生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴキブリ駆除におすすめな10個の駆除グッズ!根絶までの3STEP

投稿日:2019-07-16 更新日:2020-08-07

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

あたかかい季節になると見かけることの多くなるゴキブリは、自宅や飲食店などあらゆる場所に出没します。そんな厄介なゴキブリを完全に駆除するためには、5つの駆除方法を併用するのが効果的です。

繁殖力の強いゴキブリは、どこにどれだけ拡大しているかわかりません。そのため、ひとつの駆除方法だけでは取り逃がしてしまう可能性が高く、いくつもの策を使わなければ、今いるゴキブリを完全に駆除することができないからです。

この記事では、“ゴキブリ駆除におすすめの5つの駆除方法”“ゴキブリ根絶に必要な3つのSTEP”を詳しく解説していきます。ゴキブリを徹底的に駆除・対策して、不快な思いをしない快適な空間にしていきましょう。

また、確実性と速効性を重視したいという方は、プロに依頼してゴキブリを駆除してもらうのがおすすめです。飲食店の方など緊急を要する方は、ぜひ生活110番までご相談ください。全国の加盟店の中からいち早く対応できる業者をご紹介させていただきます。

ゴキブリ駆除におすすめ!5つの駆除方法

ゴキブリを効果的に駆除・対策するためには、まずその方法を知らなければなりません。昔ながらの方法もありますが、基本的には以下の5つの方法でゴキブリを駆除・対策することができます。

駆除 対策 効果
毒餌タイプ
捕獲タイプ
燻煙タイプ ×
スプレータイプ ×
忌避タイプ × 一定期間

※「効果」はゴキブリを駆除できるまでの時間の目安
※「忌避タイプ」の効果は持続時間の目安

毒餌タイプ(ベイト剤)

ベイト剤とも呼ばれる毒餌タイプは、ゴキブリに毒入りのエサを食べさせて駆除する方法です。ゴキブリのいそうな場所に設置しておくだけでよい手軽さとプロも利用することから、5つの中でもっともおすすめな駆除・対策方法となります。

また、スプレータイプや燻煙タイプのような速効性はありませんが、“巣ごと駆除できる”という最大のメリットがあるのです。雑食性のゴキブリは、仲間の死骸やフンも食べてしまいます。この習性を利用し毒餌を食べた個体が巣に戻ることで、巣にいるほかの個体をも駆除してしまうことができるのです。

POINT
さまざまな種類の毒餌がありますが、その中でも「フィプロニル」という成分の含まれたものがおすすめです。ゴキブリの卵は固い殻に包まれおり、外からの殺虫成分を通しません。しかし、フィプロニルを含んだ毒餌であれば卵にまで毒成分が浸透していくため、成虫だけでなく卵もまとめて駆除することができるのです。

捕獲タイプ

捕獲タイプは、ゴキブリを捕らえる粘着シートとおびき寄せる誘引剤を使った駆除方法です。市販されているものの多くは箱型になっており、捕獲したゴキブリの姿を見ることなく処分することができます。

また、粘着シートや捕獲カゴといった捕獲タイプの場合、薬剤を使用しないため、小さなお子さん・ペットがいても安心して使用することができます。捕獲カゴの中には、透明になった大型のタイプのものもあるようです。

POINT
粘着シートを使用する場合、駆除よりも対策でより効果を発揮します。粘着シートの大きさ分しかゴキブリを捕獲することができないため、定期的に確認・交換するようにしましょう。また、ゴキブリが大量発生しているようであれば、燻煙剤などで駆除した後に設置しておくのがおすすめです。

燻煙タイプ

殺虫成分を含んだ煙によってゴキブリを駆除するのが燻煙タイプです。部屋の隅々まで煙がいきわたるため、ゴキブリを見逃したり、巣の場所を特定できかったりする場合にはとくにおすすめの駆除方法です。

