生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミツバチを駆除するときは毒に要注意!駆除が不要な場合もあります

投稿日:2019-09-13 更新日:2019-09-27

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ミツバチというと、大人しいイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。実際に、アシナガバチやスズメバチなどの危険なハチに比べると、ミツバチは安全なハチです。しかし、そんなミツバチでも人を刺すこともあるため、ほかのハチと同じように注意する必要があります。

このコラムではミツバチの毒や、刺されないための予防法、自分で駆除をする方法などについてご紹介します。

ミツバチの毒も危ない!毒針の危険性について

ミツバチは温厚で攻撃性が低いですがしっかりと毒袋や針を持っているため、まったくの無害という訳ではありません。ここでは、ミツバチの毒や針の危険性について解説していきます。

・有毒なうえに他のミツバチを呼ぶ効果もある
ミツバチの毒には、他のミツバチを引き寄せて攻撃を促すフェロモンが含まれています。そのため、一度刺されてしまうと周囲のミツバチも一斉に襲い掛かってくるので非常に危険です。一匹一匹の毒性こそ高くないですが、大勢のミツバチに何度も刺されるとアナフィラキシーショックで死に至るケースもあります。

・ミツバチに刺されると針が残る
何度も外敵を刺せるアシナガバチやスズメバチなどと異なり、ミツバチは一度外敵を刺すと体内から毒袋のついた針が抜けて相手に刺さったままの状態になります。この毒袋は針がミツバチの体内から抜けたあとも毒を送り続けるので、針が刺さったままだと毒も注入され続けてしまいます。

ミツバチに刺されないための予防策

ミツバチの毒性は低いですが、刺されないに越したことはありません。ここでご紹介する予防策を参考にして、ミツバチに刺されないようにしましょう。

・黒を身につけない
ハチは黒色に反応しやすく、黒い服を身につけていると攻撃される危険性が高まります。これには諸説がありますが、ハチが認識できる色の中で黒色が一番認識しやすい色であるからとされています。

逆に、白色はハチにとって認識しづらい色のため、白い服を着ていれば襲われる危険性を減らせます。しかし、白い服なら絶対に襲われないという訳ではないため過信は禁物です。

・香水などのニオイをつけない

香水のニオイなどは、ミツバチの毒に含まれているフェロモンに近い性質を持っておりミツバチを引き寄せてしまいます。そのため、ミツバチに刺されるのを予防するのであれば、香水や制汗剤などをつけないようにしましょう。また、服についた洗剤や柔軟剤のニオイなどにも注意が必要です。

・冬はミツバチの攻撃性が増すので要注意
スズメバチなどは夏~秋にかけて攻撃性が増すのに対して、ミツバチは冬に攻撃性が増します。そのため、寒いから大丈夫だろうと不用意に巣に近づくと襲われてしまうおそれがあるため注意しましょう。

ミツバチは益虫?害虫?駆除するかどうかは状況によって決めよう

ミツバチは、益虫の側面と害虫の側面の両方を持ち合わせています。ここでは、その両側面について解説していくので、ミツバチを駆除するかどうか迷った際の判断材料にしてみてください。

・ミツバチの益虫としての側面
多くの植物は、ミツバチが蜜を集める際に受粉をしてくれることによって繁殖できています。わたしたちが普段口にしている野菜や果物の大半は、ミツバチがいなければ食べることができません。パンやホットケーキなどに塗るハチミツも、ミツバチがあってこその食材です。そのため、ミツバチは我々人間にとって必要不可欠な益虫といえます。

・ミツバチの害虫としての側面
わたしたちの食に欠かせないミツバチの存在ですが、人の居住区に巣を作ってしまうと害虫になってしまうケースがあります。ミツバチは花から吸った蜜を巣に蓄える性質があるため、巣の下は溜め込んだ蜜が垂れてべたべたに汚れてしまいます。その蜜のニオイで、ゴキブリやアリなどが寄ってくるのも厄介な点です。さらに、ミツバチを狙って危険なスズメバチなどが襲来する危険性もあります。

・ミツバチの大群は放っておけばいなくなることも
ミツバチは時折、一か所にミツバチの塊を形成するように密集しているケースがあります。大量のミツバチが密集していて怖いと思うかもしれませんが、それは引っ越しの準備中である可能性が高いです。引越し中のミツバチにはほとんど攻撃性はありません。そのため、手を出さずにしばらく様子をみてみましょう。

ミツバチを駆除するには。必要な準備と駆除方法

ミツバチの巣により、周囲が蜜で汚れたり害虫が寄ってきたりなどの問題が発生したら駆除をおこなうことをおすすめします。ここでは、事前に準備することに加えて、ミツバチ駆除のおおまかな手順をご紹介していきます。

【事前に準備すること】

・香水や制汗剤などを落とす
ニオイの強い香水や制汗剤などをつけていると、ミツバチの攻撃性が高くなって駆除が難しくなるおそれがあります。駆除をおこなうまえに、シャワーを浴びてニオイを落としましょう。

・防護服の準備
厚手の服のうえにレインコートを羽織り、軍手/ヘルメット/長靴などを身につけて代用することも可能です。しかし、巣を駆除するとなると大量のミツバチが襲い掛かってきます。毒性の高くないミツバチでも何回も刺されると命にかかわるため、なるべく防護服を着用することをおすすめします。

