生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

羽アリの対策方法は3つ!発生する原因や本格的な対策方法について

投稿日:2018-02-25 更新日:2019-11-21

羽アリっていつ発生するの?クロアリとシロアリ、それぞれの対策は?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

羽アリを見つけたら徹底的に対策する必要があります。羽アリがいるということは近くに巣がある可能性があるからです。羽アリを見つけたら、すぐに対処しましょう。まずは、クロアリの羽アリなのか、シロアリの羽アリなのかを判断します。クロアリかシロアリかによって対策方法がが違ってくるので違いを理解しておく必要があるのです。

今回は羽アリの対策について紹介します。また、羽アリ対策するだけでなく、近くに巣がないか調査してもらいましょう。羽アリを見つけて困っている方は、ぜひ読んでみてください。

アリ駆除のおすすめサービス

羽アリの対策方法は3つ!

羽アリを家の中に入らせないように対策します。簡単にできるものもあるので、すぐに実行しましょう。今回は3つ紹介します。

①窓を開けっぱなしにしない

とても基本的なことですが、窓を開けっぱなしにしないということです。夏など暑い時期は窓を開けることがあるかもしれませんが、そこから羽アリが侵入してしまうことがあります。なるべく窓を開けっぱなしにしないようにしましょう。

②網目が小さい網戸に交換する

網目が大きかったり、すき間があったりすると、そこから羽アリが侵入してしまいます。網目が小さい網戸に交換しましょう。羽アリは小さいものであれば、5mmくらいといわれます。5mm以下の網目の網戸に交換しましょう。

③遮光性のあるカーテンを使用する

羽アリの対策方法は3つ!

アリは光に向かって移動するという習性があります。そのため、光を遮る効果がある遮光性のカーテンを使用するとよいでしょう。普通のカーテンより値段は少し高いですが、羽アリ対策をしたいという方にはおすすめです。

羽アリはなぜ発生してしまうの?

羽アリはなぜ発生してしまうの?

そもそも、なぜ羽アリが家の中に移動してくるのでしょうか。その理由は新しい巣を作るためといわれます。羽アリは暖かく湿度の高い場所を好みます。湿気の多い風呂場や、床下の木材など、家の中は羽アリが好む環境がたくさんあるため、羽アリが家の中に巣を作ろうとして入ってくることのです。。

ほかの理由として、家にもともと羽アリの巣があり、巣の中の羽アリが育って、家の中に入ってきたということも考えられます。

「クロアリの羽アリ」と「シロアリの羽アリ」の見分け方

羽アリには、クロアリとシロアリがいます。黒と白と呼ばれているため、見た目でもわかりやすいのではないかと思われがちですが、じつは色だけでは判別しづらいのです。それぞれの特徴についてみていきましょう。

クロアリの羽アリの特徴

羽アリの役割ってなに?

クロアリの羽アリの特徴は羽が4つあり、前の羽が大きいことです。触角は「く」の字になっていて、胴体は腹部がくびれていているのが特徴です。6月から11月ごろに発生します。

クロアリは人目につきやすい庭先などで見かけることが多いです。庭で飛んでいるアリのような生物を発見したら、クロアリの羽アリと疑ってもよいでしょう。また、クロアリは人間を噛むことがあります。

シロアリの羽アリの特徴

シロアリの羽アリの特徴は、羽が4つあるのは同じですが、前と後ろの羽の大きさが一緒です。触角はまっすぐで、胴体はくびれていません。4月から7月にかけて発生します。

シロアリは人目につかない床下などに潜んでいることが多いです。見かけることはなかなかないので、見つけた際にはすでにたくさんのシロアリが潜んでいるかもしれません。シロアリは人間を噛むことはありませんが、木材を食べてしまいます。

また、シロアリとクロアリが一緒にいることもあります。なぜなら、クロアリはシロアリを食べるからです。シロアリはクロアリにとって栄養源なのです。そのため、シロアリがいるのは、クロアリが侵入してくる原因にもなるのです。

羽アリに本格的な対策をするなら徹底的に駆除しよう!

