生活110番ニュース 運送・配送

このエントリーをはてなブックマークに追加

引越し単身パック料金目安と値段表!金額はいくら?各引越し業者で徹底比較

投稿日:2019-02-18 更新日:2020-04-29

単身パックを使えば単身引越しの料金は安く済む!

…確かに間違いではありませんが、いくら単身パックとはいえ通常のプランよりも値段が高いことだってあり得ます。

そのため単身の引越しでは「料金が安いから単身パック!」と即決してしまうのはいけません。まずは自身の条件に対して最安値の引越し業者を探しましょう。

格安プランの選択肢の多い単身引越し。単身パックだけにこだわるのはもったいないといえます。

1度入力した「希望日」や「荷物量」、「距離」に対して一番安い引越し業者が分かる一括見積もり比較サービスを活用し、他プランと単身パックの料金を比較してから決めるようにしましょう。

単身パックを打ち出している引越し業者は一つではなく、各社で料金やボックスサイズが細かく異なります。

各引越し業者それぞれの単身パック料金をまとめています。

【注意】単身パックの値段は一律料金じゃない!

料金がしっかりと決まっていて一律に見える単身パックですが、それはあくまで基本料金。

さらに割引や割増料金が発生したり、洗濯機などの家電がある場合は見積もりにオプション費用が加算されたりします。

その上、基本料金はもちろん、割引と割増料金・オプション費用の金額は引越し業者によって違うのです。
…そのため結局、どの業者の単身パックが安いのか?
そもそも自分の引越しには単身パックが最適なのか?

といった点から検討しなくてはなりません。

当記事では各業者の単身パック料金を細かくまとめています。
単身パックだけにこだわらずベストな単身引越しプラン選びをするための参考にしてみてください。

日通単身パック引越し料金表

単身パックS 単身パックL
東京-東京 18,000円 20,000円
東京-名古屋(350km) 24,000円 28,000円
東京-大阪(500km) 26,000円 31,000円
東京-福岡(1,000km) 35,000円 43,000円

※参考:日通公式サイト

日通の単身パックはSとLの2サイズに分かれています。

家財の大きさやダンボール数など、引越しの荷物に合わせたサイズのカーゴボックスを選択することが可能です。

ただ、表を見て分かる通り引越し距離が伸びるにつれてSとLの料金差が大きくなる点には注意が必要です。

そのため、長距離引越しの場合はなるべく単身パックLではなく単身パックSに収まるよう荷物量を調整する、あるいは他社単身パックで検討するなどの工夫をしましょう。

日通の割引や割増の値段

概要 料金
割引 WEB割引 2,000円
複数ボックス割引 1,000円/1BOX
開始時間おまかせ割引 1,000円/1BOX
割増 夜間(18~21時) 2,000円/1BOX
土日祝 2,000円/1BOX
土日祝の夜間 4,000円/1BOX
繁忙期(3/16~4/15) 5,000円/1BOX

※参考:日通公式サイト

日通単身パックは、他社と比べ割引に積極的です。

加えて各割引に併用が効くため、最終的に出される見積もりが他社より安く済むでしょう。

例として、東京大阪間で単身パックSの2ボックスで引越しする場合だと、6,000円割引となります。500kmの長距離引越しでも5万円を切る破格の値段に。

単身パックでの引越しを考えるならば、日通は筆頭候補といえるでしょう。

クロネコヤマト単身パック引越し料金表

わたしの引越
東京-東京 17,000円
東京-名古屋(350km) 26,000円
東京-大阪(500km) 28,000円
東京-福岡(1,000km) 36,000円

※参考:ヤマトホームコンビニエンス公式サイト

宅急便で有名なクロネコヤマトですが、単身引越しサービスである単身パック「わたしの引越」を打ち出しています。

ボックスサイズでいえば、日通のSとLの中間くらいに位置するのがヤマトの単身パックで、料金設定もおおよそ同じくらいです。

ただ、ヤマトでは依頼1件につき2BOXまでと上限が設定されている点が日通と異なる点です。

ヤマトの割引や割増の値段

概要 料金
割増 土日祝(集荷) 2,000円/1BOX
土日祝(お届け) 2,000円/1BOX
繁忙期(3/1~4/10) 5,000円/1BOX

※参考:ヤマトホームコンビニエンス公式サイト

ヤマト単身パックには割引がなく、割増だけとなります。

そのため、割引を加味した料金でいえば日通に軍配が上がるといえるでしょう。

佐川急便単身パック引越し料金表

カーゴプラン
東京-東京 21,000円
東京-名古屋(350km) 27,000円
東京-大阪(500km) 29,000円
東京-福岡(1,000km) 37,000円

