いている証拠です。また、シロアリの羽アリは蟻道を作ります。一方で、クロアリの羽アリは蟻道を作りません。自宅の外壁などに蟻道を見つけたら、シロアリの羽アリの存在を疑いましょう。

また、浴室や洗面所など湿気が発生しやすい場所付近に、クロアリの羽アリが大量に発見された場合も要注意です。クロアリが多く発生しているということは、同時にクロアリのえさであるシロアリが発生しているケースも多くあるからです。

シロアリの羽アリの見分け方を知っておくだけで、いざそれらしき虫を発見した際に迅速に判断することができます。シロアリは、できるだけ早く対処するに越したことはありません。発見したら、まず落ち着いて本当にシロアリの羽アリなのか見分けてみましょう。

シロアリと羽アリの生息分布

適切な対策を施すために知っておきたいのが、シロアリと羽アリの生息分布です。シロアリとクロアリでは生息分布が異なることはもちろん、シロアリとシロアリの羽アリでも異なる場合があります。生息分布を把握しておくことで、アリの種類を見分けることが可能です。事前に予防策をうつこともできるでしょう。

ここでは、シロアリと羽アリの生息分布を解説していきます。シロアリの生息分布、羽アリの生息分布、それぞれに目を通してみてください。

シロアリの生息分布

シロアリには、「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」の2種類がいます。ヤマトシロアリは日本全国に生息しており、イエシロアリは西日本を中心に生息しているのが特徴です。シロアリは、比較的温かく湿度が高い場所を好みます。また、陽があたらず、風通しが悪い場所もシロアリに適した環境です。

「温暖」「湿気が多い」「日当たりが悪い」「風通しが悪い」という条件に加えて、木材を食事とすることもあり、シロアリは床下に多く生息します。湿気が多い、台所・浴室・洗面所・トイレの水回りもシロアリが多く生息している場所です。とくに日があたらない北側で多く確認されます。

羽アリの生息分布

羽アリは、「クロアリ」「シロアリ」の2種類に大別できます。土台や柱を食い荒らし、家に危害を加えるのは、シロアリの羽アリです。シロアリの羽アリの生息分布は、基本的に一般的なシロアリと変わりません。屋内では、温暖多湿で日当たりや風通しが悪い場所が生息地です。しかし、ときおりシロアリの羽アリは巣から飛び立つことがあります。

そのため、屋外や屋内の人目につく場所で目にする機会もゼロではありません。

クロアリの羽アリは、日本全国に生息しており、庭先など人目につく場所でも確認できるのが特徴です。クロアリの羽アリは、木材を食べることもありません。羽がついたアリを見つけた場合は、まず「シロアリ」か「クロアリ」かを正確に見極めることが大切です。

羽アリがシロアリだった場合、近くにシロアリの巣があるかもしれません。シロアリ被害は目に見えない場所で進行しているケースも多いので、業者に調べてもらうなど適切な対応をとりましょう。

関連記事『イエシロアリの羽アリ発生は危険サイン?見分け方や発生原因について

もしシロアリの羽アリだったときの対処方法について

見分けてみた結果、どうやらシロアリの羽アリっぽいと判断した場合、どう対処すればよいのでしょうか。

発生した羽アリを自分で駆除する方法

発生した羽アリを自分で駆除する方法です。自分で駆除する方法は、あくまでも一時的な対処にすぎません。「目の前にたくさんシロアリの羽アリが飛んでいるのが嫌だ」「とりあえず一時的でもよいから対処したい」という方におすすめします。

一時的に自分で駆除し、仮に目の前に現れなくなったとしても安心してはいけません。羽アリを自分で駆除する場合、基本的には目の前に現れたものしか駆除できません。巣には、まだまだたくさんのシロアリの羽アリが生息しているでしょう。自力で全滅させることは、極めて困難なのです。

もっとも有効な方法として挙げられるのが、掃除機で吸い取る方法です。シロアリの羽アリは衝撃に弱い生き物ですので、掃除機で吸い取る時の風圧で死んでしまいます。掃除機のフィルターから出てくる心配もありません。

殺虫剤をかけるには注意が必要です。特に、巣穴らしき場所を見つけて、それに向かって殺虫剤をかけることは、かえってマイナスになります。シロアリの羽アリが危険を察知して、それまで行動していたのと異なる方向に侵食していきます。殺虫のためにかけた薬剤が、かえって被害を拡大してしまう可能性があります。焦って殺虫剤をかけてしまいがちですが、極力控えるようにしてください。

