生活110番辞典 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

24時間働くブラック社会!スズメバチの活動時間は「1日中」だった

2018-08-23

朝?昼?夜?蜂退治は時間帯を考えるのが成功への秘訣!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

ハチ駆除の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

日本には実に多くの蜂が生息していますが、そんな蜂の中でもとくに怖いというイメージを与えているのは スズメバチではないでしょうか。スズメバチのメスは猛毒の針を持ち非常に凶暴であり、近年では人が住む家の軒下などに巣をつくることが問題となっています。
蜂が家の中でもとくに出入りが激しい場所に営巣してしまうと、洗濯物も満足に取り込めないどころか、のびのびと日々の生活が送れなくなってしまいますよね。

このコラムではそんなスズメバチの活動時間についてご紹介していきます。

ハチ駆除のおすすめサービス

【スズメバチの1日】活動時間はいつ?

スズメバチは日本でも代表的な蜂の種類で、近づく人に積極的に攻撃を仕掛ける凶暴な性格と、猛毒を持っていることから「非常に危険な虫」と多くの人に認識されています。

巣も日本に住む蜂の中では大規模で、最大で数千匹もの蜂が巣で暮らしているのです。1匹でも厄介なスズメバチが巣の中に何百、何千匹と暮らしていれば身の危険を感じる人も少なくないでしょう。

もし、自分や家族の近くにスズメバチの巣ができてしまった場合、なんとしてでもスズメバチの対策をおこないたいところです。

しかし、スズメバチは攻撃的で凶暴です。うかつに近づけば大群で襲い掛かられ刺されてしまうでしょう。
そんなスズメバチの対策をおこなうには活動時間を知ることが大切です。

【ライフサイクル】スズメバチには活動時間がある

私たち1人、1人にライフサイクルがあるように、蜂にも一定のライフサイクルはあります。このライフサイクルを知ることでスズメバチの【隙】を見極めて、効率的な駆除や蜂対策に役立てます。
では、簡単に朝と夜で分けた、スズメバチの1日をみていきましょう。
 

えさや巣の材料を探しに巣を出ます。また、えさや材料を獲ってきた蜂が戻ってくるなど、出入りは激しい時間帯です。1日の中でも活発に動きます。
朝と同じように活発ですが、日差しが強い時間帯でもあるので、ゆったり気味の活動をしています。しかし、ところどころに活動のピークがあるので注意です。
夕方~夜 巣に戻って巣や幼虫の世話をする。昼よりも大人しく、巣に多くの個体が戻っている。

 
スズメバチの種類によっては若干違いはあるものの、大まかに説明するとこんな感じでスズメバチは日々を過ごしています。
このライフサイクルから凶暴なスズメバチに隙ができるのは「夜」だとわかりますね。

アシナガバチやミツバチはスズメバチの活動時間とは違いがでる?

世界中に住まう蜂の中でもとくに危険なのはスズメバチですが、蜂の中でもメジャーに知られている、アシナガバチやミツバチもスズメバチほどではありませんが、毒を持っています。
そんな2種の蜂はスズメバチとほとんどおなじライフサイクルをしているようです。しかし、アシナガバチやミツバチはスズメバチと違い、夜はきちんと「睡眠」をとり、明日の活動に体力を温存しています。
そういう意味では1日中起きているスズメバチよりは隙ができやすいのかもしれません。

【シーズン時にも注意】大人しい時間でも油断は禁物!

スズメバチの活動時間についてご紹介しましたが、スズメバチを気にするときに、活動時間以外にも気を使わなければいけない項目があります。それは「活動【時期】」です。スズメバチは普段からとても凶暴なので、駆除するときは目覚めの時期と蜂がいなくなる時期を把握しておくと比較的簡単な駆除をしやすくなるでしょう。
 

スズメバチの種類 活動開始時期 活動終わりの時期
オオスズメバチ 5月 10月
キイロスズメバチ 4月 12月
ヒメスズメバチ 5月 9月
コガタスズメバチ 4月 11月
モンスズメバチ 4月 10月

 
活動時期の目安は上記の表のとおりになります。その中でもとくに蜂が活発になる時期は全体を通して6月~9月で、7月、8月は蜂被害のピークを迎えるそうです。
スズメバチの時期についてもっと詳細な情報を知りたい方は生活110番辞典の過去記事「スズメバチの活動時期はいつ?一年で最も危険な時期とは 」を参考にしてみてください。

アシナガバチとミツバチの活動時期

人間の生活圏内はスズメバチだけが出現するわけではありません。アシナガバチやミツバチだって遭遇する可能性がありますので、この2種の活動時期もついでに覚えておきましょう。
 