※参考:SGムービング公式サイト

クロネコヤマト同様、宅急便のイメージが強い佐川急便ですが、SGムービングという名前で引越しサービスも行っています。

佐川急便の単身パックである「カーゴプラン」の料金は、日通やヤマトに比べるとやや高い印象を受けますね。

ただ長距離引越しでも料金が安いということには変わりなく、人気で予約が埋まりやすい日通やヤマトの代替案として考えておくこともできます。

ハトのマークの引越センター単身パック料金表

小鳩パック
東京-東京
東京-名古屋(350km) 22,000円
東京-大阪(500km) 24,000円
東京-広島(800km) 34,000円

※参考:ハトのマークの引越専門協同組合公式サイト

ハトのマークの引越センターでは、200km以上の長距離引越しを条件に単身パックを利用することができます。

ハトのマークの単身パック「小鳩パック」の料金は、基本値段だけを見ると日通やヤマトに並ぶほどの安さです。

ただし、プラス料金として設定されている割増料金も踏まえた上で判断するようにしましょう。

ハトのマークの割引や割増の値段

概要 料金
割引 追加ボックス割引 1,000円/1BOX
割増 時間指定 5,000円/1件
日祝 5,000円/1件
作業員料金 7,000円/1名

3月4月の繁忙期料金はないものの、他社では基本サービスである時間指定や作業員のチャーターに割増料金が設定されています。

自身の引越し日時や荷物量など、依頼する要望と照らし合わせてみて、他社より安いかどうか検討することが大切だといえるでしょう。

西濃運輸単身パック引越し料金表

1.5㎥ 2.5㎥
東京-東京 20,000円 23,000円
東京-名古屋(350km) 21,000円 26,000円
東京-大阪(500km) 23,000円 27,000円
東京-福岡(1,000km) 32,000円 36,000円

※参考:西濃運輸公式サイト

西濃運輸の引越し単身パック「カンガルー単身MAX+1」は、なんといってもボックスサイズが2.5㎥タイプの大容量であることが特徴です。
(日通単身パックLの容量はおおよそ2㎥程度)

一人暮らしの生活必需品であれば一通り積み込めるサイズですが、やはりベッドだけは難しいですね。

また、単身パックの基本料金内で自転車(ママチャリタイプ)も別送できるのも大きなメリットといえます。

荷物量が多い、かつ自転車が含まれていて、他社の単身パックで引越しするのはきびしい!という方なら西濃運輸一択といえるでしょう。

西濃運輸の割引や割増の値段

概要 料金
割引※ 追加ボックス割引 1,000円/1BOX
2週間以上前の予約 1,000円
割増 夜間(18~21時) 3,000円/1BOX
土日祝 2,000円/1BOX
繁忙期(3/15~4/10) 5,000円/1BOX

※繁忙期(3/15~4/10)除く

西濃運輸単身パックの割引料金には、複数割引の他に早割が存在します。

日通ほど割引の種類は無く、繁忙期には割増しか発生しません。

とはいえ「大容量、かつ自転車の輸送が無料の引越し単身パック」というだけで充分に他社と差別化ができており、条件が合う単身者は利用する価値が大きいといえるでしょう。

サカイやアートやアリさんの単身引越しプラン料金

引越し専門業者であるサカイやアートでは、ボックスタイプの単身パックはプランとして存在しません。

そのため単身引越しを依頼した場合は、基本的に荷物量に合わせたトラック1台をチャーターする通常プランを利用することになります。

単身プラン(チャーター便)の料金目安は次の通りです。

通常期 繁忙期
荷物少 荷物多 荷物少 荷物多
~15km 32,507円 38,135円 38,744円 46,310円
~50km 34,023円 39,933円 42,149円 49,675円
~200km 39,952円 50,182円 52,527円 66,120円
~500km 57,202円 70,224円 62,929円 84,553円

※引越し一括見積もりサイト利用者の平均見積もり相場

表はあくまで平均相場をもとにした金額で、各業者その日その日で料金見積もりにバラつきがあります。

加えて荷物ごとにオプション費用などが足されるため、とにかく見積もりを取ってみないことには正確な引越し料金が分かりません。

各業者のチャータープランと単身パック、それぞれ輸送方法は異なりますが、どちらなら最安値の料金見積もりが出るのかは必ず比較して確認しておきたいところです。

近距離なら赤帽の単身引越し料金とどっちが安い?

結論からいえば、同市内など20km以内程度の近距離引越しなら、単身パックを利用するより赤帽の料金の方が安いです。

赤帽に単身引越し作業を依頼した場合、1.3万円程度が相場です。単身パックを同程度の近距離引越しに利用した場合は、1.8万円程度。

そもそも単身パックは長距離向けのプランで、そもそも近場の引越しでは利用不可能としている業者もあります。

近距離が安い赤帽と、長距離が安い単身パック…と覚えておくと良いでしょう。

運べる荷物量で言っても、赤帽車(軽トラック)の荷台には単身パックの2倍以上の積載スペースがあります。

とにかく近距離の引越しでは、単身パックよりも赤帽の方が費用・荷物量の面でいっても断然メリットが大きいといえます。

まとめ

単身者の引越しにおいて、単身パック利用は確かに安い料金で引越しをすることができます。

ただ、各業者ごとに設定されている割増料金や荷物ごとに発生するオプション費用が見積もりに計上されるということも忘れてはなりません。

また、単に「少量の荷物だから…」というだけで単身パックで検討していると、荷物量が収まり切らずにボックス追加等になってしまい結果的に料金が高額になってしまうことも考えられます。

安く単身引越しを済ませるには、自身の引越し条件に対し複数社から見積もりを出してもらって比較するのがベストといえるでしょう。

その上で単身パックか、それとも他の単身者向けプランか…といったことを検討することをおすすめします。

小規模な単身引越しはプランの選択肢が豊富です。
単身パックのみにこだわらず、一括見積もりをとって、引越し業者複数社の中から最安値のプランを提示してくれるところを探しておきましょう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-04-29 11:09:19
https://www.seikatsu110.jp/shipping/sh_move/165559/
運送・配送
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

運送・配送 引越し

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!