生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

知らず知らずに食べているかも…?食品に潜むコナダニの駆除方法

投稿日:2018-02-20 更新日:2020-02-13

知らず知らずに食べているかも…?食品に潜むコナダニの駆除方法

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家にいるダニの種類は数多くいますが、その1~2%を占めているのがコナダニというダニです。コナダニは人を刺すことはありませんが、ほかのダニと同じくアレルギーの原因となることがあります。

コナダニは食品類の中に潜むという特徴があります。潜んでいることに気が付かず誤って口にしてしまうと、死に至ることもあるのでとても危険です。このように危険なコナダニですが、完全に侵入を防ぐことは困難です。しっかりと対策をすれば繁殖を抑えることはできますので、対策をして被害を最小限にしましょう。

コナダニが生息する場所

ダニには多くの種類がいますが、人に害を及ぼす種類のダニのほとんどは寝具やカーペットなどの家具に潜んでいることが多いです。しかし、コナダニは家具だけでなく小麦粉や砂糖、パン粉などの貯蔵食品に潜むダニです。そのため、誤って口の中に入れてしまうおそれがあります。

コナダニは種類によって繁殖する場所を変える傾向があります。
日本でみられるコナダニはケナガコナダニという種類が最も多く、体長は0.3~0.8mmで乳白色をした卵型の体が特徴的です。ほとんど目に見えないほどの大きさですが、畳などに繁殖しているときは白い粉を撒いたように見えることがあります。ケナガコナダニはさまざまな食品で繁殖します。

コナダニと同じような種類のダニでは、サトウダニやコウノホシカダニが有名です。サトウダニはみそ、砂糖、ドライフルーツなどで繁殖します。チリダニやコナダニに似ていますが、サトウダニの成虫は脚の形が他のダニと異なります。

コウノホシカダニは干し魚に好んで発生する種類で、かつお節にもよく繁殖しています。この種類も知らず知らずのうちに口にしてしまうことがあるので、注意しなければなりません。
      コナダニが生息する場所

コナダニが好む条件

コナダニはほかのダニと同じように高温多湿の環境を好みます。とくに、梅雨の時期から夏場にかけて活動を活発化させ、湿度上昇や窓の結露によって大量発生することも珍しくありません。

コナダニは条件さえそろえば一気に繁殖してしまいます。その条件とは、室温約25~28℃、相対湿度75~85%、エサの水分含量15~20%くらいの環境です。コナダニの成長過程は一般的に卵→幼ダニ→前若ダニ→後若ダニ→成ダニという5段階に分かれますが、このような好条件がそろえば10日ほどですべての段階を経て産卵まで行います。(低温・低湿などでコナダニの発育条件が悪い場合、前若ダニと後若ダニの間にヒポプスという移動性若ダニの段階が入るので6段階になり、成長に2週間近くかかります。)

新築物件も要注意

新築物件であってもコナダニが大量に繁殖して問題になることがあります。なぜ新築物件にコナダニがわくのでしょうか?その原因は建材として使用されているコンクリートにあります。コンクリートはその性質上、建物建築後約3~5年にわたって内部の水分が蒸発し続けます。そのため、新築物件の室内では湿気が溜まりやすくなってしまうのです。

上述したとおり湿気の多い場所はコナダニにとって繁殖しやすい環境になります。そのため、新築物件はコナダニが繁殖しやすい環境だといえるでしょう。
      コナダニが生息する場所

コナダニがもたらす被害

マダニやイエダニなどは人から吸血して、感染症を媒介するおそれがありますが、コナダニは基本的に人を刺したり吸血したりすることはありません。しかし、コナダニも違った側面から人に害をもたらすことがあります。コナダニがもたらす害について、以下でご紹介します。

経済的損失

コナダニがもたらす被害のひとつは経済的損失があげられるでしょう。コナダニは食品類に繁殖することがありますが、いったん食品にコナダニがわくともうその食品は食べることができません。見た目や気持ち的な問題だけでなく、衛生上の問題もあるからです。コナダニがわいた食品を破棄すれば、それだけでも経済的な損失になってしまいます。

また、新築の物件でコナダニが発生すれば、それだけで住むのが嫌になるかもしれません。新築の家でなくとも、湿った畳や掃除が行き届いていない場所でもコナダニが繁殖していることもあります。コナダニがそういった場所に大量発生すると白い粉を撒いたようになり、不衛生です。掃除するだけならともかく、最悪の場合は家具を入れ替える必要も出てくるので、やはり経済的損失につながります。

