生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

蜂が怖い!なぜ人を襲うのか?知っていれば対処しやすい蜂のサイン

投稿日:2018-03-16 更新日:2019-01-15

蜂はなぜ人を襲うのか?知っていれば対処しやすい蜂のサイン

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

冬も明けて暖かくなり、花や虫の活動が活発になる春が訪れようとしています。暖かい陽気が好きな人にとっては朗報ではあります が、蜂が怖い人にとっては憂うつな季節かもしれません。

ですが、蜂が怖い人も、蜂のことをもっとよく知ればあらかじめ蜂を回避したり、ある程度苦手意識を克服できたりすることも可能なのではないでしょうか。

今回は、蜂がなぜ攻撃してくるのか、蜂に遭遇してしまったときの対処法は何なのかということを詳しく説明していきます。

蜂が怖い!蜂が攻撃してくる理由とは

蜂が人間に攻撃してくる理由は、人間の行動によって蜂を興奮させてしまうときがあるからです。

人間が気づかないうちに蜂の巣に近づいてしまったり、蜂の防衛本能をあおってしまったりすることで蜂は興奮し、攻撃態勢に入ってしまうのです。

蜂の針はもともと、相手を襲うためではなく、巣を守らなければならないときに戦うための「最終手段」として存在しています。

蜂は怖いと思われがちですが、実は巣や家族を守るために戦うという、家族思いの面も持ち合わせているのです。
      蜂が怖い!蜂が攻撃してくる理由とは

蜂が怖い人がやりがち。刺激しないようにしよう

ではもし蜂に遭遇してしまった場合、どうすればよいのでしょうか?蜂に遭遇したときにしてはいけない行動があります。蜂が怖い人がついやってしまいがちなので注意しましょう。

・NGその1:大声を出してしまう

自然が多いところを歩いていると、蜂が目の前を横切っていくことは珍しくない光景です。
このとき驚いてつい大声を出してしまうと、蜂の防衛本能を刺激してしまいます。

・NGその2:蜂を追い出そうとする

道具を振り回したりして蜂を追い出そうとすることは危険です。この行動は蜂の視点からすれば「宣戦布告」と同じようなものです。

追い出そうとせず、冷静にじっとしていることで、戦う意思がないことをアピールすることが重要です。

・NG行動についてのまとめ

どちらのNG行動も蜂の防衛本能を刺激しているという点で共通しています。

蜂と遭遇してしまった場合、まず行わねばならない対策方法は、まずは驚く気持ちを抑えて慌てないことです。蜂が出そうな場所ではあらかじめ心の準備をしておくなどの工夫が必要になるでしょう。
        蜂が怖い人がやりがち。刺激しないようにしよう

蜂が寄ってきやすくなる条件とは

蜂には特定のものに寄ってくる習性があります。蜂は怖いものですが、習性を知ってしまえば蜂に遭遇しても襲われずにすむでしょう。特に蜂の活動が活発になる春~夏はとくに注意する必要があります。

蜂が近寄ってくる条件とはどのようなものがあるのでしょうか。
1つ目の条件は「甘い匂い」です。特にフルーツ系や花の香りのような匂いには注意が必要です。蜂がその「甘い匂い」を食べ物があると勘違いをして近寄ってくることがあります。

2つ目は私たち人間が濃い色の衣服を身につけているということです。蜂は赤色、青色、黒色といった「濃い色」に強い攻撃性を持つといわれています。中でも「黒色」は特に危険で、蜂が「敵」と認識してしまう色です。

具体的な対処法としては、甘い匂いを放つ香水を身に着けない、食べ物を放置したりしない、できるだけ黒色の服装を避けるといったことがあげられます。

蜂の威嚇行動に注意!蜂が怖い人は蜂の様子を観察することが大切

つい蜂を刺激してしまった場合、すぐに攻撃してくるとは限りません。蜂の針は最終手段であるため、蜂はできれば戦いたくないと思っているからです。

そのため蜂は威嚇行動をとる習性があります。蜂に遭遇してしまった場合はしばらく様子を見てみましょう。その蜂がただ横切っているのか、それとも敵とみなしているのか分かると思います。

見るのも怖い!…でも敵を知れば怖くなくなるかも

蜂が威嚇しているかを見分けるポイントは主に2つあります。

1つ目のポイントは「音」です。小刻みにブンブン羽ばたかせたり、大あごをカチカチと鳴らしたりなど、大きな音を立ててアピールしてきます。

2つ目のポイントは「飛び方」です。周囲を執拗に飛び回り、ホバリングして狙いを定めているかのような動きをしたりする場合も要注意です。

どちらのポイントにせよ、威嚇行動は「相手に知らせる」ために行っています。早めに気づいてあげて、これ以上蜂を刺激しないといった対応が求められます。

たしかに蜂は怖いかもしれませんが、蜂のほうも人間は怖いと思っているから威嚇しているのです。
そういった蜂の習性を理解してあげられば、刺されるなどといった最悪のパターンは避けられるかもしれません。
      蜂の威嚇行動に注意!蜂が怖い人は蜂の様子を観察することが大切

まとめ

蜂は怖いと恐れられていますが、対処法を知っていればそれほど怖くないということがご理解いただけたかと思います。

遭遇してしまったときの対処法をあらかじめ知っておくことで、冷静に対処することができ、刺されるリスクを回避することができるかもしれません。

しかし、蜂を回避することだけがすべての対策方法ではありません。自分の家などに蜂の巣ができてしまい、身の危険を感じる場合は蜂の巣を駆除するなどの根本的な対策が必要です。

もし蜂の巣のことで困りごとがありましたら、ハチ駆除のプロに依頼されれば、蜂が活発になるような季節でも安心して生活できるようになるでしょう。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。
ハチの被害を迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短10
※対応エリアや加盟店によって変わります
お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチ駆除をお任せください。
蜂の巣駆除 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
12投票,  平均評価値:4.3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-01-15 16:29:52
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/52009/
害虫駆除
冬も明けて暖かくなり、花や虫の活動が活発になる春が訪れようとしています。暖かい陽気が好きな人にとっては朗報ではあります が、蜂が怖い人にとっては憂うつな季節かもしれません。ですが、蜂が怖い人も、蜂のことをもっとよく知ればあらかじめ蜂を回避したり、ある程度苦手意識を克服できたりすることも可能なのではないでしょうか。今回は、蜂がなぜ攻撃してくるのか、蜂に遭遇してしまったときの対処法は何なのかということ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 蜂の巣駆除

蜂の巣駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

蜂の巣駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!