蜂の種類 活動時期 活動時間
アシナガバチ 3月~9月 早朝~夕方
ミツバチ 2月~12月
(参考)キイロスズメバチ 4月~12月 24時間(夜の間の活動はゆるやか)

 
3種の蜂と共通していえることは寒い時期に活発に活動しないということです。つまり、危険な状態、危険な時期に高リスクで駆除をおこなうより、蜂の営巣時期を狙って駆除したり、近寄らせない対策をおこなうことが大切なのです。

スズメバチの活動時期について

スズメバチにも弱点が?時間以外で大人しくなる条件

スズメバチは時間帯やシーズンの他にも、大人しくなる条件があります。この大人しくなる条件が揃ったときに駆除するのも、比較的安全に駆除できるでしょう。
では、スズメバチが大人しくなる条件を見ていきましょう。

雨の日

スズメバチは雨の日がとても苦手です。スズメバチは大きな身体と羽を持ち合わせていますが、羽はとても繊細で雨に濡れただけでも、羽ばたくことができなくなります。
また、スズメバチは水分に弱いので、自分や仲間の身を守るために、雨などが当たらない場所に巣を作ります。の入り口も極力水が入ってくるのを避けるために必要最低限の出口しか作っていません。
こういったことから水分や湿気が多い雨の日を狙って駆除をおこなうのもいいかもしれませんね。

気温が低い

気温20度以上の暖かい時期に生きるスズメバチは寒くなる前に新しい女王が生まれ、生きづらい寒い時期が始まると、冬眠をします 。
こういったことから、寒くなる時期はスズメバチが出現する確率はとても低いと考えられます。しかし、寒さを超えた後の春はスズメバチが営巣場所を探し、作る季節です。
ですので、こういった時期にこまめに家の周りを点検し、営巣初期段階で駆除をすれば、低リスクで蜂の巣を駆除できるのです。

スズメバチ以外によく生息しているハチの活動時間・時期は?

スズメバチが引き起こすトラブルと危険性

スズメバチはそこに存在するだけでさまざまなトラブルを引き起こし、危険を自分の近くへ持ち運んできます。以下はスズメバチが引き起こしかねないトラブルの一覧です。

・毒針で刺される被害
スズメバチの被害の中でもとくに有名な被害は刺害です。蜂の中でもトップクラスの毒性を持ったスズメバチは別名「毒のカクテル」と呼ばれるほどの強力な毒を持ちます。
スズメバチに刺されてしまえば、患部は赤く腫れあがり、痛むことでしょう。また、運が悪ければ、アナフラキシーショックと呼ばれるアレルギー症状を発症してしまうことがあります。

・ご近所トラブル
蜂の中でも好戦的なスズメバチは自分の巣の近くに近づく人を手当たり次第刺してしまうほど見境がありません。ご近所の人が自分の家に訪問したときや、知らずに自分の家に営巣された蜂の巣の前を通ったときに蜂に刺されてしまえば、責任を問われることでしょう。

・洗濯物が干せない<
洗濯は汚れた衣類などをきもちよく、清潔に次に使うときに欠かせない行為です。洗濯したものは効率的に、衛生的に乾かすためには、外に出し、日光に当てなければなりません。そんなときに、スズメバチの巣が外にあれば危ないですし、満足に洗濯物を干すことができません。

・換気も満足にできない
換気は家の湿度や気温などを保つためには必要な行為です。換気をするときは必然的に家の窓などを開けなければいけませんが、スズメバチの巣、ひとつあることで換気すら満足にできなくなってしまうのです。

スズメバチはとても危険な虫であり、最悪の場合命の危険にもなりえる害虫です。多くの人がこの危険性を理解しているからこそ、こういったトラブルや被害が起こりえます。
スズメバチの活動時間や時期をしっかりと把握し、二度と巣を作られない、寄らせない家づくりを心掛けましょう。

 
実際に巣を駆除する方法

洗濯ものも干せない!スズメバチが巣を作ったときの対処法

スズメバチは猛毒を持ち合わせていることから、蜂が自分の前で飛んでいるだけで、さまざまな「嫌なこと」が起こる可能性あります。
そんな不幸を回避するためにも、スズメバチや、営巣場所を家の付近などの身近で見つけたら対処をしましょう。スズメバチが身近で発生しているときの多くは「自分の近くに巣を作られている」ことがほとんどです。

