生活110番辞典 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

スズメバチの巣は冬に空っぽになる?スズメバチ駆除に最適な時期

2018-06-22

スズメバチの巣は冬に空っぽになる?スズメバチ駆除に最適な時期

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ハチ駆除の無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

冬に大きなハチの巣を見かけた方もいらっしゃるかもしれません。生々しいハチの巣を見ると、そのリアルさとハチに対する恐怖からぞっとする方も多いのではないでしょうか。ところで冬になるとハチの姿を見かけなくなりますが、「ハチは巣の中で冬眠しているのかな」と思う方もいるかもしれません。
たしかにミツバチは巣の中で冬越しをしますが、多くの人に恐れられているスズメバチの巣は冬の間、どうなっているのでしょうか?今回はスズメバチの巣についてスポットを当ててみようと思います。

ハチ駆除のおすすめサービス

スズメバチの巣は冬どうなっているの?

昆虫は冬になると冬眠するイメージがあり、スズメバチも冬になると見かけなくなります。ではスズメバチは、どこで冬眠をしているのでしょうか。ミツバチのように巣の中で身を寄せ合って冬を越しているのでしょうか?
実はスズメバチは女王バチ以外は冬を越すことができません。働きバチの命は短く、秋までにすべて死んでしまいます。そして女王バチは、近くにある朽(く)ちた木々や倒木などの中で冬越しをします。そこで体内に貯めておいた脂肪を栄養にして、寒い冬を乗り越えるのです。そのためスズメバチの巣は、冬はハチがいない空っぽの状態になっています。

スズメバチの巣の駆除は冬がおすすめ!駆除におすすめな時期

スズメバチの巣は冬は空っぽということは、巣の駆除は冬にすればよいのでしょうか?次に巣の駆除におすすめな時期を見て行こうと思います。

ハチがいない時期

先ほどわかったようにスズメバチの巣は、冬場は空っぽな空き家状態です。そのためハチが1匹も残っていないこの時期が、駆除にもっともおすすめの時期となります。

巣を作り始めの時期

もし女王バチが巣を作った場所を気に入っていれば、せっかく駆除してもまた同じ場所に新たに巣を作ってしまうかもしれません。そうなってしまうと、せっかく駆除しても水の泡となってしまいます。二度手間を避けるという意味でも、女王バチが巣を作り始める5月ころに駆除をすれば、確実に駆除することが可能です。その時期なら巣もそれほど大きくなっていないため、駆除作業も比較的楽にできるでしょう。

避けたほうがよい時期

8月~9月ころは、スズメバチに刺される被害が多発しています。この時期は働き蜂の数も多くなっているため、巣に危険が生じたら攻撃をして来るからです。駆除をする場合、この時期に行うことはとても危険なので避けたほうがよいでしょう。

      スズメバチの巣の駆除は冬がおすすめ!駆除におすすめな時期

スズメバチの巣の安全な駆除方法

スズメバチの巣を冬以外の時期に駆除しなければならないパターンもあると思います。そんなときに自分で駆除する方法を紹介します。

自分で駆除できる場合

ハチは夜の間は巣に戻るため、日没後の2~3時間後に駆除作業を行うようにします。もしハチの巣の大きさが15㎝以下なら、比較的に安全に駆除ができると言われています。ハチの巣が開けた低い場所にあれば、ハシゴを使うこともないため比較的安全に駆除することができると言われています。けれども閉鎖的な場所や高い場所に巣がある場合は、自分で駆除をすることは困難でしょう。またアシナガバチやミツバチなら比較的安全に駆除ができますが、スズメバチは攻撃性が高いので自分で駆除することは危険です。もし不安なら業者に依頼をするようにしましょう。

用意するもの

ハチは黒いものに攻撃をする習性があるため、駆除をするときは白い服を着用する必要があります。駆除をするときは、防護服や殺虫剤、長い棒や懐中電灯、ゴミ袋を用意しましょう。

駆除の手順

①昼間のうちに、巣の位置を確認しておきます。そして日没から3時間経過したら、駆除をはじめましょう。

②巣から2~3㎝ほどの位置まで近づいて、巣の穴の位置を確認します。

③殺虫剤を段階的に噴射します。表面と入り口を中心に3~5分ほど噴射します。

④巣に近づいて、入り口から中に噴射をします。

⑤最期に懐中電灯を地面に置いて転倒して、光に寄ってきたハチに噴射します。

⑥周囲にハチがいないことを確認したら、最後に巣を処分します。ゴミ袋に入れて、燃えるゴミとして処分しましょう。

以上がスズメバチの巣の駆除の方法となります。巣が大きい場合や不安な場合は、業者に依頼をするようにしましょう。もちろん自分で駆除をしたほうが安く済みますが、業者に依頼をしても簡単なハチの巣の駆除なら、約8,000円~費用で依頼ができると言われています。

       スズメバチの巣の安全な駆除方法

1度巣でも巣を作られたら注意!また巣を作られるのを予防するには

先ほど述べましたが、女王蜂がその場所を気に入っていれば、せっかく巣を駆除してもまた作ってしまう確率が高いです。そうならないためにも駆除はあえて巣を作り始めた時期に行い、駆除したらしっかり駆虫剤スプレーをかけて、新たに巣を作ることを防止しましょう。女王蜂が来なければハチの巣も作られず、ハチの巣が作られなければ働きバチも誕生しません。
スズメバチの巣は冬は空き家状態ですが、5月になると女王バチが巣を作り始め、夏になると働きバチが活発に活動します。そうならないためにも普段から巣を作られるのを予防することが重要になります。

屋内の予防策

スズメバチは家の軒下や天井裏、床下に巣を作り、オオスズメバチは土の中に巣を作ります。外ならまだしも家の中に巣を作られてしまっては落ち着いて生活できないでしょう。せっかくリラックスするために家の中にいても、スズメバチの巣ができてしまうと不安で怖くなってしまいます。スズメバチの巣を家の中に作らせないためには、侵入口を塞ぐことが大切です。シンプルですがとても大切なことです。家の屋根裏の通気口や床下の通気口に網を貼るなどすれば、スズメバチの侵入を防ぐことができます。侵入口をふさげばスズメバチだけではなく、ほかの害獣や害虫の侵入を防ぐこともできるでしょう。
屋外の予防策屋外の場合、ひんぱんに外の様子をチェックしてスズメバチがいないか確かめることが大事です。巣を作り始めている時期なら、簡単に巣を駆除することができます。スズメバチが巣を作りそうな場所に殺虫剤を吹きかけるなどしておけば、よいかもしれません。

      1度巣でも巣を作られたら注意!また巣を作られるのを予防するには

ハチ駆除のおすすめサービス

まとめ

たくさんの人から恐れられているスズメバチですが、女王バチ以外は短命であり、まさに太く短い人生をまっとうしていることがわかりました。そしてスズメバチの巣は冬場は空っぽの状態なので、駆除をするには絶好の時期と言えるでしょう。スズメバチの巣に悩まされている方は、この機会に思い切って駆除を検討してみてはいかがでしょうか。

ハチでお困りの方は業者に相談することをオススメします

ハチ煽り

ハチ駆除を依頼できる業者

ハチ駆除を依頼できる業者や料金については、「生活110番」の「ハチ駆除」をご覧ください。

弊社調べの最安値 8,000円~

弊社調べの最安値 8,000円~

ハチ駆除のおすすめ業者を見る

ハチ駆除の無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:3.7

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-06-22 15:14:58
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/32128/
害虫駆除
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 ハチ駆除

おすすめ記事

ハチ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

ハチ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

ハチ駆除オリジナルサービス

0120-949-986