解体工事

解体工事業者比較 目安料金について 木造2階建て住宅(25坪)を解体する時にかかる1坪あたりの目安料金となります。

検索結果
122社のうち151 - 122件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

解体工事:
18,000円~/坪
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
アピールポイント
  • 生活110番の解体工事では、解体工事に関する料金をわかりやすくご提示することで多くのお客様からご好評をいただいております。
  • 生活110番の解体工事では、業界最安値に挑戦しております。また、お見積り後に追加料金を請求することはありませんのでご安心ください。
  • 小規模の解体工事も承っておりますし、塀の撤去や壁の取り壊しといった一部分だけの解体も行っております。
  • 解体工事の際に古い家具が出てくることがあります。解体工事110番ではこうした家具など不用品の処分も引き受けております。

どのような構造の建物でも対応いたします

木造、鉄筋、鉄骨など、どのような構造の建物でも対応いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。 続きを読む

解体工事業者をエリアから探す

解体工事に関する、みんなの暮らしの知恵袋

解体工事について

  • 解体業者を直接探すメリット

    ハウスメーカーは広範囲での事業展開を行う建設会社ですが、正式にこれ、といった定義がない曖昧な存在です。基本的な特徴としては規模の大きさが挙げられ、自前の生産機能と建材の大量生産による展開力がメリットデメリットの両点を生み出しています。メリットとしては施行期間が比較的短いというものが目立ち、一方でそのために作業を委託している・ハウスメーカーの展開力の幅広さという要因から一部作業はハウスメーカーもその他の業者に依頼していることが考えられるため、費用が高くなってしまう場合があります。その代表的な例が解体工事でしょうか。真ん中に仲介者が存在するということはそこに余分な手間、つまり仲介料が生じるということですから、その分費用は高くなってしまいます。考え方的にはスーパーマーケットなどと同じですね。そこの販売店で買い求めるより、直接の販売元での購入が可能であればそちらのほうが安くつきます。ですから、解体工事を行う際にもハウスメーカーを介さずに直接依頼することができれば費用の節約が可能です。もちろん、その際には施主に対する責任もハウスメーカーからご利用者様へと移ることになりますから、信頼のおける業者を選択することが重要となってくるでしょう。もしそこに不手際が生じてしまった場合には、建設リサイクル法によってご利用者様に罰則が与えられることが考えられます。十分に注意した上での決断に移りましょう。ただ、ハウスメーカーに手続きを依頼する際にもご利用者様の要望がしっかりと理解されているかを確認しておく必要があります。実際にそれがもとになって解体工事予定のなかったものまで解体されてしまったという事例も発生していますから、くれぐれもそのようなことがないようにしましょう。ここまでで見ると注意点が数多く見受けられ、不安に感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、それは建物という重要な物を扱う以上は仕方のないことです。ハウスメーカーに依頼してもデメリットが多く存在するわけですから、個人で解体工事を依頼することも手段としては十分に有効です。伝言ゲームではありませんが、間に人を挟むと思いがけないトラブルを招きますから、直接の依頼はその点でも優秀ですね。住居の場合ですと、せっかく持っていたこだわりや、しがらみから解放されて自由に手をつけられる機会を取られてしまうのは少々口惜しくはありませんか。もちろん、その点も含めてご利用者様には決定権があるわけですから、満足のいくものをお探しいただけるのが幸いです。これを機に考え直してみてください。

  • 解体工事前にしておくべきこと

    物事を円滑に進めるためには事前に入念な下準備の末に行動することが求められますが、それは解体工事であっても同様です。作業を業者に依頼する以上、その業者とご利用者様の境界を物資・手続きが行き来するということになりますから、そのやり取りの過程で不都合や意思疎通の不足がないように努めることが重要です。自身が解体業者であった場合に、どのようなことをしてもらったら嬉しいのか考えてみるとするべきことが見えてくるかもしれませんね。しかし、解体工事を経験されたことのない方がほとんどだと思いますから、どうしてもそこには限界が出てきてしまいます。ですから、今回は解体工事の際に業者がしておいてもらえるとありがたいことについてまとめようと思います。基本的には業者さんの指示に従って動けばいいのですが、電気やガスの停止・撤去が求められる中で水道に関しては移設が求められることが多いので注意してください。これは解体工事に際して業者がホコリを対策するために水道を使用することが理由で、完全に撤去してしまいますと円滑な作業が見込めなくなってしまう場合があります。お互いが気持ちのいい作業が理想ですから、一点のみ方針が違うというのは誤解が生じやすいですが、そのようなことがないようにしましょう。また、どの範囲の解体工事をお願いするかもきちんと明確にしておくべきです。解体工事会社に直接依頼する場合はよっぽど大丈夫だとは思いますが、もしハウスメーカーなどの仲介業者を通している場合には注意が必要です。どうしても人とのやり取りの中には不手際が生じやすく、仲介地点が増えればその確率も自ずと上昇します。ここだけはどうしても困る、という点は特にはっきりと伝え、トラブルを未然に防げるようにしてください。以上のように、解体工事を行う前にはいくらかの準備が必要だということがお分かりいただけたかと思います。依頼主だからと横暴な態度を取らず、みんなが笑顔で動けるような環境づくりを行いたいですね。解体工事と聞くとどうしても粗暴で野蛮なイメージがついてしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、おそらくそれは一昔前のミンチ解体が原因で染みついてしまった風習で、現在では建築リサイクル法の施行によってそのようなことは基本的になくなっています。むしろ今までの反動で丁寧な品質を追求した解体工事が推奨され始めていて、実際に解体工事を目にした際にイメージとのギャップに驚く人も少なくないはずです。これまで少し偏見を抱いてしまっていた方も、これを機会に一度解体工事についての認識を改めてみてください。

