生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの肌はダニに刺されやすい!簡単にできる駆除・予防方法

投稿日:2018-02-16 更新日:2020-02-13

赤ちゃんの肌はダニに刺されやすい!簡単にできる駆除・予防方法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

1日の大半をふとんやベッドなどで過ごす赤ちゃんはダニに刺されやすいです。刺されてしまったらどのような症状がでるか心配ですよね。

そこで今回は赤ちゃんに迫るダニの種類や刺されてしまった時の症状、ダニ駆除はどうしたらよいのか、赤ちゃんがダニに刺されないための予防方法についてご紹介します。

赤ちゃんが刺される可能性のあるダニの種類

まず、ダニの種類はどれくらいいるのでしょう。
世界では2万種類以上というたくさんの種類が確認されています。そのなかでも家の中で確認されるのは4種類くらいで、赤ちゃんが刺される可能性のあるダニは下記の2種類です。

ツメダニ

ツメダニは、通常はほかのダニの死骸や糞を食べる種類です。しかしまれに、間違えて人を刺すことがあります。
このとき、吸血をするのではなく体液を吸います。人が刺されてすぐにかゆみは出ず、しばらくしてからかゆくなるのが特徴です。繁殖時期は梅雨の時期から秋口までが多いようです。

イエダニ

イエダニは、ねずみや鳥に寄生する種類です。そして寄生しているねずみが死んだり、ねずみに対してイエダニが増えすぎた場合には、次の宿主を探します。
ねずみのいる場所やいた場所には、必ずと言っていいほどイエダニが存在します。そして、ねずみがもっている感染症を人に媒介します。イエダニは刺す力が弱いため皮膚の柔らかい赤ちゃんが特に狙われるようです。刺されるとすぐにかゆくなるのが特徴です。

      赤ちゃんがダニに刺されないように予防しよう

赤ちゃんがダニに刺されていないかこまめにチェックを

ダニは高温多湿な場所が好きです。そのため、体温が高く汗をかきやすい赤ちゃんはダニに刺される危険性が高くなります。
また、ダニには人のフケや汗などを餌とする種類も存在します。家の中でダニが発生しやすいのがカーペットや寝具です。

ダニは床に近いところにあるものを刺す傾向があるので、1日の多くをふとんやベッドで過ごす赤ちゃんはダニに刺されてしまうことが多いのでしょうね。
ダニは非常に小さく肉眼で見ることはできませんので、赤ちゃんがダニに刺されていないか確認をすることが大切です。

ダニは蚊などと違い、肌を出していない部分を刺すことがあります。着替えをするときやお風呂上りには赤ちゃんがダニに刺されていないかこまめにチェックをしましょう。

赤ちゃんがダニに刺されてしまったらすぐに駆除を!

もし、赤ちゃんがダニに刺されてしまったらどうしたらいいかわからず、慌ててしまう方も多いのではないでしょうか。
赤ちゃんがダニに刺された場合は家に潜むダニをすぐに駆除しましょう。
ダニはふとんやカーペット、ぬいぐるみなどにも発生します。

天日干しは冬の場合は気温が低くダニが死滅しない場合があるのと、夏でもダニは温度が低いほうへ逃げるので注意が必要です。
ふとんたたきもたたくことでダニの死骸や糞が飛び散ってしまう場合があるので注意しましょう。

ダニ駆除にはスチームアイロンが効果的です。濡れタオルで当て布をして数秒間アイロンをかけましょう。
ホットカーペットをご使用の方は「ダニ駆除」モードがあるのでそちらを使用すると9割のダニが死滅することがわかっています。

また、ダニは暗い場所で活動しますので、部屋を暗くしてダニを表面におびきよせてから駆除することも重要です。そして駆除後は必ず掃除機をかけましょう。せっかく駆除してもダニの死骸や糞が残っているとアレルギーの原因になりますので、駆除のあとは掃除をすることが大切です。

      赤ちゃんがダニに刺されてしまったらすぐに駆除を!     

赤ちゃんがダニに刺されないように予防しよう

これまではダニの駆除についてご紹介しましたが、駆除したあとにダニが発生してしまうとまた赤ちゃんがダニに刺されてしまうかもしれません。ダニを発生させない、増やさないことが刺されないための1番の予防になります。
ダニが発生しないように予防することで赤ちゃんをダニから守りましょう。

ダニに刺されてしまった場合は衣服にもダニが生息しているかもしれませんので、ダニに刺されたときの衣服を洗濯しましょう。

ダニは高温多湿の場所が好きですので、こまめに換気をして温度を下げ部屋の湿度を下げましょう。
特に梅雨の時期はダニが増えますので注意が必要です。
さらに雨が降っていると部屋干しをする方が多いと思いますが、部屋干しをすることで部屋の湿度が上がります。
部屋干しはダニが発生しやすい環境になってしまいますので天日干しがおすすめです。
天日干しをすると紫外線の効果で水分を取り除きダニの繁殖を防ぎます。

赤ちゃんがダニに刺されないためには日ごろの予防が大事です。いろいろな方法がありますので、試してみてはいかがでしょうか。

      赤ちゃんがダニに刺されないように予防しよう

まとめ

赤ちゃんの柔らかい肌がダニに狙われていることがわかりました。大人でもダニに刺されるとかゆみや腫れで不快な思いをしますが、赤ちゃんは話すことができないためさらに嫌な思いをしてしまいますね。

今回は家の中で人を刺すダニの種類やダニの駆除方法、ダニ予防についてご紹介しました。日ごろから赤ちゃんがダニに刺されていないかチェックをして、ダニが発生しないように予防していくことが大切ですね。

しかし、ご家庭で駆除や予防をする場合、やり方があっているのかわからない時もありますよね。ダニの被害に困ってしまう時は一度、プロに相談をしてみることで解決に向かうかもしれません。

衛生害虫を迅速に駆除!
現地調査、お見積り無料
※対応エリアや加盟店によって変わります
衛生害虫は増殖スピードがとても速いので、被害が拡大する前にプロに徹底駆除してもらいましょう!子供やペットがいるご家庭でも安心な駆除方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
ノミ、ダニ、トコジラミ(南京虫)などの衛生害虫を駆除!
衛生害虫駆除 18,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-13 15:13:12
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_sanitary_insect/39321/
害虫駆除
1日の大半をふとんやベッドなどで過ごす赤ちゃんはダニに刺されやすいです。刺されてしまったらどのような症状がでるか心配ですよね。そこで今回は赤ちゃんに迫るダニの種類や刺されてしまった時の症状、ダニ駆除はどうしたらよいのか、赤ちゃんがダニに刺されないための予防方法についてご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ダニ・ノミ・トコジラミ駆除

ダニ・ノミ・トコジラミ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ダニ・ノミ・トコジラミ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!