生活110番辞典 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

スズメバチの駆除は自力だと危険!安全に駆除するために知りたいこと

2018-09-26

スズメバチの駆除は自力だと危険!安全に駆除するために知りたいこと

この記事は228人に読まれています。

ハチ駆除は非常に危険
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
ハチ駆除は非常に危険
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

スズメバチといえば「襲われたら命の危険がある」と紹介されることの多い危険な生き物です。
もし家の近くに巣ができてしまうと、「いつ襲われるかわからない」と不安になるでしょう。なるべく早めに駆除しておきたいですが、スズメバチの駆除は自力でもできるのでしょうか。

スズメバチの特徴を知っておくことで、自力で駆除することも可能になります。また、駆除する前に役所や管理会社に相談しておくことも選択肢の1つとして考えられるので、その理由についてもご紹介します。

ハチ駆除のおすすめサービス

命の危険もあるスズメバチの毒

「スズメバチの駆除を自力でしたいけど、襲われると命の危険があると聞いた」という人もいるのではないでしょうか。
スズメバチに襲われたら危険だといわれている理由は、攻撃的というだけでなく、スズメバチの針に毒が含まれているからです。

スズメバチが持っている毒には以下のような成分が含まれているとされています。
・痛みやかゆみの原因となる「アミン類」
・赤血球の破壊や激しい痛みの原因となる「低分子ペプチド類」
・組織障害やアレルギー症状の原因となる「酵素類」

スズメバチはこれらの成分が混ざった毒針を刺し、毒を敵の体内に注入することで獲物をとっているのです。

しかし、これらの毒よりも注意しなくてはならないのは、何度も蜂に刺されることで起きる「アナフィラキシーショック」と呼ばれる症状です。
一度蜂に刺されたあと、再び蜂に刺されるとその免疫が過剰反応を起こし、呼吸困難や意識障害といった症状を起こします。

アナフィラキシーショックのような重い症状が出ると場合によっては命の危険があるため、スズメバチに刺されないようにすることが大切なのです。
        命の危険もあるスズメバチの毒

スズメバチは自力で駆除することは可能?

スズメバチの駆除を自力で行うことは可能ではありますが、たいへん危険な作業です。
無理をしてまで駆除しようとするのではなく、事前に役所や管理会社へ連絡することでアドバイスや駆除の代行といった対応をしてくれることがあります。

・まずは役所に問い合わせてみる
スズメバチの巣を見つけたら、一度役所に相談してみましょう。役所によっては「駆除を無料で引き受ける」「駆除費用の一部を負担」「ハチ駆除業者の紹介」といった対応をしてくれる場合があります。

また、スズメバチの駆除を自力でやる場合に蜂に関するアドバイスや防護服のレンタルを行っている役所もあるので、個人で駆除を行うよりも安心できるでしょう。

・集合住宅の場合は管理会社に連絡
賃貸マンションなどの集合住宅で、階段や外壁のような共有スペースにスズメバチの巣を見つけたときは、一度大家や管理会社に連絡をしてみましょう。
管理費を払っているのであれば、管理会社に連絡すると駆除を代行してくれることがあります。

大家や管理会社に連絡をするときは、「個人的に迷惑している」というスタンスではなく、「住民がとても怖がっている」というように住宅全体のことを考えた説明があると、理解が得やすいでしょう。
          スズメバチは自力で駆除することは可能?

比較的安全に駆除できる時期はあるのか

スズメバチには1年の間で活動がおさまる時期があり、この時期を狙って駆除することで蜂に刺される可能性を下げることができます。

スズメバチは4月から6月ごろにかけては、冬眠から目覚めた女王蜂が1匹で巣を作ります。そのあと巣の中で新しい働き蜂が生まれ、7月から10月ごろにかけて巣を大きくしていきます。この時期は蜂の数がもっとも多い時期で危険性も高いため、なるべく自力での駆除は控えるようにしましょう。

11月ごろになると新しい女王蜂が巣をはなれて、冬眠をするようになります。この時期になると巣にいる蜂は寒さに耐えられずに死んでいき、寒さのきびしくなるころには巣の中の蜂は全滅します。

スズメバチの巣は、11月~4月ごろは巣の中は女王蜂以外全滅している状態です。この時期ならばスズメバチの駆除を自力で行っても比較的安全でしょう。

スズメバチを安全に駆除する方法

スズメバチの駆除を自力で行うときは、巣の中のスズメバチが少ない時期を狙うようにしましょう。小さい巣の段階や、寒さのきびしい時期ならば蜂の数が少ないため、自力で駆除することができる場合があります。
なるべく早く駆除するためには、普段からこまめに家の周囲を見てスズメバチの巣ができていないか確認することが大切です。

駆除するときには、以下のようなことに注意してください。

・肌を見せない服で隙間を作らない
防護服が一番よいですが、用意できない場合は厚手の防寒服など、蜂の針が刺さっても肌に当たりにくい服を着ます。ゴーグルとマスクをして、麦わら帽子をかぶったうえから防虫ネットでおおって首からうえを保護してください。

・巣に殺虫剤をかける
巣の真横か斜め方向から1分ほどかけて殺虫剤を吹きかけます。このとき、蜂が自分のほうに飛んできても振り払わずに、殺虫剤を吹きかけるようにしましょう。

・巣をとる
蜂の動く音がしなくなったら虫取りあみに袋をはめたものを巣の真下にかまえて、長い棒で巣を叩いて袋の中に落とします。

スズメバチを比較的安全に駆除できる時期でも、巣の中に蜂が残っている可能性があるので、安全対策をしてから駆除するようにしましょう。
          スズメバチを安全に駆除する方法

無理をせずハチ駆除の業者へ依頼することも大切

もしスズメバチの駆除を自力でしなくてはならないようなとき、安全対策ができていないと大けがにつながる危険があります。
安全対策ができないようなら無理な駆除は控えて、ハチ駆除の業者に依頼することも大切です。

ハチ駆除業者に依頼するときには、以下のような点に注意しておきましょう。

・駆除したあとに戻ってきた蜂も駆除してくれるか
・実績や評判はどのくらいか
・駆除費用は時期や場所によってどう変わるか

この3点を見積もりをとるときに確認しておき、説明や評価の納得ができる業者へ依頼しましょう。

ハチ駆除のおすすめサービス

まとめ

スズメバチの駆除を自力で行うときには「駆除しやすい時期を把握しておくこと」と「安全対策を完璧にしておくこと」を忘れないようにしましょう。

スズメバチは命の危険があるほどの毒針をつかって、積極的に攻撃してくることがあります。
特に夏から秋にかけてはスズメバチが巣を大きくして数を増やしているだけでなく、巣を守ろうと非常に攻撃的になりやすい時期です。このような時期の駆除はとても危険なので、無理をせずハチ駆除業者に依頼して駆除してもらいましょう。

ハチでお困りの方は業者に相談することをオススメします

ハチ煽り

ハチ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ハチ駆除」をご覧ください。

弊社調べの最安値 8,000円~

弊社調べの最安値 8,000円~

ハチ駆除のおすすめ業者を見る

ハチ駆除は非常に危険
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
ハチ駆除は非常に危険
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-09-26 10:21:06
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/51556/
害虫駆除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ハチ駆除

ハチ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ハチ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986