生活110番ニュース 運送・配送

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で引越しする費用は業者より安い!準備や荷造りのコツ、注意点など解説

投稿日:2020-02-18 更新日:2020-02-18

引越しを自分ですると安いけどデメリットも大きい

節約や引越し希望日に業者を予約できなかったなどの理由で、引っ越しを自分でしようと思っている人も多いのでは。

自力での引っ越しは費用を抑えることができますが、慣れない作業も多いためケガや荷物を破損させてしまうリスクがあります。

さらに引越しを自分で行う場合、思っている以上にやるべき事が多くて、労力と時間がかかるということも覚えておかなくてはいけません。

  • 何が何でも料金重視。とにかく引越し料金を節約したい
  • 自力引越しに慣れており、体力にも自信がある

こういった人であれば自分で引越しをしてもいいですが、そうでない場合は自力引越しはおすすめできません。

今回は自力で引っ越しするときの費用や注意点、事前準備についてご紹介していきます。

結論:自分で引越しするのはおすすめしない

一人暮らしや荷物の量が少なめの少人数の家族なら、引っ越しを自分で済ませることもできるでしょう。
ただし慣れない作業によるケガや荷物の破損、建物に傷をつけるなどのリスクも考えられます。

運ぶ荷物の量や大きさにもよりますが、基本的に自力の引っ越しはデメリットが多いのでおすすめできません。

自力で引っ越しを始める前に、どのようなデメリットがあるのかみていきましょう。

【デメリット1】作業者のケガ

デメリットの一つ目は“運搬作業中に起こる作業者のケガ “です。
運び慣れていない大型家電や家具の積み下ろしや、搬入・搬出時に身体に接触してケガをしたり、重いものを無理して運んだことによって腰痛になったりする危険性があります。

ケガをして病院にいくようなことがあれば、治療費などで結果的に高くついてしまうことも。

引越しの作業は慣れないことが多く、思わぬケガにつながる可能性が高いという事を覚えておく必要があります。

【デメリット2】荷物の破損

パソコンなどの精密機械、テレビ、レンジ、洗濯機、冷蔵庫などは、振動や衝撃によって壊れてしまうリスクが高く、丁寧に運搬することが重要です。

引っ越し業者に依頼した場合、大型家電は専用の梱包材で包み、大きな衝撃を与えないよう注意して運んでもらうことができますが、自分で運搬すると接触や落下などで壊してしまうこともあります。

大型家具を運んでいるとどうしても視界が遮られやすく、荷物同士をぶつけて壊してしまうことも。

また、ダンボールの数が多ければ多いほど運び出すだけでもかなりの重労働で、ダンボールを落として中の荷物を破損させてしまう危険性もあります。

引っ越し業者に依頼した場合は、万が一荷物の破損があっても業者側で補償を受けることができますが、自分で運搬中に大切なものを壊してしまった場合、補償がきく訳もなく、取り返しがつきません。

大切な荷物を壊したときの補償が受けられないという観点からも、自分で引越しすることはおすすめできません。

【デメリット3】壁・床のキズ

引っ越し作業をするときは、賃貸住宅などの共有部分・部屋を傷つけないよう、壁や床を養生するのが基本です。

自分で引越しを行う場合は「養生」の工程を省きがち、もしくは養生費用をケチって充分に養生できない可能性があります。

プロの引越し業者でも傷をつけないように厳重に養生してから作業するのですから、作業に慣れない人が養生をせずに運んだ場合、壁や床に傷を付けてしまうリスクは高いといえます。

そして、養生せずに万が一賃貸住宅に傷をつけてしまった場合は、大家さんとの弁償問題で、高額な弁償金を支払わなくてはいけなくなる可能性も。

引っ越しを自分で行うなら養生するのはもちろん、建物に傷をつけないように細心の注意を払う必要があります。

自分で引越しする準備とコツ

引っ越し作業を自分で行う場合、ダンボールなどの梱包材の準備、手伝いを依頼する友人とのスケジュール調整、何からどう運び出すかのダンドリ確認など、とにかくやることがたくさん。
業者に依頼するよりも、準備に日数や時間がかかります。

スムーズに引越しを行うためには早い段階から動き出す必要があり、事前に手順などを含めてしっかりと準備をしておく必要があります。

ダンボール梱包の注意点

安全で効率的に荷物を運ぶために、ダンボールの梱包のやり方を工夫しましょう。
ひとつの段ボール箱に重いものをたくさん詰めてしまうと、底が抜けやすいと同時に運びにくくなってしまいます。

  • 雑誌などの重い荷物⇒小さめのダンボールに入れて重量を減らす
  • 洋服などの軽い荷物⇒大きなダンボールに入れる

など、一箱あたりの重さのバランスを考えて梱包するようにしましょう。

食器類は割れないように新聞紙で包み、隙間も新聞紙で埋めておくことがポイントです。
段ボール箱の底を抜けにくくするため、ガムテープは一方向だけでなく、十字になるよう横向きにもとめるようにしましょう。

