屋根工事

屋根工事業者比較 目安料金について 築30年の木造2階建て物件の雨漏り修理をご依頼いただいた時にかかる目安料金となります。

検索結果
99社のうち71 - 80件を表示

▼特徴で絞り込む

有限会社 田建築工房

対応エリア:
九州  
所在地:
鹿児島県鹿児島市紫原7-6-5
  • 低価格で丁寧な仕事

『有限会社 田建築工房』が全力でお客様の暮らしをサポートします

【有限会社 田建築工房がサポートいたします】 弊社は鹿児島県を中心として、屋根工事を始めとする住宅のお困り事に関する業務をお引き受けしております!これまでの数多くの施工経験を活かして、地元のお客様に貢献して参りたいと思っております。普段の生活で、「屋根」をまじまじとみる機会はほとんどないと思います。その様な屋根ですが、実は大切な住宅を守ってくれて... 続きを読む

他対応カテゴリ
解体工事
屋根工事

大和瓦工業株式会社

対応エリア:
関西  
所在地:
京都府船井郡京丹波町須知狐塚29-1
  • 低価格で丁寧な仕事
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • スピーディーな対応
  • 安心の保証付

劣化した屋根の工事は当社にお任せください!

建築物にとっての屋根というのは、人間にとっての帽子のような物です。降り注ぐ直射日光や風雨などから、建築物を守ってくれています。そのため屋根は頑丈に作られていますが、過酷な環境下にあることから、どうしても劣化は避けられません。以下に日本でよく使用されている屋根とそのチェックポイントを挙げていますので、参考にしてみてください。 【瓦屋根】 古くか... 続きを読む

他対応カテゴリ
屋根工事

株式会社三城瓦興業

目安料金:
¥51,000~
対応エリア:
中国・四国  
所在地:
広島県庄原市東城町川西894-1
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • 無料現地調査実施

皆様の笑顔が見たい!その一心で工事いたします!

初めまして。「株式会社三城瓦興業」でございます。当社は庄原市東城町を中心に活躍している業者で、昭和32年に創業されました。創業してから今日まで実に数多くの屋根工事を行ってきましたが、当然その中には難易度が高い工事もあり、そのたびに、自身の実力を最大限駆使できるよう努めてきたものです。そのおかげか、今ではたくさんのお客様が当社を頼りにしてくださって... 続きを読む

他対応カテゴリ
屋根工事
瓦工事

桜塗装

目安料金:
¥51,000~
対応エリア:
東北  
所在地:
山形県山形市城南町3丁目4-13
  • 低価格で丁寧な仕事

まじめな仕事ぶりでお客様からお喜びいただいております

屋根のお困り事はございませんでしょうか。桜のように美しく・真心こめて手抜きのない工事をモットーとしております、桜塗装に屋根工事はお任せください。工事後のアフターサービスも万全です。毎年点検にお伺いをしております。どうぞ安心してご依頼ください。 【屋根のメンテナンス】 屋根について考える機会はあまりないかと思いますが、屋根は一年中紫外線や雨風な... 続きを読む

他対応カテゴリ
屋根工事

有限会社外部工務店

目安料金:
~¥27,000
対応エリア:
東海  
所在地:
岐阜県大垣市三津屋町4丁目2-2
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • 無料現地調査実施

『有限会社外部工務店』が日本の伝統を活かした屋根工事を承ります

【確かな技術をご提供します】 有限会社外部工務店は岐阜県大垣市を中心として、屋根工事や住宅リフォームを承っております。古き良き日本の伝統を伝え、現代の「屋根」の在り方を考えて施工しております。弊社は厚生労働大臣認定の、工務店です。お客様に安心と安全のご提供を、お約束します。よりお客様に安心してご相談頂く為に、お見積りは無料で行っております。「ま... 続きを読む

他対応カテゴリ
屋根工事

有限会社新井瓦店

目安料金:
~¥27,000
対応エリア:
北陸  
所在地:
富山県南砺市森清3053
  • 低価格で丁寧な仕事

ご自宅の屋根の確認や修繕は私たちにお任せ下さい!

【屋根の状態】 長く住んでいる住宅は、多くの場所に劣化が起こってしまいます。耐久性が落ちてしまえば、倒壊の危険性も出てきてしまうため、いくら耐震性能を持っていたとしても、安全な住宅とは言えません。特に気を付けていただきたい場所として、屋根を挙げることが出来ます。屋根は住宅をあらゆる天候から守ってくれている大切な存在です。しかし、その屋根に劣化が... 続きを読む

他対応カテゴリ
屋根工事

総合施工 冨田設備工業

目安料金:
¥27,000~¥35,000
対応エリア:
九州  
所在地:
佐賀県伊万里市二里町八谷搦1071-1
  • 低価格で丁寧な仕事

屋根工事に関する情報収集はバッチリでございます!

