衛生害虫駆除

衛生害虫駆除業者比較 目安料金について 建坪20坪の木造住宅でノミ駆除をご依頼いただいた時の目安料金となります。

検索結果
53社のうち51 - 53件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

衛生害虫(ノミ、ダニ、トコジラミ(南京虫))の駆除はお任せください!

誤った薬剤の使い方をご自身で行い逆効果になってったという事例もよくききます。そうなってしまわないためにも業者の手で確実に駆除します! 続きを読む

株式会社ホームトータル消毒

ダニなどの衛生害虫にお困りなら当社までご相談ください!

株式会社ホームトータル消毒は、害虫駆除や消毒など、建物を衛生的に保つ業務を行ってきました。当社のサービスは、一般住宅の方だけでなく、旅館や飲食店などの業者の方にもご利用いただけます。衛生害虫というものをご存知でしょうか?毒・吸血などで人体に悪影響を与えるものや病原体を媒介するものが当てはまります。具体的なものを挙げれば、ダニやノミなどですね。ダ... 続きを読む

関連リンク
ハチ駆除
シロアリ駆除
衛生害虫駆除
害虫駆除

有限会社たかはし工営

衛生害虫にお悩みなら有限会社たかはし工営にお任せください!

有限会社たかはし工営では、これまで多くの衛生害虫駆除を行ってきました。衛生害虫とは人間などに害を与える昆虫やダニ類の事で、特にダニ類の害の場合はストレスの原因になるでしょう。これまでご依頼されたお客様達は、衛生害虫駆除が終わると、ストレスの元凶がいなくなったと大喜びされていました。私達はそういったお客様の笑顔を大切にしていきたいと考えていますの... 続きを読む

関連リンク
ハチ駆除
シロアリ駆除

生活110番おすすめサービス

衛生害虫(ノミ、ダニ、トコジラミ(南京虫))の駆除はお任せください!

誤った薬剤の使い方をご自身で行い逆効果になってったという事例もよくききます。そうなってしまわないためにも業者の手で確実に駆除します! 続きを読む

衛生害虫駆除業者をエリアから探す

衛生害虫駆除に関する、みんなの暮らしの知恵袋

衛生害虫駆除について

  • 不快害虫・経済害虫・衛生害虫の比較

    地球上には様々な生き物が暮らしています。人間のような動物もいれば、微生物のような小さな生物まで、私達が見えている世界のその裏には、想像もつかないほどの大きな世界が広がっています。どのような生き物も、回り回って地球の生態系にはなくてはならない存在なのですが、時に私達人間に生活を脅かす生き物も存在として認識されている生き物がいることも事実です。それが害虫です。害虫とひとくくりに言っても様々な種類のものがありますが、大きく分類すると3通りの害虫に分けることが可能です。

    1つ目は不快害虫です。これは人間が見た時に「見た目が気持ち悪い」と思われる虫のことです。クモやゲジゲジ、ムカデなどの見た目にゾッとするような害虫を不快害虫と言います。実際には人間に何の害も与えないようなものも多く、むしろクモに至っては人間の体に害を与える虫を好んで食べる「益虫」の役割を果たしてくれることもあります。

    2つ目は経済害虫です。これは食べ物などに深刻な害を及ぼすもので、家などを食べてしまうシロアリや、農作物に被害を与えるミカンハダニなどはこの経済害虫に分類されます。一度こうした害虫が付いてしまったせいで農作物が出荷できないなどの深刻な被害も報告されていますので、注意が必要になるのがこの害虫です。

    3つ目は衛生害虫です。この害虫は人間の体に直接害を与えるものとなっています。確かに農作物や大切な家に穴を開けられたり、気持ちの悪い虫を見るのは誰だって嫌ですが、この衛生害虫によって病気を媒介されてしまうと、時には命に関わる場合もあります。蚊やダニはもちろんですが、ハチやゴキブリもこの害虫の中に分類されます。ノミやダニは人間やペットの体に寄生して血を吸ったりします。ノミやダニの唾液に含まれる成分が人間の体に害になることもあり、日本でもマダニが媒介する病気で多くの方が亡くなりました。また、ハチに刺されるとアナフィラキシーショック症状を引き起こすこともあり、年間数十人の方が命を落とされています。

    確かにどの害虫も人間にとっては厄介であるという側面を持っています。最も命に直接的に関わる衛生害虫を防ぐために大切なのは、普段から衛生害虫に対する知識を正しく持っておくことです。ほとんどの衛生害虫が、人間が庭の手入れや、掃除などを怠ったことによって発生しやすくなります。家の掃除はこまめに行い、害虫の発生が疑われる場合は早めに衛生害虫の駆除を行っている業者に駆除を依頼しましょう。特にダニ駆除やノミ駆除などを行なうことによってアレルギー性の皮膚疾患や感染症にかかるリスクを減らすことも可能になります。ダニ駆除やノミ駆除は普段の生活で行なうことは難しいので、業者に依頼すれば家庭で行なうよりもしっかりと駆除してもらえるかもしれません。衛生害虫でお困りの方は一度利用してみてはいかがでしょうか?

