生活110番辞典 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

特定外来生物ツマアカスズメバチの脅威!その最も恐ろしい特徴とは?

2018-08-06

特定外来生物ツマアカスズメバチの脅威!その最も恐ろしい特徴とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

ハチ駆除の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

皆さんはツマアカスズメバチという蜂をごぞんじですか?この蜂は日本原産の種ではなく、インドネシアやジャワ島が原産地となっているスズメバチです。このツマアカスズメバチはある特徴から、侵入されてしまうと恐ろしいことになってしまいます。

その特徴とは一体何なのでしょうか?今回はツマアカスズメバチについてご紹介します。

ハチ駆除のおすすめサービス

特定外来生物「ツマアカスズメバチ」

ツマアカスズメバチはインドネシア・ジャワ島が原産の外来種です。ハエやミツバチ、トンボなどを捕食し、地域によって攻撃性が高いところと比較的おとなしいところがあります。日本では対馬で発見されており、幸いなことに攻撃性が少ない個体だったそうですが、スズメバチですから警戒をする必要があります。

日本の在来種のキイロスズメバチと同じくらいの大きさで、危険性で言えばオオスズメバチの方が危険と言えるのですが、他のスズメバチよりも恐ろしい特徴をもっています。それは爆発的ともいえる生息域の拡大能力です。速度については次項をご覧ください。
      特定外来生物「ツマアカスズメバチ」

ツマアカスズメバチの最も危険とされている点とは

前述の通り、ツマアカスズメバチの最も危険とされているものは繁殖力が強いため、生息域を拡大するペースが速いことです。その速度は、毎年10km以上のペースで生息域を拡大すると言われており、ヨーロッパやアジアでの分布は以下のようになっています。

ヨーロッパ

ツマアカスズメバチがヨーロッパで2005年頃にフランス南西部で発見されました。その後2010年にはフランス南部、西部を越え、スペイン北部にまで生息域を広げています。その後2012年には、ポルトガル、ベルギー、ドイツでも確認されるようになっています。2016年にはイギリスに侵入しているそうです。

アジア

一方アジアでは、2003年に釜山で確認されてから韓国での被害が拡大しつづけています。すでに韓国の在来種のスズメバチをはるかに上回る数生息しており、生態系を崩してしまっています。日本では、韓国からツマアカスズメバチが来襲したのではないかと言われております。

日本

2012年に対馬で発見されました。対馬ではツマアカスズメバチの天敵がいないといわれており、爆発的な増加を懸念して毎年駆除作戦が行われています。しかし、2015年に北九州市で巣が発見されており、2017年には長崎県の壱岐市で2頭の働きバチが捕獲されました。
      ツマアカスズメバチの最も危険とされている点とは

ツマアカスズメバチによる養蜂への被害の懸念

ツマアカスズメバチは他のスズメバチ同様にミツバチを捕食します。しかし他のスズメバチと違い、巣に帰ろうとするミツバチを狙い捕まえるという方法を取るため、撃退がしづらいと言われています。爆発的に数が増えてしまえばミツバチが全滅してしまうため、養蜂業を営む方にとっては死活問題です。

ですが、対馬ではツマアカスズメバチの数を激減することに成功しており、259個あった巣が49個までになっています。どのようにして対策をしたのでしょうか?次の項目ではその対策方法をご紹介します。

ツマアカスズメバチを激減させた対策方法とは

はたして対馬では、どのようにしてツマアカスズメバチの巣を激減させたのでしょうか?
その答えは「巣作りと繁殖をする女王蜂を罠にかける」ことでした。住民の協力を得て、ペットボトルに誘引剤を入れた罠約2,400個を市内各地へ仕掛けることで7,000~1万2,000匹の女王蜂を捕獲したのです。

確認・駆除した巣の数は前年度の約5分の1になり、生息状況調査でもツマアカスズメバチの捕獲割合が大きく減ったことから駆除作戦の効果があったと考えられています。また対馬ではこの試みを継続して行っていく方針であり、罠の作り方などに関する市民向けの説明会を開くといったことを行い、ツマアカスズメバチの拡大を防ぐ努力をしています。
          ツマアカスズメバチを激減させた対策方法とは

ハチ駆除のおすすめサービス

まとめ

海外から日本へ侵入してきたツマアカスズメバチは、大きさこそオオスズメバチに劣りますが、異常なまでの繁殖能力を誇ります。対策を取らなければ、日本で爆発的に増えてしまい生態系が崩されてしまうおそれがあります。それだけに限らずスズメバチなので襲われてしまえば命に係わるかもしれません。

またニホンミツバチを捕食するため、日本の養蜂業を営む方々に打撃を与える可能性もあり、一刻も早く駆逐をする必要があります。日本で初めにツマアカスズメバチが発見された対馬では女王蜂を捕獲する罠を仕掛け、その数を大幅に減らすことに成功しています。

もし、スズメバチの巣を見かけたときは自分の力だけに頼らずに専門のハチ駆除業者へ連絡してください。安全に巣の駆除を行ってくれることでしょう。

ハチでお困りの方は業者に相談することをオススメします

ハチ煽り

ハチ駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ハチ駆除」をご覧ください。

弊社調べの最安値 8,000円~

弊社調べの最安値 8,000円~

ハチ駆除のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

ハチ駆除の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-08-06 17:30:13
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/38581/
害虫駆除

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ハチ駆除

おすすめ記事

ハチ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ハチ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986