【放ってはおけない屋根】 ひとえに「屋根」と言っても、その種類は数多くあります。少し街中を歩き回るだけでも色んな屋根が見れるので、なかなか面白いですよね。でも、そんな屋根も種類に関係なく劣化してしまうので、注意せねばなりません。劣化した屋根は雨水の浸入を許してしまうので、早めの段階の屋根工事が早期解決となります。 ところが、いざ屋根工事をしたい... 続きを読む

他対応カテゴリ
屋根工事

株式会社サンティエ

対応エリア:
関東  
所在地:
茨城県日立市宮田町2-5-12
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • スピーディーな対応

サンティエがお応えいたします!屋根のご相談をお寄せください!

建物の屋根は頑丈なものですが、長年風雨に晒されていればいつしか傷や経年劣化が生じてくることもあります。屋根もお住まいの他の場所と同じように、定期的なメンテナンスを行うことでより長く機能や美観を保つことができるのです。サンティエではそんな屋根に関する工事に豊富な実績と高度な技術を有し、皆様からの屋根に関するご相談をいつでもお待ちしています。 【... 続きを読む

他対応カテゴリ
解体工事

Build Corporation

対応エリア:
関東  
所在地:
千葉県千葉市美浜区打瀬3-9パティオス22番街116
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • スピーディーな対応

丁寧な調査と迅速な施工!屋根の寿命を伸ばします!

屋根はいつでも私達を風雨から守ってくれているものですが、定期的なメンテナンスや修繕を行わなければ傷んでしまいます。つなぎ目に隙間が生じたり、部品が劣化して穴が空いてしまったり。そんな屋根を長く、美しく使い続けるために、日本住宅サービスでは豊富な施工技術で適切な屋根工事を行い、お客様に喜んでいただけるサービスを提供できるようスタッフ一同日々務めて... 続きを読む

他対応カテゴリ
屋根工事

有限会社アースクリーン・ネットワーク

対応エリア:
東北  
所在地:
宮城県岩沼市小川字上河37
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • スピーディーな対応

宮城県の屋根のことならアースクリーン・ネットワークにおまかせください

有限会社アースクリーン・ネットワークは、宮城県岩沼市の便利屋さんです。屋根工事のほかに、廃棄物の運搬や家屋解体などをメインに、さまざまなサービスで地域の皆様の生活のお手伝いをしています。岩沼市のほかにも、宮城県のどこへでも、屋根工事のために駆けつけます。 【屋根のメンテナンスについて】 屋根は家の中を雨風から守ってくれる、とても重要な存在です... 続きを読む

他対応カテゴリ
解体工事

屋根工事業者をエリアから探す

屋根工事に関する、みんなの暮らしの知恵袋

屋根工事について

  • 屋根工事をする目的

    屋根工事、屋根リフォームを行うことには当然目的があり、様々な理由があります。機能面、外観面での向上という意味での工事があれば、そのような点に不具合があるからそれの改善といった意味もあるでしょう。屋根は、過酷な外的要因から住んでいる皆様を守ってくれる重要な存在です。雨風がしのげるといった意味はもちろん、その他にも多くの機能によって私たちに安心を与えてくれています。その分だけかかっている負担も一塩ですから、定期的に労ってあげることが重要と言えるでしょう。長期間屋根のリフォームを行っていない、塗料がはげてきてしまった、瓦のずれ、雨漏りの発生、及び雨漏り発生の要因となる雑草の自生や積葉、雨樋の詰まりなどが判明した場合はそろそろ屋根工事を行うべき頃合いなのかもしれません。屋根塗装や屋根リフォームによって、大切なお住まいのケアをしてあげることが推奨されます。その中でも外観の改善を目的とする場合は、屋根塗装工事が有効です。家の頂点に君臨する屋根に変化をつけることはそれ相応のインパクトがありますし、塗料によっては様々な利点も存在します。せっかく長い時間を共にするお住まいなのですから、ご自身の好みに合わせた外観であれば尚のこと気持ちよく過ごすことができますよね。位置的にもお住まいの頂点、つまり人間でいう頭頂部に当たるので、連想して脳に刺激がいき、気分にも影響するという説もあるようです。最近どうも調子が悪い、やる気が出ない、という方は一度この点に注目してみるといいかもしれませんね。機能面で注目すべきは、やはり雨漏りです。降り頻る雨を一身に引き受ける屋根ですから、どこかに僅かでも異常があると浸水を許してしまいます。外と接していることで不安要素も多く、それによって排水機構や耐水性などに不具合が生じることも考えられます。雨漏りはその特性上どうしても発生要因を探ることが難しく、それが屋根であった場合は点検が困難なために見落としてしまいがちです。外から室内の間には層があり、お住まいの重要な構造が存在する層を通って室内に水がやってくるということは、その過程でお住まいにダメージを与えていることになります。構造部分を湿らせるということは、木材の腐敗とシロアリの発生が予測されます。ともに耐震性に関係してくる要素ですから、室内まで雨漏りが深刻化する前に屋根リフォームを行うべきと言えます。このような点のほか、屋根リフォームには多くの利点が存在しますから、タイミングを見て実行を考えてみてください。

