生活110番辞典 パソコン&周辺機器修理

あると便利なBluetoothキーボード!用途に合わせた商品紹介!

2018-12-03

あると便利なBluetoothキーボード!用途に合わせた商品紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

パソコンを操作するとき、マウスとキーボードを使っていますよね。皆さんご存知の通り、キーボードは主にパソコンに文字を入力するために使用されるものです。

現在では、パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンにも使うことができるようなキーボードがあるのをご存知でしょうか?さらに、販売されているキーボードの中には、有線タイプのものだけでなく、無線タイプのキーボードもあるのです。この無線タイプのひとつとして「Bluetoothキーボード」があります。

そして、Bluetoothキーボードにもさまざまな種類が販売されているのです。一般的なデスクトップのパソコンにも使われるようなものから、250mlほどのペットボトルくらいしかない非常に小さなキーボードもあったりします。Bluetoothキーボードを探しているといってもサイズだけで何倍もの差があるため、自分がキーボードを使用する状況などを明確にしておきましょう。

Bluetoothキーボードを選ぶことは難しく、自分に適したものを選ばないと使いづらいかもしれません。そこでこのコラムでは、Bluetoothキーボードを選ぶときに参考になる選び方を紹介します。Bluetoothキーボードを使用するときの接続方法も紹介するので、参考にしてみてください。

Bluetoothキーボードは無線キーボードの一種

Bluetoothキーボードを選ぶポイントを紹介する前に、そもそもBluetoothとはどのようなものかを説明しましょう。Bluetoothとは、ケーブルを使用した有線接続とは異なり、ケーブルなしで接続できる「無線」の中の1つの規格です。このため、Bluetoothの規格に対応している2つの製品を接続することで、短い距離でのデータのやりとりをおこなうことができるのです。
現在では、パソコンやキーボードだけでなく、イヤホンやヘッドホンなどにも搭載されているものがあります。

では、同じ無線の規格であるWi-FiとBluetoothとはなにが異なるのかご存知ですか?

Wi-Fiの特徴として、パソコンやスマートフォンなどのさまざまな機器を同時に接続するということがあります。さらに、それぞれのデバイスの通信速度が速いことも特徴のひとつです。しかし、Wi-Fiのルーターは消費電力が大きいことから、コンセントに常に接続する必要があります。

対してBluetoothは、2つのデバイスを互いに接続するものがほとんどになります。Wi-Fiと比べて接続できる距離が短いことが特徴です。
メリットとして、デバイスの消費電力が少ないということがあります。消費電力が少ないことから、キーボードやマウスといった機器だけでなく、イヤホンやヘッドホンなどにも使われているのです。

このように、Wi-FiとBluetoothにはそれぞれメリットとデメリットがあるため、使用する目的や環境によって使い分けることがよいでしょう。


また、無線タイプのキーボードはBluetoothキーボードだけではありません。Bluetooth以外の規格を用いたものも販売されています。そのキーボードのタイプは、「2.4Ghzワイヤレス接続」と呼ばれる2.4Ghz帯域の電波を用いたキーボードです。

2.4Ghzワイヤレス接続のキーボードはBluetoothと同じ無線を使用していますが、このキーボードの特徴は、Bluetoothより安価なことや、レシーバーをUSBに差し込むだけで使用できることです。
また、Bluetoothが搭載されていないパソコンでも無線を使用することができます。

しかし、レシーバーを接続するためのUSBポートが必要であることや、そもそもレシーバーを失くしてしまうと使えないということを覚えておきましょう。2.4Ghzワイヤレス接続のキーボードは、安価ではありますが、レシーバーを使用することでしか無線接続ができないことに注意が必要なのです。


では、Bluetoothのキーボードと有線のキーボードではどのようなことが異なるのでしょうか。有線のキーボードとは、パソコンに直接ケーブルを接続して使用する従来のものです。パソコンとの接続が簡単にできるため、誰でもすぐに使用できます。
ケーブルに直接繋いでいるので、電池の心配や充電をする必要がありません。さらに、Bluetoothキーボードよりも安価に購入することができることもうれしいところです。

