生活110番ニュース 運送・配送

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ベッドの引越し料金】解体・組立て費用込みの見積もり相場と安く運搬するコツ!

投稿日:2018-01-26 更新日:2020-09-04

引っ越しのときベッドは解体すべき?自分で解体する方法もご紹介

ベッドの引越しを業者に依頼する見積もりの内訳は次の通りです。

  • プランの基本料金
  • 解体・組立て作業費用
    (吊り上げ作業となる場合も)

プランの基本料金は、荷物量によってトラックサイズが変わり、それに伴いチャーター料金も異なります。

ただ、引越しする荷物にベッドが含まれていると、見積もりが高めに出ることが見込まれます。

その理由はベッドの輸送・搬入には解体・組立てが必ずと言って良いほど発生し、それに伴うオプション作業費用がプラスされるからです。

しかし、ベッドの引越しを安くすることは可能です。

引越し業者によって基本料金に数万円程度の大きな差があるうえに、解体・組立て作業を無料サービスとしている業者も多いのです。

つまり、無料一括比較サービスを活用して総額見積もりが一番安い業者を比較して探すのが最も手っ取り早く、確実な方法だといえます。

一番安い引越し業者は
「引越し侍」で見つかる!
\ おすすめ! /
  • 提携業者数300社突破!
    人気の大手から地元の中小まで徹底比較
  • 料金最大50%OFF!
    見積もり比較で圧倒的な差額が出る
電話番号の入力任意の「SUUMO」なら
メールだけで気軽に比較できる!
しつこい営業電話ナシ /
赤帽加盟の「LIFULL」なら
単身引越しが安くなる!
赤帽加盟中 /
この記事を読んで分かること
  • ベッドの引越し料金
    (ベッドだけやマットレス込みの場合も)
  • 解体組立てや吊上げオプション費用
  • 自分で解体・組立てをする方法
  • ベッドの処分方法

ベッド引越しの料金見積もり相場

単身(荷物少) 単身(荷物多) 2人家族 3人家族
同市区町村程度(~15km) 32507円 38135円 60370円 73923円
同都道府県程度(~50km) 34023円 39933円 64713円 85881円
同一地方程度(~200km) 39952円 50182円 78581円 93262円
近隣地方程度(~500km) 57202円 70224円 121908円 146846円

※引越し一括見積もりサイト利用者の平均見積もり相場

前提としてベッドの引越しでは、通常のプラン(トラック1台チャーター式)で輸送することとなるため、料金相場は通常プランのものとなります。

上記表の基本料金相場にプラスして、追加オプション費用を含む見積もり総額がベッドの引越し料金とお考え下さい。
(オプションと費用については別章にて解説)

また、「基本料金+オプション費用」で提示される見積もりの総額は、引越し業者それぞれで大きな差があります。

これには、

  • 引越し業者によってオプションが有料か無料かが異なる
  • その日の引越し業者のスケジュール(トラックの空き状況)

などが理由として挙げられます。

そのため、各引越し業者のプランを比較することで最安値が分かるため、出来る限り多くの業者の見積もり比較をしておく必要があります。

比較には無料サービスの利用が断然オススメですが、なるべく正確な概算料金をもらうためベッドのサイズや形状を正確に記入するようにしましょう。
(荷物入力画面に詳細の記入ができます)

一番安いベッドの引越しプランは
「SUUMO」で見つかる!
  • 電話がかかってこない
    しつこい営業電話は一切ナシ
  • 大企業リクルート運営
    安心して利用できる
最大50%OFF!

マットレスや布団込みの場合

引越しでベッドを運ぶ際、荷物にマットレスや布団も含まれる方もいるかと思います。

1トラック丸ごとチャーターする通常プランでは、荷台積み切りであるためマットレスや布団があったとしても基本料金が変動することはありません。

しかし例えば、大きなマットレス1つ増えることでトラックをサイズアップしなくてはいけないということなら話は別です。

また、マットレスが折りたためるか否かでオプション費用の部分が変わります。

つまり「基本料金 + ベッドのオプション費用 + マットレスのオプション費用」がマットレス込みの引越し料金とお考えください。

【マットレスだけの引越し】については次の記事で詳しくまとめています。

マットレスだけの引越しはどの業者に依頼したらいい?料金相場や自力引越しの注意点

2020.03.19

【布団の引越し】については次の記事で詳しくまとめています。

引越しで布団はどう運ぶの?悩んだらこれに気を付けたら大丈夫!

