生活110番ニュース 害虫駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

アカカミアリは危険なアリ!刺されないための駆除方法を紹介

投稿日:2019-09-23 更新日:2019-10-03

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

家の周りでアリを見かけることはよくありますが、茶褐色の見慣れないかたちをしたアリを見つけることもあるでしょう。その茶褐色のアリは、アカカミアリかもしれません。アカカミアリは毒があり、むやみに触ると危険な生物であるため、駆除が必要です。

この記事では、家にいる茶褐色のアリがアカカミアリかどうか見分ける方法や駆除方法について紹介します。アカカミアリの駆除方法がわかれば、刺される危険を防ぐことができるでしょう。

アカカミアリはヒアリに似た危険なアリ

アカカミアリは、ヒアリのように毒を持つ危険な生き物です。家にいるアリが本当にアカカミアリなのかを判別するためには、その生態や外見などを把握しておかなければなりません。アカカミアリの危険性も含めて紹介していきますね。

アカカミアリの生態

アカカミアリは、本来アメリカ合衆国南部から中米にかけて生息しているアリです。高温多湿な亜熱帯や暖かい気候を好みますが、近年日本でも発見されるようになりました。おもに、土が露出した土地や草が生い茂った土地に生息し、土の中に巣を作る傾向があります。

また、何でも食べる雑食性ですが攻撃性も高く、小さな虫を集団で襲って餌にすることもあるようです。さらに水面を集団で泳いで移動することもできるため、あらゆるところに生育領域を広げていきます。

アカカミアリの外見

アカカミアリは、約3~8mmの大きさで全体的に茶褐色をしているのが特徴です。働きアリの頭は四角くなっており、胸とお腹の間には、2つのこぶがついています。そして、お尻の先には毒針を持っているのです。

見た目は非常にヒアリと似ていて、ちょっと見ただけでは区別がつきにくいかもしれません。ヒアリはアカカミアリより少し小さく、2.5~6mmほどしかありません。また、アカカミアリの腹部が茶褐色をしているのに対して、ヒアリは黒っぽい色をしています。体長ではなかなか見分けがつかないので、お腹の色で見分けるとよいでしょう。

アカカミアリの危険性

先ほども紹介しましたが、アカカミアリはお尻の先に毒針を持っています。刺されると強い痛みがあり、場合によってはアレルギー症状を起こしてしまう危険性があるのです。アカカミアリはヒアリより毒性は低いとされていますが、刺されると危険なアリであることは間違いありません。アカカミアリを発見しても素手では触らないようにしましょう。

アカカミアリかどうか見分けるための2つのステップ

まずは、家の周りにいるアリが本当にアカカミアリかどうかを見分けることからはじめましょう。アカカミアリかどうかを見分ける方法やポイントを紹介します。

ステップ1駆除する

アカカミアリかどうか判別するには、数匹のアリを駆除して観察する必要があります。アカカミアリかどうかを見分けるための駆除には、殺虫スプレーや熱湯をかけて数匹だけ駆除しましょう。なぜなら、アリは植物につく害虫や家を食害するシロアリなどを食べてくれるといったメリットがあるからです。

毒餌で巣ごと全滅させるベイト剤を置けばアリは駆除できます。しかし、アカカミアリでなかった場合、アリがいなくなるとシロアリやアブラムシなどの害虫が増えるといったデメリットがあるのです。そのため、このときのアリの駆除は、あくまで個体を観察するための駆除として考えるようにしてください。

ステップ2観察する


駆除したら、アリをよく観察してみましょう。手に取る際は、必ずゴム手袋などをして素手で触らないようにしてください。アカカミアリの特徴を見ていきましょう。

【アカカミアリかどうか見分ける6つのポイント】

・体の大きさが3~8mm
・胸部と腹部の間にこぶが2つある
・頭が四角く、個体の大きさにばらつきがある
・足が6本ある
・全体的に茶褐色をしている
・触角が「く」の字に曲がり、膨らんだ先が2つの節からなっている。

これらの6つのポイントが当てはまれば、アカカミアリかもしれません。自分ではなかなか判断しづらいときは、自治体に相談してみるのもひとつの手です。自治体によっては、駆除したアリがアカカミアリどうかを鑑定してくれるようです。もしアカカミアリであれば放置しておくと刺される危険もあるため、駆除しましょう。

アカカミアリだった場合の対処法

家の周りにいたアリがアカカミアリだった場合、すぐに駆除する必要があります。また、ヒアリも毒性が強いアリとして知られているため、駆除しなくてはなりません。危険なアカカミアリやヒアリを安全に駆除する方法を見ていきましょう。

アカカミアリを駆除する方法

アカカミアリやヒアリを発見して駆除する場合は、直接殺虫スプレーや熱湯をかけて駆除しましょう。駆除をおこなう際は、アカカミアリに刺されないように、露出がない服装でおこなってください。また、死んだアカカミアリも危険であるため、素手では触らないようにしましょう。

毒餌を置いて巣ごと駆除するベイト剤も有効ですが、アカカミアリやヒアリ以外のアリも駆除してしまいます。先ほども述べたようにアリがいなくなると、シロアリなどが増えてしまうといった環境変化が起こってしまうのです。