Bluetoothタイプのキーボードの一番のメリットは、ケーブルが不要であることです。そのため、パソコンに接続できる範囲内ならどこででも使用することが可能です。
しかし、無線であることからどうしても定期的に電池交換や充電をする必要があるというデメリットがあります。

また、Bluetoothに対応していれば、どんなデバイス同士でも接続することができるわけではありません。
Bluetoothを使う機器は主に、パソコンやスマートフォンなどの「親機」とキーボードやイヤホンなどの「子機」に分かれており、それぞれのデバイスがBluetoothに対応していることが重要です。

Bluetooth機能は、プロファイルと呼ばれる設定を決めるファイルでカテゴライズされます。パソコンにマウスやキーボードを接続するためのHIDと呼ばれるプロファイルや、スマートフォンとヘッドホンを接続して音楽を聴くためのA2DPなどです。音楽の再生や音量の調節をリモコンで操作するためのプロファイルはAVRCPというものになっています。

このように、それぞれのデバイスが接続をするプロファイルに対応していなければ、Bluetoothを使うことができません。たとえば、スマートフォンは音楽を聴くためのA2DPと音楽再生のAVRCPのプロファイルを持っていたとします。しかし、接続するヘッドホンはA2DPに対応しているけれどAVRCPに対応していないという場合には、音楽の再生や音量の調節をすることができません。
そのため、Bluetoothに対応しているデバイスを購入するときには、あらかじめどのような機能を搭載されているのか確認をしておくことが大切です。

Bluetoothキーボードは無線キーボードの一種

用途に合わせてBluetoothキーボードを選ぼう

Bluetoothとはなにかを簡単に説明したところで、Bluetoothキーボードを選ぶときのポイントを紹介します。Bluetoothキーボードを選ぶときに考えておきたいことは、サイズやキーストローク、マルチペアリングや電池容量、対応しているOSがあります。順番に説明をしていくので、ポイントを抑えて自分に適したBluetoothキーボードを見つけることの参考にしてみてください。

サイズ

Bluetoothキーボードを選ぶときにもっとも重要だと考えられるのは、キーボードの大きさです。キーボードの大きさによって、キー同士の間隔(キーピッチの幅)や持ち運びのしやすさなどが異なります。大きなキーボードにすると、キーピッチの幅も十分に取れることから、押し間違いが少なくなるでしょう。自宅やオフィスでBluetoothキーボードを使いたい人は、テンキーやファンクションキーも搭載されている大きなキーボードを選ぶことをおすすめします。

対して、カフェなどといった外出先で多く使用したいと考えている人には、小型のキーボードをおすすめします。小型のキーボードは持ち運びがしやすく、軽いものが多いです。
しかし、とにかく小型のキーボードを選べばよいというわけでもありません。小型のキーボードになればなるほど、テンキーやファンクションキーがなく、キーピッチも狭くなります。また、キーボードによっては、DeleteキーやBackspaceキーなどもない場合があります。こうなると、キーボードの使いやすさが大きく損なわれてしまうかもしれません。もし持ち運ぶことを考えている場合には、自分が必要とするキーや押し間違いを少なくなるキーピッチのサイズがどの程度なのかを把握しておくことが大切です。

電池容量

Bluetoothキーボードを選ぶときには、電池容量も重要です。Bluetoothキーボードを動かす方法として一般的なものは、電池式のものと充電式のものになります。

充電式のキーボードは、パソコンのUSBなどに接続をして充電するものです。電池がなくなったらパソコンからすぐに充電をすると使えるようになるため便利ですが、充電をしながらキーボードを使うことはできません。
電池式のキーボードは、電池を電力供給としており、一度に使用できる時間は長いです。

キーボードを選ぶときは1度にどれくらいの時間使用することができるか確認をしておきましょう。

対応しているOS

Bluetoothキーボードによっては、対応しているOSが決められていることがあります。そのため、対応していないキーボードを買ってしまったら使うことはできません。最近のBluetoothキーボードは、Windows・MacOS・iOS・AndroidのすべてのOSに対応しているものが多いですが、中には対応しているOSが限られているものがあります。
このため、自分が使用したいと考えているデバイスを明確にしておくことが大切になります。