ツメダニの増殖

ツメダニというダニは、コナダニを捕食します。そのため、コナダニが増殖すれば、ツメダニもそれに伴って増殖することがあるのです。

ツメダニはマダニやイエダニのように人から直接吸血することはありませんが、体液を吸うために人を刺します。ツメダニに刺された瞬間は大きな痛みはありませんが、1~2日経つと患部が赤くなり、強いかゆみを感じることもあり、その症状は1週間近くも続くといわれています。

ツメダニはコナダニと同じく、梅雨の時期や秋のはじまりに発生するダニです。湿度が高く密閉された空間を好む傾向があります。畳や布団などに潜んでおり、人の体がそれらに触れることで刺されるケースが多いです。とくに人があまり動かない就寝中などはツメダニに刺される危険性が増します。

アレルギーの発症

前述したとおり、コナダニは食品類に繁殖することがありますが、誤って口に入れるとアレルギーや病気を引き起こすことがあります。

過去には神奈川県横浜市でお好み焼きの粉にコナダニがわいていることを知らずに食べてしまい、アナフィラキシーショックを起こした事例もあります。その症状は「パンケーキ・シンドローム」とも呼ばれ、全身にじんましんが出たり呼吸困難に陥ったりする深刻なものでした。最悪の場合、死に至ることもあります。小麦アレルギーだと思われていた人が、実際にはパンケーキ・シンドロームによるダニアレルギーであったという事例もあるようです。

また、コナダニの死骸や糞もアレルギーの原因となる物質(アレルゲン)となるのです。これらを吸い込むことによって、アレルギー性皮膚炎やぜんそくなどを引き起こすことがあるので、適切に除去しなければなりません。
      コナダニがもたらす被害

コナダニを駆除する方法

コナダニを駆除する方法には部屋全体で駆除する方法とピンポイントで駆除する方法があります。これらの方法を組み合わると効率的ですので、うまく組み合わせて駆除しましょう。

部屋全体で駆除する方法

ダニに特化して効果があるくん煙剤やくん蒸剤が開発されており、部屋の中の隅々まで広範囲に充満します。最近では、集合住宅などで使いやすいように煙が出ないものもあり、手軽に使うことができます。このようなくん煙剤やくん蒸剤を使えば、部屋全体にいるコナダニを効率的に駆除できるでしょう。目に見えないくらい小さなコナダニもくん煙剤やくん蒸剤から逃げ切ることは難しいです。。

ただし、くん煙剤やくん蒸材の薬剤を吸い込むと人体に有害なこともあります。くん煙剤やくん蒸剤に弱い家具もあります。そのため、くん煙剤やくん蒸材を使用する前は、必ず取扱説明書をよく読み万全な準備ができてから使用しましょう。

ピンポイントで駆除する方法

コナダニが家の中のある部分でのみ繁殖しているときは、その部分だけをピンポイントで駆除したほうが、効率がいいです。ここでは、ピンポイントでコナダニを駆除する代表的な4つの方法についてご紹介していきます。状況によっては組み合わせて使いましょう。

発生源の食品を捨てる
食品にコナダニがわいてしまったら、しっかりと口を閉じてすぐに捨てましょう。コナダニが家の他の場所へ拡大しているおそれもあるので、他の場所のチェックも忘れずにおこないましょう。

殺虫剤
畳やカーペットなどに潜んでいるコナダニを駆除する場合は、直接噴射するガススプレータイプの殺虫剤を使います。これを表面に直接噴射することで、簡単に駆除できます。とくに畳の内部はダニが繁殖しやすく、単なるスプレータイプの殺虫剤では効果が薄いので、専用のノズルを使ってダニを駆除することもできます。

また、粉剤や油剤タイプの殺虫剤を使っても、コナダニを駆除することができます。粉剤は粉末状になっていて畳やカーペットの下に撒くと2週間~1か月程度ダニを駆除する効果が持続するのです。油剤タイプの殺虫剤は畳にいるコナダニの駆除に特化しています。乾きが早く、においも強くないので、畳の表面から浸透させてコナダニを駆除することができるでしょう。

クッションやソファー、ぬいぐるみなどにコナダニが繁殖している場合は、液体スプレータイプの殺虫剤が使えます。液体スプレータイプの殺虫剤はべたつかず速乾性があるため、使用後も不自由なく家具を使うことができます。
      コナダニを駆除する方法

ダニ捕りシート
ダニを誘引して駆除するダニ捕りシートというものもあります。畳の上に敷くだけなのでダニの発生予防にもなり、手軽にコナダニを駆除することができます。殺虫剤などの薬剤を使うことができない場合はおすすめです。

天日干し
畳にコナダニが繁殖した場合は、畳を取り外して天日干しするのもひとつの手です。天日干しをすることによって畳が乾燥した状態になり、コナダニにとって居心地の悪い環境になるからです。畳の内部まで完全に駆除することはできないかもしれませんが、湿気の多い状態で放置しておくよりはいいでしょう。