こういった場合のベストで確実性が高い対処方法としては「巣の撤去」です。
以下はどうやって巣を撤去していくかご紹介していきます。

自分で撤去する場合

業者ではなく、自分で撤去したい場合は万全な準備をおこなってからとりかかってください。
 

【1】準備する

準備不足のまま巣の駆除を行うのは危険ですからやめましょう。
全身に防護服を身に着け、駆除に必要なものを用意します。

必要なものは、脚立・懐中電灯・長い棒・ゴミ袋・殺虫スプレーです。

お住いの地域によっては、防護服を貸し出している自治体もあります。各自治体のwebサイトを参照してみてください。
 

【2】巣に近づく

まず巣の場所に近づきます。
巣の場所が把握できていない場合は、昼間の明るいうちに正確な位置を頭に入れておくとよいでしょう。
このとき、巣に向かって懐中電灯の光を当てないように気を付けます。特にスズメバチは、一説では光に向かって飛ぶともいわれているので注意してください。

近づいたら、巣との距離を十分に考えて、脚立を立てます。
そして棒を持って手を伸ばし、ひじが少し曲がる程度の適切な距離を保ちましょう。

 

【3】殺虫スプレーをまく

一度棒を置き、殺虫剤を吹きかけます。
殺虫剤は継続的に5分ほど吹きかけ続けます。時間の目安は、中からハチが出てこなくなるまでです。
しばらくすると巣の入口から働きバチが出てきますが、入口にも殺虫剤を吹きかけます。

ミツバチの巣を駆除する場合は、専用の掃除機を使うこともおすすめです。
専用の掃除機は養蜂器具を作っているメーカーで購入でき、価格は20,000円ほどです。

 

【4】巣を除去する

ハチが出てこなくなったら、棒を使って巣を除去します。
巣の下にゴミ袋を用意しておくと処理が楽になります。

ミツバチの巣の駆除をする場合、巣の性質上、跡が残りやすいですが、ブラシなどで丁寧にふき取れば跡はなくなります。
 

【5】ゴミとして処分する

巣はゴミとして処分できます。可燃ごみでよいです。
このときの注意点として、巣を除去したあと、巣の近くの地面にハチが倒れていると思いますが触れてはいけません。
ハチは死んだあとでも針には毒が残っていますから、触ってしまうと刺されたときと同様の症状が起きてしまいます。

以上が自分で巣を撤去するときの簡単な流れです。「自分でできそう!」と思われる方はチャレンジしてもいいかもしれませんがおすすめはしません。
なぜなら、スズメバチは人を死に至らしめる可能性がある猛毒を持っているからです。危険を取り除くためにした行為が逆に危険な行為になってしまえば本末転倒ですよね。

それだけ、素人がスズメバチの巣を撤去するのは難しいのです。
それに、スズメバチは刺害で毎年死亡者が出ているほどの危険な昆虫ですので、二次被害を避けるためにもプロの蜂の巣駆除業者に依頼することをおすすめします。

蜂の巣を駆除する方法

今からでもできる!スズメバチの予防策!!

スズメバチの活動時間はもちろん、活動時期といった情報は蜂の図への予防対策にも利用できます。
蜂が活動し始める3月頃に蜂の巣が作られやすい場所へ殺虫剤をかけておきましょう。殺虫剤は雨などで落ちて効果が薄れていくため、1~2週間に1度くらいの頻度で吹きかけておくとよいです。

蜂の巣ができやすい場所については、生活110番辞典の過去記事「蜂の巣ができやすい家ってどんな家?蜂は個体ごとに作る場所が違う!」を参考にしてみてください。

ハチ駆除のおすすめサービス

まとめ

スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチといった代表的な蜂の活動時間と活動時期についてご紹介しました。
蜂の活動時間は大きな差異はなく、早朝から夕方にかけて巣の外で活動し、夜中は巣の中で活動するか睡眠をとっています。
活動時期はそれぞれの蜂で特徴がありますが、おおむね春から秋といえるでしょう。

蜂の巣の駆除をお考えの方は、蜂の活動がゆるやかな時期と時間帯に行うとよいでしょう。ただ、蜂の巣駆除のオススメ時期を過ぎてしまったという人や、蜂の巣駆除を自分で行うのが怖いという人もいると思います。
蜂の巣駆除は危険をともなう作業のため、無理をせずに蜂駆除のプロに相談してみるのがオススメです。

ハチでお困りの方は業者に相談することをオススメします

ハチ煽り

ハチ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ハチ駆除」をご覧ください。
(この記事は2018年07月13日に加筆・修正しています)

弊社調べの最安値 8,000円~

弊社調べの最安値 8,000円~

ハチ駆除のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

ハチ駆除の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
23投票,  平均評価値:4

最新記事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-08-23 10:59:42
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/4937/
害虫駆除

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ハチ駆除

おすすめ記事

ハチ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ハチ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986