キーストローク

キーストロークとは、キーボードを押したときにどれくらいキーが沈むかを示したものです。デスクトップなどに使われている一般的なキーボードのキーストロークは、4mm程度です。ノートパソコンのキーストロークは、約2mm~3mmものが多いといわれています。

キーストロークは、深くなることでキーボードの打ち心地がよくなり、押しているという感じが強くなります。キーストロークが浅い場合は、キーを押しているという感触が得られないかもしれません。自分に適していないキーストロークを使っていると操作感が悪くなってしまうでしょう。

また、自分に合わないキーボードで長時間の作業をしていると腱鞘炎にあるおそれがあります。このため、自分に合ったキーストロークを選ぶとキーボードが使いやすいでしょう。

マルチペアリング

マルチペアリングとは、1台のBluetoothキーボードに複数の接続先を登録しておくことです。
普通、キーボードは、1度接続を切断してしまうと、接続をするたびに設定をする必要があります。しかしマルチペアリングが使用できるキーボードでは、いくつかのパソコンの情報を保存しているため、余分な設定をする必要がありません。ただし、規定数以上の記憶はできないため、注意する必要があります。

マルチペアリングは、1台のキーボードで複数のパソコンを操作したいときに役立つでしょう。キーボードのキーを押すだけで接続先を変更できるものも販売されています。

用途に合わせてBluetoothキーボードを選ぼう

【わずらわしい配線から解放されよう】Bluetoothキーボードのおすすめ5選

ここまで、Bluetoothキーボードを購入するときのポイントとしていくつか紹介しました。キーボードによって搭載されている機能は異なり、自分に適したキーボードがどれか選ぶことは難しいでしょう。
そこで、はじめてBluetoothキーボードを買いたいと考えている人におすすめできる商品をを紹介します。


バッファロー BSKBB300BK BT3.0対応 コンパクトキーボード ブラック
【わずらわしい配線から解放されよう】Bluetoothキーボードのおすすめ5選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

とりあえずBluetoothキーボードを使ってみたいと考えている人におすすめできるキーボードです。このキーボードは、Bluetooth3.0に対応しているため、パソコンだけでなく、PS4やiPhoneなどに接続することができます。小型のキーボードになっており、縦12.2cm×横28.5cmほどの大きさであり、重さが300gほどしかないことから持ち運びにも便利です。電池を用いて動かすため、約1年間も電池を交換しなくても使用できます。

キーひとつひとつが独立しているアイソレーションキーボードであることからタイプミスが少なく、爪が長い人でも打ちやすい構造になっています。キーの構造が確実に押し込むことができるパンタグラフ構造を採用しています。たた、テンキーでDeleteキーがないことを考慮しておきましょう。


Logicool ロジクール K380BL Bluetooth ワイヤレス キーボード マルチOS:Windows Mac iOS Android Chrome OS 対応
【わずらわしい配線から解放されよう】Bluetoothキーボードのおすすめ5選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

複数のデバイスで同じキーボードを使いたいと考えている人におすすめのキーボードです。このキーボードは、マルチペアリング機能を搭載しているため、同時に最大で3台のデバイスに接続することができます。それぞれのデバイスの切り替えはEasy-Switchボタンを押すだけなので、簡単に切り替えることができるでしょう。
また、複数のOSに対応しており、Windows、MacOS、Chrome OSなどのデバイスで使用することができます。それぞれのOSに合わせたショートカットを自動的に設定してもらえるところも使いやすいところです。

このキーボードは単4電池の2本を用いることで最大2年間も使用することができます。コンパクトで27.9×12.4×1.6cmほどの大きさしかないことからかばんに入れて持ち運ぶことも可能です。2年間の保証がついているところも安心できる点のひとつになります。