2018.01.24

ベッドだけの引越し料金相場

シングルベッド ダブルベッド
引越し業者 8,000円~ 10,000円~
らくらく家財宅急便 15,050円~ 21,250円~

※同市内の距離想定
※各業者の公式HPに掲載されている料金を参考とした目安

ベッドだけを引越しする場合、引越し業者の1点輸送プラン、あるいはヤマト宅配便サービスを使っての小口配送が選択肢となります。

クロネコヤマトのらくらく家財宅急便でベッドを小口配送する場合は、「ベッドサイズと距離で定められた一律料金 + 発生するオプション費用」が引越し料金となります。

しかし、小口配送であるためマットレスが含まれる場合は、一律料金が上乗せとなってしまう点には注意が必要です。

対して引越し業者の1点輸送プランでベッドを運ぶ場合も「基本料金 + オプション費用」で出される見積もりが引越し料金となります。

また、マットレスがあっても近距離では軽トラック1台、もしくは混載便輸送となるので、ほぼ変わらない料金で依頼することができます。

ただ引越し業者と一口に言っても、引越し業者ごとにそもそもベッドだけ送るプラン料金が違うことや、オプション費用の扱いが異なります。

そのため、各業者の比較をして最安値の見積もりを手に入れておくことをオススメします。

ベッドの解体・組立てのオプション料金

ベッドの引越しでは、折りたたみ式のものでもない限り、解体・組立て作業が必須となります。

大きなベッドの運搬・搬入作業を滞りなく進めるためですね。ベッドの解体と組立てそれぞれにかかる費用目安は次の通りです。

分解 組立て
ベッド 約3,000円 約3,000円
2段ベッド 約5,000円 約5,000円
ロフトベッド 約10,000円 約10,000円

※各業者の公式HPに掲載されている料金を参考とした目安

単純に解体組立てが大変なタイプのベッドほどオプション料金は高くなります。
(ベッドサイズでの違いは1サイズ上がるごとに+1,000円程度)

また前提として、ベッドの解体と組立て作業の扱いは、無料サービスだったり有料オプションだったりと各引越し業者で極端に扱いが異なります。

引越し業者によって、そもそもプランの基本料金に大きな差があるうえ、オプション費用の部分が有料・無料と異なるため、各業者の最終的な見積もりに大きな差が出ます。

(ちなみに、ベッド分解組立て作業を無料サービスとしているのは、大手よりも中小引越し業者に多く見られますね)

ベッドの解体組立てが無料サービスの業者に依頼すれば、オプション費用の部分だけでも見積もりがタダか6,000円程度かの差が出るということになります。

なので、できるだけ多くの業者から見積もりを取って比較するほど安くベッドを運ぶことができる可能性が高まるといえます。

IKEA製など解体できないベッドは吊り上げ作業に

引越しでベッドは解体・組立てをする必要がありますが、中に解体・組立てができないタイプのベッドも存在します。

身近なブランドでいうと、IKEA製品など北欧製のベッドなどが挙げられます。補償の問題から断られる、もしくは分解せずに運ぶことになります。


IKEA製品のような再組立てが困難なベッドの分解・組立てに対応している引越し業者も存在します

  • 職人引越センター
  • カグッコシ

階段通路、エレベーターや玄関を通らないベッドを分解ナシで運ぶとなると、吊り上げをしてバルコニーなどから搬入をすることになります。
(折りたためず、解体できないマットレスも同様)

作業員が手作業で行う「手吊り」となるか、ユニック車を手配しての「クレーン吊上げ」となるかは、引越し先の階数や建物前の道路幅など状況次第ですが、いずれもオプション費用として基本料金にプラスされます。