ただ、燻煙剤の煙には薬剤特有のニオイがあるため、衣類や家具、家電にカバーをかぶせておきましょう。そうすることでニオイの付着や家電の故障を防ぐことができます。

POINT
燻煙タイプでゴキブリを駆除するときは、2週間~1ヶ月ほどあけて最低でも2回は使うようにしましょう。ゴキブリの卵は固い殻に包まれているため、殺虫成分が浸透していかず、駆除することができません。そのため、ゴキブリの卵が孵化するタイミングを狙うことで、幼虫が成長する前に駆除することができるのです。

スプレータイプ

ゴキブリが目の前にあらわれた緊急を要するときに心強いのが、スプレータイプを使った駆除方法です。殺虫スプレーをゴキブリに直接吹きかけることで、あっという間に駆除することができます。

5つの駆除方法のなかで、もっとも速効性のある駆除方法です。ただ、ゴキブリに直接吹きかける必要があり、大量駆除には向いていません。そのため、根本的な解決というより、あくまでも緊急用として準備しておくのがおすすめです。もしスプレータイプを準備していなかったときは、家にあるものを代用して駆除してみましょう。

POINT
殺虫スプレーを選ぶときは、速効性のある「イミプロトリン」という成分の入ったものがおすすめです。害虫駆除によく使われるピレスロイド系のひとつで、速効性がとくに高い薬剤になっています。

忌避タイプ

忌避タイプでは駆除というよりも、対策としての効果が大きい駆除方法です。ゴキブリの嫌いなニオイや音を出すことで、室内から追い出したり、近づかないようにしたりすることができます。

アロマやハーブといった忌避剤”“人間には聞こえない周波数の音を出す超音波器”などがあります。ただ、ニオイや音というものは個体差があり、必ず効果のある方法とは言い切れません。そのため、忌避タイプひとつで駆除・対策しようとするのではなく、ほかの方法とあわせて使用するのが効果的です。

POINT
忌避剤も超音波器も殺虫成分を使用していないため、小さなお子さんやペットのいる環境でも利用しやすい方法です。使用する忌避剤によっては、アロマ効果を楽しむこともできます。

ゴキブリ根絶に必要な3つのSTEP

ゴキブリを駆除する5つの方法がわかったら、次は根絶に必要な3つのSTEPを確認していきましょう。どのSTEPでどの駆除方法を使うべきかもご説明していきますので、ゴキブリを根絶させる参考にしてください。

STEP1:侵入経路を塞ぐ
STEP2:室内のゴキブリを駆除
STEP3:寄せ付けない

STEP1:侵入経路を塞ぐ

ゴキブリの成虫の体長は40mmほどで、生まれたばかりの幼虫であれば10mmほどになります。ゴキブリにとっては、あらゆるすき間が侵入経路になってしまうため、まずはその侵入経路をしっかりと塞ぐことが重要です。ゴキブリが発生する根本的な原因は外からの侵入になるため、ゴキブリ根絶にもっとも重要なSTEPとなります。

“窓・玄関・床・壁”などは建物が老朽化してくると、気づかないうちにすき間ができていることがあります。ほかにも“キッチン・お風呂・トイレ”といった水回りは、ゴキブリが好む湿気の多い場所になるため、とくに注意しなればなりません。

すき間を塞ぐときは、ガムテープで代用することもできますが、市販されている専用のすき間テープを使うのがおすすめです。キッチンやお風呂の排水溝は定期的に掃除をおこない、なるべくきれいな状態を維持するようにしましょう。

STEP2:室内のゴキブリを駆除

侵入経路を塞ぐことができたら、次のSTEPは室内のゴキブリを駆除することです。毒餌タイプか燻煙タイプのどちらかでも駆除することはできますが、根絶を目指すのであれば両方の駆除方法を使用しましょう。

手順1:燻煙タイプを使用する
見えない場所にいるゴキブリや巣にいるゴキブリをまとめて駆除するために、まずは燻煙タイプを使用するのが効率的で効果にも期待が持てます。