Kanex マルチ同期機能 Bluetooth アルミニウム キーボード K166-1013
【わずらわしい配線から解放されよう】Bluetoothキーボードのおすすめ5選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

Bluetoothキーボードでシンプルかつおしゃれなものを探している人におすすめできるキーボードになります。このキーボードはアルミニウムを用いて製造されているため、高級感あふれるキーボードです。フルキーボードと呼ばれるキーボードであるため、ファンクションキーやテンキーはもちろん、矢印キーなどが搭載されています。このため、デスクトップ用パソコンのキーボードと同じように使えるでしょう。

このキーボードは2つの単4乾電池で動きます。マルチペアリングに対応しており、最大で4台ものデバイスに接続することが可能です。ただし、このキーボードは英語配列であるため、使い慣れていない人は注意する必要があります。


Logicool ロジクール KX1000s bluetooth ワイヤレスキーボード CRAFT マルチデバイス Windows,Mac対応 Adobe CC対応, FLOW機能対応
【わずらわしい配線から解放されよう】Bluetoothキーボードのおすすめ5選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

写真編集や映像作成などのクリエイティブな作業を直感的におこないたいと考えている人におすすめのキーボードになります。このキーボードの特徴は、キーボードの左上に設置されているダイアルを回して数値の調整することです。そのため、より細かな調整を直感的におこないたいときにおすすめできます。

このキーボードはマルチペアリングに対応しており、最大で3台までのデバイスを操作することができます。タイピングがしやすくなるように、球状のキーのくぼみを持たせる仕組みです。鮮やかなバックライトが搭載されており、使用環境の照明に合わせて自動的に明るさを変化します。


FILCO Majestouch Convertible2 英語キーボード USB・Bluetooth (無線) 両対応【フルサイズ 104キー Cherry製キースイッチ メカニカルキーボード ASCII・US配列】 (青軸)
【わずらわしい配線から解放されよう】Bluetoothキーボードのおすすめ5選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

Bluetoothタイプのキーボードだけど、ファンクションキーやテンキーが搭載されているものがほしいと考えている人におすすめです。このキーボードはUSBを用いた有線接続でもBluetoothを用いた無線接続でも操作ができるので、状況に応じた使い方ができるでしょう。
電池は、単3乾電池を2つ使用することで、約6ヶ月もの使用ができます。

マルチペアリングを搭載しているため、最大で4台ものデバイスとペアリングをすることができます。それぞれのデバイスとは、切替キーを押すことで簡単に切り替えることが可能です。
また、CHERRY MXスイッチと呼ばれるものを採用しているので、キーを押したときにカチッと高い音がなり、爽快感のある操作ができるでしょう。

【携帯性に優れたモバイル用】Bluetoothキーボードのおすすめ6選

Bluetoothキーボードを選ぶ上で、持ち運びがしやすいことを主な目的に選ぶ人もいらっしゃいます。持ち運びがしやすいのは小さいものや軽いもの、折りたたむことができるものです。そこで、それぞれの特徴に応じた持ち運びがしやすいBluetoothキーボードのおすすめをピックアップして紹介します。


iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BK
【携帯性に優れたモバイル用】Bluetoothキーボードのおすすめ6選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

持ち運びに使いやすい小型のBluetoothキーボードを探している人におすすめです。このキーボードの重量はわずか152gほどで、大きさは23.3×0.6×12.5cmしかありません。このため、持ち運んでも負担にならないでしょう。
このキーボードは充電式となっており、一度充電をするだけで約167日も使用できます。

このキーボードはすべてのキーが独立しているアイソレーションキーボードです。さらに、キーのひとつひとつはパンタグラフ式と呼ばれる確実な入力がおこなえるようになっています。このため、キーボードの押し間違いが少なく、タイピングがしやすい仕様です。


キーボード Bluetooth 折りたたみ式 薄型 ワイヤレス ブルートゥース スマホ タブレット 専用 iPhone/iPad / Andriod 対応
【携帯性に優れたモバイル用】Bluetoothキーボードのおすすめ6選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