それぞれに発生する費用についてまとめます。

手吊り作業の費用

手吊り作業の費用目安は1~1.5万円ほどです。

スタッフ2~3名を外と2階バルコニーそれぞれに配備し、梱包したベッドにロープを括り付けて引き上げます。

当然、作業スタッフ増員となれば発生する人件費の分が見積もりに乗るため、追加料金となります。

クレーン吊上げの費用

クレーン吊上げの費用目安は2~3万円ほどです。

例えば引越し先がアパートやマンションの3階以上で、手吊り作業での搬入が難しい場合は、ユニック車を使ってクレーン搬入します。

ただ、クレーン車の手配は自社のものを使ったり下請け業者を利用したりと業者によって違います。

いずれも追加料金として費用が高くなるのはもちろんですが、繁忙期だと業者のスケジュールの関係上作業自体不可能、ということもあり得ます。

ベッド引越しが安いおすすめの引越し業者

対応エリア 引越し業者
東京 ムービングエス
名古屋 愛知引越センター
大阪 アップル引越センター
福岡 ニコニコ引越センター

表の業者はベッドの引越しにほぼ必須である、分解組立て作業を無料で行ってくれる引越し業者です。

基本料金については大手中小問わず各業者に差があるため、あくまで分解組立てサービスが無料かどうかの基準でまとめています。

また、これらは各県の地域密着型の中小引越し業者ですが、あくまで一例。無料でベッドの分解組立てをやってくれる引越し業者はもっとたくさん存在します。

とはいえ、結局ベッドの引越しは「基本料金+オプション料金」で見積もりが決まるため、分解組立てサービスの部分だけでは「安い」と定義付けすることはできません。

最終的な見積もりが安い引越し業者を見つけるためには、やはり各業者で相見積もりをするのが一番の方法だといえます。

一番安いベッドの引越しプランは
「SUUMO」で見つかる!
  • 電話がかかってこない
    しつこい営業電話は一切ナシ
  • 大企業リクルート運営
    安心して利用できる
最大50%OFF!

近距離なら赤帽でベッドの引越しをする手も

赤帽は個人事業主の組合であるため、位置付け的には引越し業者というより個人の軽貨物運送業者です。

同区市内20km以内程度の近場なら、引越し業者の相場と比べて安め見積もりが期待できます。

ただし、ベッドの分解や組立ても依頼することができるかは地域の赤帽組合次第。

赤帽と一口にいっても各地に組合が存在するため、実際に地元の赤帽から見積もりをとって

  • ベッド引越しの作業はどこまでやってくれるのか
  • 分解や組立ての作業の費用はいくらかかるのか
  • 作業は全て補償内でやってもらえるのか

これらを引越し業者と比較してみてから決めると良いでしょう。

一人暮らし用ベッドでも単身パックは利用不可

ボックス単位で荷物を輸送する、日通やヤマトの引越し単身パックでベッドを送ることはできません。

コンテナボックスにベッドが物理的に入らないことはお分かり頂けるかと思います。

ただじつは分解したとしてもサイドフレームの長さが2m程度であることから、ボックス内に積み込むことは基本的に不可能なのです。

【ベッドと単身パック】については次の記事で詳しくまとめています。

引越し単身パックでベッドは運べない!引越し業者のもっと安いプランを紹介

2019.09.30

自分でベッドの解体・再組立てをする方法

ベッドの引越し料金はオプション料金の部分が大きいため、解体と組立てを自身で行えばもちろんその分見積もりは安くなります。

ただ、解体をしたのなら組立てもしなくてはならず、一度バラしたことで組立て後に影響が出ることもあり得ます(乗るとガタガタする、変形してマットレスがはまらないなど)。

また、ベッドはパーツの一つ一つが大きいため、解体組立て中に床や壁をキズつけてしまうことも。

これらのリスクを考えると何件も家具の解体・組立てを経験しているプロに任せるのがベストでしょう。

とはいえ、ご自身でベッドの解体・組立てをしなくてはいけない場合もあるかと思いますので、ニトリの標準的なベッドを例に簡単に解体・組立て方法をまとめます。

ベッドの解体組立てに必要なもの

  • 取扱い説明書
    (購入時に付属している)
  • スマホ
    (解体前の撮影用)
  • ドライバー・六角レンチ(4~5mm)
    (六角レンチは購入時に付属している)
  • チャック付ポリ袋
    (細かい部品をまとめるため)
  • 木製か樹脂製のハンマー
    (はめ込み式部品の取外し用)
  • 梱包材
    (プチプチロールや巻きダンボール)

