生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬に見かけなくなるのはなぜ?蜂の寿命と一生の流れを解説します!

投稿日:2018-02-02 更新日:2020-02-13

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

夏場はそこらじゅうを飛び回っていた蜂も、冬にはめっきり姿を消してしまいます。とはいえ春先にはまた元気に飛んで活動している姿を見かけるわけですから、蜂は全滅しているわけではないはずです。一体冬の間、蜂たちはどこで何をしているのでしょうか。

本コラムでは、日本に生息するメジャーな3種類の蜂、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチのそれぞれの寿命と1年の生活の流れを解説いたします。蜂の寿命や冬眠について知ることで、蜂が危険性を増す季節に先駆けた駆除や対策ができるかもしれません。

冬になると見かけなくなる?それぞれの蜂の寿命

蜂に限らず虫全般にいえることではありますが、気温が低くなるにつれ蜂たちの活動はどんどん鈍っていきます。秋が終わりを迎えるころには、屋外を飛び回っている蜂の姿を見かけることはほとんどありません。

大抵の場合は、夏の間に作られた巣も冬にはもぬけのからになっています。あれだけいた蜂は一体どこへいってしまったのでしょうか。実は、ほとんどの蜂は冬を超えることなく、秋の終わりには寿命を迎えて死ぬのです。

しかし、蜂の寿命や冬眠については種類によって違いがあるため、まずは日本でよく見かける3種の蜂の寿命と一生の流れを確認してみましょう。
 

スズメバチの寿命

巨大な巣と多数の群れを作ることで知られるスズメバチは、冬の前に死に絶えます
スズメバチの働き蜂は成虫になるまで約1ヵ月の間巣の中で過ごし、羽化してからの寿命は4~5週間ほどです。

ただし、冬直前に羽化した成虫であっても、初冬の寒さに耐えられずに死ぬとされています。遅くとも11月ごろには、スズメバチの巣は誰も住まない完全な廃墟となってしまうようです。ただ、廃墟になっているからといって不用意に近づくのは大変危険です。やめておきましょう。

 

アシナガバチの寿命

アシナガバチは巣の規模や群れの数こそ違いがありますが、基本的にスズメバチの仲間なのでスズメバチと同じような一生をたどります。働き蜂は20日ほどでサナギから成虫に羽化し、成虫になってからの寿命は1ヵ月程度です。

一生の流れはスズメバチとほぼ同じですが、一般的にアシナガバチのほうが寿命が短く、1ヵ月ほどはやく姿を見なくなることでしょう。そのため、アシナガバチの巣は10月ごろには完全に活動を停止してしまうのです。

 

ミツバチの寿命

ほかの2種とは食性も身体の構造も大きく異なるミツバチは、寿命も大きく変わります。スズメバチやアシナガバチが寒さに耐えきれず全滅する一方で、ミツバチは群れで冬を越えて春を迎えることが可能なのです。

ミツバチが越冬できる秘訣は、2つの特徴的な習性が関係しています。まず、ミツバチは食料である花の蜜を「ハチミツ」というかたちで巣に貯蔵しておけること。スズメバチやアシナガバチは肉食性なので、エサをため込んでおくことができません。

そして、ミツバチには群れ全体で寄せ集まって塊になる「蜂球(ほうきゅう)」という習性があります。さながらおしくらまんじゅうのように身体を震わせて熱を生み出し、その熱が外に逃げないよう蜂球の内部に閉じ込めることで、巣が一定の温度を保てるという仕組みです。

この蜂球という防寒対策によって、ミツバチは冬の厳しい寒さにも耐えることができます。寒い時期になるとエネルギーの節約のために女王蜂が卵を産むことはなくなりますが、働き蜂の寿命も羽化してから数か月程度と長いので、冬の間も群れを維持できるわけです。

 
このように、スズメバチやアシナガバチとミツバチでは、寿命や越冬に大きな違いがあります。しかし、冬の前にスズメバチやアシナガバチが死に絶えるのなら、春先に出現する蜂はどこからやってきたものなのでしょうか。

冬を越えることのできないスズメバチとアシナガバチですが、それはあくまで働き蜂の話です。群れのなかのほんのわずかにですが、冬眠をして冬越えをおこなう蜂がいます。それが女王蜂。より正確にいうと、女王蜂の「候補」たちです。

働き蜂と女王蜂の寿命の違い

冬を前にした巣では、働き蜂が寿命を迎えて死んでいく一方、女王蜂は冬を越える準備を着々とすすめています。

とはいえスズメバチやアシナガバチの場合、現在巣を支配している女王が冬を越えられるわけではありません。現役の女王は、冬眠することなく働き蜂たちと同じタイミングで死んでしまいます。

越冬し、春を迎えることができるのは、女王とも働き蜂やオス蜂とも異なる第三の存在、選ばれし女王候補です。女王候補の動向は、スズメバチやアシナガバチ、ミツバチで異なるので、それぞれの冬越えの仕方について以下に解説していきます。