小さく折りたたんで持ち運びができるようなBluetoothキーボードを探している人のおすすめになります。このキーボードは3つ折りにして畳むことができ、畳んだときの大きさははがきと同じくらいです。キーボードを使いたいときは開くだけで電源が入り、畳んだら電源を切ることができます。重さは185gほどしかないことから、持ち運ぶことも簡単です。

アイソレーションキーボードであるため、複数のキーを同時に押してしまうことを防ぐことができます。アルミニウム製のキーボードであるため耐久性が高く、見た目もおしゃれな感じにしてくれるでしょう。このキーボードには、1年間の製品保証がついているところもうれしい点です。


【Newiy Start】bluetooth キーボード android iphone Windows スマホ タブレットに対応 ワイヤレスキーボード テンキー付 静音 防水 防塵 洗える シリコンキーボード NS-SIK068
【携帯性に優れたモバイル用】Bluetoothキーボードのおすすめ6選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

キーボードを小さくまとめて持ち運びたいと考えている人におすすめです。このキーボードはシリコンでできているため、小さく丸めることができます。さらに、使用していることによるほこりや食べかすなども水で流すことが可能です。

ただし、充電をおこなうためのUSB差し込み口は防水ではないので、注意が必要です。USBに接続をして充電をすることができ、充電をしてしまえば、最大で80時間もの作業が可能になります。

また、Windows、MacOSだけでなく、iOSやAndroidにも対応していることから、さまざまなデバイスに接続をして使うことができます。製品の保証期間が1年間あるので、もしキーボードが故障しても安心です。


【Ewin】ミニ bluetooth キーボード Mini Bluetooth keyboard タッチパッドを搭載 バックライト付き 小型キーボード マウス 一体型 無線 USB レシーバー付き ブラック【日本語説明書付き】
【携帯性に優れたモバイル用】Bluetoothキーボードのおすすめ6選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

とにかく小型のBluetoothキーボードがほしいと考えている人におすすめです。このキーボードのサイズは15.0×5.0cmという大きさしかなく、重さもわずか90gしかありません。かばんや服のポケットに入れておくことができるサイズです。このキーボードには、右側にマウスを操作することができるタッチパッドが用意されています。このため、マウスやキーボードがなくてもデバイスを操作できます。さらに、ゲームコントローラーとしても利用可能です。

対応しているOSには、WindowsやMacOSだけでなく、iOSやAndroidも含まれています。内蔵型のリチウム電池を搭載しているため、2時間の充電だけで、最大20日間も使用することが可能です。LEDライトがついているため、夜見づらいときでも、はっきりとキーボードをみることができます。


【国内正規品】LG Bluetooth対応ロール式キーボード(iOS, Android, Windows対応)英語版 KBB-700
【携帯性に優れたモバイル用】Bluetoothキーボードのおすすめ6選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

折りたたむときに立方体にして収納することができるようなキーボードを探している人におすすめです。このキーボードはロール式と呼ばれ、キーボードの列ごとにひとつの辺になるように折りたたむ形になります。折りたたむと26.2×2.5×2.5cmほどの大きさで、キーボードを開くことで電源が入り、畳むことで電源がきれる仕様になっています。
マルチペアリングが搭載されていることから最大で2台まで接続することができるでしょう。

単四のアルカリ電池を使用しているため、充電を気にする必要はありません。スマートフォンやタブレットを安定して設置するためにビルトインスタンドと呼ばれる機能があります。


マイクロソフト 薄型キーボード Bluetooth対応/ワイヤレス/折りたたみ Windows/Androidタブレット/iPad, iPhone対応 Universal Foldable Keyboard GU5-00014
【携帯性に優れたモバイル用】Bluetoothキーボードのおすすめ6選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

しっかりとした折り畳み式のキーボードがほしいと考えている人におすすめのキーボードです。これは室内でも外出先でも使用できるようなキーボードになっています。このキーボードは、WindowsやMacOSだけでなく、スマートフォンのOSにも対応しているので大変便利です。最大で2台のデバイスに接続することができるようになっています。