引越し前のベッド解体手順

  1. ベッドの完成状態を写真で撮影して残しておく
    組立て時に部品の結合状態を確認するために必要。角度や部分を変えて何パターンか撮影しておく
  2. ヘッドボードやサイドフレームなど大きな部品から順に外していく
    金具を外したタイミングで部品が倒れる恐れがあるので支えながら取り外す。取り外した小さい金具は小袋やテープにまとめておく
  3. 梱包材で包んでまとめておく
    細かい金具を入れた小袋は無くさないようテープなどでまとめておく

引越し後のベッドの組立て手順

  1. 各部品が全部揃っているかを確認する
  2. 取扱い説明書と撮影した写真を参考にパーツを並べる
    取扱い説明書が無い場合は、商品名や品番でネット検索するとPDFで取扱い説明書がダウンロードできることも
  3. 大きなパーツから支えながら組み立てていく
    8割程度で金具を仮止めしてベッド全体のバランスを調整し、対角にある金具からゆっくりと本締めしていく

参考pdf:ニトリ【シングルベッドフレーム組立説明書】

ベッドを処分する方法

引越しでベッドを運ばずに、処分して買い替えるのも手です。

ただ、大型家具のベッドは処分するのにも一苦労。処分方法によって日数も手間も費用も違います。

リサイクル兼業のような引越し業者に依頼し、引越し作業と同時に不用品回収、あるいは買取りをしてもらうのが一番手っ取り早くラクです。

ただ、引越し業者全てがそういったサービスを行っているわけでもないため、ベッドの処分方法について解説していきます。

【引越しの不用品処分】については次の記事で詳しくまとめています。

引越しの不用品はどう処分すべき?おすすめの買取業者・引越し業者と費用相場

2018.01.24

状態が良ければリサイクルショップ

メリット

  • 無料(状態が良いもの、ブランド品は買値が付くことも)
  • 出張買取を利用できる

デメリット

  • 引き取りできない場合がある

リサイクルショップで引き取ってもらう方法は、費用や手間の面でメリットが大きいです。

処分は基本的に有料であるため、値が付かなかったとしても無料で処分できるのでオススメの処分方法といえます。

また、大手リサイクルショップのオフハウスやトレジャーファクトリーなどでは出張買取をしてもらえるため、運び出す手間も少なく利用しやすいです。

ただし、あまりに状態が悪いベッドだったり建物の構造上搬出が困難と判断とされた場合は引き取り不可能となる場合がある点には注意しましょう。

自治体で粗大ゴミとして廃棄処分

メリット

  • 安い(目安:約1,500円~)

デメリット

  • 手間がかかる
  • 申込から回収まで時間がかかる

自治体のルールにのっとり、粗大ゴミとしてベッドを捨てる方法です。

ベッドを解体をして指定場所まで運搬をする
粗大ゴミ廃棄処理券を発券、購入しにいく

上記手間が発生するものの、公的な処分方法であるため追加作業の見積もりや安心して依頼できる点ではおすすめできます。

不用品回収業者

メリット

  • 処分に伴う作業を任せられる
  • 都合が合えば当日回収可能

デメリット

  • 高い(目安:約4,000円~)

とにかくベッド処分に伴う作業を何から何までやってもらえるという点でいえば、不用品処分業者がおすすめです。

ただし、基本料金に加え出張費から解体費用などなどかかってきてしまうため、状況によっては結果的に見積もりが高く出る可能性があります。

基本的に解体作業を任せることもできますが、こちら側でやっておくことも可能です。その場合は解体作業分の追加料金は発生しないため安く見積もられる可能性があります。

ベッドを引越しで運んだ体験談

男性/30代(単身)

  • シングルベッドの引越し
  • 赤帽:2万円

分解は自分でしました。運ぶ手段がなかったために、レンタカーを借りるか迷った末にホームページを見て依頼しました。

私自身乗用車を持っているため、私の車に入らないもののみの運搬を依頼しました。

電話で業者の人に依頼した際、1人では持てないものがあればお手伝いしてもらいたいと言われましたので、女性の方1人がこの業者を利用して頼む場合は誰か男性の手伝ってくれる方が同席した方がいいと思います。

分解については自力でできないと別料金かかると思いますので、気をつけた方がいいと思います。

8月上旬/山梨県甲府市⇒甲府市

男性/20代(単身)