  • 衛生害虫がもたらす害

    時に私達の健康を脅かす存在となる衛生害虫。早めに駆除しないと、様々な疾患を引き起こすなどの悪影響を及ぼします。ところで衛生害虫は私達の体にどのような影響を与えるのでしょうか?

    例えばノミやダニのような衛生害虫は皮膚疾患を引き起こします。中でもアレルギー性皮膚炎は有名で、一度刺されると猛烈なかゆみが引き起こされ、肌の弱い人は水ぶくれなどが発生して10年近く傷跡が残ってしまうこともあります。また、皮膚疾患だけではなく、マダニから重大な病気を媒介されることがあります。日本でもニュースで「重症熱性血小板減少症候群」という名前で紹介されることもありました。マダニに刺された後6日から2週間程度で発熱や消化器の症状が発生します。酷い人になると、リンパが腫れ筋肉痛が起こったり、出血症状まで現れ、最悪の場合死亡することもあります。

    日本ではこうした虫刺されによるアレルギー症状が原因で亡くなる方もいますが、ハチも人間にアレルギー性のショック症状を引き起こさせることがあります。日本にはオオスズメバチという、名の通り大きなスズメバチがいますが、元々クマなどの大型の動物から見を守らなければならなかったため、かなり獰猛な性格をしており、その恐ろしさは世界一だと言われています。ハチに刺されると、ハチの毒に含まれているアレルギー物質が体に回りこみ、頭痛や呼吸困難などを引き起こして意識を失ったり、最悪の場合は亡くなってしまうこともあります。

    他にもゴキブリのような不衛生な害虫が食中毒を招くことがあります。ゴキブリは下水や排水口などを歩きまわっているため、たくさんの病原菌を持っています。

    こうした衛生害虫から身を守るためには、一体どうしたら良いのでしょうか?1つは出来るだけ見通しの悪い草むらに入っていかないということが挙げられます。ノミやダニはもちろんですが、恐ろしいオオスズメバチも人からは見えにくい山や森の地面の下に巣を作ることがありますので、不用心に草むらに入っていくことが賢明ではありません。また、山や森、農作業を行なう場合は、長袖長ズボンなどを着用し、出来るだけ肌を見せないようにすることが大切です。家に着いたら早めに着衣を着替えてシャワーなどを洗った府が良いでしょう。またゴキブリのような害虫を寄せ付けないように常に家を清潔に保っておきましょう。どうしても駆除が大変で手が回らないという方は一度衛生害虫駆除業者に駆除を行ってもらってはいかがでしょうか?特にダニ駆除やノミ駆除は目に見えない害虫を相手にしますので、ますます駆除が大変になります。家庭では難しいダニ駆除やノミ駆除は一度業者に依頼してみましょう。

  • 家庭でできる衛生害虫の予防方法

    非常に不衛生で、時には私達人間の体に重大な疾患をもたらし、命の危険にまで追い詰めることもある衛生害虫。衛生害虫にも様々な種類がありますが、どの害虫にも共通して言えるのは、人間が一工夫するだけで、随分と被害を軽減できるということです。この回では家庭で簡単に行なうことができる衛生害虫の予防法をご紹介致します。

    衛生害虫の多くは暗くて湿った狭いスペースを気に入っています。ゴキブリもこうした場を気に入る害虫の1つです。特にシンクや冷蔵庫の下、押入れの奥はゴキブリが生息しやすい場所で、暗くて狭いため人間の目も届かないため、卵を産み付けてこうした場所で大量に発生します。肉眼で確認出来ないようなノミやダニに関しては、布団や絨毯、畳の中などに巣を作り、湿気の多い時期になると一気に増殖します。まずこうした害虫が暮らしにくい環境にするためには、日頃から細かい部分までしっかりと掃除をすることです。ゴキブリは髪の毛さえもエサにすることが出来る害虫ですので、手の届かない隙間などにも届くような掃除道具を使用して、徹底的にエサとなるものを排除しましょう。