防滴設計がなされているため、水やお茶をこぼしてしまっても安心です。折りたたんだときには、12.5×14.6×10.5cmという大きさになるので、かばんにしまっても邪魔になりません。

充電式にリチウム式のバッテリーが入っているため、10分間の充電で約1週間使うことができます。1.5時間充電するとフルに充電することができるため、最大で約3か月使用することが可能です。

Bluetoothキーボードの設定方法

Bluetoothキーボードを購入したときに家に届いてもすぐにキーボードを使えるわけではありません。キーボードを使うときには、デバイスとキーボードを接続するための設定をおこなう必要です。

接続するデバイスのOSによって接続方法が異なるので、OS(Windows、MacOS、iOS、Android)に応じたそれぞれの接続方法を紹介します。

Windows(Windows10の場合)

一般的なパソコンに搭載されていることが多いOSがWindowsになります。このWindowsにおけるBluetoothキーボードの接続方法は、Windowsの設定を変更することです。

まず、Windowsのスタートボタンを押して、設定を開きます。設定画面の中にあるデバイスを選択して、さらにその中にあるBluetoothを選択するとBluetoothデバイスを検索する画面に移るのです。

デバイスを検索する状態になったら、Bluetoothキーボードをペアリングモードに変更しましょう。そうするとパソコンにキーボードがデバイスとして認識されます。認識されたらペアリングしたいキーボードを選択し、その中にある「ペアリング」を選択してください。キーボードに入力を要求されたら、キーボードから入力をしてEnterキーを押せば使えるようになります。

MacOS

最初にキーボードの電源を入れて、ペアリングモードに変更します。ペアリングモードに変更する方法は、キーボードの取扱説明書を書かれているので読んでおきましょう。

MacOSでアップルメニューの中にある「システムの環境設定」を選択します。次に、「Bluetooth」を選択して、接続したいキーボードを見つけたら「接続」を選択してキーボードを接続しましょう。もし、キーボードの入力が求められたら入力をしてEnterキーを押します。

iOS

iPhoneやiPadに搭載されているiOSのBluetoothキーボードの接続は、デバイスの設定画面から可能です。具体的な方法は、ホーム画面の中にある「設置」をタップして、設定の中にある項目のひとつの「Bluetooth」をタップします。「Bluetooth」がオフになっている場合はオンに切り替えましょう。切り替えることができたらキーボードをペアリングモードにします。

ペアリングモードにする方法は、キーボードによって異なるため、取扱説明書をみて確認をしてから操作しましょう。キーボードのペアリングモードをオンにできると、デバイス側にキーボードの機器が表示されるのでタップします。そうするとBluetoothペアリング画面からコードを要求されるので、キーボードで入力をしてEnterキーを押しましょう。

Android

ホーム画面にある「設定」をタップして、無線とネットワークの中にある「Bluetooth」をタップしてください。Bluetoothがオフになっている場合にはオンに切り替えます。

ペアリングモードにする方法は、キーボードの取扱説明書に掲載されているので確認をしておきましょう。しばらくすると、「使用可能な機器」の中に表示されるので、タップをして選択します。キーボードによっては入力を求められる場合があるため、表示されているキーを入力して、Enterキーを押すと使えるでしょう。

まとめ

Bluetoothキーボードは、デバイスが対応していれば、新たな付属品をつけることなく使用することができます。さらに、ケーブルを使用せずに無線でキーボードを使うことができる便利な機器です。
しかし、現在では大きさや給電方法が異なるさまざまな機能を搭載したキーボードが販売されているため、自分に適したBluetoothキーボードを探し出すことは難しいかもしれません。

たとえば、サイズによって持ち運びがしやすくなるものや、電池容量が大きいため長時間使用できるものがあります。キーストロークが深いものは、キーを押していることを感じやすいです。
さらにマルチペアリング機能があると、1台のキーボードに複数のデバイスを接続することができます。キーボードによっては、使用できるデバイスのOSが決められていることがあるので、購入をする前に注意が必要です。