  • 屋根の種類と特徴について

    一言で屋根と言っても、その種類は多岐にわたります。何も知らないで注文住宅の建設などをポンポン進めてしまっていると、時には要望通りのお住まいにならない可能性もあり得ます。お住まいの地域との相性によっては頻繁な屋根リフォーム、屋根塗装工事が必要となってしまうかもしれません。お住まいは一生ものである場合もありますから、しっかりと吟味した上での決断が好ましいですね。深い知識を得ることは困難ですから、まずは基本的な要点だけでも抑えて計画してみましょう。今回はそのような基本的な要素を軽く整理してまとめますので、計画の際には参考にしてください。特に日本の代表的な屋根の中でも、切妻屋根、片流れ屋根、寄棟屋根、招き屋根、入母屋屋根、という5種類を紹介していこうと思います。まず、切妻屋根は、頂点から下方向に二面に向かって野地板が伸びている屋根です。シンプルな構造のために丈夫な点、メンテナンスがリーズナブルな点、丈夫な点が特徴的です。しかし、メンテナンスを定期的に行わなくてはならないという欠点を持ちます。寄棟屋根は、頂点の面から下方向に四面に分かれた見た目が特徴の屋根です。割と普及し始めていて、最近は目にする機会も多いと言われているようです。特徴としては、空から屋根を見下ろすと、下方向に分かれる接点部分にY字が確認でき、この部分が雨漏りに弱いという点が上がります。若干メンテナンス費用が高くつくようなので、留意しておきましょう。入母屋屋根は、上部切妻と下部寄棟が組み合わさってできた形です。農村部などでよく見かける形で、その複雑さから雨漏りの危険性が高いと言われています。箇所によっては工事費用も高くついてしまうようなので、その点が許容できる場合に採用しましょう。片流れ屋根は、左右非対称な形が特徴的で、切妻屋根を棟に沿って半分にしたような外見です。イメージ的にはヘアスタイルのアシンメトリーのような感じでしょうか。複雑な構造が少なく、屋根もほとんど一枚張りであるのでメンテナンスも容易です。雨漏りも少ないのですが、一面屋根の副作用で雨樋に雨水が集中すると溢れかえりやすいという欠点があります。この屋根を採用する場合は、その点に気をつけましょう。招き屋根は、切妻屋根の片方の面を長くし、反面を短くした外観が特徴的です。室内空間の高さを保持できる屋根で、ロフトなどを作りやすいというメリットがあります。屋根の段違いによって基本的には雨漏りに強く、狭い屋根面を北側にすれば積雪対策にもなります。積雪は意外にも雨漏りの条件になることが多く、場合によっては長期化してしまう恐れがある要素なので、それを対策できるというのは嬉しいことなのでないでしょうか。以上のように、屋根には様々な種類が存在します。もちろん、ここに挙げた例のほかにも屋根は存在し、種類によって屋根リフォームの仕方や頻度、コストが異なってきます。屋根塗装に関しても、形状は重要なのではないでしょうか。業者に屋根リフォームを依頼する段階ではもちろんですが、それ以上に日々のメンテナンスなどにも関わってきますから、要望に応じて適切なものを選択できるといいですね。