  • シングルベッドの引越し
  • サカイ:4.5万円

ベッドは家庭で使っている車で運搬するのが、難しく、ロックもしっかりしていたから外せなかった。

外したとしても、なくなる可能性もあるので、引っ越し業者に頼みました。

一人では高かったので、同じ方面の人との相乗りみたいなもので運んでもらいました。

ついでに、食器棚、テレビ、マットレスなども運んでもらいました。

小物は自家用車で運びました。

4月上旬/広島県⇒兵庫県

男性/30代(3人家族)

 

  • クイーンベッドの引越し
  • サカイ:17万円

ベッドの分解と組み立てをしていただきました。

アパートの2階に住んでいたのですが、当時アパートの外壁の工事をしており、工事前に工事会社に引っ越しをする旨伝え、影響ない旨確認していましたが、いざ当日にマットレスを搬出する際に足場が邪魔をして搬出ができないかもしれないと聞かされました。

どうやら、工事会社が現場の作業員に伝えてなかったようです。引っ越し業者の方たちがなんとか支障がないように臨機応変に対応して頂けました。

6月下旬/長野県⇒愛知県

女性/30代(2人家族)

  • シングルベッド2台の引越し
  • 日通:50万円

ベッドはフランスベッドのシングルタイプを2台依頼。

フランスベッドへは専用のドライバーでないドライバーで解体可能と確認済のため、日通が解体分解組立まで全てして頂けた

ベッドのマットレスも使い捨ての梱包材ではなく、紙製の梱包材で丁寧に梱包してもらえたのが好印象だった。

引っ越し後も全くトラブルなく大変満足しています。

3月中旬/福岡県⇒沖縄県

女性/30代(単身)

  • セミダブルベッドの引越し
  • 赤帽:2万円

引越し費用を安くするために赤帽にしました。

赤帽はドライバー以外の人員は追加料金のため、自分も手伝う、一緒に荷物を運ぶのが苦でなければ、赤帽はオススメです。

ベットはセミダブルサイズで、枠は自身で解体し、マットレスは別で運びました。

三階への引越しだったため、ベットの大きさと運ぶ階数が三階ということで追加料金をとられました

おじいちゃんみたいな人がきて、不安でしたが、案外力持ち。

1人では運べないベットも低価格でおじいちゃんと協力して運び、引越しは安くすみました。

梱包はほかの業者ほどキチンとしてくれないので、ある程度、自分でエアパッキンに包むなどしないとダメだと思います。解体、組み立ても自身で行います。

2月下旬/東京都⇒東京都

女性/20代(2人家族)

  • セミダブルベッドの引越し
  • アーク:3万円

引っ越しにあたり、なるべく費用を抑えるため、自分で運べる家具は自家用車で運んだ。

その際、自分で運べなかった大型家具(ベット、段ボール10個程度、その他)は業者に依頼した。

また、引っ越しにあたって、白物家電はおおむね新調したため、運ぶ必要がなかった。

1月下旬/大阪府大阪市⇒大阪市

まとめ

ベッドの引越し料金は「基本料金+オプション費用」と考えるようにしましょう。

標準的な2tトラックチャーターの単身プランでは同市内など近距離引越しであれば3万円程度。ベッドだけを依頼できるプランを利用する場合は1万円前後でしょうか。

ただプラン料金はいくら安くともあくまで基本料金の部分。追加作業オプションが見込まれる場合、作業内容によっては結果的に高額な見積もりとなってしまうかもしれません。

そしてベッドの引越しでは搬入のために解体と組立てが発生するのが普通です。

解体作業が無料サービスとして基本作業に含まれている引越し業者に依頼することで、総額見積もりを安く抑えることができます。

とはいえ、そもそもプラン料金が格安でオプション費用込みとなっても総額が安いということもあり得ます。

そのため、プラン料金が安い業者は…追加オプションが無料の業者は…
と難しく考えるよりは、無料一括比較サービスを活用して総額見積もりが一番安い引越し業者に依頼するのが賢明だといえるでしょう。

一番安いベッドの引越しプランは
「SUUMO」で見つかる!
  • 電話がかかってこない
    しつこい営業電話は一切ナシ
  • 大企業リクルート運営
    安心して利用できる
最大50%OFF!

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
11投票,  平均評価値:2

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-09-04 16:24:34
https://www.seikatsu110.jp/shipping/sh_move/34674/
運送・配送
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

運送・配送 引越し

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!