家の中に羽アリを見つけた場合には駆除する必要があります。また、すでにたくさんの羽アリが家の中に潜んでいるということも考えられるので、すぐに駆除しましょう。ここでは羽アリの駆除方法を紹介します。

クロアリの羽アリを駆除する方法

羽アリに本格的な対策をするなら徹底的に駆除しよう!

クロアリの羽アリを駆除する際、忌避スプレーや殺虫剤を使用しましょう。忌避スプレーを網戸などに吹きかけ、侵入を防ぎます。また、忌避スプレーを直接吹きかけ、駆除することもできます。

また、掃除機を使用して吸い込むのも効果的です。薬品を使用するのは抵抗があるという方は、掃除機を使用してもよいでしょう。

シロアリの羽アリを駆除する方法

シロアリの羽アリの基本的な駆除方法もクロアリと同じですが、ひとつ注意点があります。それは、シロアリには、殺虫剤を使用しないほうがよいということです。なぜなら、殺虫剤を使用することでかえってシロアリの住処を広げてしまうおそれがあるためです。

殺虫剤を使用すると、駆除しきれなかったシロアリがほかの場所に逃げていき、逃げた先で新たに巣を作ってしまいます。一ヵ所だけだった被害が殺虫剤で広がってしまうおそれがあるため、殺虫剤での駆除はおこなわないほうがよいのです。

シロアリの羽アリを見つけた際は、掃除機を使用して駆除しましょう。

まずは被害状況を調査してもらおう!

今回紹介した羽アリ対策を試しても駆除できない場合や、自分で駆除するのは不安という方は業者に依頼することをおすすめします。プロの業者であれば、床下など素人では駆除するのが難しい場所にいる羽アリを駆除することができます。知識と経験に基づいて効率的に羽アリを駆除してくれるでしょう。

業者に作業を依頼する際の流れとして、まず作業を依頼する前に、被害状況を調査してもらいます。調査をしてもらった後、見積りを依頼してください。そのあと、とくに問題なければ作業を開始してもらいます。

弊社ではシロアリを駆除する業者を紹介いたします。シロアリでお困りの方はぜひご相談ください。なお、クロアリの駆除は受け付けておりません。ご了承ください。

まとめ

今回は、羽アリ対策について紹介してきました。羽アリはクロアリとシロアリがいて、それぞれで特徴が違います。クロアリの羽アリの特徴は羽が4つあり、前の羽が大きく、触角は「く」の字になっていて、胴体は腹部がくびれていているのが特徴です。

一方、シロアリの羽アリは、羽が4つあるのは同じですが、それぞれ大きさが一緒です。触角はまっすぐで、胴体はくびれていません。

簡単にできる羽アリ対策として、窓を開けっぱなしにしない、網目が小さい網戸に交換する、遮光性のあるカーテンに交換する、この3つを試してください。

羽アリを見つけたら、殺虫剤や掃除機を使用して駆除しましょう。注意点として、シロアリには殺虫剤を使用しないほうがよいです。ほかの場所に移動してしまって、木材などを傷つけてしまうおそれがあります。

自分で羽アリを駆除するのが不安な場合はプロの業者に依頼することをおすすめします。プロの業者であれば、羽アリがどこにいるのか見つけ、効果的に駆除してくれるでしょう。

(この記事は2019年11月06日に加筆・修正されています)

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。
アリ駆除はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
アリ駆除 15,000円(税抜)~
アリ駆除のおすすめ業者を見る >
アリ駆除はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
アリ駆除
15,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-21 11:34:16
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_ant/40704/
害虫駆除
羽アリを見つけたら徹底的に対策する必要があります。羽アリがいるということは近くに巣がある可能性があるからです。羽アリを見つけたら、すぐに対処しましょう。まずは、クロアリの羽アリなのか、シロアリの羽アリなのかを判断します。クロアリかシロアリかによって対策方法がが違ってくるので違いを理解しておく必要があるのです。今回は羽アリの対策について紹介します。また、羽アリ対策するだけでなく、近くに巣がないか調査...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 アリ駆除

お住まいの地域のアリ駆除業者を検索

北海道・東北
  • 北海道3
  • 宮城県・仙台市1
  • 青森県1
  • 岩手県1
  • 秋田県1
  • 山形県1
  • 福島県1
東海
  • 長野県1
  • 静岡県1

詳細検索で探す

アリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

アリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!