  • 屋根の劣化について

    いくら家が一生ものだと言っても、どれだけ頑丈に作ったとしても、そこにはどうしても寿命というものが出てきてしまいます。もちろん、家と一生付き合っていくという方は多いです。ですから、どれだけ家をいたわってあげるか、つまり、屋根リフォームや屋根塗装といったお手入れをマメに行えるかどうかという点が重要になってきます。塗装が不要で耐久性の高い素材もありますが、一般的に用いられることは少ないので、やはり塗料の塗り替えは大切です。屋根は頂点にあるので目立つのですが、劣化などの細かい個所まで目がいかないという側面も併せ持ちます。意識的に見ようとしないと気づくことが困難な箇所ですから、定期的な点検日を決めて業者による正確な点検や修理などを行っておくと、より長く良い状態を保つことができるかもしれませんね。屋根の劣化症状としては、サビやひび割れなどの症状が見られます。サビの場合はケレンで削り落とすことで対処することが可能で、ひび割れの場合はセメントなどで補修することが対処法です。ひび割れた上から塗料を塗ってしまうと、ひび割れの症状が再発してしまいますので前もっての対策が重要です。サビの場合は放っておくと箇所の拡大が予想されますから、深刻化する前の行動を目指してください。塗料の塗り替えによる対処が可能なのが色あせ、塗膜の剥がれ、反り返りです。紫外線や雨などによって発生し、特に反り返りはスレートの屋根で発生するようです。劣化が進んだ場合に見られる症状なので、早めの対処をしましょう。反り返りのスレートは破損確率が高いというのも気をつけたいです。一方で、塗り替えによる屋根リフォームは二回までが限界である場合が多いようです。三回目は葺き替えになることがほとんどと言われていますから、留意しましょう。建築時期や屋根の材質によっては葺き替え工事かカバー工法か異なってくると言われていますので、その点も押さえておいてください。以上のように、屋根の劣化については様々なケースが見られます。材質によってその劣化の種類も変わり、対処法も変わっていくというのが特徴的です。一生住むかもしれないお住まいだからこそ、きちんとした知識でお手入れを行ってあげられるといいですね。一度重症化してしまうとそこから持ち返すことは困難ですし、値段も張ってしまうかもしれません。その間の外観面にも問題があると思いますから、やはり定期的なメンテナンスが大切になってきます。後から大掛かりな屋根リフォームを行うのではなく、定期的にケアすることを心がけましょう。

  • 自力での屋根修理について

    近年のD.I.Yの流行で、屋根リフォームや屋根塗装といった自力での屋根修理を目指す人が増えてきているようです。ですが、屋根の工事をするということで、高所で、かつ難所という点が見られますから、当然思わぬ事故のリスクが浮上してきます。確かに個人で行うメリットは多くあり、自力で行うということで、高度な技術が伴えば自分の理想を完全に反映させることも可能です。どうしても頭の中の理想を人に伝えることは難しく、どれだけ技術力のある業者の手でもご利用者様の要望に完全に適したものを提供することは困難です。そこを譲れないという場合は、理想を業者に伝える力をつける、つまりコミュニケーション能力、説明力、トーク力などの点を鍛えるか、技術を磨いて自ら施行するかのどちらかになるでしょう。しかし、どうしても個人での施行には限界があり、それを生業としている方たちと比較すると劣ってしまうのが現実です。そこで今回は、両手段のバランスを考慮してそのメリットデメリットについてまとめますので、屋根修理の計画の際の参考にしてください。まずメリットですが、屋根リフォームなどの業者に依頼するよりも安価で済みます。施行を自ら行うのですから、材料費のみです。材料費に関しても個人で選択できますから、そこでも節約を行うことも可能かもしれませんね。何らかの経年劣化によるカビや藻などの症状は高圧洗浄機で対応することができます。濡れていることと、藻などを踏んでしまった際には転倒してしまうこともありえますので、注意しましょう。破損が確認できた場合はコーキングが有効です。屋根塗装を行う場合は下塗り、中塗り、上塗りと三段階で行うことが基本のようなので、それに倣うといいでしょう。塗料によっては道具が異なりますから、その点も気をつけてください。瓦の修理も一応可能なのですが、相当な手間と労力がかかってしまいます。ですから、業者が来るまでの応急処置位に考えておいたほうが良いと言えます。そしてデメリットですが、先述の通り身の危険が伴います。また、作業に慣れていないということで時間もかかるでしょう。業者でさえ複数人でやる場合がほとんどですから、それを個人の、それも経験の浅い者が行うわけですから当然と言えば当然です。それに比例した以上の疲労も予想されます。特に夏場においては地獄のような気分になると言います。それだけ頑張ったとしても、技術が足りていない場合は塗料のムラや、その他何らかの不具合が考えられます。自力ということで、どうしてもそれ相応の結果になってしまうことでしょう。抜群のセンスや過去に経験がある場合には別ですが、基本的にはそれ以外の方が多いはずです。相応の結果であったとしても成功すればいいのですが、心配なのは失敗したときのことです。個人で行うということは保証がないということですから、失敗した場合には途方に暮れてしまうことになります。結局業者に屋根リフォームや屋根塗装を依頼する羽目になると、自分が作業した分だけ、頑張った分だけ、価格がかさんでしまうかもしれません。このように、一般的に業者へと依頼するべき作業を自分で行うということには、それだけのリスクが伴います。一方で、自分でやる場合にしかないメリットもありますから、どちらを優先させるかで適当な方を選択できるといいですね。ただ、業者が来るまでに応急処置として深刻化を防ぐという意味もありますから、何にせよある程度の知識は蓄えておいたほうが良いのかもしれません。学んでおいて損はありませんから、学んだうえでの行動を目指しましょう。

0120-949-986