生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴキブリが大量発生する原因は卵かも!その特徴と対策方法について

投稿日:2018-05-21 更新日:2018-09-27

ゴキブリが大量発生する原因は卵かも!その特徴と対策方法について

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ゴキブリは私たちの身近にいる害虫で、ほとんどの方が1度はゴキブリを見たことがあるのではないでしょうか。家でゴキブリを見たら焦ってしまいますが、発生する原因を解決しないとゴキブリは延々と増えてしまう可能性があります。なかでもゴキブリが大量発生した場合は、早めに対処をおこなう必要があるのです。

そこで今回、本コラムではゴキブリがやってくる原因や対策、駆除方法などをご紹介いたします。

まずはゴキブリがやってくる原因を確認!

ゴキブリが家庭内にやってくるのには原因があります。

ゴキブリは人間と同じく生きていくためにエサを食べなければいけません。生きていくためのエサを探しに家庭内にやってくるのです。雑食性であるゴキブリは基本的にはなんでも食べてしまいますが、そのなかでも油や砂糖、パンくずや肉などが大好物です。ゴキブリは嗅覚がとても優れており、嗅覚を頼りに行動するため食べ物などのニオイを家庭内から察知することでつられてやってきてしまいます。

また、ゴキブリは気温がマイナス5℃~10℃以下だと生きていけません。人間が暮らしやすい28℃くらいがゴキブリにとっても暖かく過ごしやすい気温です。そのため適度な温度である家庭内はゴキブリが生きていくのにとてもいい場所で、エサもあればなおさら住み着いてしまいます。

では、ゴキブリが大量発生するのにはどういった原因があるのでしょうか。次の章でみていきましょう。

まずはゴキブリがやってくる原因を確認!

ゴキブリが大繁殖!?ゴキブリに適した環境を除去しましょう

ゴキブリはエサと住みかを求めて家庭内にやってきます。そのためゴキブリにとって暮らしにくい環境をつくることで大量発生を防ぐことができます。

まずはゴキブリのエサとなるものをなくしましょう。先ほどご紹介しましたが、ゴキブリは雑食性のため基本的にはなんでも食べます。食べ物カスはもちろん、髪の毛などのゴミも食べることがあるため、こまめに掃除をおこなうことが必要です。掃除をすることによってエサがなくなるので、ゴキブリにとって住みにくい環境に近づけることができます。

次は気温についてです。暖かい環境を好むゴキブリは冷蔵庫の裏や食器棚の裏、ダンボールやシンクの下などの風をしのげる場所に身を潜めている可能性があります。また、これらの場所は産卵するのにも最適な場所です。気温自体をどうにかすることは難しいため、あまり動かすことのない家電も年に数回は動かして掃除をすることで発生を防げます。

しかしこまめに掃除を行っていてもゴキブリが大量発生することがあります。そのようなときには実はゴキブリの卵が大きく関係しています。

卵に殺虫剤は効かない!ゴキブリの卵を見つけましょう

卵がなぜゴキブリの大量発生に関係しているのかというと、卵の中の幼虫に原因があります。

ゴキブリは1回の産卵に1つの卵しか産みません。しかしこの1つの卵の中には15~40匹ほどの幼虫が入っているのです。そのため、卵を放置してしまうとかなりの量のゴキブリが発生してしまいます。
大量発生を防ぐためにはゴキブリの卵がかえる前に卵を見つけて駆除をしましょう。

ゴキブリの卵は「卵鞘」というケースの中に入っています。卵鞘とは外からの刺激を守るための、薬のカプセルのような入れ物です。1センチ程度の大きさで色は黒に近い色になっています。小豆を想像するとわかりやすいかもしれません。
このような特徴を参考にしつつ、卵を冷蔵庫の裏や食器棚の裏、ダンボールやシンクの下などくまなく探しましょう。

ゴキブリの卵を発見した場合、殺虫剤では駆除ができません。卵鞘はとても丈夫で、中にまで殺虫剤を届かせることが難しいです。そのため卵の駆除方法としては「熱湯に浸す」のがいいでしょう。ゴキブリは体温調節ができないため卵鞘の中の幼虫までしっかり死滅させることができます。

卵に殺虫剤は効かない!ゴキブリの卵を見つけましょう

ゴキブリが大量発生しているときは「2回以上」の駆除が必須!

ゴキブリが大量発生している場合の駆除は2回以上おこなうようにしましょう。

なぜ2回以上駆除をしなければいけないのかというと、1回の駆除では大量のゴキブリすべてを駆除することが難しいからです。ゴキブリも人間と同じようにそれぞれ大きさが異なり、とてもすばしっこいゴキブリから、ほかの仲間より少し行動が遅いゴキブリなど特徴もバラバラでしょう。そのため駆除時にとてもせまいすき間に隠れるものや、はやいスピードで逃げていくものがあらわれるため1回では駆除ができません。

2回以上の駆除をすることで、1回目では駆除できなかったゴキブリも駆除することが可能です。ゴキブリが大量発生している場合はあわせて2回駆除をおこなうようにしましょう。

ゴキブリが大量発生しているときは「2回以上」の駆除が必須!

ゴキブリ駆除のプロに依頼することも検討を

ゴキブリが大量発生した場合でも、2回以上の駆除をすることで多くのゴキブリを駆除することができます。しかし私たち素人では発生した全部のゴキブリを完全に駆除することは難しい場合もあります。とくにゴキブリの卵は見つけにくいため、見落としてしまったら多くのゴキブリが誕生してしまいます。そうなってしまえば今までよりももっとゴキブリを見かける回数が増えてしまい、駆除も大変になってしまうでしょう。

よくゴキブリを見かけるようになってしまったら早めにゴキブリ駆除のプロに依頼することも検討してみてください。自分でゴキブリや卵の駆除をするのは難しいと感じたら、大量発生する前にゴキブリ駆除のプロに相談してみることもおすすめです。

まとめ

ゴキブリが室外からやってこないためには、こまめに掃除をしてエサになるようなものをなくすことが全体的にとても大事なポイントです。

ゴキブリの卵は卵鞘という丈夫なケースでできていて、卵の中には15~40匹もの幼虫が身を潜めています。見つけて駆除をしなければゴキブリが大量発生してしまいますが、見つけるのは簡単ではありません。ゴキブリ自体も家庭内に何匹潜んでいるかはわかりませんので、すべてのゴキブリを自分で駆除することは難しいです。

少しでもゴキブリを見る回数が増えたら大量発生する前に、ゴキブリ駆除のプロに依頼してみてはいかがでしょうか。

ゴキブリ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ゴキブリ駆除」をご覧ください。

駆除はプロが迅速対応!
即日対応可能!お電話下さい!
※対応エリアや加盟店によって変わります
被害状況によりますが、適切な薬剤や駆除方法を選択できます。一戸建てやマンション、飲食店など環境に合わせた薬剤の選択も可能です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン、床下、トイレなど徹底的に調査します。
ゴキブリ駆除 10,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
10投票,  平均評価値:3.9

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 17:36:20
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_cockroach/69026/
害虫駆除
ゴキブリは私たちの身近にいる害虫で、ほとんどの方が1度はゴキブリを見たことがあるのではないでしょうか。家でゴキブリを見たら焦ってしまいますが、発生する原因を解決しないとゴキブリは延々と増えてしまう可能性があります。なかでもゴキブリが大量発生した場合は、早めに対処をおこなう必要があるのです。そこで今回、本コラムではゴキブリがやってくる原因や対策、駆除方法などをご紹介いたします。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ゴキブリ駆除

ゴキブリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ゴキブリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!