外壁塗装

外壁塗装業者比較 目安料金について 50平米の外壁塗装(防止塗装)をした時にかかる1㎡の目安料金となります。

検索結果
134社のうち131 - 134件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

外壁塗装:
3,500円~/㎡
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

明朗会計でスピーディーにお見積もりいたします!

外壁塗装のプロが施工いたします。徹底した現場管理で高品質な仕上がりをお約束します! 続きを読む

株式会社和み(なごみ)

対応エリア:
関東  
所在地:
栃木県小山市羽川288-71
  • 低価格で丁寧な仕事

外壁塗装の事なら『株式会社和み』が綺麗に安全に施工します

【外壁塗装に適した時期とは】 外壁塗装で使う塗料は、一般的には5度以下で固まり塗装の伸びが悪くなってしまう為、塗りムラができてしまいます。逆に真夏ですと、日の当たる外壁は素手では触れない程高温になるので、塗料が沸騰状態になってしまい、伸びすぎてしまう恐れがあります。又、梅雨時期や真冬等は、塗料を塗っても乾燥するのに時間がかかるので避けた方が良いで... 続きを読む

他対応カテゴリ
外壁塗装

橋岡塗装

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
岡山県倉敷市下庄983-12
  • 低価格で丁寧な仕事

外壁塗装を行って水からご自宅を守りましょう!

【外壁の劣化】 ほとんどの物が時間の経過と共に劣化が進んでしまいますが、ご自宅も例外ではありません。ご自宅の外壁も経年劣化が進むと塗装がはがれてしまい、ヒビが入ってしまう事もあります。わずかな隙間ができてしまうと雨の日に自宅に水が侵入してしまう可能性があり、雨漏りが発生するだけでなく水の影響でカビが目立つ様になってしまう恐れもあるのです。また、... 続きを読む

他対応カテゴリ
外壁塗装

近藤電気工業

対応エリア:
北海道 / 東北 / 関東 / 北陸 / 東海 / 関西 / 中国・四国 / 九州  
所在地:
北海道札幌市白石区東札幌2条3丁目2-10
  • 低価格で丁寧な仕事

外壁の状態を改善するためには外壁塗装が一番です!

【日々の点検が大切】 毎日を快適に過ごすためには、住宅の安全性が重視されます。地震などの自然災害時にも耐えられるよう、住宅は堅牢なものが一般的です。古い住宅であれば、それだけ耐震制度も過去のものとなるので、早めの地震対策が肝心です。しかし、築年数があまり経過していなくとも、住宅の安全性を損なう可能性は大いにあるのです。住宅は常に外気に触れている... 続きを読む

他対応カテゴリ
外壁塗装

生活110番おすすめサービス

外壁塗装:
3,500円~/㎡
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

明朗会計でスピーディーにお見積もりいたします!

外壁塗装のプロが施工いたします。徹底した現場管理で高品質な仕上がりをお約束します! 続きを読む

外壁塗装業者をエリアから探す

外壁塗装に関する、みんなの暮らしの知恵袋

外壁塗装について

  • 外壁塗装の目的とメリット

    建物の外壁塗装を行うのには、ただ見た目を綺麗にする事意外に、いくつかのメリットがあります。その多くは、外壁を保護するという大切な役割があり、見た目を綺麗にする事よりも重要な事なのです。まず上げられるのが外壁の耐久性向上で、外壁塗装をすることによって、外壁の耐久性を高めることが出来ます。塗料の種類はアクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系があり、これは耐久性が低い順となっています。一番耐久性に優れているのがフッ素系で、直射日光や雨風に晒されると傷みやすい屋根の塗装に使われる場合が多いです。外壁の塗装として一番使われているのはシリコン系で、価格と耐久性のバランスが良いのでコストパフォーマンスに優れています。建物は徐々に老朽化していき、外壁塗装もいつまでも効果が持続するわけではありません。外壁塗装の効果が弱まったまま放っておくと、塗装の下の建材が傷んでしまい、外壁のリフォームを行わなければいけなくなるのです。そのため、外壁塗装は数年から10年程度で定期的に塗り替える必要があるといえます。外壁塗装をすることに関してのデメリットは無いので、気になったら前回外壁塗装した時から、期間がそんなに経っていなくても行うことは外壁を守る意味でも有効です。あえてデメリットを上げるとするなら、定期的な外壁塗装が必要だという事くらいでしょうか。しかし、外壁を保護するためには、外壁塗装意外の方法がないので、建物を長く維持していこうと思った場合は、外壁塗装は必ず必要になるものなのです。他にも、防水性や透湿性、断熱効果、遮熱効果、セルフクリーニング効果などが向上するというメリットばかりなので、建ててから一度も外壁塗装をしていないという方は、この機会に行うことが良いでしょう。外壁塗装をするタイミングとしては、外壁の塗装が剥がれていたり、ひび割れていたり、手で触ると白い粉がつくようになるなどが、外壁塗装が劣化しているサインです。そのまま何もしないでいると、外壁に雨水などが染みこんで、雨漏りが発生してしまったり、外壁や内部の鉄部分が腐食したりしてしまうので、外壁のリフォーム以外の費用が必要になってしまう事が考えられます。頻繁に外壁塗装をしていられないという方は、塗料の耐久度が数年から10年ほどなので、最低でも10年に1度外壁塗装をするようにしておけば大丈夫でしょう。しかし、台風や地震などの自然災害が発生した場合は、塗装へのダメージが大きいので、災害後は一度業者に状態を確認してもらう事をオススメ致します。