ただし、畳の天日干しを終えたあとは、必ず掃除機をかける必要があります。なぜなら、畳の表面にコナダニの死骸や糞が残って、その残った死骸や糞がアレルギーを引き起こすおそれがあるからです。
      コナダニを駆除する方法

コナダニの増加を予防する方法

コナダニの増加を予防するカギは「低温・低湿」です。これらの条件さえ揃えば、コナダニが繁殖しにくくなるからです。よって、これらの条件を揃えるために家の中でできる具体的な対処法をご紹介していきます。

食品は冷蔵庫に入れる

コナダニは食品類に繁殖することがありますが、冷蔵庫の中では活発に繁殖できません。低温を苦手としているからです。そのため、みそやチーズ、砂糖などのコナダニが繁殖する恐れがある食品はすべて冷蔵庫で保管するといいでしょう。

食品を食品保存袋に入れる

食品を保存するためのチャックがついた食品保存袋はコナダニ対策としても使うことができます。最近では、真空パックに近い状態にできるほど密閉性が高く高性能な食品保存袋も販売されています。そういったものであれば、コナダニがどんなに小さい体をしているといっても入り込む隙間はないでしょう。

食品のにおいが外に漏れず、コナダニが寄り付きにくくなる効果も見込めます。
冷蔵庫に食品を入れることができない場合でも使えるので、食品保存袋を有効活用しましょう。

除湿する

コナダニはほかの種類のダニと同じく乾燥に弱いです。そのため、定期的に換気して室内の湿度を下げればコナダニが繁殖しにくい環境を作ることができます。コナダニが活発に活動する梅雨の時期は、換気だけでは不十分なこともあります。除湿器やエアコンの除湿機能などを活用して、除湿しましょう。

また、新築の物件や気密性が高い建物の場合は湿度が高くなりやすいです。除湿は十分におこなうようにしましょう。

掃除する

これはほかの種類のダニにもいえることですが、こまめに点検して掃除することが繁殖を抑える最大の近道です。家の中のごみやほこりなどの汚れはダニの栄養源になります。そのため、コナダニが繁殖しやすい梅雨の時期だけでなく、1年を通して定期的に家の中を掃除することがダニの栄養源を取り除き、ダニの発生予防につながるのです。

家の中の掃除で重宝するのは掃除機です。コナダニの死骸や糞もアレルゲンになりますが、掃除機で吸えば除去することができます。放置しておけば、それだけで不衛生であり、ときにはアレルギーの症状を引き起こすこともあるので、やはり掃除をこまめに行いましょう。

また、コナダニの発生を抑えるためには、コナダニが繁殖しそうな食品はなるべく早く消費することも重要です。いったん食品を開封するとクリップなどで止めただけではコナダニが侵入することがあり、コナダニが繁殖する危険性が高まるからです。賞味期限が切れたものや不要になったものもこまめに捨てるようにすれば、なお安心できるでしょう。
      コナダニの増加を予防する方法

まとめ

ダニの種類は多種多様ですが、その中にいるコナダニも危険な種類のダニです。ほかの種類のダニ違い食品類も住処にするという特徴がありますが、だからこそより注意を払う必要があります。

どんな家でもダニを完全に駆除することはほとんど不可能ですが、継続的な駆除や予防策を講じれば、ダニによる被害を最小限にすることができます。ダニの対策方法も日々進歩してきているので、自分でダニ対策を行うことも以前よりは簡単になってきています。不安な場合はダニ駆除のプロに依頼して助けを得ることもできます。

厄介で危険なダニからあなたの快適な生活が守られることを祈っています。

衛生害虫を迅速に駆除!
現地調査、お見積り無料
※対応エリアや加盟店によって変わります
衛生害虫は増殖スピードがとても速いので、被害が拡大する前にプロに徹底駆除してもらいましょう!子供やペットがいるご家庭でも安心な駆除方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ノミ、ダニ、トコジラミ(南京虫)などの衛生害虫を駆除!
衛生害虫駆除 18,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-13 14:26:57
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_sanitary_insect/39826/
害虫駆除
家にいるダニの種類は数多くいますが、その1~2%を占めているのがコナダニというダニです。コナダニは人を刺すことはありませんが、ほかのダニと同じくアレルギーの原因となることがあります。コナダニは食品類の中に潜むという特徴があります。潜んでいることに気が付かず誤って口にしてしまうと、死に至ることもあるのでとても危険です。このように危険なコナダニですが、完全に侵入を防ぐことは困難です。しっかりと対策をすれ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ダニ・ノミ・トコジラミ駆除

ダニ・ノミ・トコジラミ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ダニ・ノミ・トコジラミ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!