    また、湿気を防ぐために窓を開けて換気をしたり、天気の良い日は布団や絨毯を天日干ししておくのも、衛生害虫を予防するのに有効な手段です。ノミやダニは紫外線や熱に弱いため、天気の良い昼間の天日干しは効果的です。また、殺菌作用の高いアロマオイルを焚いておくのもおすすめです。植物の中には害虫などから自分の見を守るために、虫の嫌がる臭いを出したり、植物自体が病気にならないように殺菌作用のある成分を空気中に放出しています。純度の高い精油にはこうした成分が含まれており、アロマオイルを焚いておくだけで衛生害虫が寄り付きにくくなります。

    他にも家に庭のある方は雑草にも注意が必要です。雑草は伸ばしっぱなしにしていると、どうしてもそこを住処にする害虫が増えてしまいます。こまめに除草が出来ないと言う方は除草剤や除草シートなどを使って、雑草が生えないようにしておくのも有効な手段です。

    このようにちょっとした工夫で衛生害虫が発生しないようにすることも出来ますが、オフィスや店舗などの範囲の広い場所でこれだけの作業をしようと思うと大変な労力が必要となります。もしも衛生害虫が気になるという場合は一度衛生害虫の駆除を行っている業者にまとめて退治してもらっても良いでしょう。経験の多いところであれば親身になって相談に乗ってくれるかもしれません。特にダニ駆除やノミ駆除は小さな虫を相手にしますので、家庭で駆除を行なうのが難しいとされています。ダニ駆除やノミ駆除はなおさら業者などの経験を持った人に任せた方が良いかもしれません。

  • 家庭でできる、衛生害虫の駆除方法

    多岐にわたる種類の衛生害虫ですが、その生息数を完全にゼロにすることは不可能に近いと言われています。どのような家庭においても発生してしまう厄介な存在ですから、ダニ駆除やノミ駆除といった対策は誰しもが備えておくべき事項でしょう。ダニにおいては、フケやアカ、埃などを主食として増加しているので、これらをマメに掃除することでその絶対数を少なくすることは可能です。また、熱と乾燥に弱いという特徴も見られますから、そのような点を抑えた上での掃除ができるといいですね。マメに換気をし、日中はカーテンを開けて陽の光を室内に取り込み、発生源となりやすい布団は天日干ししましょう。誤解されやすいのですが、掃除機による吸引ではダニ駆除の効果はそこまで期待できません。掃除機は駆除した後の仕上げで行うことでその効果を発揮してくれます。ダニの死骸や糞を残さない努力が大切なのです。まずは燻製材や、噴射式、散布式の駆除剤の使用を試みましょう。また、ダニと一言で言ってもその種類は様々で、その種類によっては発生源や被害、時期などが異なってきます。生息場所も異なっていて、それによってケアするべき個所が異なってきますから、事前に確かめておくことが推奨されます。チリダニの場合は、通年通して見られるという特徴があります。布団やカーペットなどに生息するという特徴をもち、大量に発生した場合にはアレルギーの原因となることで知られています。刺傷被害はほとんどないようです。高温多湿を好むので、室内をそのような状況にしないようにしましょう。コナダニは、梅雨と秋の初めに多く発生します。食品や医薬品、畳に発生するという特徴があり、これも刺傷することはまずないようです。低温に強いため、湿気を下げることに重点を置きましょう。繁殖力は高いですが、基本的に直接的な被害はそこまでないようです。しかし、ツメダニの餌となってしまうため、間接的な被害が懸念されます。そのツメダニはコナダニと同時期の梅雨、秋の始めに増殖し、比例して被害が多発します。本来人を吸血することはないのですが、たまに誤って刺傷して体液を吸ってしまうようです。刺咬症の主要原因とされています。チリダニも捕食対象とするので、該当時期はそれらに注意した対策を行いましょう。直接的な吸血被害があるのが、イエダニです。5月から9月くらいの期間に発生し、ネズミや鳥に寄生します。室内でのネズミを発見した際には、イエダニの危険性を考えましょう。このように、ダニだけを考えてもこれだけの、説明できていない種も含めるとさらに多くの数が存在します。それぞれ発生時期や被害内容なども異なっているので、対策の際には知識を学んでおくことが重要です。ダニ駆除はもちろん、ノミ駆除などにも応用がききますから、それらを考える際の参考にしてください。

0120-949-986