また、アカカミアリやヒアリ以外のアリが少なくなることで、アカカミアリが住みやすい環境を作ってしまうことも考えられます。ベイト剤を使うときは、事前に自治体や業者などに相談することをおすすめします。自治体は、状況に応じた対策を教えてくれるはずです。また、アリ駆除業者は駆除に慣れているため、的確な方法で駆除してくれるでしょう。

アカカミアリの被害を予防する方法

アカカミアリやヒアリだとわかってもすぐに駆除できないときもあります。そんなときは、刺されないように予防策をおこないましょう。アカカミアリが発見された庭などに出るときは、長そで長ズボンで肌が見えないような服装にしてください。

とくに花壇や菜園などの作業をする際は、ゴム手袋をつけて作業しましょう。アカカミアリが登ってきそうな足元には、ベビーパウダーをつけておくとアリが登ってきにくくなります。

また、庭に出るためのサンダルは置いたままにするとアカカミアリが入り込んでしまうおそれがあります。知らずに履いてしまうと刺される危険性があるので、必ず玄関などに戻すようにしましょう。

アカカミアリ以外のアリだった場合の対処法

個体を観察してアカカミアリではなかった場合は、姿かたちが似たアリかもしれません。アカカミアリに似たアリにはどんな種類がいるのか見ていきましょう。また、アカカミアリ以外のアリの駆除方法も紹介します。

アカカミアリと勘違いしやすいアリ

アカカミアリと似たアリには、キイロシリアゲアリやハリブトシリアゲアリなどがいます。キイロシリアゲアリは、名前のとおり黄色っぽい色をしています。大きさは2~3mmほどと、アカカミアリに比べて小さいのが特徴です。

腹部は丸みをおびて大きいですが、アカカミアリのように2つのこぶはありません。秋には羽アリとなり、繁殖行動をおこないます。また、明るい街灯や窓などに集まる習性があるため不快に感じる方もいるかもしれません。

ハリブトシリアゲアリは黒や茶褐色をしていて、大きさは2~3.5mmです。ハリブトシリアゲアリもアカカミアリより小さいようです。梅雨ごろには羽アリとなって周辺を飛ぶようになります。

どちらも人間に対して大きな害があるアリではありません。気にならないようであれば放置しても、さほど問題はありませんが、羽アリが家に侵入してくることもあるようです。このようなアリの被害にお困りのようでしたら、適切な方法で駆除することをおすすめします。

アリを駆除する一般的な方法

アリを駆除するには、3つの方法があります。まずは、殺虫スプレーを散布する方法です。この方法は、目の前にいるアリを駆除するときに非常に有効です。家の中に侵入したときや、アリを発見したときは直接殺虫スプレーをかけて駆除しましょう。

次の方法は、毒餌といわれるベイト剤を置く方法です。ベイト剤とは、アリが寄ってくる毒入りの餌を置いて、巣に持ち帰らせ毒餌を食べたアリを駆除するものです。この方法は、巣にいるアリを駆除できるため、駆除効果も高いといえます。

ベイト剤は、巣の近くや普段見かける場所に置いておくと、アリが毒餌を持ち帰りやすくなります。毒餌を置いたら2週間ほどそのままにしておくと効果を発揮してくれます。

最後に紹介するのが、アリ駆除業者への依頼です。殺虫スプレーやベイト剤を使って一向にアリがいなくならない場合は、プロにまかせるのが1番です。アリ駆除業者はアリの種類などに詳しく、適した駆除方法を選んでおこなってくれます。

生活110番には、たくさんのアリ駆除業者が加盟しています。無料で現地調査をおこない、見積りを取ることもできるので、気軽にご連絡ください。

まとめ

腹部が茶褐色で背中に2つのこぶがあるアリが家のまわりにいたら、アカカミアリかもしれません。アカカミアリかどうかを確かめるには、数匹駆除してじっくり観察してみましょう。もしアカカミアリだった場合は刺される危険性が高いため、素手で触らないように気をつけてください。

自分で駆除するときは、殺虫スプレーや熱湯をかけておこないましょう。毒餌は駆除しなくてよいアリまで駆除してしまうことがあるため、むやみに使ってはいけません。難しいようであれば、自治体やアリ駆除業者にまかせるのがおすすめです。アリ駆除業者は、今後被害がないようにアカカミアリの巣も駆除してくれるでしょう。

アリ駆除はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
アリ駆除 15,000円(税抜)~
アリ駆除のおすすめ業者を見る >
アリ駆除はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
アリ駆除
15,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-03 12:59:18
https://www.seikatsu110.jp/vermin/vr_ant/165865/
害虫駆除
家の周りでアリを見かけることはよくありますが、茶褐色の見慣れないかたちをしたアリを見つけることもあるでしょう。その茶褐色のアリは、アカカミアリかもしれません。アカカミアリは毒があり、むやみに触ると危険な生物であるため、駆除が必要です。この記事では、家にいる茶褐色のアリがアカカミアリかどうか見分ける方法や駆除方法について紹介します。アカカミアリの駆除方法がわかれば、刺される危険を防ぐことができるでし...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

害虫駆除 アリ駆除

お住まいの地域のアリ駆除業者を検索

北海道・東北
  • 北海道3
  • 宮城県・仙台市1
  • 青森県1
  • 岩手県1
  • 秋田県1
  • 山形県1
  • 福島県1
東海
  • 長野県1
  • 静岡県1

詳細検索で探す

アリ駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

アリ駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!