手順2:毒餌タイプを設置しておく
燻煙剤だけですべてのゴキブリを完璧に駆除するというのは難しいため、生き残ったゴキブリに備えて毒餌タイプを設置しておきます。もし目の前にあらわれたときは、スプレータイプの殺虫剤で駆除してしまいましょう。

手順3:2週間~1ヶ月あけて再び燻煙タイプを使用する
ゴキブリの卵には、燻煙タイプ・スプレータイプの殺虫剤が効かないため、幼虫が孵化するタイミングを狙って燻煙タイプをもう一度使用します。幼虫の段階でしっかりと駆除して、繁殖を抑えることがゴキブリ根絶につながるのです。

STEP3:寄せ付けない

じつは、ゴキブリが家の中に入ってくるのには以下のような理由があります。

ゴキブリが部屋の中に入り込む理由
・餌になるものがある
・寒さをしのげる

つまり、ゴキブリは生きるために家の中に入り込んでくるのです。しかし、いくら入り込んできても、家の中がゴキブリの生活しにくい環境になっていれば住み付くおそれも少なくなります。

ゴキブリが家の中に住み付かないようにするには、ゴキブリが食べやすい場所に餌を置かないようにすることが大切です。食べ物は極力冷蔵庫の中に保管するようにしておくと、ゴキブリ被害にはあいにくくなるでしょう。

ゴキブリ対策には家の環境を整えるのも大事

また、寒さを逃れるために入り込んできても、十分な湿気がなければゴキブリは生きていけません。使い終わったキッチンや浴槽などの余分な水気は、こまめに拭き取るようにしておくことも有効な対策です。

ゴキブリ駆除でおすすめの方法は、グッズを利用した駆除とゴキブリを家に入れない・増やさないための予防を平行しておこなっていくことです。とくにゴキブリを駆除した後は、再びゴキブリに出会わないようにしっかりと予防をしておきましょう。

【要チェック】一軒家とアパートの違い

一軒家で発生したゴキブリの場合、駆除から対策まで自分で対処するしかありません。しかし、アパートやマンションといった集合住宅では、近隣住民に配慮したり、発生原因によって対処するべき人が変わったりします。

ゴキブリの発生原因
自室の場合……自分で対処
共用部にある場合……大家さんか管理会社に連絡

また、燻煙剤のようにニオイが発生する駆除方法を使用するときは、近隣住民の方とトラブルにならないよう十分に配慮しましょう。燻煙剤には、水を使ったニオイがあまりないタイプもあるので、集合住宅にお住まいの方にはおすすめです。

確実性・速効性を重視するならプロに依頼がおすすめ

ゴキブリは、市販の駆除グッズを活用したり、ポイントを抑えて対策をしたりすれば、被害にあう頻度を自力で減らしていくことも可能です。しかし、どれだけ丁寧にゴキブリ駆除・対策をおこなったとしても、完全に被害を無くすのは簡単ではありません

業者にゴキブリ駆除を頼むとより確実な対策ができる

そのため、確実性・速効性を重視してゴキブリを駆除・対策するのであれば、業者に作業を依頼するのがおすすめです。駆除業者はゴキブリの生態や巣を作りやすい場所、行動範囲など、これまでの経験に基づいた知識があります。その豊富な知識や経験が、自力のゴキブリ駆除や予防では気づかない範囲の対策にもつながっていくのです。

また、ゴキブリが巣を作りやすい天井の裏やエアコンの中は狭く、作業のしにくい場所になります。「ゴキブリを駆除しようとしたらエアコンが壊れてしまった……」なんてことにならないためにも、不安なときは作業を業者に任せましょう。

費用相場

業者に依頼するとなると、やはり費用面は気になる部分だと思います。ゴキブリ駆除・対策を業者に依頼する場合、部屋の広さによって料金が異なってくるようです。あくまでも目安ですが、広さごとの費用相場は以下のようになります。

部屋の広さ 費用相場
1R・1K・1DK・1LDK 約12,500円
2K・2DK・2LDK 約17,300円
3K・3DK・3LDK 約21,600円
4K・4DK・4LDK 約25,300円