  • 外壁塗装の種類

    建物の外壁を保護する為に行われる外壁塗装ですが、外壁塗装には種類がいくつかあるのをご存知でしょうか。外壁塗装は基本的に耐久性の違う4つの塗料があり、「アクリル系塗料」「ウレタン系塗料」「シリコン系塗料」「フッ素系塗料」の4つです。アクリル系塗料の場合は、価格が最も安いですが、耐久年数は4年程度で、頻繁に塗り直す必要があります。ウレタン系塗料の場合は、塗料の剥がれが気になる部分などに使え、密着性に優れているので耐久年数は6年程になります。外壁塗装の塗料として最も使われているのがシリコン系塗料で、費用対効果が高いものを選びたいという人に好まれている塗料であり、価格と耐久性のバランスが良く、ウレタン系より少し価格が高いだけで、耐久年菅13年と倍以上あるので人気となっています。価格が高く、耐久性が高い塗料がフッ素系塗料になります。大きな家に住んでいる方やなどには、特に効果を発揮するのですが、耐久年数が最も長く18年もあるので、価格は高いですが、長い目で見ると、1年あたりの価格は安くなるのです。基本塗装以外では、「遮熱塗料」というものがあり、環境にやさしい塗料を使いたい場合や、光熱費を安くしたい場合などに使われる塗料です。価格はフッ素系塗料より高く、耐久年数は18年とフッ素系塗料と同じですが、遮熱塗料は太陽光をはじくので、外壁や屋根の表面温度を下げ、室内の温度を下げることが出来るので、省エネに繋がります。断熱効果のあるものと併用することで、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことが出来るようになります。他にも特殊な塗料もあり、「光触媒塗料」というものは、次世代塗料と言われていて、認定されている業者でないと取扱っていないのですが、耐久年数が20年と最も長い利点から、価格も最も高く、遮熱塗料より10万ほど高くなります。この塗装には、遮熱塗料以上の効果があり、真剣に環境問題に取り組みたい方にも好まれている塗料であり、セルフクリーニング効果があり、太陽光で汚れを浮かせて、雨で洗い流すという自然洗浄効果付きなので、汚れが付きにくく、空気を浄化する効果まであるのです。とはいえ、価格も高いので、外壁塗装で迷った場合は、シリコン系塗料を選ぶのが無難といえます。シリコン系塗料にも、溶剤1液型、溶剤2液型、水素1液型の3種類あり、仕上がりも全く異なるので、場所によって使い分けるなど、業者に相談してから決めることをお勧め致します。