スズメバチとアシナガバチ

スズメバチとアシナガバチの場合、女王の寿命は1年程度とされています。生まれるのは秋の始めごろですが、秋が終わるとすぐに冬越えのための冬眠に入ってしまうため、本格的な活動開始は春先になってからです。

女王候補が女王になるまでにどのような経緯をたどるのか、その一生を追ってみましょう。
 

1. 女王候補の選定

スズメバチとアシナガバチの女王候補は、秋の始めごろに生まれた働き蜂の中から選ばれます。はじめから女王蜂として生まれるのではなく、生まれてから働き蜂になるか女王蜂になるかを先代女王によって決められるわけです。
 

2. 女王候補の育成

栄えある女王候補に選ばれた子供たちは、働き蜂とは異なる特別なエサを与えられて、急速に育ちます。冬越えに向けて栄養価の高いエサを優先的に配られるため、身体の発育も働き蜂とは変わってきて、一人前になるころには働き蜂より一回り大きな立派な体格となるのです。
 

3. 女王候補の出立

秋の終わりごろ、そろそろ巣の蜂たちが活動をにぶらせるころになると、女王候補は無数のオスバチをお供に引き連れて巣を飛び立ちます。時を同じくして飛び立ったほかの巣の群れと合流し、その場で女王候補とほかの巣のオスバチがお見合いを始めるのです。
 

4. 女王候補の越冬

集団交配が終わり、卵を産める状態になった女王候補は、木の皮の隙間や土の中など、寒さをしのげる場所を探して休眠に入ります。こうして、女王候補は春になるまでエネルギーの消費を抑えながら眠りにつくわけです。ちなみにオスバチは交配が終わり次第死にます
 

5. 女王候補から女王蜂へなるとき

春先、4月ごろが女王候補の目覚めの時期です。冬眠で消耗した体力を花の蜜などで補給しながら、巣づくりに適した場所を探して飛び回ります。

よい場所をみつけると、そこに巣を作りながら卵を産み、幼虫を育てます。自分の産んだ働き蜂が一人前になったとき、女王候補はついに女王蜂となるのです。

ミツバチ

蜂の寿命は?種類によって違うの?

ミツバチの女王蜂は、寿命の長いもので3~4年も生きるとされています。また群れ自体も冬を越えられるため、スズメバチやアシナガバチのように女王蜂単独で冬眠することはありません。

一方で、ミツバチの巣でも新たな女王蜂は生まれます。新しい女王蜂が生まれるときというのは、現役女王が寿命を迎えそうなときや、群れの規模が大きくなりすぎて巣がパンクしそうになり群れを分ける必要がある場合などです。

ひとつの群れに女王は2匹と存在できません。新たな女王が生まれると、先代の女王は子供に玉座と巣を明け渡し、群れの3割程度の働き蜂を引き連れて巣を旅立っていきます。なんとミツバチの世界では、子供の代わりに親が実家を出ていくのです。

こうした群れを分割する習性のことを、「分蜂」といいます。ミツバチは、分蜂をおこなうことで、いわば分家筋をどんどん増やしていくわけですね。

夏場はとくに注意が必要!蜂が活発に飛び回る時期

スズメバチやアシナガバチは、1年のサイクルがはっきりしているため、活発に飛び回る時期とそうでない時期が明確に分かれています。ミツバチもまた、寒い時期には身を寄せ集めて動かないため、姿を見かけない時期が存在します。

人間にとって注意が必要な、それぞれの働き蜂が活発に飛び回る時期は以下の通りです。

種類 働き蜂の寿命 活発な時期
スズメバチ 2ヵ月程度 7月~11月
アシナガバチ 2ヵ月程度 8月~10月
ミツバチ 数か月~半年 9月~11月

スズメバチとアシナガバチは、夏場がもっとも巣の規模の大きくなる季節であり、多くのエサを求めているため凶暴性も高まります。ミツバチの場合は、冬越えのために秋ごろから蜜を求めて活発に飛び回る傾向があるようです。

寿命を迎えた蜂の巣はどうなる?

住んでいた蜂たちが寿命を迎え、廃墟となってしまった蜂の巣は、その後どうなってしまうのでしょうか。せっかく危険がなくなった蜂の巣を、新たな女王蜂がこれ幸いとばかりに再利用してしまうのではないかと不安になるかもしれません。

実は、空っぽになった蜂の巣に別の蜂が住み着くことはほとんどないとされています。冬の間まったくメンテナンスされることなく放置されていた蜂の巣は、雨風や湿気によるカビなどによって、目に見えない部分がボロボロに劣化してしまっています。

経年劣化した蜂の巣は構造がもろくなっているため、いつ根本が折れて落下してもおかしくない状況です。そんなボロ屋をわざわざリフォームして住みなおすよりも、新しくマイホームを建てたほうが、蜂にとっても都合がよいのではないかとされています。

ただし、蜂以外の生き物が蜂の巣を利用することはあるようです。虫や小動物の住処となったり、鳥が巣の代わりに使ったりなど、思わぬトラブルの原因になる可能性もあるため、空の蜂の巣でも撤去したほうがよいでしょう。

