生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒアリの駆除について!もしものときに備えて知っておこう

投稿日:2019-11-07 更新日:2019-11-07

ヒアリの駆除について!もしものときに備えて知っておこう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ときどきテレビでも取り上げられるような、おそろしい虫がヒアリです。ヒアリはもともと海外にいたアリですが、日本でもたびたび発見されており、危険視されています。そんなヒアリを、もしかしたら見かける機会もあるかもしれません。

ヒアリと出会ってしまったときに間違った対処をすれば、被害が拡大してしまうおそれがあります。そのため、正しくヒアリを駆除できるような情報を得ておくことが大切です。正しい情報を知っておくことで、ご自身と環境のどちらも守ることができるのです。

ヒアリかどうか迷ったときや危険を感じたときは、無理は禁物です。このコラムで、ヒアリかどうかを判断するための情報を知って、正しい対処をしていきましょう。

発見したヒアリの駆除はどうすればいいのか

もしヒアリのようなアリがいたときは、数が少なければ自分で駆除をしましょう。ヒアリの駆除には、殺虫スプレーや熱湯をかけていきます。ただしベイト剤は、ヒアリのライバルとなるアリも駆除してしまうことがあるので、使用しないようにしましょう。

駆除したら本当にヒアリか確認を

アリを駆除することができたら、本当にヒアリかどうかを確認していきます。ヒアリはやや赤みを帯びた茶色をしており、おしりは黒に近い色をしています。また触覚は10節あり、全体的にツヤツヤとした見た目をしています。この確認をするときは、決して素手で触ることはせず、手袋などをはめておこなうようにしましょう。

ヒアリの駆除について!もしものときに備えて知っておこう

また、ヒアリに似たアリも存在します。以下ではヒアリに似た種類の一部をご紹介するので、見分けるときの参考にしてみてください。

アズマオオズアリ
ヒアリと見た目が酷似しているアリです。基本的には木や石の下などの野外に生息をしていますが、家に侵入してくることもあるようです。

おしりはヒアリと同様に、やや黒っぽい色をしています。また体全体が赤みを帯びていますが、黄色も混じったような色をしていることが特徴です。

ヒメアリ
ツヤツヤとした見た目をしており、おしりが黒っぽい色をしているため、ヒアリと似ています。しかし、ヒメアリの体長は2ミリ程度しかありません。ヒアリは小さいもので3ミリ程度なので、大きさに注目するとよいでしょう。

また、ヒメアリは毒をもっていないものの、被害をもたらします。もしヒメアリを発見したら、「ヒメアリの徹底駆除!生態を知って正しい駆除をしよう!」を参考に対策をしていきましょう。

ヒアリの特徴にあてはまり、似たアリでもなさそうであれば、本物のヒアリかもしれません。ヒアリのようであれば、環境省や自治体などの公共機関に、発見の報告をしましょう。

こんなときは自分で対処せず公共機関へ連絡を

ヒアリが少数であれば、自分で駆除をすることができます。しかしヒアリが多数いたり、蟻塚があったりする場合は、無理して駆除をせずに公共機関へ連絡をしましょう。

蟻塚とは、簡単にいえばアリの巣がある証拠です。アリは巣を作るときに、地面の土を掘っていきます。そのときの土は、アリの巣の近辺に積みあがっていき、盛り上がった形になるのです。その土の塊を、蟻塚と呼ぶのです。

ヒアリを見かけたそばに蟻塚があれば、それはヒアリの巣がある証拠かもしれません。ヒアリが大量に潜んでいるおそれがあるのです。そのため、たくさんのヒアリを見かけたときと同様に、公共機関へ連絡をする必要があります。

もしヒアリがたくさんいるのにも関わらず駆除を試みてしまえば、非常に危険です。ヒアリは毒をもっているため、刺されてしまうおそれがあります。ひどいときにはアナフィラキシーショックを引き起こして命を落としてしまうことも考えられます。

公共機関に連絡をすることで、駆除をしてもらえるだけでなく、国がヒアリの現状を把握することができます。日本にヒアリを定着させないためにも、連絡をおこなうようにしましょう。

政府はどのようにヒアリ駆除をおこなっているのか

ヒアリの定着を阻止するには、国ぐるみで対策をおこなうことが必要です。日本でもヒアリに対する対策がとられています。では、いったいどのような対策がとられているのでしょうか。この章では、主要なヒアリ駆除の対策をご紹介します。