そもそも引越しを自分でするときは、ダンボールやガムテープなどの梱包資材を自分で用意する必要があります。
一人暮らしで荷物が少ない場合でも10個程度のダンボールが必要となり、ダンボールを10個自力で調達するのって意外と大変。

その点引越し業者に依頼した場合は、ダンボールはもちろん布団袋やハンガーケースも無料提供してくれる業者が多いので、そういった意味でも引越し業者に依頼した方が準備もラクです。

新居の養生は必ず行おう

引越しをする際は、新居・旧居共に事前に養生をすることが必要です。
各賃貸マンションの管理会社のルールをみると、「引っ越し時は養生が必要」と書かれていることが多く、養生は必須です。

引越し業者が賃貸住宅の壁や床に傷を付けた場合はもちろん引越し業者が弁償してくれますが、自分で床や壁に傷をつけてしまった場合、自分で弁償しなくてはいけません。

廊下や階段、エレベーター、ぶつかりやすい柱や曲がり角などはしっかり養生するようにしましょう。

自分で養生する場合はダンボールや、ブルーシートを養生資材として使用することができます。
ブルーシートを固定するテープも、通常のガムテープだと建物の塗装がはがれることがあるので、養生用のテープを利用しましょう。

養生テープは1本500円程度、ブルーシートは1枚1,000円~購入が可能ですが、もちろんブルーシートは1枚では足りないし、養生テープも2,3本は必要と考えると意外と高くつきますね…。

作業の前には、次の2点を賃貸住宅の管理会社に確認しておく必要があります。

  • 業者に頼まず引越しをする予定だが、自分で養生してもいいか
  • 自分で養生する際に、注意しなくてはいけない点

養生以外にも、作業時に注意すべき点があるかどうか事前に確認するようにしましょう。

搬出・搬入ルートを事前に下見しておこう

自力引っ越しを考えるときは、事前に通路・階段・玄関などの運搬ルートをチェックすることも重要です。

通路や部屋の間口の状態、荷物の大きさによって、自分での搬入・搬出が難しい場合があります。

搬入ルートを事前に確認せず、当日にいきなり搬入できないとわかった場合、急遽対応できる業者にお願いすることになり、クレーン車や特殊車両を使った場合は、結局引っ越し料金が高くなってしまいます。
当日対応してくれる業者がいるかどうかもわかりません。

思わぬトラブルを防ぐためにも、必ず事前に搬入ルートをチェックしておき、自分での搬入・搬出が難しいと判断したら、その時点で引越し業者に依頼する方が賢明です。

事前にルートを確認しておけば、台車など必要なものも事前にわかります。
状況に応じて人から借りる・レンタルするなどして準備しておきましょう。

「レンタカー自力引越し」と「引越し業者」費用の比較

レンタカーを使って自分で引っ越しをするのと、引っ越し業者におまかせした場合では、実際どのくらいの費用の違いがあるでしょうか。

“引越し業者に依頼した場合の料金”と“レンタカーで自力引越しをした場合の料金”を比較してみました。

業者 料金 備考
引越し業者 通常期(5月~2月) 34,572円 同県内の引越しの場合
繁忙期(3月・4月) 40,778円
レンタカー ハイエースバン(積載量:ダンボール約60個) 15,400円 ※乗り捨て料金:4,400円/50km ※補償料金:2200円
軽トラック(積載量:ダンボール約30個) 7,700円

※引越し料金=引越し見積もりを取った人の平均相場
※レンタカー料金=タイムズカーレンタルのレンタル料金(お盆・ゴールデンウィーク・年末年始は料金割増し)

引越し業者に依頼した場合の料金と、レンタカーを借りて引越しをした場合の料金を比べると、やはり圧倒的にレンタカーを借りて自力引越しをした方が安いという結果に。

ハイエースバンを24時間レンタルした場合、基本料金は15,400円、隣県などへの近距離

の引っ越しで20km~50kmの間で乗り捨てするなら4,400円の乗り捨て料金がかかります。

さらに2,200円の補償をつけた場合、合計料金目安は22,000円となりますが、これでも業者に依頼した場合よりもかなり安いという結果に。

ただ、上記の料金だけで業者とレンタカーの比較をするのは不十分です。

自力で引越しをする場合は上記の料金に加えて「高速代」「ガソリン代」友人に作業を手伝ってもらう場合は「謝礼(3,000円~5,000円+交通費/1人)」も必要に応じて計算しておかなくてはいけません。