※上記の費用相場は、弊社が調べたゴキブリ駆除業者8社の駆除料金を平均して算出したものです。

料金設定は業者によって異なるため、同じ4LDKでも4~5万円かかることもあります。とくに飲食店のように広くて複雑な作りをしている場所では、10万円を超えることも少なくないようです。

業者選びのポイント

料金の安さで業者選びをするのもひとつの方法ではありますが、ほかのポイントも確認しておくことで、より満足のできる業者選びをすることができます。料金だけを判断基準にしてしまうと、悪徳業者に引っかかってしまったり、金銭トラブルが起きてしまったりすることもあるようです。

どれだけ安く依頼できたとしても、満足のゆくサービスを受けることができなければ意味がありません。ゴキブリ駆除業者を選ぶときは、費用面以外に少なくとも以下の3つのポイントを確認するようにしましょう。

・保証の有無、期間、金額
・作業内容に対策は含まれているか
・見積り内容が詳細に記載されているか

上記でご紹介した費用相場には対策も含まれています。しかし、すべての業者が対策を含めた料金を記載しているわけではないので、費用を比較するときにはとくに注意が必要です。そして、これは保障などのオプションにも同様のことがいえます。

3つ目の見積り内容に関しても、“保証や対策の有無“”どんな作業にいくらかかるのか“などを確認できるよう詳細に記載されている必要があります。もし依頼内容や見積りに少しでも疑問の残る部分があれば、納得できるまで問い合わせをおこないましょう。そうすることで、より満足のゆく業者を見つけることができるはずです。

ゴキブリ駆除・対策におすすめの駆除グッズ10選

最後に自分でゴキブリ駆除・対策をしようと思っている人に向けて、おすすめのゴキブリ駆除・対策グッズを10個ご紹介します。「毒餌タイプ・捕獲タイプ・燻煙タイプ・スプレータイプ・忌避タイプ」をそれぞれ2個ずつです。自力での駆除・対策を検討されている方は、ぜひ商品選びの参考にしてください。

毒餌タイプ

〇ブラックキャップ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

速効性と卵も駆除できるフィプロニルが配合された毒餌です。黒くて丸い形がゴキブリの警戒心を弱め、360度どこからでも侵入できることで誘い込みやすくなっています。たくさんのブラックキャップを設置することで、駆除効果をアップさせることができるようです。


〇ゴキちゃんストップ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

プロの業者も使用している強力なタイプの駆除グッズです。ゴキちゃんストップを食べたゴキブリは駆除剤に含まれている成分の影響で水を求めるようになり、家の外に移動してから命を落とすことが多くなります。「ゴキブリの死骸を見たくない」という方にとっては、とても心強い駆除グッズのひとつです。

捕獲タイプ

〇ごきぶりホイホイ+デコボコシート

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

ゴキブリの入り口部分に水分や油分を吸収するシートが貼られており、中には逃げにくいデコボコシートが施されている駆除グッズになります。これらの工夫によってゴキブリを捕獲しやすくなっているようです。


〇フマキラー ゴキファイター プロ 激取れ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

床面だけでなく天井にも粘着シートが施されており、足が汚れていたり、暴れたりするゴキブリでもしっかりと捕獲・駆除することができます。さらに、奥に行くほど狭くなる構造になっていて、捕獲力は一般的な粘着シートの2倍ともされているようです。

燻煙タイプ

〇バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

燻煙剤タイプのゴキブリ駆除剤で安全性を高めたいのであれば、ノンスモークタイプのものを使ってみてはいかがでしょうか。煙ではなく霧が噴射されるので、煙のニオイが部屋の中に移ることも少なくなっています。火災報知器にも反応しない設計になっているので、マンションやアパートなどでも使いやすい駆除グッズです。


〇アースレッドW

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

ゴキブリだけでなくダニやノミもまとめて駆除してしまいたい方におすすめです。煙が一気に噴き出すことで、部屋中にいきわたり見えない場所の害虫もしっかりと駆除することができるでしょう。

