生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

熱帯に適したアフリカミツバチ、実はキラービーとも関連が!その特徴

投稿日:2018-03-14 更新日:2019-02-11

熱帯に適したアフリカミツバチ、実はキラービーとも関連が!その特徴

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

日本には分布していない種類のミツバチで、「アフリカミツバチ」という種類はご存知でしょうか?この種類のミツバチの中には、キラービーと呼ばれる種類もあり、その高い攻撃性で分布している地域では猛威を振るっています。

そんなアフリカミツバチとキラービーとの関係性、日本にはなぜ分布していないかなどをご紹介します。

アフリカミツバチがほかのミツバチと違う点って?

分類上はセイヨウミツバチの亜種

アフリカミツバチは、セイヨウミツバチのアフリカ産亜種の一つに分類されています。セイヨウミツバチには、ほかにもヨーロッパ産の亜種がいたりします。ほかのセイヨウミツバチの亜種よりも、体のサイズがわずかに小さいといわれていますが、パッと見て識別することはとても難しいほどの違いしかありません。きちんと識別するには、遺伝子解析が必要だといわれているほどです。アジアで進化し、日本にも住み着いているトウヨウミツバチとは、お腹の色が違うなどの目視で識別できる違いがあります。

アフリカミツバチとトウヨウミツバチとのもう一つの大きな違いは、攻撃性の高さだといわれています。トウヨウミツバチにはあまり攻撃性がなく、繁殖期などの攻撃的ではない時期であれば、巣に触れても大丈夫なこともあるほどです。しかしアフリカミツバチは攻撃性が高いミツバチとして有名です。

熱帯に適したミツバチ

もともとブラジルに養蜂の目的で輸入されて定着したものなので、熱帯地域での活動が得意なミツバチです。現在ではアフリカ東部~南部の農地や森林、市街地などのあらゆるところに自然分布しているようです。
      アフリカミツバチがほかのミツバチと違う点って?

アフリカ「化」ミツバチ、通称キラービーとは?

人為的に交雑された種?

通称、キラービーと呼ばれているそのハチですが、正式名称は「アフリカナイズドミツバチ」と呼ばれ、アフリカミツバチとセイヨウミツバチの交雑種です。セイヨウミツバチはもともと熱帯での飼育には向いていないので、より温暖なブラジルの気候に適応させるために人為的に交雑させました。

その交雑させた女王バチが脱走し、在来種と交配してアフリカナイズドミツバチが誕生し、南北アメリカ大陸に分布を広げたといわれています。

アフリカナイズドミツバチは攻撃性が高く、養蜂家が巣に近づいただけでも巣を捨ててしまうこともあるなど、結果的に養蜂にあまり向かない種がこうして誕生してしまったのです。

北米で猛威を振るっている

もともと温暖な熱帯地域に生息しており、アメリカ大陸の南のほうでのみ分布していました。しかし年々北上しているのが確認されていて、現在では北米にも猛威を振るっているようです。
          アフリカ「化」ミツバチ、通称キラービーとは?

日本にアフリカミツバチっているの?

国内では未定着

現在日本ではアフリカミツバチは確認されておらず、外来生物法によって要注意外来生物に指定されています。もし日本にも生息してしまった場合、もともと生息しているニホンミツバチやセイヨウミツバチとの競合による養蜂への影響の可能性が考えられています。

先ほどもご紹介しましたが、アフリカミツバチはほかのミツバチと比べると攻撃性が高いので、ミツバチ以外の生態系にも悪影響が及ぶ可能性も考えられます。

今後も定着しないとは限らない

日本には現在生息していないだけで、今後アフリカミツバチが定着しないとは限らないといわれています。日本に定着していない理由の一つに、スズメバチの存在があげられます。

スズメバチはミツバチよりも攻撃性が格段に高く、体の多さも約四倍も大きいため、もし日本に上陸したとしてもスズメバチによって繁殖を妨害されてしまいます。

ですが日本で分布しているニホンミツバチのように、スズメバチに対抗するために進化をすれば、日本で繁殖もできるかもしれません。

ハチを見かけたときにはどうすればいい?

ニホンミツバチなどの日本に生息しているミツバチでも、場合によってはアフリカミツバチのように人間に対して攻撃性を示すことがあります。どのようなときにミツバチは人間を襲うようになるのか、ミツバチを見かけたときの対処法をご紹介します。

日本に分布しているミツバチは、基本的に性格が温厚なので、こちらから危害を加えない限り攻撃をしてくることはありません。しかし、知らないうちに巣に近づいてしまった場合には攻撃されてしまう可能性が十分考えられます。

また、秋から冬にかけては、天敵のスズメバチからの襲撃があったり、餌が少なくなったりなどの条件によって攻撃性が増すといわれています。なので、寒い時期にミツバチを見かけた場合には注意したほうがよいでしょう。

スズメバチの場合にも、巣に近づいてきたものを敵と見なして攻撃してきます。ハチが飛んでいる場合には、近くに巣がないかを確認して、できるだけ早く離れるようにしましょう。
      ハチを見かけたときにはどうすればいい?

まとめ

今回はアフリカミツバチについてご紹介してきました。現在日本には生息していないので襲われてしまう可能性は考えられませんが、要注意外来生物に指定されているので、もしいつも見ているミツバチと色が違っていたり、いつもよりも攻撃性が高いなと感じた場合は、見つけた地域を管轄している地方環境事務所などに相談をしてみましょう。

普段はおとなしいハチでも、種類や時期によっては攻撃性が高いこともあります。判断が難しい場合や、自分での駆除が困難な場合には、業者に駆除の依頼をしましょう。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。
ハチの被害を迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短10
※対応エリアや加盟店によって変わります
お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチ駆除をお任せください。
蜂の巣駆除 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-11 14:18:11
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/51546/
害虫駆除
日本には分布していない種類のミツバチで、「アフリカミツバチ」という種類はご存知でしょうか?この種類のミツバチの中には、キラービーと呼ばれる種類もあり、その高い攻撃性で分布している地域では猛威を振るっています。そんなアフリカミツバチとキラービーとの関係性、日本にはなぜ分布していないかなどをご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 蜂の巣駆除

蜂の巣駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

蜂の巣駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!