それらを含めた総額料金をざっと計算すると、自力引越しで必要な費用目安は
約33,800円となります。

【内訳:22,000円(レンタカー代)+約1,800円(高速・ガソリン代/首都高を約25km走行した場合)+約10,000円(謝礼/2人)】

自力引越しの総額と、引越し業者に依頼した場合の料金を比較すると、実はさほど変わりがないことがわかります。

さほど変わらないどころか、引越し業者の場合は交渉次第では値引きが可能なので、引越し業者に依頼した方が安く引越しができる可能性も充分にあります。

しかも、レンタカーを借りての引っ越しをする場合は、慣れない車を運転することによる事故の可能性や、荷物の積み込み・積み下ろしを自分で行う労力も必要です。

単純に費用を比較するだけでなく、作業にかかる労力やリスクを踏まえた上で自力で引っ越しするべきかを判断することが大切です。

冷蔵庫・洗濯機だけを引越し業者に任せることも可能

レンタカーを借りればダンボールなどの小物や、細かい荷物は運べるけど、ベッドやタンス、冷蔵庫のような大きな家具や家電って運べないですよね。

特に女性の一人暮らしは、男性の手伝いが得られないと難しい場合も多いでしょう。
そういう場合は、大型家具・家電のみ運送してくれる業者にお願いするのもひとつの手です。

  • 引越し業者に依頼した場合の料金
  • ヤマト(らくらく家財宅急便)に依頼した場合の料金
  • 赤帽に依頼した場合の料金

それぞれの料金目安は次の通りです。

運搬料金の相場
冷蔵庫 洗濯機 ベッド タンス
引越し業者の専用プラン 8,000円~ 8,000円~ 8,000円~ 8,000円~
ヤマト 6,850円~ 6,850円~ 15,050円~ 4,000円~
赤帽 13,750円~ 13,750円~ 13,750円~ 13,750円~

※それぞれ東京都内、通常期での配送料金目安となります
※各表の料金相場はあくまで目安で実際の見積もり金額とは異なる場合があります

引越し業者に家具や家電1点のみを依頼した場合の相場は、約8,000円~です。
もちろん家具のサイズやメーカーによって(海外製品・高級家具など)料金が追加される場合もありますし、そもそも引越し業者によって設定料金が異なるので、詳しい料金が知りたい場合は見積もりを依頼する必要があります。

ヤマトの「らくらく家財宅急便」は運ぶものが大型家具・家電1点だけでも運送できるプランで、格安料金で家具の運送・梱包・設置までが可能です。

単身パックのボックスには収まらないベッドなどを送ることも可能ですが、分解・組み立てが必要な場合は追加料金(分解:3,000円/組立:4,500円)がかかります。

追加料金を含めると、分解・組み立てが引っ越し料金に含まれている引越し業者のプランの方が安くなることもあるので、見積もりをとって比較してみることが大切です。

20km以内の近場の引越しであれば、赤帽を利用するのもおすすめ。
赤帽は移動距離が20km以内の近くの引越しであれば、13,750円~家具・家電の運搬が可能。

しかも軽トラックを使って移動するので、家具や家電1点だけでなく軽トラックに積めるだけの荷物を一緒に積むことがきます。

ただ、移動距離が長くなればなればなるほど追加料金が加算されるので、あくまでも20km以内の近所への引越しの場合のみおすすめできる業者です。

まとめ:自分で引越しするなら費用対リスクで考えよう

引っ越しを自分ですると、確かに安く引越しをすることができるので引越し費用の節約にはなります。

ただし引っ越し業者に任せる場合とは違って、梱包材の収集からレンタカーの手配など、とにかく自分でやるべきことがたくさん。

それに加えて、慣れない作業でケガや荷物の物損などのリスクを伴う危険性もあるので、ハッキリ言って自分で引越しをする方法はおすすめできません。

引越し業者に依頼すればダンボールも無料でもらえますし、しっかり養生をした上で安全に荷物を運搬してもらうことができます。
しかも、謝礼金やガソリン代など諸々含めた料金と引越し業者の料金がさほど変わりがないのであれば、初めから引越し業者に以来した方が断然ラクに引越しができます。

自力引越しを検討している人は

  • リスクを伴ってでも引越しを自分でするのか
  • 料金は多少高くても、安全かつ効率よく引越しができる業者に依頼するのか

費用だけでなく労力・リスクを考えて、自分でするほうがいいのか、業者に任せるべきか検討することが大切です。

そして引越しを自分で行おうと思っている人でも、自力引越しをするよりも安く引越ができる業者が見つかるかもしれないので、必ず引越し業者からの見積もりはもらっておきましょう。

荷物が少ない場合は、自分では運べない大型家具・家電のみ、1点のみの運送プランなどの安いプランも視野に入れて検討してみることがポイントですよ。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-18 11:37:18
https://www.seikatsu110.jp/shipping/sh_move/188459/
運送・配送
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

運送・配送 引越し

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!