生活110番ニュース 運送・配送

このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越し後の車庫証明に要注意!忘れやすい車庫証明についての知識

投稿日:2018-01-29 更新日:2020-03-17

引っ越し後の車庫証明に要注意!忘れやすい車庫証明についての知識

引っ越し後の車庫証明をお忘れの人はいませんか?引っ越しなどで住所が変更になったときは、かならず車庫証明が必要です。引っ越しが大変なため忘れることかもしれませんが、きちんと法律で定められた証明です。

車庫証明の提出を守らないと法律上罰則があるのでしょうか?今回は車庫証明に関する知識とともに、車庫証明の申請の仕方と注意点について取り上げます。

車庫証明とは?

『車庫証明』とは、車の保管場所の証明です。自動車は保有する人が保管場所を確保しなければなりません。そして、その保管場所を警察に届け出ることで保管の証明をすることが必要です。

そのことを車庫証明と呼び、引っ越しなどで保管場所が変更することになればその都度新しい車庫証明を受けなければなりません。車庫証明を受けて申請が通ると、車庫証明書が交付されます。この車庫証明がなければ、そこらじゅうに路上駐車が行われ人々の生活がしづらくなるため必要なことなのです。
      車庫証明とは?

車庫証明の引っ越し手続きの流れ

引っ越しをした場合は自動車の保管場所が変わりますから車庫証明をしなければいけません。引っ越し後の車庫証明はどのようにすればよいでしょうか。

車庫証明の手順は以下のようになっています。書類の記入はひとつひとつ丁寧に行いましょう。

①警察で申請のための書類をもらう
自動車保管場所照明申請書・保管場所の所在図・保管場所使用権疎明書面・保管場所使用承諾証明書の4種類を受け取ります。

②申請書類に記入し、警察へ提出する
自動車のメーカー名から住所、印鑑など必要なことを記入します。配置図に関してはインターネットの地図をコピーして貼り付けてもよいです。
提出については、都道府県によって窓口の時間が変わります。平日に申請しましょう。また手数料が2,000円ほどかかるようです。

③審査
およそ1週間以内には審査を終えます。

④車庫証明書を警察で受け取る
この際にも手数料が500円かかります。申請したときにもらえる通知書兼領収書と一緒に渡しましょう。

これらが一連の手順です。根本的なことですが、引っ越し後車庫証明をする際の自動車の保管について取り決めがあります。家の前の道路や他の道路の上では保管場所として申請が通りません。法律で定められており「家のまわりの2km圏内で車体をすべて収容できる場所」を確保しなければいけません。そうでないと保管場所の申請ができず車庫証明がもらえません。
      車庫証明の引っ越し手続きの流れ

車庫証明を変更しなかった場合の罰則はある?

車庫証明は法律によって定められたものですから、破れば当然罰則があります。車庫証明に関する罰則は、「移動者の保管場所の確保等に関する法律」で定められており、第十七条にはこのように書かれています。

『次の各号のいずれかに該当する者は、十万円以下の罰金に処する。
・第五条、第七条第一項(第十三条第四項において準用する場合を含む。)又は第十三条第三項の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者
・第十二条の規定による報告をせず、若しくは資料の提出をせず、又は虚偽の報告をし、若しくは虚偽の資料を提出した者』

引っ越し後は車庫証明に関する資料を提出しないと10万円以下の罰金が科せられます。車庫証明を提出しなくても罰則はなかったという話は、聞いたことがあっても信じてはいけません。法律はかならず守ってください。

また、住所変更をしてから車庫証明の提出までは15日の猶予があります。それまでに提出したいですが、車庫証明は多くの人が忘れやすいためあまり猶予があると思わないほうがよいでしょう。引っ越し後すみやかに行ってください。
      車庫証明を変更しなかった場合の罰則はある?

車庫証明手続きを忘れないための対策

引っ越しで住所変更をすると、住民票や免許証など同時に手続きが必要なものがいくつかあります。それらをまとめてメモしておくとよいでしょう。なじみがないですから、車庫証明を覚えておくことは難しいかもしれません。

また、引っ越し後の車庫証明を代行してもらうことができます。行政書士・ディーラー・販売店などは車庫証明の代行をしてくれますから、自分で行うことを忘れる心配がある人は代行してもらいましょう。申請と交付により平日の2日間休みが必要になりますから、余裕が取れない人はおすすめです。

まとめ

引っ越しをした際など住所変更をしたときはかならず車庫証明をしましょう。あまり知られていないですがしっかり法律で定められていることですから、車庫証明をしないのは違法です。見つからないという理由で申請しないのはもってのほかだといえます。そういった人のことは信じずにしっかりと申請するようにしましょう。

また、申請と取得には2日必要だということも覚えておくとよいでしょう。都道府県別の窓口の時間や必要書類4種類についても覚えておいてください。引っ越し後は車庫証明をすみやかに行ってください。

この記事を書いた人
編集者:こしの
営業からライターへ転向。さまざまな会社で困っていることを見つけ営業に生かしてきたことから、法人向け分野やカギのトラブルなどに詳しい。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-17 11:57:40
https://www.seikatsu110.jp/shipping/sh_move/34851/
運送・配送
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

運送・配送 引越し

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!