調査
ヒアリはもともと外国に棲んでいるアリなので、侵入されないことが大切です。そんなヒアリの侵入経路として考えられるのが港湾と空港です。そのため、港湾と空港の確認調査は念入りにおこなわれています。

ヒアリの駆除について!もしものときに備えて知っておこう

情報発信
上記でも述べたように、ヒアリを発見してしまったときは、正しい対応をとることが大切です。もし誤った対応をとってしまえば、ヒアリの拡大につながってしまいます。ヒアリに関する情報を知ることは、拡大の阻止にも役立っているのです。

国では環境省や文部科学省が、ヒアリに関する周知をおこなっています。WEBサイトや学校機関で情報発信をしているのです。

薬剤散布
通常のアリは土壌に巣を作ることが多いですが、ヒアリは人工物に巣を作ることがあります。とくにコンテナに棲みつくことが多く、同時に移動もしているようです。そのため、ヒアリの棲み処になるような場所には、燻煙タイプの薬剤で対策をおこなっているようです。

海外のヒアリ駆除や対策の状況

日本ではまだ侵入段階であるヒアリですが、海外ではヒアリが定着してしまっている国もあります。

たとえばアメリカでは、もともとヒアリは棲みついていませんでしたが、侵入によって定着されてしまいました。ヒアリが定着した原因のひとつとして、対応の遅れがあげられます。ヒアリの認知が遅く、被害自体も深刻に捉えられていなかったため、拡大につながったといわれています。

また近くの国の香港もヒアリに侵入されてしまい、定着してしまっています。定着後はヒアリによる農作物への被害に悩まされるようです。

ヒアリに侵入された国は、定着してしまうように感じてしまいますが、ニュージーランドでは根絶に成功しています。ニュージーランドではヒアリによる被害を深刻に捉え、徹底した対策がおこなわれました。

ヒアリはコンテナなどの移動によって、生息域を拡大することが多いです。そこでニュージーランドでは、ヒアリが発見された場所から特定の物の移動を制限し、拡大防止に努めました。また対応が非常に早く、巣がひとつの段階から、このような徹底的な対策をおこなっていたのです。

しかし、これほど念入りな対策をおこなったのにも関わらず、根絶には2年という長い月日を要しています。ヒアリの駆除を短期間でおこなうことは難しいかもしれません。

ヒアリの駆除について!もしものときに備えて知っておこう

まとめ

ヒアリを見つけるときがあるかもしれません。もしヒアリが少数であれば、殺虫スプレーなどを使って駆除をしましょう。しかしヒアリが多数であったり、蟻塚があったりする場合は、無理に駆除をすると危険です。公共機関へ連絡しましょう。

公共機関へ連絡をすることで、国がヒアリの状況を確認することができます。日本では調査や情報の発信、薬剤散布などの対策をしています。連絡をすることで、これらの対策に情報を生かしてくれることが期待できます。

ただしヒアリの駆除を完遂したニュージーランドでは、早急な対応をおこなったのにも関わらず根絶に2年かかっているため、すぐに根絶することは難しいかもしれません。長期的に警戒をする必要があるでしょう。

ヒアリは赤褐色やツヤツヤとした見た目が特徴です。もし発見したのがヒアリではなく、別のアリであるようであれば、業者へ駆除を依頼しましょう。

弊社では、優良な駆除業者を紹介しています。24時間、電話相談も受け付けているので、いつでもお問い合わせしていただくことが可能です。お困りの際はいつでもご相談ください。

アリ駆除はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
アリ駆除 15,000円(税抜)~
アリ駆除のおすすめ業者を見る >
アリ駆除はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
アリ駆除
15,000円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-07 13:45:04
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_ant/174926/
害虫駆除
ときどきテレビでも取り上げられるような、おそろしい虫がヒアリです。ヒアリはもともと海外にいたアリですが、日本でもたびたび発見されており、危険視されています。そんなヒアリを、もしかしたら見かける機会もあるかもしれません。ヒアリと出会ってしまったときに間違った対処をすれば、被害が拡大してしまうおそれがあります。そのため、正しくヒアリを駆除できるような情報を得ておくことが大切です。正しい情報を知っておく...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 アリ駆除

お住まいの地域のアリ駆除業者を検索

北海道・東北
  • 北海道3
  • 宮城県・仙台市1
  • 青森県1
  • 岩手県1
  • 秋田県1
  • 山形県1
  • 福島県1
東海
  • 長野県1
  • 静岡県1

詳細検索で探す

アリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

アリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!