  • 解体工事でトラブルにならないために

    解体工事を行う際にはいくらかのトラブルの予想がされるため、それを未然に防ぐためにも前もっての対策が求められます。せっかく円滑に進んでいたはずの作業がそれを機に台無しになってしまう可能性も十分に考えられますから、今のうちにしっかりと学んで有事に備えましょう。まず、これは解体工事に限った話ではないのですが金銭面でのトラブルに気をつけてください。特記すべきは概算見積もりで、現地調査の際に口頭で行われたものをあてにしてはいけません。解体工事にはその特性上、金額が上乗せとなってしまう要素が多く存在しているからです。それは石材の撤去や、家財処分、その他解体工事費用に含まれていないもので構成されていて、一口に説明できるほど簡単なものではありません。もちろん、業者さんにもそこに悪意がない場合がほとんどですから、だからこそできるだけトラブルを引き起こすことは避けたいですよね。解体工事をお願いする間の仲だと言っても、その関係が良好であれば円滑な作業が期待できます。それ以上にお互いにとって気持ちのいい雰囲気での作業は、それだけでお金で買えない価値があるはずです。それはご利用者様のちょっとした心の持ちようで実現を目指せますから、ぜひ意識してみてください。また、コミュニケーションを介して手続きが行われるわけですから、認識の違いによってトラブルが発生することも考えられます。ご利用者様の要望に沿ってくれる業務は期待できますが、その要望を誤って理解されていると正確な作業があだとなって問題となってしまうかもしれません。解体されたくないものは特に強調して伝える、しるしをつけておく、前もって運び出しておくなどの事前の回避行動が重要です。また、トラブルとなるのは解体工事を施行してくれる業者だけでなく、お住まいの周辺に住む住民の方も同様です。建築リサイクル法によって丁寧な解体工事が行われるようにはなりましたが、どうしても作業の都合上近隣住民の方には迷惑が掛かってしまいます。前もっての挨拶の有無が大きな意味を持ちますので、なるべく行うようにしましょう。業者さんによってはそこのさじ加減にばらつきがあるようですから、そこはご利用者様がしっかりとしておきましょう。以上のように、解体工事にはトラブルが発生しやすいという特徴があります。一昔前まではインターネットなどもなく、詳細が不透明であったためにそれは露骨でした。近年では法の施行や口コミの増加によってある程度緩和されましたが、それでも尚不安要素が残る事象であることには変わりありません。やはり重要なのは自己管理なので、トラブルを避けるためにも最善を尽くせるように努められるといいですね。

  • 解体後の土地の利用について

    物事を実行する以上、目的を見失わないためにもゴールを設定して、それを常に掲げての行動が重要になってきます。もしそれを怠ってしまうとせっかくの熱意のベクトルが異なった路線へと走ってしまい、結局どこに向かっているのかわからなくなってしまう事態を招く可能性があります。このような迷走現象はどのような事項にも存在し、もちろん解体工事も例に漏れません。それを避けるためにも、準備段階においてきちんとゴールを設定することを心がけましょう。解体工事の場合は、建物を解体したことによって生まれたスペースをどのように活用するかがポイントとなってきます。解体するということは、新しい可能性を生み出すということですから、せっかく生まれた可能性を無駄にしないようにできるといいですね。近年取り締まりが強化された路上駐車に適応する形として、解体工事後は駐車場にしたいと考える方が増えている傾向にあります。業者によっては解体工事から駐車場工事まで一貫して行ってくれるところもあるようで、そうでなかったとしても横のパイプから対応業者を紹介してもらえる可能性があります。一貫工事の場合は安価にしてもらえることが考えられますし、その業者さんとの相性がいいと感じた場合にはそこと繋がっている業者さんともうまいことつきあっていけるかもしれません。解体工事の相談の段階でそこまでの話をしておくと事が円滑に進みますから、是非とも参考にしてください。また、駐車場にする際には地面をどうするかも問題で、コンクリート塗装、砂利敷きとそれぞれメリットデメリットを有していますから、お好みに合わせてお選びください。先述の通り、解体工事は新しい可能性を生み出すという効果をもたらしてくれます。それ自体も大きな作業であり、どうしてもそこに力を注ぎがちになってしまいますが、大切なのはその後の空白スペースの運用方法です。そんな先のことまで考えてられないという気持ちも十分にわかりますが、行き当たりばったりの計画だと成功確率は決して向上しません。計画として思い描けないことを実行するというのは困難ですから、まずは頭の中に理想を思い描きましょう。過程のことは考えずに、要望だけをまとめていくことが合理的な計画構想です。手段については後から考えればいいですから、まずは自分のやりたいことを好きなだけ紙に書き出してみましょう。その時のご利用者の気持ちが、そのまま計画の満足度の頂点となります。その気持ちはきっと業者さんにも伝わってくれるはずです。解体工事はその可能性を生み出す手助けを行ってくれますから、是非とも一度しっかりと考えてみてください。

0120-949-986