早めにシロアリ調査の依頼をしよう

シロアリの羽アリは、自分では完全に駆除することはできないからこそ、発見次第すぐに業者に連絡し、シロアリ調査の依頼をすることをおすすめします。シロアリは放っておくと、どんどんと住宅の木材をむしばんでいきます。耐震性に影響を及ぼすまえに、プロの手に任せて駆除してもらいましょう。

実際、大地震が起きた際に倒壊した家屋の多くが、シロアリに土台の木材をむしばまれていたという調査があります。シロアリ駆除は、大地震発生時に自分たちの命にも関わることなのです。シロアリの羽アリの駆除には、早急な判断と早急な対応が必要なのです。

番外編:もしクロアリの羽アリだった場合の対処方法

もし見分けてみてクロアリの羽アリであった場合、クロアリの羽アリは基本的に木材を食べないため、放っておいても問題ありません。ただ、自宅周辺を飛び回るのが嫌だという方は、殺虫剤を使用してもよいですが、完全に駆除することは難しいです。

クロアリの羽アリは基本的には放っておいてもよいですが、例外もあります。先述したように、クロアリの羽アリが浴室付近や洗面所などの湿気が発生しやすい場所に多く見られる場合、シロアリの捕食のために群がっていることが考えられます。そうなると、シロアリの駆除をする必要があるため、業者に連絡し、調査してもらいましょう。

関連記事『羽アリが出たらまずは識別!正しい対処方法を知ってスムーズに駆除

シロアリ調査を依頼する業者を選ぶ際のポイント

いざシロアリ業者を依頼するとなると、どのような業者に依頼すればよいのか、わからない方もいらっしゃるかと思います。普段あまり業者に依頼する機会がない方は、いざこのような状況に陥ってしまうと、パニックになってしまいますよね。

シロアリ調査を依頼する業者を選ぶポイントが、いくつか挙げられます。まずは、お住まいの地域に対応している業者を調べ、その業者のサイトを見てみることです。多くのサイトには、これまでの業績や実際の作業工程などを掲載しています。多くの実績がある会社か、確認してみましょう。

いくつかの業者に相見積りを取ることもおすすめします。初めから会社を絞るのではなく、いくつかの会社に相見積りを取り、予算と相談することも大切です。この際、内訳が詳細まで記載されているかも確認してみましょう。

一概に全て信頼できるとは言えませんが、参考程度にクチコミサイトをのぞいてみることもひとつの手です。実際にその業者に依頼した方が、どのような印象をもったか確認しておくとよいでしょう。

関連記事『シロアリ業者の選び方。信頼できる業者を見抜くためのポイントとは

まとめ

シロアリでさえかなり厄介な生き物ですが、それがシロアリの羽アリとなると、かなり厄介です。見つけたら、すぐに業者に依頼する必要があります。被害拡大を防ぐためにも、早急な対応が大切です。

自宅内や自宅周辺にシロアリの羽アリらしき虫を見つけたら、それが本当にシロアリの羽アリなのか見分けましょう。見分ける方法は、その見た目や見かけた時期、また自宅の状況を参考にすることができます。

自宅の木材への被害を最小限に抑えるために、見分けと業者への連絡はいち早くしましょう。一時的に自分で駆除することもできますが、完全に駆除できるわけではありません。そのため、確実に駆除したいと思ったら業者に依頼することをおすすめします。

シロアリでお困りの方は業者に相談することをオススメします

シロアリでお困りの方は業者に 相談することをオススメします

シロアリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「シロアリ駆除」をご覧ください。

弊社調べの最安値 1,200円~/㎡

弊社調べの最安値 1,200円~/㎡

シロアリ駆除はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
シロアリ駆除 1,200円/平米
シロアリ駆除のおすすめ業者を見る >
シロアリ駆除はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-04-26 16:45:32
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_termite/131038/
害虫駆除

[cv_banner ua="pc"] [cv_banner ua="sp"] 「ご自宅内やその周りで、小さな虫がたくさん飛んでいる……」「よく見てみると羽アリっぽい!」そんなとき、多くの方が焦ってしまうでしょう。ただでさえシロアリを家の周りで見つけるとぞっとしてしまうのに、それに羽がついていたらびっくりしてしまうかもしれません。 しかし、その虫は本当にシロアリの羽アリでしょうか?シロアリと同じような大きさで、羽のある虫は、実際たくさんいます。さらに、シロアリではなく、クロアリの羽アリである可能性もあるのです。 もし家の周りに飛んでいるその虫が、シロアリの羽アリであったら、早急に対処しなければなりません。そのためには、シロアリの羽アリを見分ける方法を知っておく必要があります。 そこで、今回はシロアリの羽アリなのか見極める方法をお伝えします。もし、間違いなくシロアリの羽アリであれば、すぐに対処するように心がけましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 シロアリ駆除

シロアリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

シロアリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!