今回は、Bluetoothキーボードを選ぶために参考となるBluetoothとはどのようなものかという説明と、キーボードを選ぶときのポイントを紹介しました。キーボードによって、サイズ、電池容量、キーストローク、対応OS、マルチペアリングを抑えておくと選びやすいです。

自分が使用する用途に近いBluetoothキーボードを見つけることが難しいなら、ピックアップして紹介した中から合いそうなのを選んでみるとよいかもしれません。

パソコン周辺機器修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「パソコン周辺機器修理」をご覧ください。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5
完全無料!厳選した全国の
パソコン周辺機器修理業者を探せます。

最新記事

おすすめの記事

暮らしのトラブルに備えよう!
あると安心のパンフレット
2018-12-03 16:30:19
https://www.seikatsu110.jp/sp/pc/pc_peripherals/125408/
パソコン&周辺機器修理

シェアリングテクノロジー株式会社

パソコン周辺機器修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

パソコン周辺機器修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

  • お名前必須

  • 電話番号必須

  • 都道府県必須

  • 相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

辞典カテゴリー

  1. 害虫駆除

    害虫駆除の全て

    ハチ駆除

    シロアリ駆除

    アリ駆除

    衛生害虫駆除

    ゴキブリ駆除

    ムカデ駆除

  2. 便利屋・代行サービス

    便利屋・代行サービスの全て

    遺品整理

    お墓の手入れ

    不用品回収・リサイクル

    雪かき、除雪

    原状回復

    家事代行サービス

    生前整理・老前整理

    特殊清掃

    家具組立・移動

    あて名書きサービス

    介護サービス

    家政婦

    車検代行

    代筆業

    秘書代行サービス

    ベビーシッター

    翻訳業

    梱包サービス

    記入・申告代理サービス

  3. 外壁・屋根

    外壁・屋根の全て

    解体工事

    屋根工事

    瓦工事

    外壁工事

    外張り断熱工事

    タイル工事

    外壁塗装

    左官工事

  4. 家の修理

    家の修理の全て

    畳・襖・障子張り替え

    壁紙修理

    給湯器修理・交換

    配管工事

    空調設備工事

    地盤改良工事

    雨漏り修理

    水漏れ修理・トイレつまり工事

    防水工事

  5. 各種調査

    各種調査の全て

    盗聴器調査

    耐震診断

    アスベスト調査

    地盤調査

    興信・探偵

    市場調査

    水質検査

    騒音検査

    地質調査

    DNA鑑定

  6. お庭

    お庭の全て

    砂利敷き

    フェンス設置工事

    塀工事

    ブロック工事・コンクリート工事

    ウッドデッキ設置

    電動シャッター設置・修理

    シャッター修理

    駐車場工事

    バルコニー設置

    物置設置

    テラス工事

    門周り

    サイクルポート

    カーポート

    アスファルト工事

    草刈り

    剪定

    伐採

    芝張り

    庭石配置

    植木栽培・販売

    人工芝設置

    人工樹木設置

  7. 窓・ドアの修理・防犯

    窓・ドアの修理・防犯の全て

    ガラス修理・交換

    サッシ修理

    ドアノブ修理

    防犯窓

  8. 家のリフォーム

    家のリフォームの全て

    キッチンリフォーム

    家全体のリフォーム

    ペット共生リフォーム

    ホームシアターリフォーム

    バリアフリーリフォーム

    太陽光発電設備設置

    手すり設置

    水回りリフォーム

    トイレリフォーム

    バスルームリフォーム

    サウナ設備設置

    床暖房設置

    クロス工事

    珪藻土工事

    内装工事

    クッションフロア施工

    フロアタイル施工

    窓ガラスコーティング

    水回りコーティング

    フロアコーティング

    断熱工事

    防音工事

    耐震工事

  9. パソコン&周辺機器修理

    パソコン&周辺機器修理の全て

    パソコン修理

    コピー機修理

    データ復旧