・殺虫剤の準備
ハチに対しては、ピレスロイド系の殺虫剤が効果的です。駆除の途中で殺虫剤を切らさないように、多めに用意しておきましょう。

・ゴミ袋の準備
駆除したミツバチと巣を処分する際に必要です。ハチの巣は燃えるゴミ扱いなので、市指定のゴミ袋がある場合はそちらを用意しておきましょう。

・懐中電灯+赤いセロファン
ミツバチは日が沈んで暗くなってくると、活動が鈍くなって安全に駆除をしやすくなります。そのため、懐中電灯を用意して夜に駆除をおこなうのがベストです。

しかし、ハチは光に向かう習性があるので暗い中でそのまま懐中電灯を使うのは危険です。そのため、懐中電灯に赤いセロファンを貼って光を赤くしましょう。ハチは赤い光をうまく認識できないため、暗い中で懐中電灯を使っても襲われる危険性を減らすことができます。

・雑巾
巣から垂れた蜜を処分する際に必要です。巣の規模によっては、大量の蜜が垂れるため多めに用意しましょう。

・脚立/ハシゴ
ミツバチの巣が高い位置にある場合は用意しましょう。

【ミツバチの駆除方法】
1.明るいうちに巣の位置を確認する。
2.周囲が暗くなってきたら、巣から離れた位置から殺虫剤を噴射する。巣から飛び出したミツバチが襲い掛かってくるので注意しましょう。
3.襲ってくるミツバチの数が減ってきたら、殺虫剤を噴射しつつ徐々に巣へ近づいていく。
4.襲ってくるミツバチがいなくなったら、巣を撤去し死骸の後処理をする。
5.巣から垂れた蜜を処分し、巣と死骸を燃えるゴミで出して完了。

ミツバチを駆除するときに注意すること

ここでは、ミツバチを駆除する際の注意点についてご紹介していきます。次の点に留意したうえで駆除をおこなうようにしましょう。

・1つの巣に何万匹ものミツバチがいることも

個々の危険性は高くないミツバチですが、その数の多さは脅威的です。スズメバチやアシナガバチなどが数百~千匹単位で巣に住むのに対して、ミツバチはなんと数万匹単位でひとつの巣に住みます。そして、巣を駆除する際はこの何万匹ものミツバチが一斉に襲い掛かってくるのです。温厚で毒性の低いハチだからと、油断しないようにしましょう。

・巣は蜜でべたべたなうえに重い
ここまでお話ししてきたとおり、ミツバチは巣に蜜を溜め込みます。そのため、巣を撤去する際は垂れた蜜で周囲がべたべたに汚れてしまいます。また、蜜を含んだ巣は意外と重く、高くて足場が不安定な位置に巣がある場合は、撤去が困難になりやすいです。巣の撤去時、に重さでバランスを崩して足を滑らせてしまわないように注意しましょう。

・死骸の針には毒がある
ハチの毒は、ハチ自身が死んだからといって毒性がなくなる訳ではありません。そのため、死骸を処分する際は、針が刺さってしまわないように注意する必要があります。また、針が貫通して刺さってしまうおそれもあるため、可能であれば巣や死骸をゴミに出す際はゴミ袋を二重以上にしましょう。

ミツバチの駆除を業者に依頼するには

ミツバチは、ハチの中では比較的駆除の難易度が低いです。しかし、自分で駆除をやるとなると刺される危険性があるうえに、巣や死骸の後処理がかなり大変です。そのため、「安全にミツバチを駆除したい」「巣や死骸の後処理が面倒くさい」という方はなるべく業者にミツバチの駆除依頼をすることをおすすめします。

しかし、ハチ駆除の業者は数多く存在しているため、どの業者がよいのかわからないと思う方もいるかもしれません。そんなときは弊社にご相談いただければ、数多くある加盟店の中からお客様のご要望に合わせたハチ駆除業者をご紹介しています。

まとめ

ミツバチは、野菜や果物の受粉を助けたりハチミツが採れたりとわたしたちの食に欠かせない益虫です。しかし、家などに巣を作られてしまうと、そこから垂れてくる蜜で周囲が汚れたり、厄介な害虫を引き寄せる原因になったりします。

また、攻撃性が高くないとはいえど人を刺すこともあります。ミツバチの毒性は低いですが、刺されると針が残り続けるうえに周囲のミツバチが引き寄せられて大群に襲われる危険性があります。

ミツバチは駆除の難易度こそ低いですが、蜜が蓄えられた巣や大量の死骸を処分するのが非常に大変です。その上、駆除中に刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こしてしまうおそれがあります。そのため、ミツバチの駆除はなるべく業者に依頼することをおすすめします。

弊社ではハチ駆除業者をご紹介しているので、家にミツバチの巣ができてしまってお困りの際はぜひご相談ください。

ハチの被害を迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短10
※対応エリアや加盟店によって変わります
お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチ駆除をお任せください。
蜂の巣駆除 8,000円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-27 10:02:22
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_bee/164102/
害虫駆除
ミツバチというと、大人しいイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。実際に、アシナガバチやスズメバチなどの危険なハチに比べると、ミツバチは安全なハチです。しかし、そんなミツバチでも人を刺すこともあるため、ほかのハチと同じように注意する必要があります。このコラムではミツバチの毒や、刺されないための予防法、自分で駆除をする方法などについてご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 蜂の巣駆除

蜂の巣駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

蜂の巣駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!