  • 色の選び方

    外壁塗装をする時に、価格や耐久年数の違いのある塗料の選択に悩むことがあります。しかし、色を選ぶことも重要で、外壁などの色によって、その建物のイメージも大きく変わって見えるものです。建物のデザインや雰囲気、周囲の建物のデザインや色などに合わせて、飽きがこないような調和のとれた色を選ぶのが良いでしょう。住宅街であれば原色に近い鮮やかな色は、周りの家との差が強く出てしまい、目立ってしまいますし、緊張感が出てしまうのでオススメはできません。周囲に木などの植物がある時は、葉より抑え気味の色で緑を引き立てると良いでしょう。明るさを決める場合、最近の建物はいろんな明るさがありますが、暗すぎるのは周囲に威圧感を与えてしまうので、明るさは周囲に合わせると良いでしょう。見本などの小さな色で見る場合と、それを大きな外壁に塗る場合とでは、印象が違う場合があるので注意してください。これを面積効果といいます。明るさは肌の色の明るさをイメージするのが最適だとされています。汚れが目立たない色というものもあり、基本的に好まれている配色は落ち着いた色とされていますが、黒や白は汚れが目立つので気をつけましょう。外壁塗装は、外壁を保護するために行われるもので、選択する塗料の種類によって耐久年数が異なります。もちろん耐久年数が長いものほど価格は高くなります。安いものだと4年や6年ほどで耐久が弱まり、外壁塗装を短いスパンで塗り直さなければいけません。最も使われているシリコン系塗料の場合は、価格と耐久年数のバランスが良く、13年ほどもつので頻繁に外壁塗装を行う必要がありません。他にも価格は高くなりますが、断熱効果のあるものや、遮熱効果のある塗料を使うことで、冬は暖かく夏は涼しく過ごすことが可能になるなどの利点が挙げられます。更に高いものになると、それらの効果を向上させ、太陽光で汚れを浮かし、雨で自動的に汚れを落としてくれる次世代塗料というものもあります。白い外壁は清潔感があり好まれますが、汚れが目立ってしまうのが難点でしたが、この次世代塗料の光触媒塗料であれば、自動的に汚れを流してくれるので、汚れが付きにくくて良いのではないでしょうか。その分価格は高くなりますが、耐久年数は最も長い20年なので、シリコン系塗料が10年に1度と考えれば、光触媒塗料はシリコン系塗料の倍の価格にも満たないため、長期的に考えれば1年あたりの価格は安く済ませることが出来ると言えることから、使いたい色によって塗料を決めるのもいいかもしれません。

  • 外壁塗装の工事内容について

    建物の外壁塗装の塗替えは、塗料の種類によって頻度が変わってきます。塗料が安いものほど塗り替え時期が早く、高いものほど期間が短く済みます。外壁の塗替え作業を依頼しようにも、どんな作業をするのか心配な方も多いと思われますので、具体的な内容を説明しますと、まずは外壁の下塗りから始まります。下塗りは屋根や壁の素材に最初に行われる下地処理で、外壁に使用される下塗り材は数種類あり、シーラー(プライマー)、微弾性フィラー、シーラー+弾性フィラー、エポキシ樹脂下塗り材があります。これらは材質などにより使い分けることで素材同士の密着力を高めます。次に中塗り・上塗りの工程です。中塗りと上塗りは同じ材料を使って行われ、要するに2度塗りをすると言うことです。この工程では、下地で塗ったものに色を付けることで美しく完成させる事ができます。この時点で塗る塗料によって、外壁塗装の耐久度が変わり、アクリル樹枝塗料で5年ほど、ウレタン樹枝塗料で8年ほど、シリコン樹枝塗料で10年ほど、フッ素樹脂塗料で15年ほどもつとされています。これらの塗料は水性系と溶剤系に分けられ、さらに溶剤型は一液型と二液型に分けられます。それぞれメリット・デメリットがあるので、場所によって使い分けるのが良いでしょう。塗料には質を求めたものもいくつかあり、光触媒超親水性塗料は次世代塗料とも言われ、セルフクリーニング効果があり、太陽光で汚れを分解して浮かし、雨が降った時に自動で汚れを流してくれる万能な塗料です。親水性もあり水がなじむので、汚れの下に水が入り込む事で汚れ自体を浮き上がらせる効果があります。そして分解力もあり、様々な有機物を分解するので、汚れが落ちやすいと共に、大気汚染の原因になる窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)などまで分解するので、空気を綺麗にする効果まであるのです。他にも断熱効果がある塗料や、遮熱効果のある塗料を使うことによって、太陽の光を反射するので、冬は暖かく夏は涼しく過ごすことが出来るようになります。外壁塗装の工程としては、下塗り・中塗り・上塗りの3つの事で、塗料の組み合わせによって価格が変わってきます。その組み合わせは数多くあり、日の当たる場所などの条件により組み合わせを考える必要があります。組み合わせが難しくて分からない方は、業者の人に相談すると最適なアドバイスがもらえることでしょう。色を選ぶのも重要点となってくるため、塗料の種類と色をしっかりと選んで行うようにしましょう。

0120-949-986