スプレータイプ

〇フマキラー ゴキブリ殺虫スプレー ダブルジェット

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

広範囲に噴射できるダブルジェットキャップで、素早く逃げるゴキブリにしっかりと薬剤をかけられるスプレーなのです。使い終わった後にガスを簡単に抜ききることができるように設計されているので、捨てるときの手間も削減されます。「とにかく一気に目の前のゴキブリを倒したい」という方におすすめの駆除スプレーです。


〇フマキラー 殺虫スプレー 凍殺ジェット

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

薬剤の影響が心配ならゴキブリを凍らせて動きを止める、冷却タイプの商品がおすすめです。冷気をゴキブリに吹きかけることで、薬剤を使わなくてもゴキブリを駆除することができます。

忌避タイプ

〇ゴキブリ忌避剤 ゴキガード

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

こちらの忌避剤の特徴は、オレンジ油から精製したリモネンからできているという点です。安全な天然成分を使用しているので、安心して部屋の中に置いておくことができます。芳香剤として家をよい匂いにすることもできるので、まさに一石二鳥の忌避剤です。


〇ナチュラス 天然ハーブのゴキブリよけ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

引き出しや食器棚など収納家具の中にも置けるコンパクトなゴキブリ忌避剤です。ゴキブリが入り込みやすい隙間にも入れやすいので、とても使いやすくなっています。小さいながらも効果は1カ月間持続し(使用環境により異なります)、頼りになる忌避剤といえるでしょう。

ただし、忌避剤はあくまでもゴキブリを寄せ付けなくさせるためのものであって、退治できるわけではありません。繰り返しになりますが、ゴキブリ対策は毒餌タイプと忌避剤を合わせて使って予防と駆除を同時におこなっていきましょう。

まとめ

ゴキブリを駆除・対策するときは、「毒餌タイプ・捕獲タイプ・燻煙タイプ・スプレータイプ・忌避タイプ」の5つの方法を併用するのが効果的です。ゴキブリを駆除するときは、毒餌タイプや燻煙タイプを使用し、対策のときに捕獲タイプや忌避タイプを使用するなど、状況にあわせた使い分けが大切です。

また、確実性と速効性を重視して業者に依頼するときは、費用面だけでなく3つのポイントも確認するようにしましょう。少なくとも2~3社からは見積りをもらい、記載内容がどれくらい詳細かを確認してみてください。

もし「飲食店なので今すぐ来てほしい」「仕事が忙しくてゆっくり業者を探している時間がない」という場合には、ぜひ生活110番までご相談ください。全国にある加盟店の中から少しでも早く対応できる業者をご紹介させていただきます。24時間365日無料で受け付け対応していますので、いつでもお気軽にご相談ください。

※掲載料金に消費税は含まれておりません。(2020年8月時点)

(この記事は2020年8月7日に加筆・修正しています)

駆除はプロが迅速対応!
即日対応可能!お電話下さい!
※対応エリアや加盟店によって変わります
被害状況によりますが、適切な薬剤や駆除方法を選択できます。一戸建てやマンション、飲食店など環境に合わせた薬剤の選択も可能です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン、床下、トイレなど徹底的に調査します。
ゴキブリ駆除 10,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
6投票,  平均評価値:3.8

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-08-07 13:21:57
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_cockroach/152760/
害虫駆除
あたかかい季節になると見かけることの多くなるゴキブリは、自宅や飲食店などあらゆる場所に出没します。そんな厄介なゴキブリを完全に駆除するためには、5つの駆除方法を併用するのが効果的です。繁殖力の強いゴキブリは、どこにどれだけ拡大しているかわかりません。そのため、ひとつの駆除方法だけでは取り逃がしてしまう可能性が高く、いくつもの策を使わなければ、今いるゴキブリを完全に駆除することができないからです。こ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ゴキブリ駆除

ゴキブリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ゴキブリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!