    スマホデータ復旧

    パソコン周辺機器修理

  10. 鍵の修理・防犯

    鍵の修理・防犯の全て

    鍵修理

    鍵開け

    合い鍵製作

    鍵交換

    補助カギ取り付け

    防犯鍵

  11. 家の掃除

    家の掃除の全て

    ハウスクリーニング

    エアコンクリーニング

    換気扇クリーニング

    ダクト清掃

    バスルームクリーニング

    キッチンクリーニング

    トイレクリーニング

    フロアクリーニング

    窓・サッシクリーニング

    洗面所クリーニング

    ベランダクリーニング

    クリーニング

    カーテンクリーニング

    カーペットクリーニング

    ふとん丸洗い

    着物・礼服クリーニング

    衣類しみ抜き

    消臭・脱臭

    ノロウイルス消毒

    カビ防止・除去

    ブラインド修理・クリーニング

  12. その他防犯

    その他防犯の全て

    防犯カメラ設置

    火災警報機設置

    ホームセキュリティ

  13. 家具・雑貨修理

    家具・雑貨修理の全て

    いす張替

    楽器修理

    家具修理

    ピアノ調律 ピアノ修理

    桐たんす修理

    家具塗装

    洋服直し

    かばん修理

    皮革製品修理

    宝石・貴金属リフォーム

    靴修理

    美術品修復

    時計修理

  14. 買取・鑑定サービス

    買取・鑑定サービスの全て

    書画・美術品・骨董品鑑定

    家具買取

    金買取

    ダイヤモンド買取

  15. ペット

    ペットの全て

    ペットシッター

    ペット葬儀

  16. 害獣駆除

    害獣駆除の全て

    ねずみ駆除

    屋根裏害獣

    コウモリ駆除

    ハト駆除

  17. 防災

    防災の全て

    スプリンクラー設置

    防火戸

  18. 各種電気工事

    各種電気工事の全て

    電気工事

    エアコン工事

    アンテナ工事

    LAN配線工事

    インターホン工事・取替

    コンセント工事・取替・増設

    照明工事

    換気扇・レンジフード工事

    LED工事

    EVコンセント工事

    漏電改修

    分電盤工事

    単相3線式改修工事

    防犯灯工事

    スイッチ工事

    ボタン修理

  19. 家電の修理

    家電の修理の全て

    ストーブ修理

    洗濯機修理

    冷蔵庫修理

    テレビ修理

    食器洗浄機修理

    掃除機修理

    電話修理

    オーディオ機器修理

    再生機器修理

    暖房機器修理

    エアコン修理

    iphone修理

  20. 運送・配送

    運送・配送の全て

    ピアノ運送

    自動車陸送業

    バイク便

    引越

    精密機械器具輸送

    ミネラルウオーター

  21. レンタルサービス

    レンタルサービスの全て

    貸植木、レンタル観葉植物

    OA機器レンタル

    レンタルおしぼり

    レンタル介護用品

    貸テント

    着ぐるみ貸出

  22. その他

    その他の全て

    葬儀

    井戸彫り工事(さく井工事)

    自動販売機設置

    温泉掘削

    航空写真

    避雷針工事

    胡蝶蘭通販

  23. 法人向け

    法人向けの全て

    業務用エアコン修理

    太陽光発電(法人向け)

    自動ドア修理

    貸し展示場

    会場設営

    オフィスデザイン

    貸会議室

    貸倉庫

    ガードマン

    看板・標識製作

    作業服貸出

    商業写真撮影

    スライド制作

    ICカード制作

    イルミネーション設置

    輸出輸入代行

    エスカレーター修理

    エレベーター修理

    エスカレーター保守点検

    エレベーター保守点検

    esco

    電気削減

    エアコン代削減

  24. インターネットサービス

    インターネットサービスの全て

    ソフトウェア開発

    データ処理サービス

    ホームページ制作

    データ入力

    インターネット広告

    ダイレクトメール

  25. 車・バイク

    車・バイクの全て

    自動車板金

    バイク修理

    カーフィルム

    自動車解体

    自動車ガラス修理

    自動車洗車業

    自動車電飾品修理

    自動車整備

  26. 工業

    工業の全て

    足場工事

    金属加工

おすすめ記事