冬の間にハチの巣を駆除する方法

最後に、冬の間に自分で蜂の巣を駆除する方法をご紹介します。ハチの巣は、冬の間は空っぽになります。駆除後はそこに再びハチが新しい巣を作らないよう、しっかり予防対策をしましょう。

また、自分で安全に蜂の巣を駆除できるかを正しく判断することも大切です。危険を感じた場合は、くれぐれも無理をしないようにしましょう。たとえ数匹程度の蜂であっても巣に残っており、刺されてしまっては大変危険です。

最悪の場合、アナフィラキシーショックによって死に至る可能性もあります。少しでも蜂の巣駆除に不安を感じるような場合は、自分で作業をする前に、一度業者に相談してみるとよいでしょう。
 

用意するもの
  • ほうき
  • ちりとり
  • ゴミ袋
  • 殺虫スプレー 2本(予備のため2本あると安心できます)
  • 防護服(市町村によっては貸し出してくれるところもあるようです)

 

1. 夕方から夜にかけて撤去する
ほとんどのハチは冬に死んでしまいますが、場合によってはハチが巣の中にいる可能性があります。外に出かけていたハチが巣に戻ってくる夕方に巣を撤去しましょう。住んでいたハチも一緒に駆除できます。また、万が一に備え防護服を必ず着用して撤去しましょう。

2. 巣の回りにハチがいないことを確認して殺虫スプレーをかける
巣の回りにハチがいないことを確認し、巣から1m~2m離れた風上から殺虫スプレーを20~30秒かけます。

3. ハチが飛んでいないことを確認して、撤去する
巣からハチが出てこないこと、巣の回りにハチがいないことを確認して巣をゴミ袋に入れます。

4. ゴミ袋の中に殺虫スプレーを20~30秒かけ続ける
まだ巣の中にハチがいるかもしれません。念のためにスプレーをかけましょう。スプレーをかけ終わったら、素早くゴミ袋の口を結んで中のスプレー剤とハチを閉じ込めましょう。

5. ほうきで巣のカスを掃除する
最後に周りを掃除して終わりです。撤去したハチの巣は燃えるゴミとして処分してください。

6. 巣を撤去した場所に殺虫スプレーをかける
こうすることで、ハチが再び寄り付くことを防いでくれます

万が一ハチが戻ってきたとしても冬にいる蜂はほとんど死んでしまうため、巣を作られる心配はあまりありません。ただし、巣を壊されて攻撃的になっている可能性がありますので注意が必要です。

また、一度巣を撤去しても、春には再び巣を作るため女王蜂が同じ場所に現れるはずです。冬の終わりごろからこまめに点検し、心配な場所には殺虫スプレーをかけて巣を作られないように警戒しましょう。

こんな場合は要注意

冬であってもスズメバチの巣の駆除には危険が伴う場合があります。また、巣のある場所が高所で足場が悪い、巣が大きいといった場合はさらに危険度が上がります。冬も群れで生きているミツバチの巣も同様です。

基本的に蜂の巣駆除はプロの領域であると心得て、業者依頼も視野に入れるなど、事故につながることのないよう慎重な行動を選びましょう。

危険が伴う状態であったり、作業時に少しでも不安を感じたりした時には、まずは弊社の無料調査をご利用ください。お近くのハチの巣駆除のプロが駆け付けて、状況をお調べいたします。

⇒今すぐ電話で相談する

まとめ

本コラムでは蜂の寿命と1年の生活サイクルについてご紹介しました。冬になると蜂たち
を見かけなくなるのは、それぞれ思い思いの手段で厳しい冬の寒さをしのいでいるためです。蜂の種類によって冬越えの仕方は異なりますが、こうして蜂たちは春先にまた元気に飛び回れるのです。

スズメバチやアシナガバチは1年の中でとりわけ危険性の高まる時期が決まっているため、夏場はとくに飛び回る蜂には注意しておきましょう。さわらぬ蜂にたたりなし、どうしても駆除しなければならないときは、ハチ駆除の専門業者に依頼するのが無難かもしれません。

(この記事は2020年2月13日に加筆・修正しています)

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。
ハチの被害を迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短10
※対応エリアや加盟店によって変わります
お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチ駆除をお任せください。
蜂の巣駆除 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:くにひさ
手入れが行き届いた庭が好きで、業者の仕事を詳しく知ってもらいたいと思い、庭や害虫担当のライターになった。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
69投票,  平均評価値:3.8

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-13 17:31:03
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/35842/
害虫駆除
夏場はそこらじゅうを飛び回っていた蜂も、冬にはめっきり姿を消してしまいます。とはいえ春先にはまた元気に飛んで活動している姿を見かけるわけですから、蜂は全滅しているわけではないはずです。一体冬の間、蜂たちはどこで何をしているのでしょうか。本コラムでは、日本に生息するメジャーな3種類の蜂、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチのそれぞれの寿命と1年の生活の流れを解説いたします。蜂の寿命や冬眠について知ること...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 蜂の巣駆除

蜂の巣駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

蜂の巣駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!